000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

hongming漫筆

PR

全268件 (268件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

その他の読書録

2018.07.31
XML
カテゴリ:その他の読書録
 先日「100分で名著」で取り上げられていたので、久しぶりに手に取った。
 この新潮文庫版を手に取るのは40年ぶりぐらいではないだろうか。
 新たな発見があったのは、読者がにやりとするようなほのかな笑いの要素を入れようという姿勢が見られることだ。

「ダス・ゲヤイネ」
 フィクションではあるが心理的にはノンフィクションなのかもしれない。暗く書こうと思えば暗い話になるはずなのに、最後も妙に滑稽な印象を与える。

「満願」
 わずか三ページの小品。
 病人の家族が出てくる話なのに、明るく、健康的でさえある。

「富嶽百景」
 半分は事実で半分は誇張ではないか。
 井伏鱒二の放屁など書く必要はないめにわざわざ書いている。
 笑えるところを入れずにはいられなかったのだろう。

「女性徒」
 これは全く理解できない。ファンの女性が書いて送ってきたものを下敷きに使っているそうだが、文章芸として書いて見せたのだろうか。

「駆け込み訴え」
 途中で誰の話かはわかる。
 太宰は「涙の谷」とか「蕩児の帰宅」とか、聖書由来の語をさらりと使う。
 キリスト教に興味を持っていたことがあるのだろう。

「走れメロス」
 教科書で読んで以来何度か読んでいる。
 あきれるのはメロスの短絡的な性格だ。町の人の噂を聞いただけで王を殺さなくてはならないと思い込み、何の計画もなくのこのこ場内に入り込んでつかまる。
 メロスの縁者なら「勘弁してくれよ」と言いたくなるところだ。
 読み直して、以前から謎のままだったことがあったのを思い出した。
 山賊が現れる場面で、
  「さては、王の命令で、ここで私を待ち伏せしていたのだな」
と言う。メロスはほとんど裸で、金目のものを待っていないことは見れば分か
るのだから、そう考えても不思議はない。
 しかし、ほんとうに王の命令だったのかどうかは明らかにされていない。話
を盛り上げるために山賊を出七ただけなのかも知れないが、こういうところは
はっきりさせてほしい。
 謎と言えば、太宰がなぜこれを書いたのかということと、三島由紀夫がなぜ
「潮騒」を書いたのか、私には永遠に謎のままおわりそうだ。

「東京八景」
 自分の半生を自虐的に書いている。 自虐的だからこそ滑稽味も感じられる。
 これで覚えているのは、太宰が薬物中毒で入院していたことがあるというこ
とだけだった。
 今回、そのきっかけが盲腸から腹膜炎になって入院していたことだと理解で
きた。もちろん、以前読んだ時にもその事は書いてあったのだが、自分が同じ
病気を経験してみると、印象が違う。
 おそらくドレーンをさして腹水を外に出すという技術が無く、ガーゼで腹水
を吸い取っていたのではないかと思う。
 痛かったろう。
 その後船橋に一時住んでいたことが簡単に触れられている。
 船橋時代にあったことは、「黄金風景」という小品に書かれている。(「青空
文庫」で読める)

「帰去来」「故郷」
 この二つはつながった話で、「故郷」の冒頭に、「帰去来」発表の経緯と「故
郷」の話になった過程が説明されている。
 資産を食いつぶし家名に泥を塗ってきた男が、周囲の力で帰郷する。
 さらりとたとえられているが、「蕩児の帰宅」がずっと頭にあったのだろう。
 そして家族も周囲の人々も、太宰が駄目な人間だということがわかっている
のだろう。ことさらその点を指摘されたり非難されたりしないのが不思議だが、
そこが「蕩児の帰宅」なのだろう。






Last updated  2018.09.01 20:31:41
コメント(0) | コメントを書く


2018.04.17
テーマ:読書の記録(152)
カテゴリ:その他の読書録
 「女性セブン」に連載したものだそうだ。
 一部の字を旧字で書き、送り仮名も一部常用漢字とは異なる。
 「賣る」「萬」「落して」「眞実(眞實ではない)」など。
 P173「修理出張四千五百円」について。リモコンをちょこちょこさわっただけでこの金額! と起こっているが、修理の内容に夜のではなく、出張費が四千五百円なのだ。手間のかかる修理だったら起こらなかったのだろうか。そもそも取扱説明書を見ればわかりそうなことなのに、自分は何もせず他人を当てにしているからこの出費になっただけではないか。ファクシミリの話も同じ。怒る方がどうかしている。
 






Last updated  2018.04.17 00:00:40
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.16
テーマ:読書の記録(152)
カテゴリ:その他の読書録
 「苦役列車」と「落ちぶれて袖に涙の降りかかる」の中編2作収録。
 話の中の時間順ではこの順だが、発表の順は逆なのだそうだ。
 ルビがほとんどない上に、独特の言葉を使う。
曩日《のうじ》」
「年百年中」
「黽勉《びんべん》たる」
「ぶっきらぼうにほき出す」
「コシケが多い」
「テケツでは」
「テケツでは」
「孜々《しし》の」
「どれだけ
慊かろうと」(これは「あきたらなかろうと」と読むのだろう)
「購める」(これは後で「もと」とルビがふってあった)
 私小説である。珍しい。「落ちぶれて……」は文壇内幕ものでもある。
 「衆道者」に「オネエ」とルビを振っているが、これは違うんじゃないかなあ。






Last updated  2018.03.16 00:00:21
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.14
テーマ:読書の記録(152)
カテゴリ:その他の読書録
 著者は漱石の娘の筆子の娘で、半藤一利の妻。漱石や、父の松岡にまつわるあれこれを書いている。全体に目を通そうとは思わない人は、「まぼろしの漱石文学館」だけでも読むといい。
 いわゆる木曜会の常連だった著名人が、ほとんど、漱石と鏡子にたかるばかりで、恩を返そうともせず、借金も踏み倒していることが書かれている。
 鈴木三重吉がなんとかして文学館を作ろうと尽力していたのは意外だった。「文鳥」では何だか調子のいい男に書かれているのに。
 著者は、文章教室に通った時に、「文章と人柄は別」と言われて、寺田寅彦の顔を思い浮かべたという。(p69)
 悪妻とも言われる鏡子については、美化することなく、ありのままに書いている。こういう人でなければ漱石の妻ではいられなかったろう。
 巻末に、筆子による『夏目漱石の「猫」の娘』が収められている。これも一読の価値がある。愛憎相半ばするではない。「憎」ではなく恐怖が心の中に残っていることが語られている。






Last updated  2018.03.14 00:00:55
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.12
テーマ:推理小説(1)
カテゴリ:その他の読書録
 おそらく、ちゃんと読んだのは初めて。なるほどよくできている。
 二・二六時県の起こった1936年に連載が始まったそうだが、戦争の話は全く出てこない。陸軍の射撃場は出てくるが、軍人は登場しない。作者はおそらく意図的にそうしたのだろう。

 単なる勧善懲悪ではなく、二十面相も自分なりに紳士として振る舞う。頭脳と頭脳の闘いの話。
 小林少年には家族はないのだろうか?






Last updated  2018.01.12 00:01:21
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.30
テーマ:読書の記録(152)
カテゴリ:その他の読書録
 なんとがんセンターにぴったりな、と借りて読んでみた。
 肝細胞がんで入院した話。40日も入院していたのだから大変だ。さぞ手術後は不自由なことだったろうと思いながら読んだら、がんの話は冒頭の3章のみ。あとはエッセーと対談と鼎談。だまされた、と思ったが、こっちの勝手な思い込み。
 読めばどれも面白かった。






Last updated  2017.12.31 21:42:31
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.11
カテゴリ:その他の読書録
 小田原に行く時に持って行った。
 残念ながら歩いてこの本の通り見て歩くことはできない。車で移動しないと移動しきれない。
 ただ、土塁の跡などは各地にあるので雰囲気は味わえる。

 「ブラタモリ」はずっと見ている。この本に載っている回も全部見ている。
 小樽の時は、タモリが、初めて来たと思っていたのに実は2回目だったことを指摘されて驚いていたが、この本によると実は3回目だったそうだ。






Last updated  2017.05.11 09:37:16
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.11
カテゴリ:その他の読書録
  書名と内容は異なる。
 各界の有名人や、有名人の子女が亡き父や母の思い出を語ったもの。
 親も子も有名人の場合もあるが、所ジョージのように父親は銀行員というのもある。
 親を語っているようだが、実際には自分がどのように育ってきたかを語っているわけだ。
 百田光雄が力道山のことを語っているが、今なら児童相談所に通報されるところだ。
 中には二人、父親がアルコール依存症だったのだろうと思われる人がいる。しかしその人のもまとめて、「酒を飲む姿が似てきた」という項目にしてあるのは不思議だ。父親の姿を見ていたから本人は気をつけて似ないようにしているのではないだろうか。

 本人が文章を書いたのもあるのだろうが、編集者がインタビューして文章にまとめたものも多いのではないのだろうか、と思って読んでいたら、高見恭子のものだけ最後に「(談)」と書いてあった。
 みんなそんなに簡単に指定された字数で原稿が書けたのかなあ。

 内容は興味深いのだが、いろいろ疑問の残る本だった。







Last updated  2017.01.13 22:46:13
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.17
カテゴリ:その他の読書録
  「週刊現代」に連載したエッセイ。
 かなり前のもので、オウム真理教によるサリン事件が起こった時に書かれたものだ。

 陸上自衛隊に二年いたということで、自衛隊時代のこともいろいろ出てくる。実際に経験した人でなければわからないことが多い。
 自衛隊では毒ガスを体験する訓練もあり、毒ガスをすったことがあるそうだ。
 サリン事件の当日に書いたものでは、
「軍事用の毒ガスに対応するマニュアルなど、警察にも消防にもないはずだ。それを性格に知っているのは自衛隊だけであろう。」(p179)
とあり、説得力がある。
 文章は平易で読みやすくおもしろいのだが、どうにも感情移入できないものを感じる。
 一つには愛煙家で、たばこを嫌う人を目の敵にしている点にあるとは思うのだが、それだけではない。
 マルチ商法やブラックマーケットで稼いでいたことを臆面もなく書き綴るところが理解できない。
 「生命力について」で、
「人間はその人間たる名誉と尊厳において、自ら死すべき理由などあるはずはないのである。」(p61)
と書いているが、この人が稼ぎのためにしたことによって自殺した人はいなかったのだろうか。
 読んでいると、そういう点が気になってならないのだ。







Last updated  2016.12.23 18:16:21
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.25
カテゴリ:その他の読書録

 単行本が出た時に、その内容をテレビで話していたのを覚えている。
 最近何かで、この本の中で在日外国人について書いているというのを知って読んでみた。

 川崎のコリアンタウンで、本名を名乗れない人たちに囲まれて育ったので、差別意識は全くない。
 貧しく幸福ではない家庭で育ち、スカウトされたことから芸能界へ。
 「仮面ライダー」事件は僕もよく覚えている。
 そうか、あの時そんなに泣いたのか。

 大人になっても、昔のことは忘れない。
 こんなことも書いている。
僕は韓国人の被爆者の人生に関心がある。差別のなかで、さらにまた差別を受けた人々はどんな人生観で生きたのだろうか。演じることが許されるなら、その人生も演じてみたい。伝える必要があると思うからだ。

高等学校の無償化から朝鮮学校だけはずされたというニュースがはいってきて、いまも変わらない日本の社会の器の小ささも感じる。

 この「いまも変わらない」というのは、東山が子供の頃に見聞きしたものが今でも残っているということだ。

 文章は平易で読みやすい。一つ一つの章が短いのもいい。


 楽天会員以外の方のコメントは「輾転反側掲示板」へ 






Last updated  2016.02.27 11:53:21
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全268件 (268件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.