超スピリチュアル体験記 | 実話体験談

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(20)

スピリチュアル

(29)

私の親友

(4)

ニュース

(113)

不思議体験

(39)

独り言

(51)

有名人 芸能人を勝手に霊視のコナー

(159)

野球日本代表

(9)

漁火体験記(ゴルさん高2の夏)

(12)

相談

(41)

ハン流爆弾

(5)

タイガーウッズの霊視浄化

(5)

ダイアナ妃死亡の真相を霊視

(2)

化け猫

(7)

F1の浄化

(7)

2012年 アセッション 人類滅亡説

(4)

マイケルジャクソンを霊視

(4)

自己浄化の無限の可能性

(11)

本能寺の変の真実を霊視

(3)

ゴルさんの田舎

(1)

酒井法子を霊視浄化

(17)

本当にあった怖い話

(15)

911アメリカ同時多発テロの真相を霊視

(7)

坂本龍馬さんの暗殺の真相を霊視

(7)

沢尻エリカさんを勝手に霊視

(6)

田中角栄さんを霊視

(2)

統合失調症(精神分裂病)について

(8)

うつ病について

(5)

明知光秀は天海大僧正?を霊視

(10)

ゴルさんの兄貴

(2)

多重人格について

(2)

パニック障害について

(1)

不明な熱の浄化

(4)

私の妻はB型

(13)

自己浄化の極意

(21)

亡くなった先輩の心霊写真

(6)

松井秀樹さんを霊視浄化

(3)

ゴルさんの究極の修行(キツネ憑き)

(33)

世界の七不思議?

(2)

内藤大助VS亀田興毅を霊視

(1)

座敷わらし

(3)

市橋達也容疑者を霊視

(5)

福山雅治さんの霊視

(3)

生霊の真実

(7)

貴乃花親方問題を霊視

(4)

スピリチュアルダイエット

(5)

天気の浄化

(2)

スピリチュアルの真相を霊視

(12)

幽体離脱

(1)

W杯サッカーを霊視

(12)

パクヨンハさんの霊視

(3)

お気に入りブログ

AYAのセラピールーム AYA さん
ハッピー&ラッキー… ハッピー☆ラッキーさん

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

全て | カテゴリ未分類 | スピリチュアル | 私の親友 | ニュース | 不思議体験 | 独り言 | 有名人 芸能人を勝手に霊視のコナー | 野球日本代表 | 漁火体験記(ゴルさん高2の夏) | 相談 | ハン流爆弾 | タイガーウッズの霊視浄化 | ダイアナ妃死亡の真相を霊視 | 化け猫 | F1の浄化 | 2012年 アセッション 人類滅亡説 | マイケルジャクソンを霊視 | 自己浄化の無限の可能性 | 本能寺の変の真実を霊視 | ゴルさんの田舎 | 酒井法子を霊視浄化 | 本当にあった怖い話 | 911アメリカ同時多発テロの真相を霊視 | 坂本龍馬さんの暗殺の真相を霊視 | 沢尻エリカさんを勝手に霊視 | 田中角栄さんを霊視 | 統合失調症(精神分裂病)について | うつ病について | 明知光秀は天海大僧正?を霊視 | ゴルさんの兄貴 | 多重人格について | パニック障害について | 不明な熱の浄化 | 私の妻はB型 | 自己浄化の極意 | 亡くなった先輩の心霊写真 | 松井秀樹さんを霊視浄化 | ゴルさんの究極の修行(キツネ憑き) | 世界の七不思議? | 内藤大助VS亀田興毅を霊視 | 座敷わらし | 市橋達也容疑者を霊視 | 福山雅治さんの霊視 | 生霊の真実 | 貴乃花親方問題を霊視 | スピリチュアルダイエット | 天気の浄化 | スピリチュアルの真相を霊視 | 幽体離脱 | W杯サッカーを霊視 | パクヨンハさんの霊視

相談

2010.10.22
XML
カテゴリ:相談


受け止めの基本としてとても素晴らしい相談がありましたので
連日ではありますが、その相談について書きたいと思います。


(コメント相談です。)

>それから・・・思い切って質問です。
>このブログの冒頭の文中にあります、この言葉です。
>>私にとって霊能力なんて力はあってもなくてもいいものです。
>>そんな霊能力なんて力を持つ事よりも、妻が健康で生きていてくれたら。
それが私の本当の願いでもあります。

>この文はゴルさんの過去の記事でも見覚えがありましたが、
私はずっとこの言葉が気になって仕方ありません。
>何かありましたら教えていただけますか?
>お忙しいのに、勝手な質問で申し訳ありません。



→霊能力についてはゴルさんが子供のころから特別なものと考えていました。

 しかし、そんな特別なものと引き換えに、もっと特別な存在の人とお別れするなんて
 本当に悲しい事です。

 妻が居れば子供のまんまで老人になれる私がそこにおりました。

 しかし、そんな子供のまんまの依存心満載の男の子が実は妻のにとっては
 負担も大きかったものと思います。

 でも妻はそんな私のすべてを、妻の生涯の同志として
 受け止めてくれたのです。

 私もまたそんな欠点だらけの自分自身をそのまんま受け止めてくれる妻のすべてを
 受け止めていたのです。

 いつかの未来に自分が自分の生涯を振り返る時が来て、妻と同じ時間を過ごせた事を
 自分の生涯の誇りにしようと愛情を口に出来ない、恥ずかしがり屋の私は
 真剣に考えておりました。

 そして、伴侶という中学校の時の国語の授業で、結婚相手を何故にそんな呼び名?という疑問を
 我が生涯の先に自分の生きた実感として確かめたいと言う思いもありました。

 妻が癌になって街行く人を見ては、何故に妻はこの人たちのように生きれないんだろう?

 何故に年老いた自分が年老いた妻を見て、素直な感謝の気持ちを
 年老いた妻に言えないのだろう。

 何故に神様は・・・・


 世間にとっての霊能力って何でしょう?

 私にとっての霊能力って。

 
 私は妻の癌が悪化するたびに、世間で力のある霊能者さんなら何とかしてくれるのでは
 ないかと必死に考えておりました。

 神様にも先祖様にも何度もお願いしました。

 でも現実は、妻の人生のタスキとして今の私の生活があるのです。

 3人の子供たちはとても健康で、仕事も仲間も日々の生活も充実しています。
 
 霊能力という力のお陰で、今まで絶対に知りあえなかった方々と素晴らしい出会いも
 沢山あります。

 そして、自分が望んでいたプラスの還元の法則も思い込みではない現実の結果となって
 返って来ているのも事実です。

 しかし、私は妻と居られた時間がどんな困難も受け止められる
 無防備な自分のままで居られる私らしい時間だったのです。

 
 霊能力は決して特別なものではないのです。

 魂を持つ生物共有の力なのです。

 それを特別なものと思った時にすべて無に返るという
 無限が有限になってしまう法則が実は存在するようです。(霊界の法則)

 妻がこの世に存在しないのは事実です。

 妻の別れをいつまでもクヨクヨと考え悔いるほど、妻との時間は私にとって
 ちっぽけなものでもなかった事も事実です。

 私の意味する妻が健康で生きていられたらそれでいいという言葉のイメージは
 
 霊能力を限界のある身体を持った自分として、特別なものにしないという生涯を誓った
 教訓イメージなのです。
 
 そしてそれが自分の生き方の絶対に曲げられない基本でもあるのです。

 過去を悔いるわけでもなく、大きな力を肩書きにする訳でもなく、
 どんな苦難が待ち受けようと、妻が居た時間は絶対に前を向けた自分が居た事実。

 この基本を曲げる事は絶対にないという信念が、私にとっての今なのです。


 「私にとって霊能力なんて力はあってもなくてもいいものです。
  
  そんな霊能力なんて力を持つ事よりも、妻が健康で生きていてくれたら。
  それが私の本当の願いでもあります。」

 この言葉が基本となっての今なのです。


 限界のある身体を持つ物として、霊界通信や霊視浄化という霊能力の世界は、
 絶対に曲げられない信念を持っての、とてもシンプルかつシビアな世界です。

 人間は知能と言う武器を持った想像力豊かな動物です。

 そんな想像力という実態のない世界と霊界はとても似ている世界なのです。

 しかし、シンプルにもシビアにもという言葉分けしている部分で
 霊視時のその方向性が変わって来ると、ほとんどすべてが人間界の想像力の世界に
 焦点が当たるようになって居るのです。

 私が霊界通信を通じて伝えて来ました人間界鏡と霊界鏡という言葉を使い分けしますが
 ほとんどが人間界鏡の人間世界都合の映しの部分となってしますのです。

 私も私の妻もその限界のある存在のお互いを、しっかり受け止めて居たのです。

 限界のある世界において条件をまったく必要としない受け止めは
 霊界イメージなのです。

 この受け止めが実は私の霊視浄化の基本なのです。

 

 今回の相談で、このとても大切な基本の部分に焦点を当ててくださるなんて
 流石です。

 いつも深いコメントをありがとうございます。





ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ




















 

 









 






























最終更新日  2010.11.16 11:23:31
コメント(68) | コメントを書く
2010.10.21
カテゴリ:相談


自己浄化の基本となる受け止めについてはやはり難しいと思われる方が多いようです。

そのため、コメント相談のイメージに入っています先祖エネルギーが伝えて来ます
あるメッセージについて霊界的な通訳を持って、自己浄化の基本に繋がるイメージを
書きたいと思います。



(コメント」より)


なかなか難しい深いお話で、理解できているようないないような感じです。

祖父母の件も、受け止めが大事と言われて、考え方を変えて自分たちなりにやってはいますが、
伯父一家のやり方や意地悪には呆れるばかりで、あの人達にバチがあたらなきゃおかしい!
という感情が、気持ちの中ではわいてしまいます。

以前とは違い、伯父一家とは距離を置いていますが、毎日のご飯などのこともあり
祖父母にとってこのままでいいのか、自分たちのサポートは間違っていないのか…
と思うばかりです。

そう長いわけではない祖父母の人生、楽しく、何より安全にしてあげたいのですが。

また、もしわかるなら、幼くして亡くなった祖父母の長女の言葉を祖母に伝えたいのですが…。


→受け止めとはですが、言葉や理屈的な形ではないようです。

 例えば、

 「伯父一家のやり方や意地悪にはあきれるばかりで、あの人達にバチがあたらなきゃ
  おかしい」

 というイメージに対して、悲しみのイメージをこのコメントを書かれた方の
 先祖エネギーが伝えて来るのです。


 それらの先祖エネルギーの方々が伝えますには

 家族のために頑張る。家族が幸せになるために生きる。
 自分の子供たちが未来を幸せに生きられるために、自分の人生を費やして頑張るという

 家族のため、自分以外の人のためが絶対に譲れない気持ち(信念)を持って
 
 それが家族を支えるものとして当前の常識で、それがこの世に自分として生まれた
 当たり前の生き方であるというイメージを伝えて来ます。

 このイメージはこのコメントを書かれました祖父母の先祖に当たる方々の伝えて来ます
 イメージで、そこには本当に一生懸命家族の事を真剣に考えて、その生涯を生き抜いた
 3名の先祖エネルギーの意思(信念)が
 
 そのままの形で、祖父母やその家族の不具合になる形で
 そのまま強く残っているようです。

 
 それらの先祖様が生き抜いた情報も少ない古い時代においては、大きな障害や迷いも
 その絶対に曲がらない意思(信念)も素晴らしい結果の形に繋がっていたものと
 思います。

 
 しかし、時代は変わり、情報量も膨大な現代社会において、後世にその先祖様が
 伝えるエネルギーを受け継いだ、または影響を受ける子孫はどうでしょうか?

 その先祖様の意思(信念)はそのままプラスとして繁栄し続けるものなのでしょうか?


 コメントを書かれました祖父母の方々は少し頑固なイメージはありますが
 とても気持ちが優しいイメージで、何に対しても一生懸命前向きに努力出来る方々の
 ようです。

 そして、自分たちの理想とする楽しめる人生観もイメージできる方々のようです。

 しかし、ここで人生課題とも言えるマイナス的な障害となって来るのが
 年老いた今、歴代の先祖エネルギーが残したその先祖様が生きていた当時は
 プラスと思える思いです。

 人間世界は課題があるから霊界魂が限界のある身体に魂を宿すのです。

 先祖の生きている時代とも、先祖の魂が生き抜いた身体とも、今を生きる自分は
 違うのです。

 人間的には子孫の未来を願う尊い心になるはずの思いも実は、その個人の勝手なのです。

 たとえ血の繋がりのある家族であっても、人は人。自分は自分。これが基本なのです。

 霊界的には、人の思いは自分のプラスにもマイナスにもなる課題であって
 自分の人生の受け止め方次第では、人の思いが自分にとって足かせ手かせ的な
 重い(思い)になってしまうのです。

 あくまでもこのコメントを書かれました方の実力で浄化された先祖エネルギーが
 伝えて来ます霊的なイメージからですが

 「伯父一家のやり方や意地悪にはあきれるばかりで、あの人達にバチがあたらなきゃ
  おかしい」

 
 (実はこの伯父一家の意地悪や、それを感じている方々の不具合の問題に
  先祖が未来の子孫の幸せを願うために残した思いという先祖様の都合的な
  一方通行の願いが影響されているようです。
  先祖エネルギーが一番伝えたかった部分です。)
  


 誰が悪いと決めるのは自分自身。人ではなく自分だそうです。

 呆れてもバチを与えてもいいそうです。

 でも自分として生涯を生き抜く今、自分が納得出来る未来を考えた時
 人に呆れたりバチを与える事が
 
 今からの魂の栄養源となる未来の力に変換できるかもまた、自分次第のとの事です。

 魂はどんな環境変化もどんな自然災害も、先祖の霊的なお土産もすべて
 受け止める事。だそうです。

 
 ここに伝えて来ます先祖代々の不具合の根源となるイメージをこのコメントを書かれた方や
 祖父母の方々の実力で、必ず自己浄化へと導かれる事は決まっているようです。

 
 受け止めとは、

 限界のある世界に生まれた事をしっかり受け止めて

 自分としてその生涯を生き抜く実力がある世界には

 「絶対に悪いことは起こらない」というプラスの還元が必ず返って来るようです。


 人間以外の動物や自然界に存在するすべての物たちは、地球が誕生してからの変化や
 自然災害などの不具合を、呆れたりバチが当たらなきゃおかしいと考えるものなので
 しょうか?

 移りゆく時代や変わりゆく環境において、限界のあるこの世界で
 絶対はあるのでしょうか?

 霊界の伝えて来ますイメージはやはり

 いろいろあるけど、それも人生。

 祖父母や伯父一家の誰かがきっと、縁の下の力持ちになるであろう。

 そして自分の家族のみんながそれぞれの人生を笑ってその生涯を生き抜くであろう。

 その答えは人ではなく自分発想の生き方の向こう側にあるようです。

 

 このコメントされた方の祖父母の長女さんの件についてですが

 「幼くして亡くなった祖父母の長女の言葉を祖母に伝えたいのですが…。」

 長女さんも祖母の方の大きな存在が自分を生きる安心で、大好きだったそうです。

 一生懸命前向きに楽しんで自分の生を自分として生き抜いたそうです。

 何にも迷いも無く「お母ちゃん、大好き」とイメージを伝えて来ます。

 最後ではなく、祖母の子供として生を受けたことに、勇気と誇りであったそうです。

 そんな勇気と誇りをくれた祖母の方に何にも代えがたい感謝と
 
 体は老いても今を生きる。

 大切にしてほしいというイメージを伝えて来ます。
 
 
 

 






ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ















最終更新日  2010.10.21 12:38:21
コメント(25) | コメントを書く
2010.10.20
カテゴリ:相談

(次に受け止めとはですが)


 「自分と全然違った考えの方であったとしても まずは受け止める事。

  例えば自分にとってとても理不尽な事をされたとしても 歯を食いしばっても
  まずは受け止める事。

  こんな考え方でも良いのでしょうか?そしてどんな事が有っても
  人生を楽しむ事ですよね? 」

 
 という自分は自分でいつもありたいのにその意図と反して、他人や周りの環境から
 発せられる日々の不具合は日常茶飯事的に多々ありますよね。

 その他人や周りの環境から発せられます個々の自己都合や社会都合は

 人間界的には動物である人間の社会を作るために形成される人間模様のようです。

 
 そんな周周りから発せられる不具合となってしまう課題であったとしても
 自分にゆとりがあれば対応できますよね。

 しかし、自分にゆとりがなかったり、それ以上の問題に関する対応は
 たとえ霊界的にクリアしなければいけない大切かつ重要な人生課題と言われたとしても
 生身を生きる人である以上、本当に難しい問題であると思います。

 受け止めとは、人ではなく、環境でもなく、あくまでも自分がその霊界が意味を持って
 与えた教育(課題)を、限界のある自分としてどう捉えて、今を生きる自分としての
 納得というプラスの結果に繋げられうかに、その大きな意味があるようです。

 ですから「受け止め」とはその捉え方が、人それぞれ違うようです。

 どんな難題であっても数秒で受け止まられることもありますし、逆に簡単な問題に
 何年も費やすこともあるようです。

 人生を通じて限界のある自分という身体で、複雑なこの人間界を、自分の生として
 納得(受けとめ)できるのかが、

 霊界エネルギーの魂がわざわざ限界のある人間界に生まれて来る意味に繋がるようです。

 
 人から見て楽しむことではないようです。(他人目線)

 人のために楽しむ事でもないようです。(他人目線)

 人から見られて自分が楽しむこと。(自分から目線)

 そして自分が楽しむために人のために尽す。

 そして自分が納得するために歯を食いしばって頑張ること。

 すべて人のためとか社会や学校教育的な視点や発想ではなく、
 生身の自分と言い霊界魂を持った尊い生命が宿っている生身の体の自分発想が、

 霊界的な課題への受け止めとしての大きな意味に繋がるようです。

 霊界通信はいつも回りくどい説明になりますが、その一つ一つにもまた霊的な
 イメージが隠されているようです。

 人間界的には社会や学校などの子供時代の吸収的な教育そのものが
 受け入れのようです。

 そして、そんな子供時代の一方通行に吸収した教育をまずは受け入れて
 社会人としてその社会性で応用学習して世の中に還元して行く部分が
 複雑な人間社会を生身の身体で生きて行くための、人間界的な受け止めに
 繋がるイメージのようです。

 霊界的には限界のある人間界という世界で、霊界エネルギーである
 無限のエネルギー体の魂が限界のある生身の体と一体となって
 いかに霊界イメージを保ち続けられるか?

 いかに無限の魂を持って限界の世界を受け止められるのか?に大きな意味があるようです。

 
 受け入れと受け止めの霊界イメージは、自己浄化の基本となるとても大切な部分です。

 私はこの受け止めのイメージを基本として、妻との霊界通信や霊視浄化をイメージし
 妻が亡くなってからのいろいろな結果に繋がっている部分です。

 受け止めとう言葉は私達が小学生の時から勉強しています国語という教育の中では
 簡単な言葉でしかありませんが、やはり霊界は無限の世界ですので
 
 その奥行きは、人間的な脳や身体目線ではなく万人に平等に存在します霊界世界。

 その霊界エネルギーの魂のみぞ知るところのようです。

 
 長々の説明となりましたが、一番大切な部分の質問ですので何かヒントに繋がれば
 幸いです。







ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 








最終更新日  2010.10.21 02:10:22
コメント(29) | コメントを書く
2010.10.19
カテゴリ:相談

人生課題をの自己浄化をイメージする上で、とても大切な基本となる
「受け止めに」ついての質問がありましたので、その質問について伝わって来ます
霊視的なイメージを通じて

「受け止め」について書きたいと思います。



(ブログ相談です。)


私は自分にとって受け入れ難い事柄にとても感情的に成り易い様です。

行き過ぎると自爆し、相手が居たら傷を付けてしまってると思います。

ゴルさんにもその様な事を度々やって来て居ると思います。謝っても謝りきれませんm(_ _)m

どうして感情的に成ってしまうのか自分を振り返ってみました 幼少時代から大人に成るまで
そのままの自分を受け止めてくれる人が居なかった様に思います。

その幼少時代からの事が原因で情緒的に不安定と言うか他の方より考え方が凝り固まってしまってる
所が有るのではないでしょうか?

大人に成って色々な数々の課題を乗り越える為にとても背伸びをして来た様にも感じます

私は全然出来て居ない人間なんですが 周りの人に(家族、兄弟)頼られる事が多いです

本当は此方の方が誰かに(主人、兄弟に)頼りたいと思って居るのだと思います

ゴルさんの所にはいつも頼って来て居るのではないかなって思いました

凄く弱い自分でも子供の為には明るく強い母親で居たいのです

子供に私の様な辛い思いはさせたくないです…

ゴルさんのおっしってる受け止めとは 例え自分と全然違った考えの方で有ったとしても
まずは受け止める事。

例えば自分にとってとても理不尽な事をされたとしても 歯を食いしばってもまずは受け止める事。

こんな考え方でも良いのでしょうか?そしてどんな事が有っても人生を楽しむ事ですよね?


→この相談された方のイメージに入ってみますと、本当に人のために
 家族のためにそして自分のために苦労されていますよね。

 そして、ここで書かれています自己分析についても霊視的なイメージではとても深く
 自己分析をされていると私は思います。

 この相談された方はそんな意味でも、とても頑張り屋で沢山の苦労をされていると
 相談コメントのイメージを通じて私はそう思います。

 では何故にそんな人生を一生懸命頑張っている方が時に、悩んだり苦しんだりしなければ
 行けないのでしょうか?

 ここでこのイメージについて先祖エネルギーの伝えるイメージとして
 霊視的な意味合いが伝わって来ますので、その事について書きたいと思います。

 
 まずは先祖エネルギーの伝えますイメージとして

 「人は人。自分は自分。」だそうです。

 人間はもともと単体で生きるはずの動物で、人間の持つ自然界を生き抜くための力は
 知能であり

 人間個々の子孫の存続のためにも人間は本能の赴くままにその集団性を作り上げて
 来たのが人間社会のようです。

 人間は元々は単体で生きるはずの動物ですので、その本能として破壊も殺傷も
 知能の制御出来ない部分で繰り返す可能性があるようです。

 ですから人間は人間社会の確立のために、歴史的ないろいろな失敗を繰り返す中で
 社会規範や道徳的な人間社会の存続のための確立を、人間の武器である知能と言う想像力を
 誰の目から見ても解る形として作り上げて来たようです。

 ですから近代社会においての人間の教育こそが人間社会の確固たる存続のための
 確立に繋がるために、幼少教育や学校教育なる、人から目線。社会的な都合目線の
 教育社会となっているようです。

 
 ここで先祖エネルギーが伝えます「人は人。自分は自分。」というイメージについては

 相談者さんの質問の中の

 「どうして感情的になってしまうのか自分を振り返ってみました 幼少時代から大人に
  成るまで、そのままの自分を受け止めてくれる人が居なかった様に思います。

  その幼少時代からの事が原因で情緒的に不安定と言うか他の方より考え方が凝り固まって
  しまってる所が有るのではないでしょうか?」

 この質問に深い意味があるようです。

 この相談者さんだけではなく、こんな疑問や悩みを抱えたかたは本当に沢山居るものと
 思います。

 私も実際に上京して仕事をするまでは、学校で習った事、大人の言って居る事のほとんどが
 正しい事と思っておりました。

 しかし、実際に大人の自分として社会で生活をする上でその矛盾を感じる事も数知れずで。

 その矛盾を自分の社会経験の中で整理して行く上で行き着いたのが
 
 子供時代は、自分が成長する上での周りの環境や学校教育などすべて
 大人社会の一方通行の教育的な受け入れで、

 自分が子供から大人になった時に、自分が子供時代のその受け入れの知識を
 いかに自分の力として自分の考えで、自分を取り巻く大人社会に両方通行の
 コミュニケーション能力として自己責任の判断で外に出せるか?

 例えば、高校までは勉強は学校の先生など大人からの一方通行の吸収だけの習いであって
 大学ではその習いをいかに応用として
 
 自分から知識として外に(社会)に出せるか。的な意味合いがあるようです。

 「人のために。そして人を支えたり支え合ったり。」

 これはあくまでも人間社会を作り上げるための人間社会にとっては
 凄く大切な社会教育として、人から与えられる教育のようです。

 
 この相談者さんの先祖エネルギーが伝えて来ます
 「人は人。自分は自分」のイメージはですが
 
 すべてこの世を課題を持って生き抜くための魂を持った人間としての魂側のイメージとして
 
 この相談者さんの自己分析の部分の

 「幼少時代から大人になるまで、そのままの自分を受け止めてくれる人が居なかった」

 という霊的な教育を、いかに自分の人生経験としてそして生涯を生き抜くための知識として

 人からではなく自分から子供や自分の周りの大切な方々に、自分発想のプラスの力として
 還元して行くことが出来るのか?

 というイメージに繋がるようです。

 社会や学校教育も霊界教育もまず吸収して、自分がこの人間界を生き抜く上での
 納得出来る形でその吸収部分を応用編としてプラスの還元に繋げる事が結果として

 大切な子供たちの成長への大きな応援に繋がるようです。 



ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ








最終更新日  2010.10.19 12:10:44
コメント(17) | コメントを書く
2010.10.06
カテゴリ:相談

「人生が自分の思い通りすべて上手く行く。」

 
 霊界的なイメージはやはり今を生きる自分がすべてのようです。

 人間とは、身体、知能、魂を持つ動物のようです。

 身体は健康に。知能は頭をいっぱい使って、脳の発達、頭脳明晰に。

 そして魂はプラス(霊界イメージ)の積み重ねが人性の結果として

 自分の思い通りに行けることに確実に繋がるようです。

 身体の健康も知能の発達も行き方、考え方、努力次第でプラスにはなりますが
 魂はプラス(徳)を積む事が必要なのです。

 魂の徳を積むということは、魂は完全体ですが不完全な世界に生まれて来ているのですから
 そんな完全な魂で不完全な世界から魂にとっての一つでも多くのプラス(徳)を見つけ
 自分の人生に積み重ねることなのです。

 言い換えればですが、徳の積み重ねが霊界課題の答えにも自己浄化にも繋がることに
 なるようです。

 生まれ持っての自分の体を否定せず、自分の生きる環境を否定せず、不完全な自分として
 生きる事をしっかり受け止めて行く。

 人生がすべて上手く行くコツは、そんなシンプルかつ単純な事のようです。

 
 では徳(プラス)とはどこにあるのでしょうか?

 徳とはですが、人に優しくするとかいい事をするとかいう人間界的な人間都合のものでは
 実は正解ではないようです。

 霊界的には100点満点中の70点か80点にしかならないのです。

 あくまでも魂の徳とは霊界イメージであり、霊界エネルギーそのものなのです。

 人にとか周りにとか人任せ的な人を介した善ではなく、

 自分自身に自分の魂自身に対する善なのです。

 人間界に存在しながら生きながらにして霊界エネルギーを自分の魂自身で感じられる
 事こそが、魂にとっての栄養源。

 徳(プラス)を積むことが出来るのです。

 これがステップアップ(魂の向上、課題クリア)に繋がるのです。

 人間は脳ある動物ですので、脳ですべての事をクリアしようとしますが
 脳も人間界の物理ですので絶対に限界もありますし、間違いもします。

 魂は霊界エネルギーで無限なのです。

 魂レベルでは、人生課題として正しい事はそのまま正しいこととして返って来ます。

 逆に間違って居る事には魂は反応しませんでの、間違っている事は、生きている
 身体、知能の課題としてそのまま返って来ます。

 ここに人間発想の脳で考えたどんな言い訳をしても、その課題がクリアされることは
 ないのです。

 魂レベルでのクリアがない限り通用しないのが、霊界的な万人の課題に対する
 平等のようです。

 

(結婚縁についての相談)

>本人の人生課題であったはずの問題がその方に関係する方や環境にそのまま残って

>新たなる課題となって引き継がれることがほとんどのようです。

とありますが、例えば私に関係する(既に亡くなった)方の課題が、
現世での私の課題となっている、ということでしょうか?

お蔭様で、まわりと比べれば今まで大きな問題はなく、個人の小さな悩みを抱えている
程度ですが今の私の最大の悩み(結婚のご縁がない・・・)が大きな原因で、だんだんと
他のことにも無気力になって来ています。

もしかしたら、いつかのどこかのどなたかの課題が今の私に課せられているという
ことなのでしょうか? 

→「人生が思い通りに上手く」そんな生き方が出来たなら何にも問題はないと思います。

 しかし人間は不完全な生き物ですので、完璧な生き方なんてどこにもないのです。

 どこかには必ず不具合があるものなのです。

 「何か不具合があったら何かのせい。」にするというのも人間という動物の特徴です。
 
 これに対しての霊界イメージは、この世を生きる優先権はこの世に実在する人間で
 霊界でも悪霊でも因縁でも前世でも過去世でもないようです。

 優先権のある人間としての行き方の学習のために、それぞれの自分以外の存在が
 影響を与えて来るようです。

 ようは自分の行き方が魂レベルでプラス(徳)だらけの

「人生が思い通りにすべて上手く行く。」という生き方が出来たなら、

 あえて自分以外の存在による人生課題も人生勉強も必要がなくなるのです。

 実は今回相談された相談者の方の魂はしっかりその事に気がついており
 その相談者さんの生き方自体もかなりプラスイメージが強くある方のようです。

 相談者の本人の無気力というイメージは年齢的なものと一時的な身体のスランプの
 イメージです。

 この部分に入っている母方の女性の先祖エネルギーの不浄化が、そんなところに
 ちょっぴりマイナス感という影響を与えているようです。

 その先祖エネルギーを浄化しますと、無気力というイメージは消えますので
 あとは自分次第というイメージに繋がるようです。






ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ




 
 
 
 

 










最終更新日  2010.10.07 00:51:12
コメント(105) | コメントを書く
2010.10.05
カテゴリ:相談


前世や前世のカルマについてコメントより相談がありましたので
「人生が思い通りにすべて上手く行く。」というイメージに沿ってブログを書きたいと
思います。


(コメント相談)

>本人の人生課題であったはずの問題がその方に関係する方や環境にそのまま残って

>新たなる課題となって引き継がれることがほとんどのようです。

とありますが、例えば私に関係する(既に亡くなった)方の課題が、
現世での私の課題となっている、ということでしょうか?

お蔭様で、まわりと比べれば今まで大きな問題はなく、個人の小さな悩みを抱えている
程度ですが、今の私の最大の悩み(結婚のご縁がない・・・)が大きな原因で、
だんだんと他のことにも無気力になって来ています。

もしかしたら、いつかのどこかのどなたかの課題が今の私に課せられているという
ことなのでしょうか?

そしてそれは自分で解決できるようなものなのでしょうか?
(本人の資質の問題・・・ということでしたらごめんなさい^^;)

もっと大きな問題を抱えている人も同じく、自ら解決していけるように、して
いかなければならないようになっているのでしょうか?

最近知人より、前世のカルマ?を取り除かないと同じ病気になっていくという話しを
聞きました。

そしてそれは、力のある方に祓ってもらわなければならないそうです。

全く信じているわけではありませんが、少し気になりましたので・・・。

そもそも、前世ってあるのでしょうか?


→前世はあるの?という質問は多く聞きます。

 そして、前世をとても大切にしている方々が多数おられることも事実のようです。

 しかしあくまでも私の霊界通信においての前世に関しての質問の反応は

 1、前世と現世を比べる都合は誰の都合? 霊界? 個人?

 2、命が宿っている身体で今を生きる上で前世の都合は必要?

 3、いつ終えたか解らない前世の修行の場の宿題が現世?
   これは霊界の法則?それとも今を生きる人間の弱さの都合的な言い訳?



(前世のカルマ?を取り除かないと同じ病気になっていくという話しを聞きました

そしてそれは、力のある方に祓ってもらわなければならないそうです。)  

→この質問についてもかなり多く聞くことがあります。

 ではここで言う前世のカルマとは本当に実在するものなのでしょうか?

 そして、力のある方に祓ってもらわなければ前世のカルマは永遠に続くものなの
 でしょうか?

 この質問について前世のカルマというイメージに焦点を当ててみますと

 1、前世のカルマという言葉を作ったのは? 3次元(人間界)、それとも霊界?

 2、前世のカルマという言葉の存在は誰の都合? 霊界それとも人間世界?

 3、前世と現世のカルマの存在があるとしてその存在は誰のため? 
   力のある霊能者さんのため? それともカルマを持つ個人のため?

 前世についても前世のカルマについても自分がどう捉え、どう考えるかで
 プラスにもマイナスにもなるようです。

 因みに私は過去や前世については
 
 「過去のあの時は良かった。あの日に戻りたい。でも戻れないし。前世が実際にあった
  としてその前世が良くても悪くても、御飯を食べなきゃ行けない今を生きる現実社会の
  中では前世の事なんて記憶にもないし気力にもならないので、今を生きる自分が
  楽しめるお金や暇があって、いい環境で居られたらそれでいい。」

 と超現実的に考えて居ます。

 
 前世がお殿様でも、前世のカルマが今の人生に影響をしていたとして、今の自分の人生で
 出来る事は、今を生きる自分として精一杯しか出来ませんので、今の自分として出来る
 事のみ精一杯の努力をしたいと思っています。

(霊界から伝わって来ます自己浄化は今を受け止めるのみ。そんなイメージです。)

 ましてや自分の前世のカルマを赤の他人の力のある方に祓ってもらうなど、自分の宿題を
 自分よりも頭のいい方にしてもらうような事なので、自分の経験としてきっかけやヒントを
 いただくだけならいいとは思いますが、全部他人任せでは一切自分の経験とはならず
 
 その後も新たなる課題に成長できない自分を見てしまうようですので、理屈で考えても
 何かしっくり来ないですよね。

 
「人生が自分の思い通りすべて上手く行く。」

 霊界的なイメージはやはり今を生きる自分がすべてのようです。

 (その2で「人生が自分の思い通りすべて上手く行く。」についてを
  詳しく書きたいと思います。)





ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ






最終更新日  2010.10.07 00:48:48
コメント(28) | コメントを書く
2010.09.16
カテゴリ:相談

神様の質問についてですが

(それと、霊能者の人が交信している神様?は実は何なんでしょうか?
 それも、低級な不浄霊でしょうか?そうすると、それに関わっているとかなり
 まずいですよね?でも、大体の霊能者さんは、神様と交信していますが、
 あれは殆どインチキか操られているのですか?ずっと疑問でしたので、
 今さらながら素朴な質問をさせて頂きました。)


 世界各国にも神様と呼ばれ崇拝されるものの中に、有名なものから無名なものまで
 数限りない神様の存在があるようです。

 では神様とは一体何なのでしょうか?

 実際に霊界的なエネルギーとして存在するものなのでしょうか?

 あくまでも私のこの霊視的なイメージではですが、

 大きなヒントとして歴史的な偉人や人生成功者の方々のイメージに入ってみますと
 それぞれの方にこの神様のイメージに近いイメージを各自がそれぞれ
 持っているようです。

 この歴史的な偉人や人生成功者のイメージに深く入って行きますと、それぞれ
 各々が崇拝している神様という存在に関しては
 それぞれの方の心の映し出す鏡の像というイメージが返って来ます。

 人間は自然界では弱い動物なようです。

 人間がこの世を生き抜くために霊界は人間に知能と言う無限の想像力を与えたようです。

 無限の想像力は実態は有りませんが、人間は自分の弱点を補うためにその想像力を
 不完全な自分を補うために実体化しようと、心の中にある完璧な像を作り出しているようです。

 その像にいつも自分のイメージを当てる事で、現実世界では不完全な自分を
 完全に近づけるための守護的な鏡としているイメージです。

 特に歴史的な偉人や人生成功者の方々のイメージの中にはその像がしっかりとした形と
 なってその鏡の像が現実的な社会での成功の力となっているイメージです。

 その部分が常人とは少し違ったこだわりと言うか基本と言いいますか、絶対に不変の
 行き方の土台となっているイメージです。

 (絶対誰にも環境にも左右されない曲がらない信念のようなイメージです。)

 
 ある大きな会社をその身一つで築き上げた有名な方の伝えて来ますイメージとして

 「自分の中の自分が信じる神様を作ればそれでいい。その神様を人に信じさせようとか
  人に進めようとかではなく、自分の中に神様を作ることも、それを決めるのも
  この世に生を受けてこの世に生まれた個人が決める事。

  神様の存在の有り無しもその崇拝もすべて個人が決める事なり。

  そしてその絶対に生に関する曲がらない不変の力(神様)の後押しを自分の実力に
  繋げられる今を生きる前を向く勇気こそが、神なる存在を私の中で存在する理由なりけり」

 というイメージを伝えて来ます。

 私自身は子供のころからゴル母が毎日仏様や神棚に供養やお祈りをしてきているのを
 見て居ましたので、私はゴル母のイメージをここで言う私の中の神様的なイメージして、
 そのイメージに焦点を当てて、天気の浄化をしています。

 神様という言葉は凄く高拝なイメージですが、霊界には高いも低いも無いのが
 人間界的ではない霊界側の神様という言葉について伝えて来るイメージです。

 

 ここでコメント相談の霊能者の方々が交信している神様のイメージについてですが

 それぞれの霊能者の方々の霊的な波動レベルにあった自己イメージの鏡の像のイメージが
 伝わって来ます。

 
 霊的な波動の高い方は霊界鏡に。(魂レベルでのイメージ)

 霊的な波動の低い方は人間鏡に。(身体レベルでの都合)

 霊界はプラスのエネルギーのみが存在する世界。

 人間界はプラスもマイナスも混在する世界のようです。

 どちらの鏡の像を映し出すのも自由なようです。

 そんなイメージが伝わって来ます。



 (低級な不浄霊でしょうか?そうすると、それに関わっているとかなり
 まずいですよね?)の質問については

 これは霊能者の霊的な波動レベル、また相談者の霊的な波動レベルにより違って
 来るようです。

 人生はやはり、現実と言う霊界教育の場に居る生徒的な意味合いが大きいようです。

 霊界教育の一環とも言える人生課題を、霊能者頼りの他人目線ではなく
 不完全な自分としての自分目線での霊界的な教育の受け止めとしてがやはり
 一番大切な部分のようです。

 水子さんも浄化出来て課題がクリアとなれば存在してもいいと思います。

 そして神様もその力に依存ではなく、前を向ける自分の実力に繋がるのであれば
 不完全な自分である以上、絶対に不可欠な存在であると思います。

 それらの答えすべてがやはり生きている人間は誰も証明出来ない所にあると思いますので
 自分はその疑問をどう自分の人生の力にプラスに変える事が出来るのか?

 それが今回の相談についての答えなのではないかと思います。

 あくまでも私の霊界通信でのイメージをそのまま書きましたが
 何かヒントに繋がれば幸いです。







ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ



 







最終更新日  2010.09.17 00:14:58
コメント(44) | コメントを書く
2010.09.15
カテゴリ:相談

水子は存在するのか?

霊能者の人が交信している神様?は実は何?という

コメント相談がありましたので、その相談について霊界通信してみたいと思います。


(コメント相談です。)

もちろんゴルさんを疑っている訳でもなく、霊能者と言われる人に依存している訳では
ないのですが、

水子について、ゴルさんはいないという見解ですが、実際に数回流産して霊能者の方に
初対面で、人数と性別まで言われました。性別?は果たして本当か分かりませんが
人数は合っていたので、やはり水子はいるのかな?と、

そして霊能者の人にはそれらが霊視出来るんだと思ってしまいましたが、
これは、私の不浄霊が視えたと捉えていいのでしょか?

それとも、私のマイナスな気持ちが読まれた?とかですか?

それと、霊能者の人が交信している神様?は実は何なんでしょうか?

それも、低級な不浄霊でしょうか?そうすると、それに関わっているとかなり
まずいですよね?でも、大体の霊能者さんは、神様と交信していますが、
あれは殆どインチキか操られているのですか?ずっと疑問でしたので、
今さらながら素朴な質問をさせて頂きました。

→水子についての質問ですが、水子という言葉のイメージに深く入ってみますと
 霊界的なエネルギーの反応はなく、人間界的な人間都合のイメージが強く
 返って来ます。

 流産された方からの相談について霊視してみますと、流産された子供のエネルギーの
 反応はなく、流産という不具合に関連するエネルギーの反応があるのみです。

 今回のコメント相談の霊能者さんのイメージに入っても、水子というエネルギーに
 焦点を当てているように言って居るとは思いますが、ここから感じられるのはやはり
 霊能者の方に憑いているお子様の事を考え続けている死霊さんと、相談者の両親双方の
 女性のエネルギーが感じられます。

 ここで霊視浄化という観点から一番大切な事は、水子さんの人数を当てたことで
 流産という悲しい出来事が少しでも軽減できるか?本人が納得して前を向けるきっかけに
 なるのか?ということのようです。

 今回の質問についても

 霊能者視点なのか? 相談者側視点なのか? それとも霊界視点なのか?
 ということのようです。

 
 水子さんの数を霊視して当てるというケースは凄く多くあり、私もそのイメージに
 焦点を当てて居た時期もありました。

 しかし、水子さんの数当てや相談者本人の霊視的言い当ては、誰の都合なのでしょうか?

 霊界的には意味がある事なのでしょうか?
 
 霊能者さんの力を信じるか?信じないか?の目安だけなの数当て的な意味合いは
 ないのでしょうか?

 
 実は霊視浄化をする上で一番の壁がここにあるようなのです。

 よく霊能者さんが不思議な力と引き換えにおかしくなるという事を聞きますが
 私が一番基本としている部分が実はここにあります。

 自分の中に存在する霊界人でもある魂イメージで霊視するか?

 人間身体レベルの人間都合イメージで霊視したつもりになるのか?

 大きな差が生じてしまうのです。

 
 私のブログの中でよく使っています言葉に霊界鏡と人間界鏡(自分鏡)という言葉が
 あります。

 そのどちらの鏡に霊視的なイメージを当てるかで答えは大きく異なって来ます。

 不浄化エネルギーは相談された方の記憶や不具合のイメージにのみ存在します。

 人間界鏡では人間界都合なので浄化は絶対に出来ないのが私の経験です。

 相談された本人が実際にその不具合の改善を感じて始めて3次元的な浄化の結果が
 本人の納得の上で確認できるのです。

 3度のクラス会でも実際に体験してもらっていますが、自分の中に実際に存在する
 霊界エネルギーの魂イメージ霊界鏡に焦点を当てて始めて、霊界的な霊視浄化が
 可能となるようです。

 私のイメージする霊視とは、霊視する側も3次元の都合に左右されない
 不変の魂イメージを中心とする事で始めて浄化への導きとなるアンテナ役になれるのです。
 
 
 霊界には数も物理も存在しないのです。

 数や苦悩が存在するのは人間界なのです。

 もしも水子さんが居る事を霊視したとします。

 これは霊界エネルギーの返答でしょうか?

 それとも霊界に戻れずに居る不浄化エネルギーの返答でしょうか?

 霊界イメージではそんなイメージを伝えて来ます。

 そこにヒントがあるのではないのでしょうか?

 
 新たに伝えて来ますイメージとして

 相談される側が過去に遭った失敗や苦悩を背負い続けてその生涯を終えたとします。

 その方本人の人生の中で経験した人生課題は、その方がそのすべてをクリアという形で
 この人間界に何も悔いを残さずに魂のみが霊界に戻れるものでしょうか?

 あくまでも私の経験します霊視浄化においては、本人の人生課題であったはずの問題が
 その方に関係する方や環境にそのまま残って新たなる課題となって引き継がれることが
 ほとんどのようです。

 
 例えば、私の行いが私の子供たち3人に、私が私の人生課題を受け止める事が出来ずに
 そのまま何の申し送りも無く引き継がれることとなるのです。

 よく因縁と言う言葉を耳にしますが、これに近い形で自分の人生を終えた後にも
 永遠に自分の受け止められなかった人生課題が引き継ぎとなるイメージなのです。

 ここでその水子さんと言うエネルギーが存在したとします。

 霊能者さんはその水子さんの数を言い当てて、水子さんの存在を確信し
 水子さんのために毎日供養をしたとします。

 何がクリアとなるのでしょうか?

 水子さんが確実に天国に戻れることでしょうか?

 自分の人生課題を自分の人生の中ですべてクリアして、大切な家族に宿題として
 残さないこともまた、この世に生を受けた自分としての自己責任のイメージのようです。




 

ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ




 

 

 

 





















 






最終更新日  2010.09.16 01:10:05
コメント(31) | コメントを書く
2010.09.10
カテゴリ:相談


コメント相談より、自閉症についての霊視的な相談がありましたので
その相談について霊視してみたいと思います。


(自閉症に関する相談内容です。)


「自閉症」という障害も社会性について生まれつきの脳の器質的障害のせいでなかなか獲得が
難しいものなのですが、

この障害は霊的にはどのようなものなのでしょう?

医療従事者であるゴルさんには釈迦に説法かもしれませんが、自閉症の人たちというのは
私たちが成長過程において当然のように獲得していく事柄に対するアプローチが非常に困難なのです。

彼らは、健常者と呼ばれる人たちには想像もできないような世界を生きているようです。

そして、身体障害や、ダウン症、脳性まひといった「一見して」わかる障害とは異なり、
ぱっと見は特に障害を持っていないように見られますので、その生き辛さというものは
はかりしれないような気がいたします。

軽い人も含めれば100人に1~2人と言われている障害ですが、数が多い割りには、一般の方々に
どのような障害であるのかまだまだ認知もされておらず、それ故に本人も家族も苦しんでいる人が
多数おられます。

一体どうしてこのような障害が存在するのか、そしてこの障害を持った人たちがより自分らしく
生きるにはどうすればいいのか、

そして霊的にこの障害はどんな意味があるのか
疑問はつきません。



(自閉症とは)

自閉症は、社会性や他者とのコミュニケーション能力の発達が遅滞する発達障害の一種。

先天性の脳機能障害であるが、脳機能上の異常から認知障害の発症へといたる具体的な
メカニズムについては未解明の部分が多い。

時に、早期幼児自閉症、小児自閉症、あるいはカナー自閉症と呼ばれる

(その症状は)

母親や他人と視線を合わせようとしない。

抱っこされたり、あやされたりしても喜ばなかったり、コミュニケーションが成立しない。


同年代の子供に興味を示さず、他の子と一緒に遊ばない。

決まった行動を儀式のように延々と繰り返したり、一つのことに没頭する。

環境の変化を嫌い、普段と異なる場所へ行ったり、状況によっては
パニックを起こすことがある。
   
独り言やオウム返しなど、言葉によるコミュニケーションが成立しないなど。


日本では1000人に1~2人の割合で生じているが、どこまでを自閉症の範囲とするかによって
発生率は大きく違う。男性と女性の比率は4:1程度と言われている




→自閉症については原因も不明で、その家族にとってもとても難しい問題であると思います。

 自閉症という病名に関しても世間での認識もなく、自閉症という名前からうつ病や
 ひきこもりなどと勘違いして自閉的な心を持った病と言うように、謝った認識をしている方も
 多く居るようです。

 近年は増加傾向にあり、自閉症の原因については、自閉症が世界的に認識されてきた事、
 遺伝子による先天的な脳の病気、夫が高齢な場合、妊婦さんの心理的なもの、出産時の
 陣痛促進剤使用や難産等で確率が高くなるなど、いろいろとその原因に関する
 所説はあるようですが、その解明はまったくされていないのが現実のようです。

 では霊界的にはこの自閉症という病気にはどんな意味があるのでしょうか?

 あくまでも私の霊視的なイメージで自閉症について霊視してみたいと思います。

 まずはその霊視的なイメージからの原因についてですが、

 大きな問題として先天的な遺伝子の問題がやはりあるようです。

 これは男女比率が違うというイメージに焦点が当たりますので、高年齢にヒントがある
 男性特有の何かが関与しているイメージです。

 あくまでも霊視なので医学的な根拠はまったくないですが、ヘビースモーカー(ニコチン)
 アルコール多量飲酒時の妊娠や、特に高齢者特有の男性的な血管系脳細胞の硬化的な
 因子を持った方に(年齢や性別を問わず)その霊視的な焦点があたる用です。

 そして次に、出産時の物理的な問題があるイメージです。(無酸素など。)


 次に

 「一体どうしてこのような障害が存在するのか、そしてこの障害を持った人たちがより
  自分らしく生きるにはどうすればいいのか、

  そして霊的にこの障害はどんな意味があるのか?」

 の相談について


 その相談についての私の霊的なイメージで自閉症という霊的なイメージに焦点を
 当ててみますと

 何を持っての病気?的なイメージが伝わって来ます。

 どんな形であれこの世に生を受けてしまってた以上、人それぞれが生まれ持っている
 アレルギーなどと同じで、環境に対しての身体の表現的なイメージが伝わって来ます。

 そして自閉症の子供たちに焦点を当ててみますと、本人は生まれ持っての自分自身なので
 しっかり受け止めているイメージですが、周りの環境がその同じ生を持った同一性に
 自己目線の感情視線を入れているイメージです。

 魂は完全体ですが、この世に存在する物理は不完全体で、大なり小なりの問題が生じるもの。

 人間にとってはとても大きな問題であっても、魂にとってはこの世に生を受けた以上
 課題として受け止めなければいけない、霊界の大きな意味がそこにあるようです。

 不完全な人間が自分的視点でどう捉え改善しようと実行しても、物理的な感情が
 その答えを導きだしてくれることには繋がらないようです。
 
 やはり不完全体の物理の世界で唯一完全体である魂で受けとめられる事がやはり
 課題なのかもしれません。

 人ではなく自分。

 完全ではなく不完全。これがヒントであるイメージのようです。

 不完全と思える自閉症と診断されている方々の魂レベルの波動は高く凄く純粋で
 生に対して一生懸命前向きな完全に近い受け止めがあるようです。

 障害を障害と捉えるのも、その障害を受け止めて今を生きて行くのもすべて
 本人の気持ち一つにあるようです。

 その本人の気持ちを前に。そんなイメージを霊界メッセージは伝えて来ます。

 やはり人間界では大惨事でも、霊界では大きな意味がそこにあるようです。

 どうこの課題多き人生を、自分の一つしかない魂レベルでどう受け止められるかが?
 課題でもあるようです。

 あくまでも私の自閉症に関する霊視的なイメージですが、何かヒントに繋がれば
 幸いです。

 読んでいただきまして、ありがとうございました。







ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ



 
 





















最終更新日  2010.09.10 00:57:45
コメント(77) | コメントを書く
2010.08.22
カテゴリ:相談


(ブログコメント相談より相談がありました。)

なんと小学校3年生が自殺してしまったのです・・・。
この子はいったいどうしてそこまでのことになってしまったんでしょうか?
確かに子供の頃なんてちょっとぐらいのいじめはどこにでもあると思いますし、
自分にも経験があります。

しかし幼い女の子が自ら命を絶つまでのひどいことをされていたのでしょうか?
それとも他に原因があるのでしょうか?
子を持つ親として、とても残念でなりません。
この子には早く成仏してもらいたいですし、その一方で「どうして?」という思いは
拭い去れません。

ゴルさんから見て、どのような感じでしょうか。
余裕がありましたら見ていただけませんでしょうか


(このコメント相談に関するニュース記事です)

大阪府高槻市内の集合住宅で17日午後、市立小学校3年の女児(8)が、首をつった状態で
死亡していたことが18日、府警などへの取材で分かった。府警は自殺の可能性が高いと
みている。市教委によると、女児が学校でいたずらをされたとの情報があり、
動機などについて慎重に調べている。

府警によると、17日午後6時20分ごろ、仕事から帰宅した女児の母親(27)が、
ベランダの物干しざおにかけたタオルで首をつった状態の女児を発見。通報で高槻署員らが
駆けつけたが、すでに死亡していた。

女児は両親と2人のきょうだいの5人暮らし。現在は夏休み中で、17日朝に母親が
出勤した後は、自宅に1人でいたとみられる。

母親が帰宅した際は、玄関ドアは施錠されていた。これまでに遺書のようなものは
見つかっていないという。府警は18日にも遺体を司法解剖し、死因などを調べる。

高槻市教委によると、女児の保護者から今年2月、小学校に「娘が教科書に落書きをされた」と
連絡があり、学校側が女児をからかうような落書きを確認したという。




→小学3年生の女の子が自殺というニュースを聞いて「どうして?」とやはり
 考えてしまいますよね。

 何がこの女の子にあったのでしょうか?

 同じ子を持つ親としても、この女の子のご家族にとっても本当に悲しい事件ですよね。

 近年の自殺の若年化の霊視的なイメージに入っていきますと
 流行的なイメージが返って来ます。

 この流行と言うのは、何も深い考えもなしでその事柄に流されるというイメージが
 入っているようです。

 自殺は生命の「死」イコール、自分の「死」という意味を誰もが知っている所であり、
 命はとても重い物であるもののはずですが、その命の尊さを考える前に、そして体感として
 人間を生きる力として認識する前に、その行動をとってしまうケースが多いようです。

 うつ病の方がうつ病という脳の病気でその行動をとるのとは違って、人間特有の集団生活
 ならではの問題がそこに大きくあるイメージです。

 「何か問題があったら落ち込む。」こんな事は誰でもあることであると思います。

 しかし、情報化社会としてのメディアの発達した近代社会において一番の問題は
 日常生活において必要でない危険とも言える情報や知識を簡単に得られる事や、
 
 ゲーム、携帯、パソコンなど、対人間のコミュニケーションに欠ける非現実的な空想世界が
 現実のものと誤認識されるその未熟な社会性の部分に「何かあったら落ち込む。」という
 何でもない時間が過ぎたら必ず解決するはずの小さかったはずの問題が
 大きな問題となって悲劇へと繋がっている現実もあるようです。


 自らの命を絶つと言う事が流行といういう意味では実はないのです。

 何か問題が生じてしまったらその対応として、命ある対人間というコミニュケーションに
 問いかけるのではなく、今自分の周りを流れている一番自分にとって好都合な、または
 苦痛の軽減となる情報に対して、その真実の認識も出来ないまま流され行動に繋がって
 いるイメージが霊視的なイメージの流行という言葉に繋がるようです。

 「周りの状況や後先考えず。」人間的なそして個人のレベルに沿った命の尊さを
  守る事の出来ない、現代社会の未熟性がそこにあるようです。

 
 この亡くなわれた女の子に対して霊視的なイメージを当てて見ますと
 「苦しいよ。お母さん助けて。」という、何を問いかけても半錯乱状態の状態に
 置かれた女の子のイメージが返って来ます。

 この女の子の隣には母方の女性の先祖エネルギーとその女性の方に関係する男性の
 先祖エネルギーが一緒におり、その男性のエネルギーが自らが亡くなっている事に
 気付いておらず、必死に苦しんでいるイメージを伝えて来ます。

 その方々を浄化しますと、「もう大丈夫。」というイメージをその女の子が
 伝えて来ます。

 そこで何があったのかをその女の子に聞いてみますと
 「おじちゃんがロープで首を吊ってたの。」と伝えて来ますので、そのおじさんは
 知っている人?と聞くと

 「ううん、知らない人。」

 その女の子はまったく知らない男性のようですが、テレビの事件事故のニュースで
 入って居た事故者の不浄化エネルギーで、実際にその男性は事故で亡くなっている
 ようですが

 女の子に憑いていた先祖エネルギーの影響で、事故の数年前より女の子と波長が合って
 その影響で女の子は泣きやすかったり、悲しいイメージがずっと残って居たようです。

 学校でのイジメについては確かに辛かった部分もあるようですが、自殺まで考えるほどの
 大きな問題に繋がっていないイメージで、それよりも成長発達段階の時期とその女の子が
 感じた悲しいイメージに

 メディアの容赦なく流れる自殺関連の情報が、女の子の行動へと偶然にも繋がって
 しまったイメージを、女の子の憑いています女性の先祖エネルギーが伝えて来ます。

 もしも本当にその女の子が本当に自らの命を絶つまで追い込まれていたとしたならば
 縄跳びのヒモ、荷造り用のヒモというイメージを伝えて来ます。

 ちょっと気持ちが辛くて悲しいので、タオルで見よう見まねの行動をしてみたら
 事故になってしまった。そんな悲しい事故のイメージを伝えて来ます。
 

 確かに放送の自由とか、表現の自由という言葉はありますが
 同じ子育てをする親として、現代の心とは反比例に発達してしまった現代社会の危険性は
 やはりこれからの未来への大きな課題であると思います。

 もしも、ニュースで自殺という言葉が日常的に流れなかったら。

 もしも、未熟な心を持った社会である事を認識して、命の尊さの部分にもっと
 配慮があったなら。

 世界の万人の目から見ても、小学3年生の女の子がタオルで首を吊るという
 ショッキングな事故は、絶対に起こらなかったのではないかと思います。

 3次元では悲惨な事でもやはり霊界では意味があるようです。

 私達残されたこの世を生きる者として、そんな3次限界では悲惨な出来事であっても
 しっかり受け止めて、過去を過去としてその時間に戻る事無く、

 今からを生きる事にそんな霊界の意味としての大きな答えがあるようです。

 本当に悲しい出来事ではありますが、私の出来る事としてすべての
 不浄化エネルギーを浄化して

 心よりご冥福をお祈りいたします。
 





ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ







 

 

 
 
 

 


















最終更新日  2010.08.22 00:59:08
コメント(65) | コメントを書く

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR

コメント新着

ゆみこ@ 自称ゴル弟子のアユ太さんへ この世界は全てのマイナス感情である破壊…
アホですか?あなた(笑)@ Re:坂本龍馬の暗殺の真相を霊視(最終話) 奇跡への階段(10/01) 何が霊視だよ。龍馬の言葉は九州弁か?(笑…

ランキング市場

購入履歴

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.