超スピリチュアル体験記 | 実話体験談

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(20)

スピリチュアル

(29)

私の親友

(4)

ニュース

(113)

不思議体験

(39)

独り言

(51)

有名人 芸能人を勝手に霊視のコナー

(159)

野球日本代表

(9)

漁火体験記(ゴルさん高2の夏)

(12)

相談

(41)

ハン流爆弾

(5)

タイガーウッズの霊視浄化

(5)

ダイアナ妃死亡の真相を霊視

(2)

化け猫

(7)

F1の浄化

(7)

2012年 アセッション 人類滅亡説

(4)

マイケルジャクソンを霊視

(4)

自己浄化の無限の可能性

(11)

本能寺の変の真実を霊視

(3)

ゴルさんの田舎

(1)

酒井法子を霊視浄化

(17)

本当にあった怖い話

(15)

911アメリカ同時多発テロの真相を霊視

(7)

坂本龍馬さんの暗殺の真相を霊視

(7)

沢尻エリカさんを勝手に霊視

(6)

田中角栄さんを霊視

(2)

統合失調症(精神分裂病)について

(8)

うつ病について

(5)

明知光秀は天海大僧正?を霊視

(10)

ゴルさんの兄貴

(2)

多重人格について

(2)

パニック障害について

(1)

不明な熱の浄化

(4)

私の妻はB型

(13)

自己浄化の極意

(21)

亡くなった先輩の心霊写真

(6)

松井秀樹さんを霊視浄化

(3)

ゴルさんの究極の修行(キツネ憑き)

(33)

世界の七不思議?

(2)

内藤大助VS亀田興毅を霊視

(1)

座敷わらし

(3)

市橋達也容疑者を霊視

(5)

福山雅治さんの霊視

(3)

生霊の真実

(7)

貴乃花親方問題を霊視

(4)

スピリチュアルダイエット

(5)

天気の浄化

(2)

スピリチュアルの真相を霊視

(12)

幽体離脱

(1)

W杯サッカーを霊視

(12)

パクヨンハさんの霊視

(3)

ほしいものリスト

お気に入りブログ

AYAのセラピールーム AYA さん
ハッピー&ラッキー… ハッピー☆ラッキーさん

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >

全て | カテゴリ未分類 | スピリチュアル | 私の親友 | ニュース | 不思議体験 | 独り言 | 有名人 芸能人を勝手に霊視のコナー | 野球日本代表 | 漁火体験記(ゴルさん高2の夏) | 相談 | ハン流爆弾 | タイガーウッズの霊視浄化 | ダイアナ妃死亡の真相を霊視 | 化け猫 | F1の浄化 | 2012年 アセッション 人類滅亡説 | マイケルジャクソンを霊視 | 自己浄化の無限の可能性 | 本能寺の変の真実を霊視 | ゴルさんの田舎 | 酒井法子を霊視浄化 | 本当にあった怖い話 | 911アメリカ同時多発テロの真相を霊視 | 坂本龍馬さんの暗殺の真相を霊視 | 沢尻エリカさんを勝手に霊視 | 田中角栄さんを霊視 | 統合失調症(精神分裂病)について | うつ病について | 明知光秀は天海大僧正?を霊視 | ゴルさんの兄貴 | 多重人格について | パニック障害について | 不明な熱の浄化 | 私の妻はB型 | 自己浄化の極意 | 亡くなった先輩の心霊写真 | 松井秀樹さんを霊視浄化 | ゴルさんの究極の修行(キツネ憑き) | 世界の七不思議? | 内藤大助VS亀田興毅を霊視 | 座敷わらし | 市橋達也容疑者を霊視 | 福山雅治さんの霊視 | 生霊の真実 | 貴乃花親方問題を霊視 | スピリチュアルダイエット | 天気の浄化 | スピリチュアルの真相を霊視 | 幽体離脱 | W杯サッカーを霊視 | パクヨンハさんの霊視

スピリチュアル

2010.08.31
XML
カテゴリ:スピリチュアル

開運、引き寄せの法則を霊視、その1とその2をみなさん読んでくださいましたでしょうか?

同じことをダラダラと、そして同じ内容を繰り返し書いていてかなり解りづらい内容で
あったものと思います。

霊界通信の通訳という事の一番の難しさは、なかなかOKを出してくれない所が難点で
その1、その2でようやく私の簡潔なイメージを書いてもこのブログ自体がマイナスの
引き寄せの法則に繋がらないイメージが返って来ましたので、

開運や引き寄せの法則をより確実にプラスに繋げられるイメージを書きたいと思います。

まずは開運についてですが、逆説として不運とは何か?をまずは考えます。

自分にとっての不運とはなんでしょうか?

人とは違う生い立ちや環境的なマイナスの経験や情事の事でしょうか?

それとも自分にとって都合の悪い事がらすべてでしょうか?

これってどこから目線なのでしょうか?

他人側目線でしょうか?それとの自分目線なのでしょうか?

プラスマイナスエネルギーの混在する人間目線でしょうか?

それともプラスエネルギー界の魂目線でしょうか?

人の満足度は千差万別なのです。

第3者の冷静な目線から見て無謀と思える考えも、本人の中ではまともな考え
であったりするものです。

そして、第3者の中にもその無謀とも思える考えを正しいと考えられる人も
中には居るものなのです。

人間の考え思想のイメージは多種多様で、常時変動的なイメージです。

しかし魂側のイメージは、そんな人間界をプラスに生きシンプルな
霊界プラスイメージで不変なのです。

霊界から与えられた課題はちゃんとクリア出来るようになっているのです。

その人が生まれ持っての先天性の病気であったり、難病、癌、など身体的には
改善不可能な事であっても、ちゃんと与えられた人生を受け止めて
課題さえクリア出来れば生まれたまんまの魂以上の成長に繋がるのです。

魂の向上は時にプラスの還元を人間界にもたらすようです。

願いも、思いも、想像も自分たちの意図するままに具現化するのです。

例えば野球、サッカー、ゴルフなどのスポーツの不変的な土台を
作る基本となるものは何でしょうか?

スポーツをしている方々ならみんな知っていますよね。

土に一番近い、不動の人間の体を支える下半身の土台の強さですよね。

これが揺らぐと、その選手自体のレベルは格段と低下すること間違いなしですよね。

大地震もそうですが、建物は土台が命ですよね。

そして土に近いほど揺れず、高層になればなるほど揺れるようになって居ますよね。

人生という霊界から与えられた環境や身体でこの人間界を生き抜く上で
与えられた課題をクリアするために必要な土台となるものは?

生まれ持って変わらずのプラスのエネルギー体である魂エネルギーなのです。


この魂イメージで自分の日々の生活を受け止められた先に、必ずご褒美は
人間界の形として霊界の鏡の像として返って来るようです。

この部分を基本にして人生を楽しんでおられる方は、霊界イメージを基本として
持っており、苦しい自分をしっかり受け止めて霊界の法則のお任せのままに
生きる事で、プラスの引き寄せの法則をしっかり自分の人生の中で成功法として
導きだして居るものなのです。

(ようは魂イメージを中心としたプラスイメージ受け止めで、マイナスエネルギーの影響を
 緩和したり、その与えられた課題も複雑にならないようにする魂側目線が大切なのです。) 




私のその1、その2のブログの中で開運グッズや人生成功哲学についての
否定的とも思えるイメージが入っていたと感じられた方々もおられたと思いますが


実はこれも開運グッズを作られている方々や人生成功哲学を考え出した方々の
波動レベルや、そのグッズを使用したり成功哲学を参考する側の波動レベルに
よるものが大きいのです。


波動の高い方々によってこの世に出された開運グッズや本などは、皆様にプラスイメージを
もたらすことは確実なのです。

占いや占い本などもそうなのです。(実はゴルさんはその昔、占い大好き人間でした。)

波動の高い場所や会社、そして波動の高い方々が作り出したものは
プラスの還元の力となって世の中に無限に広がって行くものなのです。

そして、それを波動の高い方々が引き寄せの法則によって手にしたり導かれたり。

幸運は新たなる幸運を呼び、世の中は絶対にプラスへと導かれて行くものなのです。

波動の高い方々が結果としてこの世に残して下さった人生成功哲学もそうですよね。

その人生成功者方々の生き方の生き方が好きになり、その方々の教えを真似したり
参考にしたりして生きる瞬間の気持ちの良さは、何とも言えない至福の時ですよね。

そして、そのプラスのイメージは自分の人生にとって絶対にプラスへと繋がって
行くものなのです。

私は

「人の真似をしてもその人以下。その人の凄さを学びとして、いつかは自分の力に
 変えられる努力こそ、自分の未来の力に繋がるプラスイメージ」

と思っています。

人生成功哲学を残して下さった歴代の方々も、その生涯においていろいろな苦悩や
かなりの御苦労をなさったものと思います。

そんな歴代の天才とも言える方々が人生を費やして築き上げた成功哲学なのだから、
何にも苦労知らずの凡人の私が同じことをやっても絶対にその方々と同じ次元になんて
絶対になれないですよね。

ですから私なりにない智恵を絞って努力して1歩でも近づく前向き思考が
その方々の生涯を通じての教えに対しての感謝に繋がるものと私は考えています。

人が出来る事は絶対に自分は出来るのです。

しかし、その人と自分は生まれた時からそして育った環境も根本的に違うのです。

その人以上ではなく、その人を目標とした今の自分レベル以上を目標に
ありのままの自分自身を受け止められる事こそが、霊界の法則のお任せに繋がり、
霊的な波動アップとなり引き寄せの法則へと繋がって行くのです。



まとめとして

この世の中はプラスマイナスエネルギーが混在する世界です。

そんなプラスマイナスエネルギーが混在する世界での

開運、引き寄せの法則を自分の力として、マイナスではなくプラスを確実に導くためには

1、どんな形であれ自分が納得でき自分の人生を楽しめるイメージ持つ
  (自分を好きになって人や周りではなく、あくまでも自分自身を中心のイメージ)

2、最後は魂イメージのプラスで終わる。

3、開運グッズ、パワースポット、占いなど自分が好きで楽しめて興味が持てる物を
  通じて、波動レベルの高い場所や波動レベルの高い方々と同調する
 (魂レベルの霊的な学習をする。)

魂レベルの学習は好奇心や自分の中の流行りなどを例にとるように、気持ちが良くて
夢中になれることはマイナスのエネルギーの入る隙がないですものね。

まずは自分の揺るぎないプラスの土台を作って、波動の高い世界との同調こそが
開運、引き寄せの法則と繋がる事、間違いないようです。













ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ








最終更新日  2010.08.31 01:52:23
コメント(89) | コメントを書く
2010.08.29
カテゴリ:スピリチュアル

では開運、そして引き寄せの法則を自分の力で切り開く事は出来るのでしょうか?

このことは今を生きる誰もが一番興味があることであると思います。

開運、引き寄せの法則というイメージそのものがプラスそのものですし
そしてそれ自体が人間を生きるための大きな力ともなりますよね。

ではどうしたら運を引き寄せる事に繋がるのでしょうか?

世の中には数々の開運グッズや人生成功者の人生成功哲学や
引き寄せの法則なるものが、常識のように情報として流れて居ます。

では有名な神社仏閣などや有名となっている開運グッズを手にしただけで
みんなの開運へと繋がるものなのでしょうか?

また、人生成功者の方々が言われている人生成功哲学や引き寄せの法則なるものを
そのまんまマネてみたとして、みなさん全員が人生を円満に過ごせる事に
繋がるのでしょうか?

この質問について大半の方がそんな訳はないよな。と考えるのではないかと
私は思います。

しかし、開運グッズや引き寄せの法則に対して興味のある方以外でも
自分が窮地に立たされたり、人生に悩みなどが生じてしまうと参考にまたは
苦しい自分から逃れられるための依存や、前を向くための勇気に繋げるきっかけとして
それらの良き話に頼ったり

マイナスの自分回避のためのバイブル的な言い訳にしたくなっちゃいますよね。

これは不浄化霊にも言えることなのですが、人間は何か問題が生じると先祖や土地の
因縁とか、何か目には見えない本当に存在するかしないか解らない世界を土台に
少しでも自分を楽にしたり前を向くためのきっかけ作りをしますよね。

霊に悪霊を作ったり、長年の恨み的な怨恨霊を作ったりするのもまた
人間らしいですよね。(あくまでも私の霊視的なイメージですが。)

ここで勘違いしてもらってはいけないのですが、決して開運グッズが悪いと
言っている訳ではないのです。

開運グッズも引き寄せの法則も霊界から伝わって来ますイメージは
その使い方やイメージの仕方によって、超プラスにも超マイナスにも
なるという事を、使用する側の自己レベルで理解しておくことが必要であると
いうことなのです。

使用する側の自己レベルで理解するだけでなんと、ただ単にプラスではなく今以上の
超プラスイメージにですよ。

凄くないですか。

ではその説明に入らせてもらいます。


ここでまず考えなくてはいけないのが、プラスにするための知識やイメージやそれらを
プラスに導くであろう開運グッズが重要ではないと言う事なのです。

人生成功者の方々の人生哲学をまねても、その方とまるまる同じ成功人生は絶対に歩めない
ものですよね。

また、日本一の開運とされるパワースポットへ行ったとしても
結果は同じですよね。

(この世界はあくまでも人や物などではなくこの世に生まれた自己が中心な世界なのです。)


人間は元々は弱い動物なのです。

そして人間はこの世に課題をクリアするために生まれて来た知能ある動物なのです。

霊界はそれぞれの個別の魂レベルにあった絶対にクリアできる課題を提供してくれる
ものなのです。

ですから私達人間は日々ただ過ごしているだけでも実は課題を淡々とクリア出来る
ようになっているのです。


自動的にクリア出来るなら何も努力する必要がないじゃんじゃないか?

確かに何も負荷の掛からない世界であったならそう断言出来る所ですが

人間の外は自然界という有限の世界。

そして人間の中は、人間と言う動物を生きるための想像力という
無限の世界が実在するのです。

霊界は人間の目に見える物理と目には見えない物理を作り出し、人間の生涯を通じて
よりいっそうの学習が出来るようにいろいろな課題を、それぞれ個々のレベルに
合わせて提供してくれるものなのです。(あくまでも人間目線としてです。)

魂レベルだけで生きる事が出来ない人間の身体という衣を纏った状態で、
この超現実の世界での霊界課題を淡々とシンプルにクリアできる人間は凄い実力者だと
言えますね。

でもなかなかそんな人間は居ないですよね。

実はここが一番重要な事なのです。

みんな誰しもが思っている部分ではあると思いますが、人は人なのです。

人のまねをしてもその人以下になるのがほとんどなのです。

そして、幸運を分けてもらおうと思ってもなんちゃって幸福感以外
分けてもらえる訳がないのです。

ここでプラス(霊界)はプラス(霊界)が基本となって来るのです。

人間界の情事や思想はあくまでも霊界的にはプラスマイナスエネルギー(人間界)
なのです。


今回のテーマで言う所の開運や引き寄せの法則イメージは人間界独特の
時に自己の課題ともなりうるプラスマイナス(人間界)イメージではなくて
あくまでもプラス(霊界)イメージに焦点を当てているのです。

人や物任せではなく(人間界)、自己の魂波動レベル(霊界)任せのイメージなのです。


プラス(霊界)イメージをこの世で持てる唯一の者は、私達全員に存在する
霊界エネルギーでもある魂だけなのです。

ようは人間界的な身体都合によるプラス発想イメージは、プラスイメージだけではなく
マイナスの引き寄せの法則に繋がるリスクも多大にあると言う事なのです。

私たちの中に平等に存在する霊界エネルギーの魂レベル、魂都合で開運グッズや
引き寄せの法則が超プラスイメージと確実に繋がる事を理解することが一番重要なのです。

魂イメージ向上の復習としてですが、

いつかは最後がある人間を生きると言う事は、とても大変で辛いという事を
受け止める事が一番重要なのです。

人間界に居ながら、霊界のプラスイメージをしっかり感じられる行き方に
自己魂はその鏡の像として、しっかりプラスイメージを伝えてくれるようです。

開運グッズを手にした時の人間ならではのリスク。

そして、引き寄せの法則を実用しようとした時の人間ならではのリスクを
魂レベルで超プラスの未来へと。

依存や言い訳的な3次元(身体)イメージではなく、4次元(魂)イメージを元に
自分が納得して楽しめる先にこそ、超プラスの開運、引き寄せの法則世界はあるようです。






ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ








最終更新日  2010.08.31 02:01:32
コメント(19) | コメントを書く
2010.08.27
カテゴリ:スピリチュアル

自己波動を上げ、日々の生活を快適に、そして運を引き寄せるための霊的な理屈や
その方法について書きたいと思います。

まずは波動についてですが、この世の物質にはすべて想念波動という波動エネルギーが
あると言われています。

これまで私の超スピリチュアル体験記の中では、私の霊界通信を通じての
4次元的なイメージを書かせていただいて来ましたので、このブログ内での波動とは
すべて霊界波動を意味するもので、

1、霊界がプラス波動エネルギーの世界。

2、人間界はプラス(魂)マイナス(不浄化)波動エネルギーが混在する世界。

3、霊界に行けない不浄化のエネルギーはマイナス波動エネルギー。

とイメージして来ました。


ここで何故私が波動と言う言葉のイメージを、1の霊界波動のみにこだわりを持って
伝えて来ましたかと言いますと

この人間界の物質すべてにある想念波動エネルギーは2の人間界ならではの
プラスマイナスエネルギーであるからなのです。

世間一般常識の中での波動という言葉を聞きますと、神秘的なプラスイメージを持たれ
波動水、波動石、波動画、波動の高い場所など、

その場所に言ったりそれを持つことによって自己波動が高められ、マイナスのエネルギーの
作用を受けない、快適な日々を連想するのではないかと思います。

しかしですが、実はここに大きな障害とも言える人間ならではの
マイナスの引き寄せの法則という落とし穴があるのです。

マイナスの引き寄せの法則???

と聞きますと、かなり危険なイメージがありますよね。


その説明についてですが

人間は自然界を生き抜く上ではとても弱い動物なので
自分を守るための防衛策として、自分以外の物や想像の世界で
依存や言い訳を作って自分を守ろうとする弱い動物なのです。

そして人間は自分の弱さを克服するために知能という武器を使い、いろいろな物を
想像の中で作り上げて行き、その想像を無限に広げて行く動物なのです。

その無限に広がって行く想像力の一部を具現化したものが現代科学であり
より安全により快適に生きて行くために、動物界の頂点となって地球上に広がっているのが
人間という動物の世界なのです。

世間一般の常識的に言われています波動はプラスエネルギーで、人間や物質の能力を
高めるイメージが強く持たれています。

どんなマイナスのエネルギーも波動レベルで簡単に浄化できるという宣伝をしている
開運波動グッズもあるようです。

しかし本当に波動が高い開運波動グッズですべてのマイナス波動エネルギーが
浄化される、またはマイナス影響のないものとなるものなのでしょうか?



例えば、波動グッズを身体に身につけて波動の高いと言われる霊峰富士山に登ったとします。

波動グッズを身につけて、しかも日本一波動が高い富士山に登ったのだから
私達の霊的波動も存分に高まる事、間違いなしですよね。

でも、波動が高いと言われている富士山に登っても、その疲労で数日間疲れが取れなかったり
普段の生活がなんら変わりがなかったりする方が多々おられるものと思います。

力のあるとされる霊能者さんほどの霊的な波動の高い方のみがプラス波動となるとか、
波動の高い場所に行って逆効果なのは精進が足りないと過去に聞いた事もありました。

果たして実際はどうなのでしょうか?

人間はやはりこの自然界を生きる最後は必ずある限界を持った動物なのです。

波動の高い人間が富士山に登っても疲労は絶対に残るのです。

それでも常人よりは波動の高い方の方が少し疲労が蓄積しないと言われても、
そんなに大きな差はありませんよね。

実はここがマイナスイメージに繋がる人間発想のプラスマイナスの混在する
波動という名前の落とし穴なのです。


人間は波動という言葉に人間都合の神秘というイメージを作って元々は霊的エネルギーで
あるはずのプラス波動エネルギーを、人間が理解できるように神秘的な目に見える物理として
ある意図を持って意味付けをしているイメージのようです。

簡単に言いますと、波動エネルギーを霊的な高さの象徴や、商品として世に出している
事が多くはないでしょうか?

波動エネルギーはあくまでも4次元界の非物理のエネルギー体なのです。

私達の霊界出身の魂は実際に感じることが出来ますが、人間の身体はその魂イメージを通じて
のみしか実際に感じることが出来ないのが想念波動エネルギーなのです。

この部分をまずは理解して波動エネルギーの実態を理解して波動の高い場所や
波動グッズの使用など、その使用を納得できる事で魂的にも身体的にも
プラスの引き寄せへと繋がって行くのです。

このシンプルなシステムを理解する事が3次限界の波動を自分の魂を通じての
力に変える上で一番大切なことなのです。


ここで始めてマイナスの引き寄せの法則についての説明をしたいと思います。

霊界の法則は、プラス(霊界)にはプラス(霊界)。

そしてマイナス(人間界)にはマイナス(人間界)なのです。

人間の弱さの部分を補うための依存や言い訳はすべて霊界の法則では
マイナスの鏡の像となって、生きている人間の教育のために目には見えない課題として
生涯を通じてその課題をクリアするまで、永遠にその課題が続くようになっているのです。

よって人間界での出来事は、人間として生を受けた段階からその生涯を通じて
人間界でクリアする事が鉄則なのです。

人間を生きる上での課題を生まれ持っての自分の実力でクリアしようとせずに
何かに言い訳したり依存したりして、クリアしたふりをしない事が一番重要なのです。

人間は自然界の中ではとても弱い動物なのです。

この人間独特の弱さの部分にマイナス波動エネルギーの新たなる引き寄せとなって
難問を解り易くクリアするための教育として、霊界の法則は更なる多難をマイナスには
マイナスの磁石のように引き寄せて来るのです。

霊界は課題のイメージを本人が解るまで優しく教育し続けるのです。

そしてその課題もまたその人レベルで絶対に解決できる課題なのです。

これを理解する事が、この世のすべてのものに滞在する想念波動エネルギーを
プラスとして受け止められる事に繋がり結果、開運やプラスの引き寄せの法則へと
導かれて行く事となるのです。





ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ






















最終更新日  2010.08.29 01:58:18
コメント(34) | コメントを書く
2010.06.12
カテゴリ:スピリチュアル

今思えば、妻の闘病生活で気持ちが折れかかっている私にとって、もう一つの地獄に
近い環境でした。

でも私の中のもう一人の姑さんの過去の人生を妻によく聞かされている自分は
そんな姑さんの事を悪くは思えないで居られる、そして現実から逃げだしたくなるような
爆発を抑えられる自分がちゃんとそこに居たのです。

80歳を過ぎた頑固で口が悪い老婆にも輝き苦労をし続けた若かりき日がちゃんと
あったのです。

妻の母親は早くに旦那さまを亡くされて、旦那様が遊び人であったため
若い時から酪農や農家を一人で切り盛りして苦労されて来た方だそうです。

そして子供が9人おりましたが、みんなに平等にとても愛情を持って
育ててくれた方なのです。

そして、耳がほとんど聴こえない80過ぎのおばあさんになった健康とも言えない
体で、癌で気落ちしている娘のために血圧の薬や心臓の薬をこちらの病院でスムーズに
もらえるかも考えずに、北海道から東京に来てくれているのです。

そして一番重要な事なのですが、私が大好きな妻の子供時代を作ってくれた
大切な恩人でもあるのです。

私の、妻は死ぬ間際まで、私のお母さんがいっぱい迷惑をあなたにかけるかも
知れないけど、大目に見てあげてね。

私にとっては一番大切なお母さんだからお願いね。

と痩せ細った身体で自分の身体の事で精一杯の苦痛な身体で私によく言って居ました。

妻にそんなお願いをされなくても、大切な妻を育ててくれた今は弱者の恩人を、
私が私の考えで大切にするのは、私の生き方では常識な事です。

私は最愛の妻が癌になって、心は健康ではなかったと思います。

でも私は妻よりも、妻の母親よりも苦労を知らず、まだまだ未完成な人間なのです。

年老いているから、行動がおかしいから、口や意地が悪いから
そんな理由で、人を下げ澄まして見る余裕なんて未完成な私にはありません。

尊敬する妻の大切な恩人は、私の尊敬に値する人でもありますし、今を私が前向きに
生きられる恩人でもあるのです。

一緒に居て頭に来る時は、未完成な私が今を生きる経験として
私が距離を置けばいいだけの事なのです。

それで怒りやトラブルもその場限りのものとなるのです。

それが私に与えられた課題の答えだったものと私はこの数年間を振り返って
そう考えます。

(もしもその時の私が怒りを抑えきれない自分であったのなら、今も導くものに与えられた
 課題をクリアする事もなく、ここでブログを書くこともなかったのではないかと思います。)



天使や天国を作るのも自分の自由だと思います。

そして悪魔や地獄を作り出すのもまた自由です。

人間の世界は自分の心一つでそんな可変的な世界を作り出すように
霊界はこの世界を作って居るのではないのでしょうか?

課題があるから人生なのです。

課題があるから霊界からわざわざ3次元の身体を持った4次元の魂が一対となって
人間としてこの世に生を受けるのではないのでしょうか?

人間には限界があります。

魂には限界がありません。

人間の発達段階には、3次元的な到達と衰退、

そして4次元的な未完成のままの初心から始められる魂のみが感じられる
またはイメージできるリセットイメージシグナルがあるようです。

「今を生きる」それは、

限界あるこの課題だらけの衰退が常識的な3次元の世界で、それぞれの成長発達段階に
霊界シグナルとして置かれた「初心」を魂を持ち得た身体として忘れることなく、

その個体の終わりとなる限界まで、無限の可能性を追求できる魂と一対となって突き進む事。

そんなイメージを霊界イメージは伝えて来ます。

霊界シグナルを過去のマイナス的な記憶と捉えるのか?

イチローのように栄養ドリンクとして、初心の永遠に消える事のない
力として行くのかもまた、自分の自由なようです。

霊界出身の魂を持ち得てこの世に生を受けた私達は
そんな世界を生きているのです。

「今を生きる」あなたならどういう人生を歩みたいですか。

私は初心に返って、自分が今からを見据えて納得できる今を生きようと
思っています。


          長々、読んでくださいましてありがとうございました。






ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ








最終更新日  2010.06.13 01:09:53
コメント(65) | コメントを書く
2010.06.11
カテゴリ:スピリチュアル

「今を生きる」、その霊界が伝えて来ますイメージは

永遠に未完成と言う人生において、限界や完成を作ってしまっているのは誰?

そして、霊界人(魂)を身体に持ったこの人間界(3次元界)を生きる人間としての生涯を、

限界のある身体で、完成という到達ポイントを作れるのか?(近づけられるのか?)

限界だらけのこの世界において、霊界(4次元界)と同じように
生に対する魂の無限の可能性を、大人へと移り行く身体を持った魂として

いかに求められるのか?

人は時として天使にもなり、悪魔にもなるそうです。

子供もまた、両親や家族もそして親友や仲間もまた、天使にも悪魔にもなるそうです。

「私はあの人のために精一杯やって居るのに、あの人は私に苦労ばっかりかけて
 本当にあの人さえいなければ。すべて円満に行って、みんなが幸せになれるのに。」

その人が居なければ本当にすべてが円満になって、みんなが幸せになれるのでしょうか?

人間の世界に完全はないのです。

その場は幸せになりました。しかし、次の瞬間に新たなる地獄が・・・・

そんな事も、多々あるのが人生なのではないのでしょうか?

天使や天国を決めるのも、悪魔や地獄を決めるのも実は未完成のままの自分自身なのでは
ないのでしょうか?

自分が未完成な事を忘れて、完成目線で周りを見渡しているまるで他人事の自分は
居ないのでしょうか?


例えば本当に嫌な姑さんは世の中には沢山居るものと思います。

しかし、そんな姑さんも相手方の親なのです。

例えば、私の妻の母親は耳が聞こえなくて、実家のお嫁さん意地の悪い事を言ったり
お嫁さんもまたそれに対抗して、子供や旦那様が間に挟まれて、結婚してから25年以上の
距離が続いているようです。(頑固で頭が固くて口が悪いおばあちゃんで有名です。)

その80歳を超えた私の妻の母親が妻の闘病生活の援助のために、私の家に3か月ほど
寝泊まりしていた時期がありましたが、大正生まれの姑さんは本当に昭和、平成育ちの
私達家族にはいろいろと想像の出来ない嫌がらせ?とも思える行動を悪気も無く
気づかないままにしてくれるのです。


炊飯器のお釜をを金だわしで洗って壊したり、水道の水を出しっぱなしにして
水道料金が月に三万近く来たり、その当時小6だった私の二男と毎日のようにマジゲンカしたり
仕事、家事、育児、そして妻の闘病への精一杯の努力をしている私に妻に対しての意見を言って
来たり・・・・。

妻の姉妹からは、何でもお母さんに言って、何でもしてもらって力になってもらってねと
現実を直視しない他人事を何度も言われました。

しかし、私の中では妻が亡くなった後の育ち盛りの子供たち3人の力として
今を生きなければならない現実は、私一人の問題なのです。


私の実の母親ならまだ身内という事もありますが、80歳過ぎの妻の母親でもある
姑さんに苦しい時に、少しでも頼る気持ちが私に出来てしまったら
または頼る言い訳が出来てしまったら、

妻亡きあとの地獄を乗り越えられる自信は私にはまったくありませんでした。

そのため、すべて自分の出来る事は、自分の寝る時間を削ろうが、すべて自分が積極的に
行うように妻亡き後の3次元的な地獄に備えて、自分の中に超現実の世界をそのまま
受け止めて、逃げと言う言い訳を作らず、一つも弱音を吐かないように
細く折れそうな地獄の中の日々の気持ちを繋いで居たのです。

そんな日々の中で姑さんは、自分が邪魔にされているのではないか、もっと自分を頼って欲しい
という自分の存在感の確認のために、妻を通じて、そして妻の姉妹を通じて
もっと姑さんに頼りなさいという言葉を聞きました。

私は中2、小6、小1と3人の育ち盛りの男の子の育児や仕事をしながら、
何度も

「そんな綺麗ごとじゃない。そんな事で妻の癌は治るのか?妻は健康になるのか?
 姑さんに頼ること、姑さんをたたえる事、姑さんを大切にしたフリをする事。
 それが、今の地獄を乗り切るための答えだと言えるのか?」

私は妻の闘病生活から現実逃避して、自分の怒りを周りの解って居ない方々に
ぶちまけて、

「姑さんに物事をすべてしてもらう代わりに、健康な妻をそのまま返してくれ。」

と、言ってしまいそうになる自分を抑えるのが精一杯なことも多々ありました。







ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ








最終更新日  2010.06.13 01:09:37
コメント(22) | コメントを書く
2010.06.10
カテゴリ:スピリチュアル


人間のそれぞれの年代にあります成長発達段階は、実は3次元的にも4次元的にも重要な
時期のようです。

そしてそんな重要な成長発達段階において、目には見えないハードルを
残さないための霊界メッセージとも言えるイメージがありますので、
その事について霊界イメージを通じて通訳してみたいと思います。

(ここで言う発達段階と言う言葉は、人間の身体的な精神的な成長に基ずく
 きっかけとなるような瞬間を、霊界的なイメージに照らし合わせて
 人間の発達段階という言葉を使わせてもらって居ます。スピリチュアルイメージが
 中心のため、生理学的な意味合いとは少し異なることも了承願います。)


人間が生まれて物心付くまでは「今を前向きに全力に楽しんで生きる。」
という霊界と同じイメージを持って、人間界を生きるという時期が実はあるようです。

この時期は親や周りの力に守られているという身の安全を前提として
3次元世界であっても、霊界の世界と同じイメージを持てるという瞬間(とき)を
あえて霊界エネルギーは、生涯来るであろう3次元界の荒波に向けて
保険として準備しているようです。

そしてそんな無限の可能性を含めた子供の生に対する力を
周りの大人となって行った人の目に見える現実世界でも実際に感じられる事で

いつからか忘れてしまった人間の生に対する本能とも言える大切な時間を、
今からのプラスの力として思い出すように、2重に組み込まれているようです。


ここで勘違いしてはいけないのが、子供を生みそして子供を育てる狭義的な事だけを
霊界的なイメージが伝えているのではありません。
(これは3次元界の子孫繁栄のための本能でもあり、3次元界の都合のようです。)


霊界的には人間の発達段階には大きな2つの意味が実はあるのです。


1つは3次元を生きるための準備。そして自分の命を人間の命を繋ぐための
3次元的(人間界的)なシステム。

そしてもう一つが今回のブログのテーマでもある魂(霊界人)として
今を生きるの大きなヒントに繋がるのです。


そのもう一つの霊界的な意味とはですが、

成長発達段階は3次元界では人間としての身体の現在進行形の成長の準備や到達を
示していますが、逆に言ってしまうと日光の五十の塔を作った方が言っていますように
完成イコール衰退を意味しているようです。

そのために日光の五重塔を作られた方は、限界や衰退のあるこの世界においての
完璧を求めるために、五十の塔のてっぺんの部分は未完成のままに、今も建設中という
意味を持たせているそうです。


「いつから私達はその事を忘れてしまったのでしょうか?」

文面でこの言葉をあえて使わせてもらっていますが、これもまた霊界イメージです。

4次元界に時間は存在しないのです。

私達の魂(霊界人)としての時間もまた永遠なのです。

いつから? 忘れてしまった?

実はそんな生きる上での成長発達段階においての、昔の時間で大切だった記憶や事実を
未来永劫に継続することもまた、霊界的には意味は全くないのです。

霊界イメージが伝えて来ますもう一つの意味とはですが


人間がどんなに成長しても限界も衰退も作らないように、未完成のままの初心に
戻れるという霊界的な魂レベルのリセットイメージを、それぞれの成長発達段階の記憶や
事実に、シグナルとしておいているのです。

その魂レベルのリセットイメージが実は、人間を生きる上で一番重要な
プラスイメージの初心として、人間界にも霊界イメージとして不変に存在しているのです。

生まれたての記憶は誰も覚えてはいる人は居ないですよね。

しかし、3次元的な保護が完全な環境であったなら、またはたった一時の瞬間でも
生まれて物心付くまでは「今を前向きに全力に楽しんで生きる。」は誰でも知っている
事は事実なのです。


そのイメージに魂イメージで戻れることが実は、人間の発達段階における4次元的な
霊界のもう一つの意味なのです。


このイメージは、例えるなら魂の栄養ドリンクのようなシグナルイメージのようです。

あのイチローも試合の前の2時間前にユ○ケルを呑むそうです。

ただの栄養ドリンクではありますが、イチローはユ○ケルを自分の結果として
プラスイメージに捉えているようです。

効果は試合時間だけの3次元的な物理ドリンクも、イチローという無限の可能性に
チャレンジしているイメージ世界の人間にとっては、プラスエネルギーとしての
大きな意味合いもあるようです。

イチローはイチローの小学4年生の時のバッティングのいい時のイメージを
そしてその感覚を今でも大切にしているようです。

イチローは自分の感覚として、そして自分の人生の結果としてちゃんとその意味を
知っているようです。

そして私の尊敬します斎藤一人さんもまたそのイメージを大切にしている
方であると、斎藤一人さんが書かれている本のイメージを通じて私はそう思います。

限界のあるこの世界においても、自分が出来ると思った事は出来るのです。

出来ないと思う事が成長発達段階の到達と衰退にあるようです。

人間は生涯未完成なのです。

イチローもまた、まだまだ未完成のようですよ。

完成もしていないのに完成と思ってしまっている自分はどこかに居ないでしょうか?

それが人間の課題でもある衰退の始まりでもあるのです。

成長発達段階の霊界的なもう一つの意味は、リセット機能です。

生まれてから物心が付くまでと説明はしてきましたが、人間のそれぞれの年代別の
発達段階は生涯機能なのです。

それで完成でもそこから衰退でもないのです。

霊界的にはその一つ一つに実は、リセット機能と言える霊界イメージがあるのです。

その時期のイメージに戻れれば、未完成の自分としてまた初心から
前を向ける第1歩から進む事が出来るのです。


だってそんなの出来るのは一部の力のある人間だけでしょう。と思われる方も
いるとは思います。

それは人間的な限界と言う本能を、意識的にあるいは無意識に持っている課題が
そこにあるからなのではないのでしょうか?

魂の力はみんな不変で平等なのです。

魂目線からの人間の成長は生涯未完成なのです。

それでいいのではないのでしょうか?

課題あっての人生。そこに生きる意味を霊界は持つ。

人間世界は霊界的にはそんな世界のようです。

そこに人間の都合を入れるのも自由。そして、自分の限界を作って人間としての成長に
到達したと思うのも自由だそうです。







ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ








最終更新日  2010.06.13 01:09:18
コメント(54) | コメントを書く
2010.06.09
カテゴリ:スピリチュアル


人間が「生きる」という事は、霊界的にはいったいどういう事なのでしょうか?

そのテーマについて霊界的なイメージを通じて書きたいと思います。


まず最初に人間は何故生まれ、何故生きるのでしょうか?

「そんなの簡単だ。」とか「そんなの考えてもしょうがない。」とか
「いつもそのテーマについて考えている。」という方がおられるとは思いますが

人間が生まれて物心付くまでは「今を前向きに全力に楽しんで生きる。」
これがすべてのテーマであったものと思います。

いつからなのでしょうか?

それを・・・ その初心の心を忘れてしまったのは。


人間には人間としての発達段階があるようです。

これは人それぞれの育った環境や、それぞれ個々の個別の性格や素質によって異なりますが
生まれてすぐは、この世のすべての物理を受け入れようと努力する段階があります。

そして、2、3歳の頃より親や大人に対する目線から、周りの子へと社会性が
少しずつ生まれ始め、この頃はまだ、挫折とか葛藤などという自分の社会的なレベル比べは
まだ意識しないものです。

これは親から守られているという動物の本能に準ずる安心感、安全面を元に
全力でこの世界を学習するための段階でもあります。


そして、小学生くらいになって急に人間の死を意識する時期があるようです。

この時期が動物でもある人間としての、一人立ちのための本能でもあるようです。

幼少期は自然界の危険から自分の身を自分で守れないため、親やその他の力に
自分の安全を任せて来ましたが、人間の本能として一生そのままでは子孫繁栄のための
本能に近づくことは、出来ないままで終ってしまいます。

そのために、大人への1歩として、親やその他の力に任せると言う、依存的に守ってもらう
形から、自然界を一人で生きて行くための準備としての本能的な反応として
人間の死、自分の死という死に対する恐怖を抱く時期を

成長発達段階の初期に設ける事で、自然界を自分の力で生きて行かなければいけないという
本能的な自覚を学習するようです。


みなさんは5歳から10歳くらいの間で、人間の死について考えたことや
恐怖を抱いた事はないですか?

実はそんな話をする機会はなかったとは思いますが、人間の成長発達段階においては
そんな生涯自分を守るための一番大切な時期はあるようです。

人間が生まれて初めて人間の限界に、そして人間の死について意識する事は
自分を大人への世界へと自立させるための大切な体験でもあるようです。

そして、次に来るのが子供から大人への身体の成長でもある第2次成長期ですよね。

子供の頃は日々が学習です。

大人はいつから、その頃の日々一生懸命前向きに自分の生を楽しめる
大切な時間を忘れてしまってしまうのでしょうか?


私は今40過ぎの中年となって居ますが、小学校や中学校の時は先輩後輩のすべての
名前や特徴を何の苦も無く記憶していたものです。

そして、1回見た人の顔はずっと記憶している時代がありました。

村の人口が1000人に満たない環境でしたので、人の数や人の集まりは
とても大切な時間です。

どこに誰が住んで居て、何人家族で何がその家族の特徴で、どこの家に赤ちゃんが
生まれ、どこの家で世を去って行く人間が居たのかは、とても大切な情報だったと
思います。


いつからなのでしょうか?

そんな人生の中で大切にしていた時間を忘れてしまったのは?

ここで昔を思い出し、若き日のいい時間や失敗のやり直しのために、
その時の時間に戻りたいと後悔したり悲しむことは、人情として当然ある事ですよね。

しかし、そのタイムスリップ的な戻らない過去の人生の3次元的なやり直しイメージが実は
今からの人間課題を作り出している根本の、マイナス的なイメージに繋がるようです。

霊界イメージは「今を生きる」上での大きなヒントがそこにある。
という事をしきりに伝えて来ます。


私のブログの中で人間には、3次元的な目に見える課題と目には見えない4次元的な
課題がある事を説明して来ました。

人間の知能や学習能力は、目に見える人間世界(3次元界)の物理的な課題は
絶対にいつかは克服が出来るものです。

しかし目に見えない自分の魂のみが感じられる4次元的な課題があったのなら
どうでしょうか?

人間の優れた知能は物理的に4次元レベルの魂の世界をも克服しようと、
それぞれ個々の3次元レベルでの鏡の像として、より複雑な形を作り出すようです。

4次元界は(霊界は)とてもシンプルな世界です。

霊界的な人間の目には見えない課題もまた魂レベルではとてもシンプルなのです。

しかし物理的な身体を持った人間としての人生においては、魂的にはとてもシンプルなはずの
4次元的な課題の克服も実は、人間都合の複雑な3次元課題として形を変え

成長とともに自然に乗り越えられるはずの個々の成長発達段階という時期においても
目には見えないもう一つのハードルとして残ってしまう事が多いようです。

では人間の成長発達段階において、何が目には見えないもう一つのハードルなのでしょうか?

そして、その見えないもう一つのハードルを克服し、今からの自分の未来の力に
変えるとするならば、私達はいったいどうすればいいのでしょうか?

「今を生きる。」霊界的には実はとてもシンプルなようです。

しかし、この何でもある近代においては、シンプルな事こそが
とても簡単なようで難しいになる事が多いようですよね。

その2で霊界イメージの伝えて来ますヒントについて詳しく書きたいと思います。







ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ








最終更新日  2010.06.13 01:08:58
コメント(20) | コメントを書く
2010.06.01
カテゴリ:スピリチュアル

今回は私が今までに経験しました土地のエネルギーに関します浄化について書きたいと思います。

よく土地の因縁とか先祖代々の因縁など耳にすることがありますが
実際に私が霊視浄化に携わりました土地の因縁系の問題について書きたいと
思います。

ある日、突然、親戚の家の50歳過ぎの男性(Sさん)が糖尿病で目がかすみ出し
目が見えなくなるのでは?とゴル母に相談の電話が来ました。

ゴル母は霊的に何か問題がないか?とすぐに私に電話してきました。

私はゴル母のイメージを通じて、その親戚の家のイメージにすぐに入って
みました。

すると、その男性Sさんの立っている場所に何か目のかすみに関係するイメージが
ありましたので深く入ってみますと、Sさんの方の母方の女性が片目に
不具合があるようで、生前にずっと気にしていたイメージが伝わって来ました。

私はすぐにその女性のイメージと、その他のその女性の方に関連する
エネルギーに焦点を当て、浄化してみました。

その女性の先祖エネルギーは

「目が腐る。このままでは顔も舌も腐ってしまう」というイメージを

日々追い込まれる日々の心境を伝えて来ました。

その方はもう半世紀以上前の方であったため、そのまんまを鏡のイメージとして
私の魂を通してイメージを伝えますと、時が来たイメージを伝えその周りに居た
先祖方と一緒に成仏して行きました。

時が来たと言うイメージについてはですが、親戚の50代の男性Sさんは
その親戚の家族の中でも威張り屋で、1度口に出した事は絶対に曲げずに
80歳を超えた両親をも怒鳴り散らして居ました。

しかし、持病の糖尿病が思わしい状態でない事をきっかけに、それまで自信に
満ち溢れて居た過信にも近い威張り屋な性格がだんだん弱気に変わって行った
ようです。

そのため、自分の家族の方には弱音を見せられなかったので、親戚でも子供のころから
世話になっているゴル母に弱音を初めて見せたようです。

ゴル母いわく、子供の頃の親戚のSさんは凄く素直でそのまんまの優しい方だったようです。

いつの頃からか一家の主として一家を支えるようになってから
だんだん周りの言葉を聴き入れず、自分の考え一つで言いだしたら絶対に
引かないというような、周りから見たら頑固な性格になって行ったとの事です。

そして、そんな長年の自分ではどうしようも出来なかった頑固な性格も
糖尿病と50歳という体力的にも下降気味の時期が目のかすみをきっかけに
弱気の素直な自分を表に出すことに繋がったようです。

これが霊界的な時期に繋がったようです。

そしてSさんの先祖エネルギーの浄化後に、Sさんの住んでいる土地に焦点が当たりました。

その土地に焦点を当ててみますと、その大元のエネルギーは
その土地を持っていた地主の方のエネルギーでした。

その地主の方のエネルギーは

「土地を売りたくはない。私はそのまま畑を続けるんだ」とイメージを伝えて来ます。

そして、「土地を手放すことも、人に譲ることも絶対に許さない」でした。

このイメージは、その地主の方の父方の先祖エネルギーで、先祖代々を守るために
こだわり続けている男性の方のエネルギーでした。

その男性のエネルギーに焦点を当ててみますと、Sさんが立て売りで購入した
自宅の土地に今もまた畑の仕事に集まって来ているエネルギーがおりました。

そのエネルギーに時代がもう違う事、その方々がもう亡くなっている事を
魂イメージで伝え成仏することが出来ました。

その後の3次元的な現実の結果として、Sさんの糖尿病は特に悪化することなく
目のかすみも心配するほどもないもので、浄化後にすぐに良くなったとの事でした。

そして、その浄化後から急にSさんが家族に対して優しくなって行ったそうです。


3次元界は時間という物理がありますが、4次元界は時間という物理がありません。

何十年前の出来事も不浄化エネルギーの世界では今なのです。

そして、不変なのです。

この地主の方の不浄化エネルギーもまたそれぞれの方の生前、そして亡くなった時の
まんまのイメージで不変にマイナスのエネルギーがそのまんまの状態でいるのです。

Sさんの両親はとても信仰心にあつく毎日欠かさず仏壇にご飯や線香をあげ、
毎月お寺に行くなど、誰の目から見ても先祖供養はきちんとされている両親です。

しかし、3次元界の出来事は不浄化エネルギーにはまったく通じて居なかった
ようです。

後で何も知らずに立て売り住宅を25年ローンで購入して、何も知らなかった
ゴメンなさいと手を合わせても、線香やお供え物などの供養をしても、
Sさんの先祖エネルギーや地主さんの都合には、焦点は当てられなかったようです。

ここで一番大切だった事は、Sさんが自分らしさを受け止められた事です。

そのイメージを通じて私もそのエネルギーに焦点を当てる事が出来き
Sさんの実力で、Sさん家族での課題とも言える不浄化エネルギーを浄化する
事が出来ました。

ここで、土地のエネルギーは因縁が強く怖いもの。と捉えるのか?
後から生まれて来た私達が自分としての人生を受け止められる先に
どうにもできない霊界の導きがあるものとイメージするのかはすべて
自分次第のようです。


そんなイメージを感じるか感じないかもまた、あなた次第のようです。

後日、その信仰心にあつい親戚でもあるSさんのご両親と電話で話しをしましたが
今後、その地主の方の供養をどうすればいいのか?質問がありました。

その地主の方に霊界通信でどうしたらいいのか聞いてみますと
成仏していてこだわりがないので、何もしなくてもいいという返答でした。

その事をそのままご両親に伝えてみましたが、何もしない訳には行かないから
その地主の方々の分も線香と供養物を心を込めてあげる供養すると言う事で
納得されていました。

生きている人が納得出来る。これもまた不具合緩和の3次元的な供養のイメージの
ようです。

ようは生きている自分がいかに納得出来るかですよね。

最近、Sさんと電話する機会がありましたが、その後嘘のように糖尿病が安定してういるとの
事です。

人間としての自分をいかに納得してプラスに生きるか。

これがやはり一番の課題なのかもですね。





ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ





















最終更新日  2010.06.01 21:05:33
コメント(53) | コメントを書く
2010.05.12
カテゴリ:スピリチュアル



今回は私がたぶん私のブログの中では一番引用していますイメージという言葉について
書きたいと思います。

私は霊界通信をした際にいつもイメージという言葉を使用させてもらって居ます。

イメージ、イメージとゴルさんは多投しているけど、読みづらいし解りづらいし、口説いし。
他にもっといい表現がないのかしら?と思われる方も多々おられると思います。


実は私も何度かイメージ以外の言葉を霊界イメージの代わりに使わせてもらった事が
ありますが、イメージという4文字を説明するのにどのくらいの説明文を要することか(汗)

ゴルさんの想像という言葉でいいんじゃない?と思われる方もおられると思いますが
想像は実は霊界的な感覚で行きますと3次元界に形的エネルギーを作るものなのです。


私が霊視浄化をする上で最大の問題と言うのはみなさん何か解りますか?

実は私の主夫の生活の上にも3年の修行時代(石の上?)には、その問題との戦いであった
と言っても過言ではないほど、霊的な世界に携わる上では一番重要な部分でもあったのです。

これはどういう事かと簡単に説明しますと、世間で常識とされています霊能の世界って
本当に本当?

霊界の事や心霊世界の事って、霊能者の方が行って視たかのように常識となって
有名だとされる、または力があるとされる霊能者さんの書かれた本や言われた事って
100パーセント正しい事なの?

実はそこに霊界や心霊世界の大きな壁があるようです。

私は妻との霊界通信を生涯の目標に沿え、1日でも早くそして深くその領域に達したいと
末っ子根性丸出しで、危険、恐怖の2文字は全く考えず突っ走ってしまったため
キツネ憑きや生き霊に関するブログの体験を「このままでは死んじゃう?」くらいの
してしまいました。(少し大げさかもですが・・・汗)

私は夜中に携帯の目覚ましを鳴らして起きて、電気も付けないでリビングに正坐し
夜中に亡くなった爺さんを呼んで左肩に乗ってもらうという荒行を続けた事が
ありました。

私はどうやったら1日も早く結果を出したいがために、今だから笑って言える
何度も痛い目にあって行った事でもありましたが、これって本当に意味はあったのでしょうか?

自分では世間一般の霊能者の修行と言われる行動をネットや本で調べて
いろいろ日々チャレンジしてみました。
 

しかし実際に私が3年間の自己修行を通じて思った事は、これではいけないという事でした。

一言で言いますと、「お釈迦様の手のひらで孫悟空が回っている状態。」

私の自己修行時代の最大の問題はそんな状態であったものと思います。


これはどういう事なのか?ですが

世間には霊界や心霊世界に関する常識とも言える本や知識が沢山ありますが

霊界や心霊世界の霊視に関しては結局誰も生きている人間は知らない。という事が正解であると
言う事なのです。(あくまでも私の経験からですが。)

どんなに力のある人間でも孫悟空と同じで、所詮、人間界の物理で限界があるのです。

絶対に生きている生物が知らない世界であるから、魂が霊界からこの世界に生を受けて
存在し、その生にはちゃんと限界があって、いずれは霊界に戻って行くようなシステムが
作りだされているのです。


でもそれだったら妻との霊界通信も出来ず、霊界も心霊世界の事も解らず仕舞いになって
しまいますよね。

それでは霊界通信も限界がありつまらないと思って考え出したのが、人間目線ではなく、
魂目線だったらどうなのか?なのです。

人間目線で行きますと、

人間は何でも記憶として形を作って自分の経験にしようとするものです。

そのために人間は想像や空想などと言う架空な形を脳の中で作ってから、
その形を実際にこの自然界に作って来た生物です。

しかし、霊界や心霊世界に関する4次元世界は人間目線で行きますと、

自然界では弱い動物である本能が働き、オカルト的な形式を作り、草むらから視えない的に
狙われているような、また突然に数分先に得体の知れない何かに自分が襲われはしないかなど

人間の目に実際に見えないものや安全を認識出来ない物に関しては、自己防衛的な恐怖として
疑似的に想像や空想をして、自己の生命を守るためのシュミレーションをするものです。

ですから人間目線でもある想像や空想と言った人間界を生きるための人間の最大の武器は
限界のある人間界(3次元界)ではそれなりの結果となってちゃんと返って来ますが

霊界や心霊世界などの形も限界もない4次元世界に対しては

よく世間の人が言われるような、霊能力が付くと大変な事が多くなり
中には体調を悪くする方が多くなっている結果に繋がっているようです。


ですから私は生きている物すべてが、平等に持っていますなんちゃって
魂目線でその世界を感じる事こそが、

気づかないままいるだけで実は人間が生まれ持って体感している
霊界や心霊世界の実態なのではないかと考えました。



イメージとはですが、

霊界や心霊世界など形も実態も限界もない4次元界に、
人間目線の形を作らないための、人間が陥りやすい霊的な不具合に関する
防衛策でもある引用語句なのです。

実は私のブログの中で使わせていただいていますエネルギーという言葉もそうですが、
私のイメージして使うエネルギーには太陽光線エネルギーなどの質量や物質的な
意味合いはまったくありません。

エネルギーをもしも先祖エネルギーという引用語句ではなく、先祖霊とか自殺霊などという
言葉としてそのまま使用したとします。

全然、ニュアンスが変わりますよね。(怨念、霊障などという言葉もそうですよね。)

霊界や心霊世界とこじつけて、人間目線の自分を守ろうとする本能主体の
思い込みや言い訳的な視線で恐怖や不思議世界を作り出すよりも

最初から形もない実態もない、

そして限界のない誰も実際にこの目で見ることが出来ない世界に

人間の都合的な形を作らない。形を残さない。


これが「ただの看護師が霊能者に」たる超スピリチュアルな世界でもあり、

これが私がイメージという言葉をいっぱい使用している理由でもあります。

イメージとはなんちゃって魂レベルで感じる形を作らないプラス3次元の世界の
あいまいな領域と私は位置づけております。






ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ




























最終更新日  2010.05.12 00:23:01
コメント(26) | コメントを書く
2010.03.05
カテゴリ:スピリチュアル



ではいったいどうやったら今まで心霊の世界を全く知らなかった方々が自分でも
感じるようになれるのでしょうか?

こう言ってしまうと霊を実際に感じるなんて怖いイメージを持たれる方も多々おられる
とは思いますが、3次元界の常識や私達の今まで想像してきました心霊世界は実は
人間が勝手に想像して作り上げている3次元界の霊界テーマパークなのかも知れません。

4次元界のエネルギーの世界は無限で形や時間も場所も無く、3次元界の物理の
通じるところでも、それを形として証明できる所でもないのです。

ですから前にも私のブログ内でも書かせてもらいましたが、私の妻が心霊写真のような
姿で私と霊界通信をしていたとしたら、私はキモ過ぎる妻との会話は最初から
断念していたものと思います。

霊界エネルギーは無限のエネルギー体なのです。

これは私達の魂も同じものなのです。

色や形や3次元的な人間の想像しているような要素はどこにもないのです。

人間が勝手に自分の好奇心や弱さの鏡の部分に映しだしている創造物的な
イメージが、世間一般の心霊現象でもあり、心霊の世界の一部でもあると
私はそう思います。

霊界から人間界に舞い降りて来て人間に魂として宿っているように思えるかも知れませんが
実は魂自体は霊界にそのまま居て、私達の身体を霊界からコントロールしていると言う事は
想像がつかないでしょうか?

私達の魂に霊界通信で焦点を当ててみますと、その実態は霊界エネルギーそのもののようです。

ようは私達の魂は霊界にそのままの形で居るのです。

そして人間の身体の方はこの人間界を生きて行くためにたび重なる課題に遭遇をします。

そして人間は知恵ある動物ですので、目で見える課題はその知能で。

そして目に見えない霊界課題のエネルギーの部分には、霊界人でもあります自分の魂を通じて
それを霊界の鏡に自己責任において映しだすことになります。

そしてその霊界鏡となって居るのが実は自分の魂そのものであったりするのです。

魂は霊界そのものです。人間界の損得や人間界の課題は霊界イメージとして私達に
霊界側からそのままの形で映しだして返してくれます。

私のイメージする霊能心霊世界とは、その自分の魂の存在を実感することに
大きな意味があると思っています。

神様でもなく先祖霊や位の高い霊でもなく、自分の責任の持てる自分の魂だからいいのです。

自分自身の一番信頼のおけるパートナーが、霊界側から見た自分の人生の霊界鏡となって
霊界イメージとの波動の違いという形で、人間界でも霊界イメージに繋がる
受け止めの心をナビゲーションしてくれるのです。

自分の中の霊界ナビが確実に機能してくれると言う事はなんか頼もしくないですか。

人に頼ったり依存したりすることもなく人性路を自分の好きな歩み方で自由気ままに
生きれる安心感は理想的なのではないでしょうか。

そんなことからも人間界の都合で作り出した心霊世界に関しては、そのイメージが
もろに自己責任として返って来るイメージですので恐怖や不具合に繋がる場合も多々ある
ようですが、霊界鏡に映しだしたエネルギーの世界は人生路を損得なしで案内する
ナビゲーションと同じシステムですので、道を間違えても自己責任として返って来ますし
霊界イメージ通りなら、私のこの5年間の経験からもちゃんと結果は確実に出るようです。


そんな長々の説明ではありますが、今回のクラス会で自分の一番信頼のおけるパートナー
でもある自分の魂さんを感じてみたくはないですか?

(ゴルさんはヤバい人とは思わないでくださいね・・・・・・・汗)

今度のクラス会は超スピリチュアル体験記のクラス会の初の顔合わせでもあります。

3次元も4次元もありの世界がスピリチュアルです。

超を付けたのは子供心をアラフォーの今も持ち続けたちゃめっけゴルさんの
無限の探究心という意味も含まれています。

そんな初顔合わせ、そして初魂合わせの再会の場でもある超スピリチュアルな
楽しいクラス会。

こんなイメージを膨らませながらクラス委員長のゴルさんは、皆様に実際に会える事を
楽しみにしている今日この頃です。

今回、急な日程の取り決めでしたのでご都合の悪かった方もおられるとは思いますが
第1回クラス会を開催し、その点を皆様からご意見や要望を聞きまして、次に繋げて
行こうと思いますので、これからもよろしくお願いします。

                          ゴル2001




ブログランキング参加中(応援して下さる方はクリックしてくださいね)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



ここもついでにクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ










最終更新日  2010.03.05 23:41:56
コメント(20) | コメントを書く

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

コメント新着

アホですか?あなた(笑)@ Re:坂本龍馬の暗殺の真相を霊視(最終話) 奇跡への階段(10/01) 何が霊視だよ。龍馬の言葉は九州弁か?(笑…
ゆみこ@ まおさんとアユ太さん 私はゴルさんに霊視・浄化して頂いたお蔭…
丁度今@ Re:伊勢エビ詐欺?(通勤途中の怪) 奇跡への階段  後編(03/07) 遭遇したので検索してみたところたどり着…

ランキング市場

購入履歴

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.