超スピリチュアル体験記 | 実話体験談

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(20)

スピリチュアル

(29)

私の親友

(4)

ニュース

(113)

不思議体験

(39)

独り言

(51)

有名人 芸能人を勝手に霊視のコナー

(159)

野球日本代表

(9)

漁火体験記(ゴルさん高2の夏)

(12)

相談

(41)

ハン流爆弾

(5)

タイガーウッズの霊視浄化

(5)

ダイアナ妃死亡の真相を霊視

(2)

化け猫

(7)

F1の浄化

(7)

2012年 アセッション 人類滅亡説

(4)

マイケルジャクソンを霊視

(4)

自己浄化の無限の可能性

(11)

本能寺の変の真実を霊視

(3)

ゴルさんの田舎

(1)

酒井法子を霊視浄化

(17)

本当にあった怖い話

(15)

911アメリカ同時多発テロの真相を霊視

(7)

坂本龍馬さんの暗殺の真相を霊視

(7)

沢尻エリカさんを勝手に霊視

(6)

田中角栄さんを霊視

(2)

統合失調症(精神分裂病)について

(8)

うつ病について

(5)

明知光秀は天海大僧正?を霊視

(10)

ゴルさんの兄貴

(2)

多重人格について

(2)

パニック障害について

(1)

不明な熱の浄化

(4)

私の妻はB型

(13)

自己浄化の極意

(21)

亡くなった先輩の心霊写真

(6)

松井秀樹さんを霊視浄化

(3)

ゴルさんの究極の修行(キツネ憑き)

(33)

世界の七不思議?

(2)

内藤大助VS亀田興毅を霊視

(1)

座敷わらし

(3)

市橋達也容疑者を霊視

(5)

福山雅治さんの霊視

(3)

生霊の真実

(7)

貴乃花親方問題を霊視

(4)

スピリチュアルダイエット

(5)

天気の浄化

(2)

スピリチュアルの真相を霊視

(12)

幽体離脱

(1)

W杯サッカーを霊視

(12)

パクヨンハさんの霊視

(3)

お気に入りブログ

AYAのセラピールーム AYA さん
ハッピー&ラッキー… ハッピー☆ラッキーさん

全2件 (2件中 1-2件目)

1

全て | カテゴリ未分類 | スピリチュアル | 私の親友 | ニュース | 不思議体験 | 独り言 | 有名人 芸能人を勝手に霊視のコナー | 野球日本代表 | 漁火体験記(ゴルさん高2の夏) | 相談 | ハン流爆弾 | タイガーウッズの霊視浄化 | ダイアナ妃死亡の真相を霊視 | 化け猫 | F1の浄化 | 2012年 アセッション 人類滅亡説 | マイケルジャクソンを霊視 | 自己浄化の無限の可能性 | 本能寺の変の真実を霊視 | ゴルさんの田舎 | 酒井法子を霊視浄化 | 本当にあった怖い話 | 911アメリカ同時多発テロの真相を霊視 | 坂本龍馬さんの暗殺の真相を霊視 | 沢尻エリカさんを勝手に霊視 | 田中角栄さんを霊視 | 統合失調症(精神分裂病)について | うつ病について | 明知光秀は天海大僧正?を霊視 | ゴルさんの兄貴 | 多重人格について | パニック障害について | 不明な熱の浄化 | 私の妻はB型 | 自己浄化の極意 | 亡くなった先輩の心霊写真 | 松井秀樹さんを霊視浄化 | ゴルさんの究極の修行(キツネ憑き) | 世界の七不思議? | 内藤大助VS亀田興毅を霊視 | 座敷わらし | 市橋達也容疑者を霊視 | 福山雅治さんの霊視 | 生霊の真実 | 貴乃花親方問題を霊視 | スピリチュアルダイエット | 天気の浄化 | スピリチュアルの真相を霊視 | 幽体離脱 | W杯サッカーを霊視 | パクヨンハさんの霊視

多重人格について

2009.07.20
XML
カテゴリ:多重人格について


 私の霊視による多重人格というイメージはですが、多重人格という病気自体を
 認めちゃうと、依存傾向にある方にとっては都合の良い世界になって行くのでは
 ないかと思います。

 何年か前に狂牛病という病気が世間を騒がせて、アメリカからの牛肉を
 輸入禁止になった時期がありましたが、狂牛病という病気は、肉牛の餌に
 肉コップンという、同じ牛の脳や、内臓を混ぜた混合物を入れた事によって
 牛の脳に異常をきたし狂って死んでしまう病気でした。

 人間にもこれに似た病気が存在しますが、生物学的には、同じ種類の動物を
 共食いしないように自然界の摂理的なイメージで、そのシステムが出来ているようです。

 どこかの国のある地域の住民の間には、女性は肉を食べてはいけないという風習があって
 唯一、女性が肉を食べられるのが、その地域の住民の誰かが亡くなった時に
 その遺体の肉は食べていいという決まりでした。

 そのため、女性だけが人間の肉のほかに脳みそや内臓などを食べてしまったことで、
 ヤコブ病という狂牛病とほぼ同じ病気が多かったことを、何かの本で見た事があります。

 人間が集団生活をする上で、この共食いと同じ以上に、多重人格を認めることはとても
 危険なイメージです。

 

 多重人格者のイメージに深く入ってみますと、自分の社会的なストレスや自分の
 自己表現のために、意識的にまたは無意識的に多数の人格を作っているイメージです。

 神経科的には、主人格が居て、副人格が多数いるとも言われて居ますが、
 実際は、主人格である本人が一人そこに居るだけのイメージです。

 演技性の人格障害という病名もありますが、お医者さんがしっかり診断を下せる
 方であれば、あえて多重人格とは診断しないで、演技性でいいのではないかと
 思います。

 多重人格という病気を病名として認めてしまう事の大きな弊害はですが、たとえば
 社会性のはずれた方や、頭のいい方、人を凄く恨んでいる方等が、罪もない人に
 対して殺傷を犯してしまったとします。

 そこで、神経科医などが、その犯罪者の心理分析をした時に、社会的な責任を
 逃れるための言い訳をほとんどの犯罪者の方はすると思います。

 そこで、多重人格という病名が常識的に認められている病気になってしまったなら
 犯罪者の言い訳として、

 「私は何をしたかよく解らないが、もう一人の自分が犯罪を犯したかも知れない」と

 自分が犯してしまった自分の責任であるはずの犯罪を
 居るはずもないもう一人の自分(副人格)のせいにしてしまうと思います。

 この犯罪者の言い訳に関しては、ほとんどの精神分析医の方はその心理を分析して
 言い逃れ的な意味合いを認識できるものと思います。

 しかし、本当に怖いのはアメリカなどの大国が多重人格の病気そのものを認めたり
 日本でも権威のある医師がその病気は実在するものと認めてしまった場合の時です。

 
 縦社会の日本の医療現場においては、多重人格自体が診断名となって常識的な
 病名となってしまうものと思います。

 これと並行して、一般市民の中にも多重人格という病気が認識されるものと
 思います。

 これって、とても危険な事だとは思いませんか?

 
 犯罪を犯したときに、自分の中のもう一人の人格のせいにすればいいのです。

 
 また、犯罪を犯す前にもう一人の人格を架空に作って、もう一人の
 人格のせいにすればいいのです。

 これって、本当に怖い事だとは思いませんか?


 もし、そんな風に、多重人格という副人格の存在を私たちの精神神経科の世界でも
 病気の治療と言うよりも、その患者さんの言い訳の治療となってしますものと思います。


 結局、霊視的にも、心理学的にも、一人の人間に人格は一つなのが絶対的に
 曲げてはいけない人間社会の摂理であると思います。

 人間は自分の弱さを言い訳する動物です。

 言いわけは自己責任においてクリアしなければいけない自分自身の課題でもあります。

 もう一人の自分などという人物に、意識的または無意識的になり切ることの責任も
 自己責任です。

 これを人が認めることではありません。認めることで、もう一人の自分という
 いい訳を他人が容認することになります。

 受け止めはいいですが、受け入れは、本人の想像やいい訳を拡大することにもなります。

 霊や過去生や副人格などに興味があったり、証明されていない分野だったりしますので、
 もしかしたら、自分以外の霊的なエネルギー支配によって、多重人格という病気が
 発症していると思われている方も多数おられると思います。

 でも、現実社会においては、犯罪となりうるケースも出てきてしまったり、患者さんの
 その後の治療も困難になるだけなので、多重人格を認めることは、絶対にタブーであると
 思います。

 いろいろな意見があるとは思いますが、人間には一つの人格しかないという事が
 私の職業的な経験と、霊視的なイメージでの答えです。

 
 本当に長くて、解りずらい文章を、最後まで読んでくださいまして

 ありがとうございました。




ブログランキング参加中(たくさんの方々に見てもらいたいです)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログ村 スピリチュアル・精神世界


人気ブログランキングへ








最終更新日  2009.10.24 11:41:31
コメント(20) | コメントを書く
カテゴリ:多重人格について

掲示板相談にもありました、多重人格について書きたいと思います。


多重人格とは

日本の一般の精神科医にとって多重人格という診断名を聞くようになったのは、DSM-III
(1980、アメリカの精神障害診断統計マニュアル)でこの疾患が取り上げられてからです。

この診断名はDSM-IV(1994)では、解離性同一性障害と名称変更されました。この変更は、
多重人格の「分身」のそれぞれが「人格」としての統合性を持っているとはいえず、
中には人格の断片に近い状態もあるという観察と認識によります。

一方、ICD-10(国際疾病分類、精神および行動の障害、1992)では、多重人格障害が
使われています。このように、多重人格障害と解離性同一性障害は同義語です。 


多重人格にはいくつかの説があるようです。

1、人間の本質は多重性にある。


2、催眠術や暗示などにより治療者が創り出した疾患


3、霊の憑依によって


4、人間の輪廻転生で、過去生の記憶がそのまま残ってしまった


5、先祖の記憶が遺伝子によって受け継がれてしまった。


→多重人格については、解離性同一性障害という名称で呼ばれている事が多いですが
 一般的に解りやすいように、ここでは多重人格という名前で、書いて行きたいと
 思います。

 それでは本題の多重人格についてですが、神経科の外来でもあまり聞いた事がない
 疾患名ですが、世間では近年になってからは、よく聞かれるようになって来ている
 ようです。

 これは、ビリーミリガンなど、小説や映画のテーマに多重人格を扱ったものが
 数多く現れた事もあり、症状に対する社会的認知が進んで来ている事と、
 過去の日本の犯罪事件においても、犯人の診断名として神経科が診断した事が
 きっかけとなって来ているものと思います。

 また、過去のテレビ番組においても、特集番組で取り扱われたことからも
 その認知度は高まって来たものと思います。

 
 では、本当に多重人格という病気は存在するのでしょうか?

 多重人格のいくつかの説として5つ書きましたが、その5つの中に多重人格の病気に繋がる
 原因となる事実は本当に有るのでしょうか?

 多重人格について霊視したいと思います。

 
 1、人間の本質は多重性にある。

 まず、人間の本質は多重性にあるというイメージですが、これは
 人間は動物であるので、人間の精神で抑えきれない欲望や行動はあると
 思います。

 その部分を多重性と言うならば、それは病気ではないのではないかと思います。

 このイメージは、多重人格と言うよりも、人間は知性のある動物であり、時にはその欲望を
 抑える事が出来ない本質が人間にはあるという事を言っているイメージです。
 (人間心理学的な意味合いが強く、多重人格を病気として表現するならば、
  多重人格という病気が生まれた原因にはならないイメージです。)

 
 2、催眠術や暗示などにより治療者が創り出した疾患
 
 このイメージは多少あると思います。これは、依存的なイメージの方が
 催眠術や暗示により、都合良く自分を表現したものを、治療者が間に受けたり
 その患者さんの言動を治療者が勝手に、自分の発見的な都合で疾患自体を創りだしている
 イメージです。


 3、霊の憑依によって

 これは、霊界的なイメージはまったくないですね。多重人格者から発せられる
 不可思議な言動を、不可思議な世界の霊と混同させて、10人の人格が出てきたら
 10個の霊に憑かれている的な発想ですね。

 (これがもし本当にあったなら、ほとんどの精神患者さんは
  浄化で治療が可能となりますね。私としては、そっちの方が嬉しいですが、現状では
  浄化しても、効果がない方の方が多いですね。精神病は霊の病ではなくて
  気の病だからだと思います。)
 
 
 
 4、人間の輪廻転生で、過去生の記憶がそのまま残ってしまった

 これも、霊の憑依と同じ発想ですね。人間の自己都合的なイメージしか
 ないですね。霊界的なイメージでは、過去生と言うのは全く意味がないもので
 存在しないイメージです。過去生に意味を持たせ、輪廻転生で前世を背負う
 イメージもまた、人間界的な3次元が作り出したイメージのようです。
 
 過去生のイメージはですが、自然界においては人間の力は弱いので、人間の武器でる
 脳の想像力で人間は自然界を生き抜いています。
  
 想像力は実態がないので、いろいろな言い訳を作り、自分の心の支えを作っている中の
 一つの想像的なイメージのようです。


 5、先祖の記憶が遺伝子によって受け継がれてしまった。

 これは、1番の人間の本質は多重性にあると同じイメージで、親と子は遺伝子で
 受け継がれていきますので、性格や体質などもまた受け継がれて行くものだと思います。
 
 しかし、ダウィンの進化論のような、遺伝子によって人格が多重に引き継がれていく
 ような事はまったくないイメージです。
 
 もし、そんな事があったなら、ある地域は多重人格者地域なんて恐ろしい事も
 あるかもですね。

 この続きは、後編で書きたいと思います。




ブログランキング参加中(たくさんの方々に見てもらいたいです)

ここをクリックしてくださいね
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ブログ村 スピリチュアル・精神世界


人気ブログランキングへ












最終更新日  2009.07.20 14:06:09
コメント(7) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR

コメント新着

らんらん@ Re:足利事件 えん罪について霊視 奇跡への階段 大変な事件ですね(06/06) 本当に、人が人を裁く事の難しさを感じま…
ゆみこ@ 自称ゴル弟子のアユ太さんへ この世界は全てのマイナス感情である破壊…
アホですか?あなた(笑)@ Re:坂本龍馬の暗殺の真相を霊視(最終話) 奇跡への階段(10/01) 何が霊視だよ。龍馬の言葉は九州弁か?(笑…

ランキング市場

購入履歴

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.