015293 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

何でもトリコブログ

PR

Archives

2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05

Freepage List

Rakuten Profile

設定されていません

2007.04.22
XML
カテゴリ:映画
久しぶりに精神的、体力的に時間ができたので、朝から連続2本、アフリカを舞台にした映画を観に行きました。「ブラッド・ダイヤモンド」「ツォツィ」

サントラ  原作PB  サントラ  原作翻訳

「ブラッド・ダイヤモンド」は「不都合な真実」に次いでお薦めしたい社会的メッセージが込められている映画です。特に女性に観て欲しい。フィクションであったとしても、アフリカでこれだけの同じ人種同士が争い、家族が引き離され、人の命が奪われていると想像してみるといい。「それでも貴女はダイヤモンドが欲しいですか?」 この映画を六本木ヒルズで観ていることに皮肉を感じましたけど。。。ヒルズに入っている宝石店の店員やヒルズ族たちはこの映画みるのかな。観ていたら感想を聞きたいものです。映画のほとんどのシーンが紛争で人が殺されるばかりで、朝から吐き気がしそうだったけど、結局は正義が勝つで終わってくれたので心が荒んだままにならず助かりました。平和な国に生まれて本当に恵まれたとつくづく神様に感謝しましたね。

ストーリーはさておき、ディカプリオは「ディパーティッド」に続き随分男らしくてかっこよかったですね。すっかりファンになってしまいました。今後もぜひ演技派俳優として注目していきたいと思います。

「ブラッド・ダイヤモンド」を観た後に「ツォツィ」はちょっと映画の作りそのものがチープに思えてしまったのは私だけでしょうか。制作費のかけかたの違いかな。アフリカのスラム街がセット、もしくはCGっぽく見える。そして大量殺戮ではなく、不良少年(ツォツィ)が人としてのディーセンシー(品性)を取り戻していくというストーリー。これはなにもアフリカ特有の問題ではなく、アメリカのスラム街舞台でも、日本でも、世界中どこでもありそうな話でした。

それにしても、いずれも銃社会の話。最近日米でほとんど同時に銃による殺人事件が起こり、怖い世の中だと思ってしまいます。ひとたび武器を手にしてしまうと、対話で解決できる社会に戻ることはできないのでしょうか。考え始めると明るい将来は期待できないので、せめて自分だけはdecency、つまり自分に誇りを持てる生き方をしていきたいと思います。






Last updated  2007.04.22 19:18:58
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.