1288275 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

非常に適当な本と映画のページ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Freepage List

Category

カテゴリ未分類

(299)

洋画

(257)

邦画

(82)

邦書

(140)

洋書

(57)

ニュース

(651)

DVD

(7676)

Comments

Favorite Blog

まだ登録されていません
2006.11.28
XML
カテゴリ:邦書

 創元推理文庫の江戸川乱歩全集第七巻。本作品は1931年に出版された。本書には連載当時のイラストが満載。文体も軽い雰囲気で、他の作品と比べてエログロの度が低くて乱歩自身「健全」と言っているほどだから、非常にサラサラと読める。
 名探偵明智小五郎が登場する。


粗筋

 黄金仮面と名乗る怪盗が、東京に出没する。
 黄金仮面は、侯爵家の鷲尾氏が所有する美術品を盗むと宣言する。それを阻止する為、鷲尾氏は明智小五郎を雇う。そんなところ、鷲尾氏の一人娘美子が何者かに殺害される。黄金仮面の仕業かと思われたが、実は侍女に殺されたと明智は指摘する。侍女は黄金仮面の助けを得て逃げようとするが、明智に捕まった。明智が尋問しようとしたところで、侍女は黄金仮面の一味によって殺害される。黄金仮面は明智の追跡を振り切って逃げた。
 黄金仮面は、次の標的として、大富豪の大鳥氏を狙う。黄金仮面は大鳥氏の娘不二子を誘惑し、彼女もさらうと宣言した。明智は、黄金仮面の阻止に動く。が、不二子は黄金仮面に心を寄せていた。黄金仮面の元に行きたいと言い出す。明智は、不二子の拉致も阻止しなければならなくなった。
 不二子は、警備の物の目を欺き、自ら黄金仮面の元へ向かってしまう。
 一方、明智の捜査により、黄金仮面の正体が判明する。フランスの大怪盗アルセーヌ・ルパンだと。
 ルパンは明智を殺害しようとするが失敗し、逆に追い詰められていく。
 明智は、最後になってルパンを取り逃すが、不二子の奪還に成功する。ルパンは飛行機ごと海の藻屑として消えたと思われたが、死体が発見されていないことから、生存の可能性もあると思われた……。


楽天ブックス(large)

解説

 まさかアルセーヌ・ルパンを登場させてしまうなんて。思わず目を疑ってしまう(正しい使い方じゃないか)作品。乱歩がルパンの原作者ルブランの許可を得て本作品を書いたとは思えない。が、ルブランの耳に入っただろう。ルブランは、この件に関してどう思ったか。尤も、ルブランも自作にドイルが創造したシャーロック・ホームズを登場させているが……。
 本作品もアクション満載。読んでいて恥ずかしくなるほど派手な追跡劇が繰り広げられる。
 ただ、乱歩の作品を続けて読んでいると、ワンパターンな感じがしないでもない。
 本作品でも変装が一杯。黄金仮面は勿論、明智も変装しまくる。
 ある時間になったら特定の人物を拉致すると敵が予告してきた為、味方がその人物(熟睡している)と付ききりになって警護した。予告の時間が過ぎてもう大丈夫だと思って、警護していた人物を確認すると、人形だったことが判明する。警護を担当した者は、「しまった、我々はこれまで人形の番をしていたのか!」
 ……と悔しがる……。
 乱歩の小説では、このパターンが多い。通常は、悔しがるのは明智だが(熟睡している筈の人物が人形とすり変わっていないか途中で確認しろよ、と突っ込みたくなる)、今回は大鳥氏の使用人だった。明智が当たり前のように「人形の番をしてましたな」と指摘する。これまで同じトリックに引っかかっていたことから学習したのだろうか。
 ルパンは部屋に逃げ込んだ。ドアが閉まる。外の者がドアを開けて中を覗くと、ルパンの姿はなかった。窓から逃げた様子はない。抜け道もない。ルパンはどこに消えたのか……。
 実は部屋全体がエレベータになっていた。ルパンは部屋と共に二階へ上がった。同時に、地階の部屋が一階にまで上がった。上下二つの部屋は同じ作りのため、外から中に入った者は、ルパンが部屋から消滅したと錯覚してしまった……。
 乱歩にしては大がかりなトリックだなと思っていたら、別の作品から借りたものだった。
 また、ルパンは窓に影として写る明智を射殺した。と、思ったら、実は人形だった。明智は無論生きていた……。これもドイルのホームズ物語「空き家の冒険」のトリック。
 乱歩はオリジナルなトリックを考え出せなかったのか。
 それにしても、黄金仮面と一緒にいたいと希望する不二子(黄金仮面の犯罪に手を貸すほどだった)を、黄金仮面の手から強引にさらって、親元へ帰すだけで、事件解決としてしまう明智は、本当に名探偵か。黄金仮面は数々の殺人に間接的(美子)・直接的(侍女)に関与したというのに、捕まえられなかったら意味がない。それでなくてもルパンは幾度も明智の手から逃れ、明智の名声を落としているのだから。
 本作品がフランス語に訳され、本国のフランスで紹介されたら、ルパンの性格があまりにも違っているので批判されるだろう。



関連商品:

人気blogランキングへ

楽天ブックス(large)






Last updated  2006.11.28 14:32:06
コメント(0) | コメントを書く
[邦書] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.