1037114 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

非常に適当な本と映画のページ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Freepage List

Category

カテゴリ未分類

(278)

洋画

(241)

邦画

(81)

邦書

(140)

洋書

(57)

ニュース

(651)

DVD

(7067)

Comments

Favorite Blog

まだ登録されていません
2006.11.28
XML
カテゴリ:邦書

 創元推理文庫の江戸川乱歩全集第三巻。本作品は1930年に講談社の文芸雑誌で連載された。
 名探偵明智小五郎が登場する(といっても2/3入ってから。それまでは畔柳が探偵役を務める)。「一寸法師」事件の後の事件とされる。


粗筋

「蜘蛛男」という殺人犯が東京を襲う。女性を誘拐しては殺し、その死体を目立つ場所にわざわざ放置するという残酷な手口である。
 この事件に、犯罪学者の畔柳博士と助手の野崎が立ち向かう。
 蜘蛛男は、容姿が似た女性を狙っていた。次に狙われるのは女優の富士洋子だ、と畔柳は判断し、警察と共に彼女を守ろうとする。
 しかし、蜘蛛男は富士洋子をまんまと誘拐してしまう。
 そこで登場するのが、海外から帰国したばかりの明智小五郎。明智は、蜘蛛男の正体を半日で暴く。畔柳博士だと。畔柳博士は、探偵と犯人の二役を演じていたのだ。だから蜘蛛男の行動を予測できたし、富士洋子を連れ去ることができた。
 富士洋子は、必死の抵抗で蜘蛛男の手から逃れられた。
 明智は畔柳の住まいに向かうが、蜘蛛男こと畔柳は、行方をくらました。
 富士洋子は危険を感じ、東京から離れた。しかし、蜘蛛男は追ってきた。
 明智は待ちかまえていたが、手際の悪さで畔柳を捕らえ損ねたばかりか、洋子の拉致を許してしまう。蜘蛛男と洋子の心中死体が後に発見された。
 しかし、蜘蛛男は死んではいなかった。蜘蛛男の心中死体と思われていたのは、偽だったのだ。彼は以前から計画していた49人の一括拉致・殺害を決行することにした。
 が、蜘蛛男の死を疑っていた明智は、その計画を暴き、未然に防ぐ。
 追いつめられた蜘蛛男は自ら命を絶つ。


楽天ブックス(large)

解説

 江戸川乱歩が得意とした(というか他に書かせてもらえなかった)エログロ全開の作品。軽い文体と、連載時の押し絵がある為、サラサラと読み進めた。
 蜘蛛男はこれといった動機もなく女性を拉致しては殺すという残虐行為を繰り返している。しかもかなりの金を投じて。名声高い犯罪学者がなぜこんな狂気に走ったのか、という心理的な根拠は一切提示されていない。そういうことはどうでもいいから、アクションをただただ楽しんでください、といった感じ。悪趣味なジュベナイル小説を読んでいる気分。
 不満といえば49人を拉致した実行犯と、蜘蛛男の犯罪に手を貸した平田青年がまんまと逃れてしまうこと。明智は蜘蛛男が死んだことでよしとしたのだろうか。
 細かい疑問点はいくつでもある:

・畔柳の助手を務めていた野崎は、なぜ蜘蛛男となってしまった畔柳の凶行に全く気付かなかったのか。彼が助手になる前から畔柳がこのような犯行を行っていたのか、あるいは助手になった後に行うようになったのかは不明だが、とにかく鈍い助手である。
・なぜ富士洋子は蜘蛛男を解放したのか。明智と協同してようやく捕まえたのに、洋子は明智がちょっと離れた隙に彼を解放し、結局殺されてしまう。なぜそんな馬鹿な行動を取ったのか。蜘蛛男から逃れる為に東京を抜けたのではなかったのか。
・明智は、洋子と協同で蜘蛛男を罠にはめることにした際、なぜ警察の協力を全く得なかったのか。警察がウロウロしていると罠だと気付かれる、という考えもあったのだろうが、信用できる刑事を側に置いておくべきではなかった。そうしなかった為、明智はせっかく捕まえた蜘蛛男から離れ、自ら交番へ出向かう羽目になった。信じられないことに洋子と蜘蛛男を二人きりにしてしまうのだ。きちんと手続きをとっていれば蜘蛛男はそのまま逮捕され、洋子も殺されずに済み、49人の女性が拉致されることもなかっただろう。
・蜘蛛男は変装の名人。それだったら他人の変装も簡単に見破けそうな感じがするが、明智小五郎の変装にころりと騙されている。当時の変装用具は名人まで騙せるほどのものだったのだろうか。
・蜘蛛男の動機は結局何だったのか。美女の死体を使った芸術を作りたい、と言っていたが、それだけで普通こんな無茶をするだろうか。仮にしようとしたとしても、警察との関係があり、かなり目立つ立場にいた彼がそんなことを誰にも気付かれずにできただろうか。
・なぜ蜘蛛男は自分の犯行を自ら暴いたのか。スリルを味わいたかった、ということもあるだろうが、自分が探偵畔柳として行動していなければ、警察の捜査は難航していたし、49人拉致もより容易にできただろう。

 乱歩は推理小説を書きたかったようだが、この手の怪奇物が大好評を得た為、怪奇物ばかりを書き続けることになる。やがてこの手の小説は陳腐だと蔑まれるようになるが、その頃には乱歩に他のジャンルに移る力は残っていなかったらしい。
 新人作家の掘り出しに勢力を向けることになる。
 本作品も、著者が「読者諸君」と読者に語りかける。当時は当たり前だったのかも知れないが、現在では不自然。
 良い意味でも悪い意味でも乱歩を象徴する作品。



関連商品:

人気blogランキングへ

楽天ブックス(large)






Last updated  2006.11.28 16:46:54
コメント(0) | コメントを書く
[邦書] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.