1252681 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

非常に適当な本と映画のページ

PR

全256件 (256件中 251-256件目)

< 1 ... 21 22 23 24 25 26

洋画

2005.06.24
XML
カテゴリ:洋画
DVDカンフーハッスル コレクターズエディション

少林サッカー」で香港だけでなく、世界中(?)で話題となったチャウ・シンチーのカンフーアクション。


粗筋

 昔、中国のある地域を、斧頭党という犯罪組織が牛耳っていた。ふとしたところで、ある集落と抗争に突入。
 その集落は、頼りない女垂らしの夫とケチな妻というカップルが経営している、貧乏人ばかりが集まったものだった。
 百戦錬磨の斧頭党にとって、貧乏人の集落なんて難なく潰せると高をくくっていたが、貧乏住民の中には意外にも拳法の達人がいて(拳法の達人であることを隠していた)、斧頭党の者を次々に撃退。集落を運営しているカップルも、実は拳法の達人だったのだ(息子を争いで亡くし、拳法を使うのを避けていたのだ)。
 斧頭党は、ついに拳法の達人をあちこちから探し出して、刺客として送る。貧乏拳法達人や拳法カップルもさすがに太刀打ちできず、深手を負ってしまう。
 一方、「世の中を動かすのは悪だから自分も悪人になるしかないのだ!」と言いながらも悪人になり切れず、せこい犯罪(と呼べれば)でどうにか生活していたシンは、斧頭党のメンバーになるチャンスを与えられる。そんなところ、シンは自分が実は拳法の達人だったことを知る……。



感想

 前作「少林サッカー」もそうだったが、滅茶苦茶なストーリーというか、「ストーリーなんてあったのか?」と首を捻ってしまう。
 映画の大半は貧乏集落の住民が斧頭党をひたすら撃退する場面が続く。映画の中頃で斧頭党が強力な刺客を送り込んだところで、ようやく拳法カップルが実は拳法の達人だと知らされる。
 この間、チャウ・シンチー演じるシンは、主人公にも拘わらず、せこい悪人振りを繰り広げるだけ。主人公、と言われてもピンと来ない。最後の最後の場面になってようやくシンが拳法に目覚め、斧頭党が送り込んだ最高の刺客を倒す、という設定になっている。
 ストーリー展開にまとまりがない。
 また、斧頭党のリーダーなど、強いと思っていたキャラがふとしたところで信じられないほどアホで弱くなって、あっさりと殺されてしまう。見ている最中、「え? じゃ、一番悪い奴は結局誰なんだ?」と思ってしまったのは自分だけではないだろう。これは日本の特撮物にも共通する。ようするに、強いキャラを出すと、扱いが難しくなって持て余してしまい、結局更に強いキャラを出して元の強いキャラを弱く、アホにした上で退場させるしかなくなるのだ。
 カンフーシーンも、特撮であることを一切隠さず、「特撮カンフーをどうぞ楽しんでね!」という按配。真剣なカンフーファンには絶対支持されない。
 本作品はアクションコメディらしいが、人がバタバタ死んだり、殺されたり、暴力を振るわれたりしている。ブラックユーモアにしても、ブラック過ぎて、笑えない部分が多い。その意味では中国人のユーモアのセンスや、人権に対する意識を察することができる(ようするに、非常に低い)。
 本作品で褒められる点は、エンターテインメント作に徹していること。日本映画のように「エンターテインメント作に徹していればよかったのに、無駄なテーマを盛り込んだ為説教臭いだけの退屈なものになってしまった……」ということもない。
 また、日本映画界では、「キャラの感情や思考は台詞にしなければならない。なぜなら客はそうしてやらないと映画を正しく理解しないから」と信じ込んでいる低レベルな脚本家が多く、呆れ返るばかりだが、本作品では台詞に無駄がなく、台詞臭さがないのも好感が持てる。
 感動の場面もバランスよく盛り込んであり、感動の押し付けになっていないことも良かった。
 結論は、観た後何も残らない映画を観たいならどうぞ、てことか。観終わった映画をいつまでも引きずり回したい、という人は、観ても無駄。
 主人公を演じるチャウ・シンチーは、作品ではStephen Chowと紹介されている。チャウ・シンチーは中国名らしい。ブルース・リーやジャッキー・チャンも、現在だったら日本では中国名で紹介されていたのだろうか。


人気blogランキングへ


関連商品


チャウ・シンチーの008 皇帝ミッション


少林サッカー


ORION DVD-R/-RW&VHSデュアルビデオレコーダー


amazon







Last updated  2005.06.24 14:53:09
コメント(1) | コメントを書く


2005.06.22
カテゴリ:洋画
【DVD】エイリアンVS.プレデター 2枚組特別編

「二大人気映画シリーズがついに一つに!」ということで話題になった映画。


粗筋

  南極付近で、熱源が感知された。ある大富豪が、そこへ探査チームを送り込む。そこには数千年前に建設されたと思われるピラミッドが。探査チームは、なぜこんな所にピラミッドが? と調査している内に、真相に気付く。
 ピラミッドは、プレデターというエイリアンが成人の儀式を行う為に人間に作らせたもの。プレデターは、そこで別のエイリアンと死闘を繰り広げる、という儀式をしていたのだ。
 探査チームはあれよと言う間にエイリアン同士の戦闘に巻き込まれてしまった……。


楽天ブックス(large)

感想

 この映画制作のきっかけとなったのは、ダークホース社のコミック「エイリアンVS プレデター」。そのコミックのきっかけとなったのは、映画のプレデター。そこでは、エイリアンの骸骨がプレデターの戦利品として映っている場面があった。これは製作者側の単なるお遊びだったが、映画ファンの間で話題になり、今回の映画作成にまで繋がった。お遊びがきっかけで映画が作られるなんて、プレデターを製作した当時の連中は予想していただろうか。
 映画制作者は、あくまでもエイリアンとプレデターとの死闘を描きたかったようだが、人間が全く登場しない映画は成立しないだろうということで、舞台を地球にしたようである。
 といっても、登場する人間は単に餌食となる運命(ま、エイリアンでも、プレデターでも、登場する人間は餌食となる運命だが)。人間が全くいなくても、ストーリーそのものは成立したと思われる(ストーリーというほどのストーリーはないが)。
 少なくとも、「人間とプレデターが協力してエイリアンを倒す、というアホらしい展開にするくらいなら、人間なんか登場させるなよ」と思った人は多かったと思われる。
 エイリアンシリーズでは人間がなかなか倒せなかったエイリアンがプレデターによってあっさりと倒されたり、人間が太刀打ちできなかったプレデターがエイリアンに意外と簡単に倒されている。場面場面によって「エイリアンて強いなあ」「エイリアンて意外と弱いなあ」「プレデターて強いなあ」「プレデターて意外と弱いなあ」と意見が目まぐるしく変わる。
 本作品の良いことは、エンターテインメントに徹していること。製作者側は、「100年後も語られる名作を作ろう!」なんて鼻から思っていない。したがって観客は流される映像を観ていればいいだけで、あれこれ考える必要はなく、ストレスが少ない。結末も、製作者側の意図かは不明だが、おおよそ予想できるもので、「何じゃこりゃ? 裏切られた……」という失望感に見舞われることもない。
 本作品では、エイリアンシリーズにアンドロイドのビショップとして登場した人物(ランス・ヘンリクセンが演じる)が、探査チームを組織した大富豪として登場する。ミドルネームがビショップとなっていて、ここでも製作者側のお遊びが見られる。
 バイオハザードの製作スタッフが携わっていたこともあり、バイオハザードに出演していた者も登場している。バイオハザードで特殊部隊隊長(非常に無能で、直ぐ殺される)として登場した黒人俳優が、本作でも特殊部隊隊長(非常に無能で、やはり直ぐ殺される)として登場した。
 急ごしらえ感の映画なので、細かく検証すると荒が見える。
 劇中のピラミッドはエジプト、アステカ、そしてアンゴールの三文明の特徴を持っていて、「これらの文明は元は一つだったのだ! このピラミッドは史上初のピラミッドなのだ!」ということになっているが、ちょっと強引。時代が全く違うではないか。また、エジプトのピラミッドと、アステカのピラミッドは、いずれも「ピラミッド」と呼ばれているが、あくまでも現在の考古学者ら(というか、考古学ニュースを報じるマスコミ)が便宜的にそう呼んでいるだけ。建設の目的は違う筈である。
 舞台は南極で、寒いという設定になっているが、登場人物らが吐く息が白くなっておらず、常温のセットで撮影されたのが分かる。
 そもそも、宇宙を航行する技術を数千年前から持っていたプレデターが、なぜ「成人の儀式」とやらいう原始的な風習を未だに守っているのか、分からない。
 満額支払ってまで観る映画とは到底思えないが、安く観られるなら、観て損はない。
 あと、映画のタイトルを作成者側が自ら「AVP」と訳してしまうのはどうかね、と思う。


人気blogランキングへ



関連商品

【DVD】エイリアンVS.プレデター 2枚組特別編
エイリアンVS.プレデター 2枚組特別編


AVPスペシャル・モンスターBOX


AVP公開記念パック 「エイリアン2/完全版」+「プレデター2」


パリセイズエイリアンvsプレデター(AVP)グリッドエイリアン スタチュー


ALIEN VS PREDATOR/ SERIES 2: 4種セット


ORION DVD-R/-RW&VHSデュアルビデオレコーダー


楽天ブックス(large)






Last updated  2005.06.23 09:45:42
コメント(0) | コメントを書く
2005.06.20
カテゴリ:洋画
SUPERBIT(TM) インビジブル

「ロボコップ」や「トータル・リコール」や「スターシップ・トルーパーズ」を手がけたポール・バーホーベン監督作。

粗筋

 科学者セバスチャン・ケインは、人間を透明にする研究を米軍の為に進めていた。
 動物を透明にする薬物は既に完成していて、後は透明になった動物を元に戻す薬物を開発するだけだった。それも成功。透明になった動物を元に戻すことに成功した。
 しかし、セバスチャンはそのこと軍を報告せず、自分で勝手に研究を次の段階へと進めることにした。人間を対象とした実験である。セバスチャンは自分が実験体になることを申し出る。
「世界で始めて透明人間になる」
 それがセバスチャンの何よりの夢だったのだ。
 セバスチャンは研究チームの反対を押し切って、自分に薬物を投与。世界で始めて透明人間となった。
 様々な実験を行った後、中和剤を投与し、元に戻ろうとした。しかし、動物では効いた中和剤は作用しなかった。セバスチャンは元に戻れず、透明人間のまま、ということになってしまった。
 軍に気付かれる前にセバスチャンを元に戻さなければならない、と研究チームは焦るが、上手くいかず、セバスチャンは透明人間のままだった。
 自ら買って出たとはいえ、セバスチャンは次第に苛立ちを見せるようになる。薬物の影響からか、精神的に病むようになり、人工ゴムのマスクを被って勝手に外出し、悪事を働くようになってしまった。
 ここまでくると最早手に負えない、と感じた研究スタッフは、軍に報告することを決めた。
 が、それを許したら研究は軍に取り上げられ、自分の手から完全に離れてしまう、と恐れたセバスチャンは、研究スタッフを始末することに。
 研究スタッフらを研究施設に閉じ込め、一人ずつ殺し始めた……。


感想

 誰でも一度はなってみたいと夢見る透明人間。
 本作はその欲望の行く末を描いている。
 ただ、透明人間になる男は単なる科学者とあって、研究スタッフの殺害に手を染めるまでは物凄い悪事をやる訳でない。やることといえば女の家に忍び込んで襲うなど、せこいことばかり。
 あくまでも透明な人間になっただけで、不死身ではないので(ラストになると不死身に近い状態になるが)、やれることは限られている。その意味では透明人間になることの現実を正しく描いているといえる。結局大したことはできないんだよ、と。
 当然、透明人間と対決する人間も単なる科学者に過ぎない。戦闘能力はまるでない。対決するといっても、物凄い兵器は出ない。飛び道具となると麻酔銃のみなのだ。
 ストーリーの殆どは研究施設で展開されることもあって、単調といえば単調。
 本作の醍醐味は透明人間になる過程のSFX。
 人間が筋肉、血管、骨、……となって消えて行く姿は、非常に気味悪い。
 ただ、このSFXを見せたいが故に製作された映画のようで、セバスチャンが研究スタッフを殺す場面に差し掛かると、別に透明人間じゃなくてもいいじゃん、と思うようになる。
 テレビ映画として観たので、カットされたシーンも多いらしい。腹に深手を負って、殆ど動けない筈の研究スタッフの男性が、ラストになって「本当に大怪我したのか?」と思いたくほど活発的に動くのには首を捻ってしまった(見方によっては不死身のキャラ)。
 あと、別の研究スタッフが輸血用の血を床に撒くのだが(透明人間の足跡が見えるように)、その血が時間がかなり経っても凝固しないのはなぜだろうと思った。輸血用の血は直ぐ凝固しないよう、薬物が混ぜてあるのだろうが、数十分経っても上を歩く者が足を滑らせるほど液状化したまま、というのは有り得ないような。
 セバスチャンを演じるのはフットルースでデビューしたケビン・ベーコン。素顔が見られるのは最初の場面のみ。それ以降はCGで加工された姿ばかり。ハリウッド俳優というと何とぞ自分の顔を出したがる筈なのに、よくこんな役を引き受けたな、と関心。あと、これまでケビン・ベーコンという役者を数回見てきたが、いつ観ても30ちょっと過ぎにしか見えない。ガキっぽい髪型だからだろう。デビュー作のフットルースは20年以上前の作品。一体何歳なんだろう?
 ポール・バーホーベン作品とあって、女がジャンジャン脱ぎまくる。
 本作は、邦題は「透明」を意味する「インビジブル」だが、原題は「Hollow Man」。「中空の男」か。「インビジブル」にした理由が良く分からない。


関連商品


ロボコップ


トータル・リコール


スターシップ・トゥルーパーズ


フットルース


ORION DVD-R/-RW&VHSデュアルビデオレコーダー


人気blogランキングへ



amazon








Last updated  2005.06.20 14:17:59
コメント(1) | コメントを書く
2005.06.17
カテゴリ:洋画
少林サッカーデラックス版-DVD-〔送料無料キャンペーン中〕

 チャウ・シンチーが世界的スター(?)となるきっかけになった作品。


粗筋

 中国でサッカー大会が開催されることに。
 元サッカー選手の中年男性が、少林寺拳法を極めながらも単純労働に甘んじている連中を掻き集め、大会に参加することに。
 ただ、大会で常勝しているサッカーチームの監督は、サッカー大会の主催者でもあり、どんな汚い手を使ってでも勝つ、という悪漢だった……。



感想

  少林寺拳法と、サッカーと、CGによる映像を見事なまでに融合させたアクションコメディ。
 全体的に、日本アニメをヒントにしたとしか思えない内容。それを香港の映画制作者にかっさらわれた日本の映画制作者は間抜けとしかいいようがない。
 ただ、香港の映画なので、中国の現代社会を映し出している。日本は勿論、アメリカをもしのぐ資本主義・拝金主義は呆れるばかり。
 人権のような意識も極端に低いようである。中国圏の者にとっては面白いと感じられるであろう一部の場面も、中国圏外の者にとってはブラック過ぎて笑えないことも。
 ストーリーも穴だらけで、「なぜこんな風になるの?」という展開が多い。
 しかし、笑い、感動、アクションをバランスよく盛り込んであり、エンターテインメント作としては完成度がかなり高い。やたらとテーマや教訓を盛り込みたがる日本の映画制作者より、よっぽども映画制作について熟知している印象を受ける。
 チャウ・シンチーは後にカンフー・ハッスルを製作。こちらもカンフーを題材にしている。カンフーの達人かどうかは知らないが、それなりの知識はあるようである。



関連商品

少林サッカーデラックス版-DVD-〔送料無料キャンペーン中〕
少林サッカー


少林サッカー外伝


カンフーハッスル


008 皇帝ミッション


ORION DVD-R/-RW&VHSデュアルビデオレコーダー


人気blogランキングへ







Last updated  2006.01.09 15:30:28
コメント(1) | コメントを書く
2005.06.15
カテゴリ:洋画

 以前公開されたスパイ映画ボーン・アイデンティティーの続編。原作はロバート・ラドラムとなっているが、大幅に変更されているようである。

粗筋

 ジェイソン・ボーンは過去の記憶を失った凄腕の元CIA工作員。2年前、CIAの陰謀を叩き潰し、今はインドで恋人とひっそりと暮らしていた。が、ある日何者かが襲撃し、恋人が殺されてしまう。CIAの仕業だ、俺とはもう関わるなと釘を刺しておいたのになぜ今? とボーンは怒る。
 一方、ベルリンではCIAがある情報提供屋と取引を行っていた。CIAが重大な情報を手に入れる直前、何者かが襲撃し、情報屋とCIA工作員を殺害した。重大な情報は手に入れられなくなった。一体誰の仕業だ、とCIAが調べたところ、2年前に行方をくらましたジェイソン・ボーンの指紋が見付かった。
 なぜCIAは俺にまた関わるのだ、と憤るボーンと、なぜボーンが突然浮上したのだ、と不思議がるCIAは、互いの腹を探り合いながら真相に行き着く……。

 その真相とは、次の通り(ネタバレ注意):ロシアの有力者と一緒に公金を使い込んでいたCIAの大物が、自分の悪事に関する情報がCIAに渡されると知った。それはまずいと感じたCIAの大物は、2年前に破綻した暗殺部隊プログラムの生き残り――ボーン――が阻止したかのように見せかけ、公金使い込みの件を闇に葬ることにした。
 無論、罪を着せる者が生きていたら計画は成立しないので、CIAの大物はロシアの有力者にボーンを始末させることに。だが、ロシア側が放った殺し屋は、ボーンの始末に失敗。逆にボーンを怒らせてしまった……。


感想

  この映画はエイリアン3に似ている。製作順に観なければならない。順序を逆にして観ると、非常に落ち込む。
 前作で主人公が必死に守り抜いたキャラ(恋人)が、続編であっさりと死ぬのだから。
 また、本作は恋人が殺された動機が非常にしょぼく、やり切れない。
 本作の最大の問題点は、空港や駅の警備カメラの映像などからボーンの居所をたちまち掴んでしまうCIAが、内部の不正をボーンによって明らかにされるまで全く気付かなかった、という点。
 その不正を働いていたCIAの大物は、ボーンを始末した上で利用しようとするが、これも計画が非常にずさん。そもそもなぜボーンに罪を着せようとしたのかがさっぱり分からない。指紋をわざわざ偽造して遠いインドでひっそりと暮らしているボーンの仕業に見せかけるより、指紋を全く残さないようにし、結局どこのどいつが情報屋を殺したのかさっぱり分からない、という風にした方がよかっただろうに。
 つまらぬ偽造工作のお陰で、全く関係のなかったボーンの闘志を燃やし、真相を暴かれてしまった。「策士、策に溺れる」とは、まさにこのこと。
 作品は長過ぎず短過ぎず、テンポ良く仕上がっている。
 ただ、アクションシーンはどれもイマイチ。
 格闘シーンやカーチェイスは、まるでカメラマンがそれらに加わって揉みくちゃにされたかのようで、物凄くぶれる。何が起こっているのかさっぱり分からない。終わってから「おお、やはりボーンが勝ったのか!」と納得するしかないのである。
 ボーンはインドからイタリア、ベルリン、ロシア……、とあちこち移動するが、そんな資金をどこでどうやって調達したんだろう、と思ってしまう。
 インドでも何して生活していたのか、結局分からなかったし。生活感ゼロなのである。
 仮に資金をどうにか捻出できたとしても、お尋ね者となった人間が国境をあれほど簡単に渡れるとも思えない。
 ボーンが物凄く腕のいい工作員なのか、税関がずさんなのか、ストーリーがご都合主義なのか……。
 このジェイソン・ボーンのシリーズは、原作では三部作で、BOURNE ULTIMATUMへと続く。映画はどうなのかね。ボーンは自分の本名を知るなど、完結に近い終わり方になっているのだが……。


関連商品


ボーン・アイデンティティー


ジェイソン・ボーン ツインパック


エイリアン3


ORION DVD-R/-RW&VHSデュアルビデオレコーダー


人気blogランキングへ


amazon








Last updated  2005.06.15 18:03:22
コメント(1) | コメントを書く
2005.06.09
カテゴリ:洋画


 ニコラス・ケージ主演の冒険アクション。

粗筋

 10世紀前後。中東侵攻の際、大量の財宝を手に入れた十字軍は、後にフリーメーソンとなって財宝を何世紀にもわたって保護してきた。財宝は巡りに巡って新大陸のアメリカに。アメリカ独立に携わった者の多くはフリーメーソンのメンバーだった。
 もしアメリカが独立に失敗したらフリーメーソンが保護してきた財宝はイギリスの手に渡ってしまう。
 それを阻止したかったフリーメーソンは、財宝をある場所に隠した。いつかまた探し出せるよう、フリーメーソンは手掛かりを様々な場所に残した。
 それから200年後の21世紀。
 財宝の場所はフリーメーソンですら分からなくなってしまっているどころか、その手掛かりの場所や意味すら分からなくなっていて、単なるお伽話となっていた。
 ベン・ゲイツは、この財宝を探し出す為にトレジャー・ハンターとして世界中を飛び回っていた。ようやく手掛かりの一つを見付ける。その手掛かりによると、次の手掛かりは何とアメリカの独立宣言書の裏にある、となっていた。
 アメリカの独立宣言書は現存しているが、アメリカの国宝として厳重に保管されている。裏を見せてくれ、と頼んだくらいで見せてもらえるものではない。
 そんなところ、ベンと、スポンサーのイアンの間で仲違いが起こる。ベンは違法行為まで犯して独立宣言書に近付くのはまずい、と感じていたが、イアンは違法行為を犯してでも独立宣言書を入手すべきだ、と主張したのだ。
 ベンとイアンは、米国首都ワシントン特別区で保管されている独立宣言書を巡って熾烈な競争を始めた……。


感想

 この映画を知った時、インディアナ・ジョーンズの現代版かな、と思った。
 またフリーメーソンの陰謀かよ、アメリカ人は本当にフリーメーソンが好きなんだな、と呆れはしたものの、インディアナ・ジョーンズみたいなものなら観る価値はあると感じ、観に行くことに。
 感想は……。
 少なくともインディアナ・ジョーンズの現代版だとは思えなかった。
 何より、ベン・ゲイツがインディアナ・ジョーンズほど魅力的なキャラクターに見えなかった。というか、ベン・ゲイツが結局どんな人物なのか、全く分からなかった。
 インディアナ・ジョーンズは大学の考古学の教授という肩書きがあり、それと関連して世界中を飛び回る、という設定になっている。
 ベン・ゲイツは一応考古学者らしいが、学会からは疎んじられている存在で、どこかの大学に属しているという雰囲気でもない。
 ベン・ゲイツは今回あちこちを飛び回るが、その資金をどうやって捻出しているのか、さっぱり分からない。生活感がゼロなのである。
 ゼロなのは主人公の生活感に留まらない。
 全編の説得力がゼロに限りなく近い
 北極圏で見付かった船に残された手掛かりの暗号文を、ベン・ゲイツは僅か数十秒で解読し、次の手掛かりは独立宣言書にあると判明。独立宣言書の裏にあった手掛かりは、フリーメーソンのメンバーだったベンジャミン・フランクリンの手紙にあった。その手紙を使った暗号から、次の手掛かりがある場所が判明。その場所から次の手掛かりを探し出す為の道具が……。
 何か都合が良過ぎる。
 ここまで簡単に探せるなら、なぜ他の連中がこれまで探せなかったのかね、と思ってしまう。
 そもそもフリーメーソンはなぜこんな形で手掛かりを隠したのか。もし独立宣言書が後世に残されることがなかったら? ベンジャミン・フランクリンの手紙が構成に残されることがなかったら? 手掛かりを残した建物が破損していたり、撤去されていたり、取り壊されていたりしたら?
 手掛かりはプツリと切れてしまう。
 何の為に財宝を保護したのか分からない。
 財宝というのも、エジプトなどの古代文明や中世の美術品で、まあ、宝には値するだろうが、量がやけに多いだけで、何となくしょぼく感じた。
 本作のもう一つの問題は、悪役が貧弱なこと。ショーン・ビーン(007のゴールデンアイといい、悪役ばかりである)が演じる悪徳トレジャー・ハンターは、結局小悪党の域を出ておらず、迫力に欠けるのだ。作品では金をふんだんに使える切れ者、となってはいたが……。
 主人公のベン・ゲイツも、暗号をたちまち解いてしまうなど、天才である筈なのだが、顔や言動がどうも天才らしくない。
 ストーリーの構成力は、インディアナ・ジョーンズのストーリー構成をはるかに下回る。本作品はインディアナ・ジョーンズの現代版を目指したものの、その意気込みが空回りしてしまった感じ。インディアナ・ジョーンズの偉大さを改めて感じさせた。
 非常に残念である。
 あと、フリーメーソンを世界的な陰謀を持つ謎の巨大組織、といった取り扱いするのは、いい加減やめたらどうか。


関連商品


アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ コンプリートDVD


救命士(DVD)










Last updated  2005.06.09 15:38:48
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全256件 (256件中 251-256件目)

< 1 ... 21 22 23 24 25 26


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.