000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

本を読み酒を飲む諸々の日々

全4件 (4件中 1-4件目)

1

食べ物の本

2009年11月22日
XML
カテゴリ:食べ物の本








もらった。


たくさんのリンゴ^^

食べきれないほどですね・・




(追伸)


NHKのTV番組。
「プロフェッショナル仕事の流儀」。


時々見ます。


確か。何年か前に出てたリンゴ農家・木村さん。



農薬も肥料も使わない。

奇跡のリンゴ、だそうです^^


すごいリンゴらしいですね・・




奇跡のリンゴ



… [続きを読む >>]





最終更新日  2009年11月22日 10時41分45秒
コメント(28) | コメントを書く


2009年03月12日
カテゴリ:食べ物の本


ずいぶん前にも。

杉浦日向子さんの本について書いたけど。
  ↑
  もう、古すぎて思い出せない(笑)


昔、新潟にいた頃。

大体、欠かさず見ていたNHKの「コメディーお江戸でござる」。

芝居がメインだったが。
最後に日向子さんが江戸の風俗のいろいろを紹介するコーナーがあった。


なつかしや。




杉浦日向子の食・道・楽


最近で … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年03月12日 06時33分31秒
コメント(18) | コメントを書く
2007年09月27日
カテゴリ:食べ物の本
池波さんは、刀屋では鶏とネギを煮合わせた鉢や天麩羅、たっぷりの信州の漬け物で酒を飲み、それから蕎麦を食べたという(『むかしの味』による)。

これがまねできない。悲しいことに、酒を飲めば蕎麦が食えず、蕎麦を食えば酒が飲めない、のである。いろんな意味で器が違っちゃってるんだろうね。

蕎麦屋でかっこいいおやぢでいたいものだが、一生無理そうだ。





最終更新日  2007年09月27日 07時52分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年09月26日
カテゴリ:食べ物の本


もちろん、酒の本ばかり読むわけではないし、色々読むのである。

池波正太郎が大好きなので、鬼平とか梅安とか秋山親子のシリーズものは読破したわけでだが、時代物以外にも結構面白い本があるのもよく知られている。

さしずめ、『食卓の情景』などは筆頭だと思うのだが、要するに食べ物に関する人生感みたいなことを語るのである。他に、『散歩のとき何か食べたくな … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年09月27日 01時13分32秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.