11228164 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

横浜泥酔

PR

Free Space

Recent Posts

Archives

Category

Comments

高沢里奈@ Re:曙町 呑処 ごじゃぺ家(01/31) 浮間舟渡 喜多村英梨
関内宏(セキウチ ヒロシ)@ Re:野毛 ほていちゃん野毛店・東京の激戦区で展開している人気店が上陸!(10/28) いつも楽しみに拝読しております。 最近、…

Headline News

2019年05月24日
XML
カテゴリ:日ノ出町、野毛


半年ほど前の寒い時期。
週末のこの日は、だいぶ足が遠のいていた野毛呑み。

と思いきや、この日も遠征客が凄くてやるき無くなる。関内まで行こうかとも思ったが、
気力がなくなり、ここなら空いているだろうと入った「​ふぐちりトミー​」

知らない人は、ふぐ料理って敷居が高いと思うのでしょうね。
という事で、先客がいながらものんびりとしていた店内へ。



年配のご夫婦が経営していて、別にふぐを頼まなくても全然OK。
名前の由来は富田さんだからだったかな?



焼酎お湯割り300円。
サービスのお通しは、茹でモヤシ!



もずく300円。
市販されているような普通のもずくです。



寒いので鍋を頂く。
頼んだのは湯豆腐800円。

ふぐよりは敷居が低くて、ボリュームたっぷり。
身体も温まるしね!

と思いながらソロ呑みをしていると、ここにいることを知っていた知り合いが参戦。
じゃぁ、初めてのアレを頼んじゃう?



ふぐちり一人前2300円(写真は2人前)
タップリのふぐが乗ったお皿が出てきてびっくり!

鍋の写真は撮り忘れたけど、淡白ながら濃厚と言ったふぐ特有のお鍋。
最後は雑炊かうどんにしたかったけど、まだ1軒目なので我慢。

気軽にふぐが食べれる良いお店です!






Last updated  2019年05月24日 20時17分22秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.