2019年05月20日

地下鉄阪東橋 酒処 美せん・30年以上続く情報が無い酒場に潜入!

(4)
カテゴリ:黄金町、阪東橋


ちょっと前の元気だったころ。
横浜橋商店街を抜けて、酔来軒とは反対方面に100mほど歩いたエリアに前から気になっている居酒屋があったんです。



お店の屋号は「​酒処 美せん​」みるからに老舗と言った外観!
ただ、店内が見せなくて、とても入り辛い雰囲気。ヨボヨボのお婆さんが出てきたらどうしようかと思ったりして!

まぁ、老舗店がぼったりすることはないだろうと思い、思い切って潜入してみました!!



店内は6席ほどのカウンター席に小さな小上がり席があったかと。
店を仕切っていたのは、60歳後半?ぐらいのおばさん。



話を聞いてみると、もうここで30年ぐらい営業しているとのこと。
この日の夜の部は客は居なかったが、昼のランチ時には満席で入れないことも多いと言ってました。



まずは様子見で生ビールを注文。
店内の造りは昭和の定食屋と言った雰囲気で、初めてのお店と言えども落ち着きます。



お通し代は取られたかは記憶が無いですが、この日は2点のお通しが出てきました。
作り置きだったので、ランチで作って余った分とかのような気がします。
でも、おふくろの味と言った感じで味付けが決まってる!



メニューにあった餃子は、冷凍してあったものを焼いてくれました。
庵が多くて美味しい餃子。おそらく手作り品かと!



緑茶ハイを頂いて終了。
いや、居心地が良かったので、また後日伺ってみました。



この日は店頭におでんの幟があるので、名物なのかな?と思い頼んでみました。
おでんセット。まぁ、普通に美味しいおでんだったのは覚えてます。

写真を見ると、お通しはかき揚げだったのかな?



キムチ納豆。
焼き魚などもあるのですが、メニュー構成をみているとランチの延長で居酒屋をやっているというような印象。界隈は南区役所もあり、夜よりも昼の方が賑やかだと思いますので!



ソーセージ炒め。
昔からある普通の居酒屋なので遠征してまで来ることはありませんが、静かな時間を過ごしたいという飲兵衛にはうってつけの酒場かと思います。

2回伺いましたが、お会計は大体2500円ほどでしたね。





TWITTER

Last updated  2019年05月20日 23時25分37秒
コメント(4) | コメントを書く