394948 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

HorizonDream(HAWAII・GUAM・SHONAN ISLANDSTYLE)

PR

全569件 (569件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 57 >

カテゴリ未分類

August 7, 2009
XML
テーマ:不景気!?(28)
カテゴリ:カテゴリ未分類

薄型テレビ、4分の1が40型以上 7月販売台数、民間調査

 売れ筋の薄型テレビの大型化が進んできた。民間調査会社によると、全国で7月に売れたテレビのうち4台に1台が40型以上になった。1年前は5台に1台の割合だった。政府による省エネ家電購入促進策「エコポイント」で、地上デジタル放送対応の薄型テレビは画面が大きいほどポイント付与率が高くなるため、より大型機種が売れる傾向が出ているようだ。

 調査会社BCN(東京・文京)がまとめた7月の全国販売実績によると、販売台数全体に占める40型以上の比率は、前年同月の22%から26%に上昇した。半面、30~40型未満や20~30型未満は数ポイント下げた。







Last updated  August 7, 2009 05:12:27 AM
コメント(0) | コメントを書く


May 27, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

侍ジャパンV3プラン!!原監督続投で常設へ

 侍ジャパン、再び!!「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」で連覇を達成した野球日本代表が常設化される方向で検討されていることが26日、分かった。既に今月11日のプロ野球実行委員会で正式な議題として検討され、複数の球団が賛同している。2013年に開催予定の第3回WBCでの3連覇を目標に、日本代表を常設することで世界の強豪相手に年間数試合の強化試合を行い、地力強化を図る。代表監督には3月の第2回WBCでチームを連覇に導いた巨人・原辰徳監督(50)が続投する見込みだ。

 日本代表チームの常設はWBC連覇で、今やアジアのみならず、世界に誇る野球大国としての威信を保ち続けるためでもある。ある球界関係者は「定期的に日本代表の強化試合を組むことが必要。それが4年後のWBCにもつながる」と力説する。 既に日本代表の常設案は11日の実行委員会で議題に挙げられ、複数の球団が賛同。例年は11月にアジアシリーズが開催されてきたが、昨年から協賛企業が撤退するなどして見直しが検討されており、代替案として同月に日本代表と韓国の親善試合を組むことも同時に検討されている。来年以降はシーズンを一時中断して数試合の強化試合を組むことも視野に入れており、韓国、台湾のアジア勢だけでなく、米国、キューバなど強豪国とのドリームマッチが実現する可能性もある。 これまでは日程上の問題もあって国際大会が開催される直前に招集されていた日本代表。今年3月のWBCでは連覇を達成したが、シーズン中に行われたシドニー、アテネ、北京の五輪3大会では金メダル獲得を逃した。この背景にあったのはシーズン中ということで、選手派遣に消極的な球団や自ら代表入りを辞退する選手がいたこと。このため、決して日本代表の名にふさわしいドリームチームとは言えなかった。 しかし、代表が常設されることによりチームとしての価値は高まり、各選手の代表入りへのモチベーションは高まる。また、メンバー間の意思の疎通もスムーズになり、より強固なチームワークが形成されるという利点もある。今大会2次ラウンド1位決定戦の韓国戦では関東地区で平均視聴率40・1%(ビデオリサーチ調べ)を記録したように、興行面でも“キラーコンテンツ”となることは間違いない。 注目の代表監督には原監督の続投が確実視される。今回のWBCではイチロー、松坂らメジャー選手も含めたタレント軍団をまとめてチームを頂点に導いた。選手のコンディションを見極めた采配に対する評価は高く、常々「日の丸は誇りであり、あこがれ」と語るなど日本代表に対する思い入れも人一倍強い。06年の第1回WBCで日本代表監督を務め、第2回は日本代表監督相談役だった王貞治氏(68=ソフトバンク球団取締役会長)も、続けて代表チームをサポートすることになりそうだ。






Last updated  May 27, 2009 04:36:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 15, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

日銀、景気判断上方修正へ 2年10カ月ぶり

 日銀は5月の金融経済月報で、景気の現状判断を4月までの「大幅に悪化している」から小幅に上方修正する検討に入った。生産の下げ止まりなどで景気の悪化ペースが和らいでいる点を反映させる。判断を前向きに変更するのは、ゼロ金利政策を解除した2006年7月以来、2年10カ月ぶりとなる。

 悪化という判断は維持しながら「大幅な」という表現を削除するか、「悪化」から「停滞」といった表現に変える案を軸に調整する。21、22日の金融政策決定会合で議論し、会合後に概要を公表。25日に発表する5月の金融経済月報に盛り込む。 







Last updated  May 15, 2009 08:29:26 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 14, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

パイオニア、830億円の最終赤字見通し 10年3月期

 パイオニアは13日、2010年3月期の連結最終損益が830億円の赤字になるとの見通しを発表した。カーナビゲーションやカーオーディオなどの車載用機器の販売低迷が続く。ホンダや三菱電機などとの提携をテコに収益基盤の強化を急ぐが、販売減や円高の影響を補えない。黒字転換は11年3月期以降になりそうだ。

 今期の売上高は前期比25%減の4200億円を見込む。新車需要の急激な好転は見込めず、カーエレクトロニクス事業は14%減と低迷。プラズマテレビ撤退の影響でホームエレクトロニクス事業は43%減。

 営業損益は330億円の赤字になる見通し。構造改革の柱である他社との協業を車載用機器や光ディスク分野で進め、製品の開発負担を軽減。従業員削減や拠点集約などリストラも進め構造改革効果を500億円見込むが、05年3月期から六期連続の最終赤字となる。







Last updated  May 14, 2009 12:02:30 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 13, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

TCA、4月の携帯契約数を発表—ソフトバンクは24か月連続純増トップをキープ

電気通信事業者協会(TCA)は、2009年5月12日、4月末現在の「携帯電話/IP 接続サービス/PHS/無線呼び出し契約数」を発表した。同発表によると、4月末の携帯電話契約数の合計は 1億784万1,600件、前月から0.3%増加。各携帯電話事業者の4月度の累計契約数は、NTT ドコモが 5,469万件、KDDI および沖縄セルラー(au)が 3,090万300件、ソフトバンクが 2,073万8,300件、イー・モバイルが 151万3,000件。累計契約者数は 引き続き NTT ドコモがトップ。純増契約者数は、NTT ドコモが 8万9,300件、KDDI および沖縄セルラー(au)が 5万7,500件、ソフトバンクが 10万5,400件、イー・モバイルが 10万2,800件。純増数トップはソフトバンクとなっている。ソフトバンクは、4月度も純増数でトップとなったことで、2007年5月から24か月連続で純増数トップをキープしていることになる。また、今回累計150万契約を突破したイー・モバイルが純増数で2位となっている。PHS 事業者(ウィルコムおよびウィルコム沖縄)の4月度の累計契約数は、455万2,800件。3月度の累計契約数が456万3,400件だったので純増数は−1万600件で、前月比−0.2%増となる。

なお、2月26日に WiMAX の試験サービスを開始した UQ コミュニケーションズについては、9月末分から、四半期ごとに契約数を公表する予定となっている。







Last updated  May 13, 2009 12:03:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 11, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

<ハゲタカ>世界不況でラスト変更 玉山鉄二が「赤いハゲタカ」に NHKドラマを映画化

 

<ハゲタカ>世界不況でラスト変更 玉山鉄二が「赤いハゲタカ」に NHKドラマを映画化
拡大写真
テレビドラマに引き続き映画「ハゲタカ」でも主演の大森南朋さん
 壮絶な企業買収劇を描いたNHKドラマ「ハゲタカ」が映画化され、完成披露記者会見が11日開かれた。主演の大森南朋さん(37)や玉山鉄二さん(29)、栗山千明さん(24)ら出演者が登場。大森さんは「派遣切りのニュースが出て、また台本変わるんだろうなと思っていたらやっぱり変更されて、いつ終わるのか不安でした」とリアルなドラマらしいエピソードを紹介した。 【写真特集】玉山鉄二さんら出演者が登場した会見の様子  「ハゲタカ」は、外資系ファンドから命を受けた天才ファンドマネジャーの鷲津政彦(大森さん)が買収を仕掛けて企業を再生させていくドラマで、07年2月に放送される国際番組コンクール「イタリア賞」(イタリア放送協会主催)などを受賞している。映画は、ドラマから4年後、膨大な資金を持つ「中国系ファンド」の指令を受けた劉一華(玉山さん)率いる「赤いハゲタカ」が、日本の大手自動車メーカーに買収を仕掛け、鷲津と対決する。08年9月の「リーマンショック」で世界同時不況が発生し、脚本を大幅に書き換え、ラストシーンも変更されたという。 玉山さんは「カメラが回っていなくても緊張で糸が張りつめたような感じで、クランクアップ後2週間は抜け殻のようで普通の生活に戻れなかった」と明かした。テレビキャスター役の栗山さんは「皆さんの長ぜりふを聞いている方が多かったし、記者のままでいいです」といい、大手自動車メーカーの社長を演じた遠藤憲一さん(47)は「専門用語が分からなくて十数回もNGを出してしまって、役者をやっていけるのか不安になりました」と緊迫した撮影の雰囲気を語った。 ほかに、柴田恭兵さん(57)や中尾彬さん(66)らが出演。6月6日から全国東宝系でロードショー公開される。






Last updated  May 11, 2009 09:49:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

今年の、横浜の一大イベント、Y150

のラッピング電車が京浜急行に走っていました。

横浜が日本で最初の外国への港として開港して、

今年で150年。

イベントが多く開かれ、今年最大のお祭りです。

 







Last updated  May 11, 2009 05:24:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

上場地銀、過半が最終赤字 09年3月期合計

 地方銀行の業績悪化が鮮明になってきた。上場地銀・第二地銀87行・グループの2009年3月期決算は、少なくとも48行・グループが最終赤字を計上する。世界的な金融市場の混乱で有価証券の価値が急落、不良債権処理損失の増加も響いた。赤字計上が全体の過半に達するのは初めて。傷んだ財務基盤の立て直しに向け、公的資金の活用や地銀再編の動きが活発化しそうだ。

 上場地域銀行合計の最終損益は約4000億円超の赤字に転落する見通し。前の期は約6500億円の黒字だった。赤字となるのは03年3月期以来6年ぶり。業績の大幅な下方修正がさらに出れば、全体の赤字額は一段と膨らむ。2000年前後に日本を覆った金融危機と比較しても、全体の過半数が赤字となる今の地銀の経営環境は、苦境ぶりが際立っている。 







Last updated  May 11, 2009 08:56:00 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 9, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

するニュースメディアの生態系  新興サイト育てるライブドア

■「事件」が路線を変えた「結果的に見れば、ライブドア事件は(ニュース部門にとって)幸運だったのかもしれません」ライブドアメディア事業部インフォメーションメディアグループでニュース編集を担当する藤沼正明マネージャーはこう切り出した。ライブドアニュースは新聞社や通信社に限らず、ほかの新興ニュースサイトやブロガーの記事を積極的に取り上げているが、そのきっかけは東京地検特捜部の強制捜査に始まる一連の事件だったという。

 「堀江貴文氏が社長だったころは『ヤフーに追いつけ、追い越せ』で、ヤフーにあるものは何でもそろえるという考え。ところが事件で共同通信、産経新聞といった既存メディアが記事の配信から手を引いてしまったのです」2005年にフジサンケイグループの中核会社だったニッポン放送の買収に乗り出し既存メディア側に大きな衝撃を与えたライブドアだったが、その編集方針は事件を機に大きく修正を迫られた。      

■150を超える配信元 共同通信はその後、ヤフーへの配信も停止するが、毎日新聞や産経新聞はネット戦略を強化するのに伴い、ヤフーとの関係を強めている。ライブドアが目標としていたヤフーには新聞社、テレビ局といった既存メディアが記事や動画を提供しており、トップページに掲載されるニュース記事の多くはそれらが占める。一方のライブドアでは「ナリナリドットコム」「トレビアンニュース」「独女通信」「27歳、OL6人物語」といったニュースサイト(コンテンツプロバイダー)、さらにはブログネットワークのアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)に加盟するブロガーの記事もニュースサイトに掲載している。配信元は150を超えるが、いわゆる既存メディアのストレートニュースは毎日新聞と時事通信のみだ。ライブドアはこれら新興ニュースサイトの記事を取り上げることで、ポータルサイトの中で一定のカラーを打ち出すことに成功しているといえるだろう。また、J-CASTニュースなど、ライブドアで知名度を高めヤフーにも記事を配信するようになったニュースサイトもあり、新興サイトを育てる「場」にもなっている。「新たなニュースサイトの記事を扱うのはリスクがありますが、ヤフーにはできないと思い積極的に採用しました。そして気付いたらヤフーのカウンターメディアになっていました」と話す。人々が情報発信できるようになったこと、不祥事などでマスメディアの信頼感が揺らいでいることも、既存メディア以外のニュースソースが支持される要因となっているという。

■価値はユーザーが決める ネット上の情報は玉石混交と言われ、ブログやニュースサイトの記事には「これのどこがニュースなのか」との批判が常に付きまとう。ライブドアニュースは、選択肢をユーザーに与え、コンテンツを提供するというスタンスを貫く。

 「情報の価値を決めるのはユーザーです。いわゆる右や左といった区分もなく、ニュースを幅広く提供するのがライブドアの役割です。ある事象に批判も擁護も両方あっていいけれど、口を封じるのは良くない。タブーとして取り扱わないことに、後ろめたさを感じるようにしたいのです」 オフィスも六本木ヒルズから赤坂に移り、堀江氏の印象は薄れたライブドアだが「既存メディアの記事にはバイアスがかかる。ニュースの価値判断は読者がするべき」といった考えは堀江氏がメディアのインタビューなどで発言していた内容に近く、その思想が静かに息づいているようにも感じられた。ただ、どのような内容でも掲載してユーザーに判断をゆだねているというわけではなく「記事の『社会性』は重視している」(藤沼氏)という。社会性の定義は「読者、ユーザーにとって、ためになっているということ。内輪ネタの日記のようなものはニュースではありません。やはり、不特定多数の人にとって価値を見出せるものを書いてもらいたい」と藤沼氏。従来のマスメディアとは異なり、柔軟で幅広い。

■「ニュースとブログは融合する」

 藤沼氏はサッカー専門紙記者から、フリーライターを経て、ネットニュースを担当している。あるとき、ネットの情報発信を見て愕然としたという。「1億総ライター化時代が来たと思いました。面白いことを書ける人がたくさんいたのに、なぜ自分がプロとして収入を得られたのか。要するにマスメディアしか表現するところがなかったからだと気付きました。ブログの登場で遅かれ早かれマスメディアを中心としたニュースの構造が崩れると考えたら、書く人を応援する立場に回ったほうがいいと思ったのです」既存メディアなどから記事を集める手法でビジネスとして成立するサイトは、圧倒的なトラフィックを誇るヤフーぐらいではないかとライブドアは判断し、ニュースとブログの連携を強化していくという。ブログを活用した新たな広告を開発するメディア事業部企画グループの谷口正人シニアマネージャーは「ライブドアには幸い日本でも有数のブログがある。ニュースとブログを足して黒字にすればいいし、これらは最終的に融合するのではないでしょうか」と近未来を見通す。

 ライブドアニュースは「ニュースブロガー」と名づけたブロガーの記事をニュースとして掲載しているが、さらに敷居を下げてすそ野を広げていく方針だ。現在、ニュースブロガーは10人だが、問い合わせは30件ほどあり、時間をかけて探していくという。ライブドアニュースの利用者は、ネットリテラシーも情報感度も高いと谷口氏は分析する。「下手なニュースのコメンテーターより面白いことを書いてくれる人もいるのに、なかなか既存メディアでは取り上げられない。そういう人が注目されて、最終的にはお金も稼げる。ライブドアのブログに書いてスターになれるようにしたいですね」

 

 







Last updated  May 9, 2009 08:19:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

オリックス、前期純利益87%減

 オリックスが8日発表した2009年3月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前の期比87%減の219億円だった。持ち分法適用会社の大京と富士火災海上保険の業績悪化、株価下落に伴う損失、有価証券評価損など投資銀行事業の低迷が響いた。大幅な減益決算を受け、年間配当は70円と前の期から190円減らす。

 梁瀬行雄社長は同日の記者会見で、09年3月期末の外国人持ち株比率が34%と1年間でほぼ半減したことを明らかにした。有利子負債や資産の圧縮、新株予約権付社債(転換社債=CB)の発行などを通じ「資金繰りは安定している」と語った。

 営業収益は7%減の1兆758億円。海外事業では営業貸付や有価証券投資の抑制、不動産事業では市況悪化が重しとなった。営業利益は71%減の547億円。中堅・中小企業に融資する法人金融サービス事業で、不動産向けを中心に貸倒引当金を積み増したことも採算悪化につながった。







Last updated  May 9, 2009 12:02:11 AM
コメント(0) | コメントを書く

全569件 (569件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 57 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.