395161 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

HorizonDream(HAWAII・GUAM・SHONAN ISLANDSTYLE)

PR

全569件 (569件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 57 >

カテゴリ未分類

April 4, 2009
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

舘ひろし、交通安全PR

 俳優の舘ひろし(59)が4日、警視庁東京湾岸署の1日署長を務め、東京・台場をパレードした。 警察の制服に身を包み、60年代のキャデラックのオープンカーに乗った舘は、沿道からの声援に手を振って応えながらパレードした後、「西部警察」シリーズのテーマ曲に出迎えられて交通安全PRイベントに登場。何度も袖を通したことのある制服にも「恥ずかしかった」と照れながら「(『あぶない刑事』シリーズの)横浜港署から東京湾岸署に配属されて参りまして、署長を拝命いたしました。今日だけで言えば(『踊る大捜査線』シリーズの)織田裕二くんも私の部下ということになります」とユニークたっぷりにあいさつ。「昔はやったけど、オートバイの車のすり抜けは危ないのでやめた方がいい」と交通安全を訴えた。






Last updated  April 4, 2009 06:45:05 PM
コメント(0) | コメントを書く


April 3, 2009

ETC

カテゴリ:カテゴリ未分類

ETC 購入助成枠を140万台に拡大 高速道路財団

ETC 購入助成枠を140万台に拡大 高速道路財団

ETC機器購入・取り付けの申し込みに訪れた人たち=東京都江東区の「スーパーオートバックス東京ベイ東雲店」で2009年3月14日午前10時34分

 高速道路料金値下げに伴う自動料金収受システム(ETC)機器の購入助成を行っている財団法人「高速道路交流推進財団」が、助成枠を現在の100万台から140万台に拡大することが2日固まった。利用者の間で枠拡大の要望が強いため、国土交通省が財団に要請していた。3日にも正式に決める見込み。【知りたい】高速料金「地方は1000円」意外に複雑、ルート格差も  助成は新規購入が対象で、四輪車は1台5250円、二輪車は1万5750円。3月12日に始まり、100万台(四輪車95万台、二輪車5万台)を限度としていた。しかし、1日現在で既に82万2000台が助成を受けているうえ、今も1日当たり2万台前後のペースで伸び続けていることから、枠が足りなくなる可能性が強まっていた。 同財団は道路公団の民営化時に300億円を超える資産を引き継いだことから、ここから助成の原資を捻出(ねんしゅつ)している。






Last updated  April 3, 2009 07:33:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
April 2, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

新車が売れないので…自動車各社、「認定中古車」事業を強化 

 新車販売が大きく落ち込む中で、自動車各社が「認定中古車」の販売強化に乗り出している。自動車販売店などが一定の基準に即した点検整備を実施する認定中古車は、通常の中古車よりも割高だが、整備の行き届いた保証が得られるとして人気が高まっている。このため、自動車各社では認定中古車をエントリーモデル(入門車)と位置づけて販売体制を強化し、将来の新車販売にもつなげる構えだ。 自動車販売店では、走行距離や登録年数などに応じてユーザーから中古車を下取りし、一定の整備を施したうえで販売している。ただ、こうした下取り車の大半は業者向けのオークションに出品されるため、買いたたかれる場合も多いという。認定中古車として自社で販売すれば値崩れを防ぐことができ、販売店にとっても収益基盤を確保できる。 日産自動車では、4月から認定中古車を取り扱う系列販売店を「U−CARS クオリティショップ」として統一し、ブランド化を進める。平成23年までに全国650店を同ショップに変更し、年間15万台の販売を目指す計画だ。 また、トヨタ自動車は高級車「レクサス」の認定中古車の品ぞろえを強化する方針。レクサスをめぐっては今年に入ってハイブリッド専用車(HV)やSUV(スポーツ用多目的車)など新モデルの投入が相次ぐことから、「買い替え需要が見込まれる」(トヨタ)からだ。 インターネット上で取引可能なレクサス認定中古車を現状の約500台から、2年後までに1000台規模に増やす。今年1~2月の国内のレクサス販売台数は前年比6割減と不振が続いているが、認定中古車の品ぞろえを増やすことで巻き返しを目指す。 輸入車各社はサービスの拡充で認定中古車の販売増を図る考えだ。アウディジャパンでは、3月から認定中古車に付与されている1年間の保証期間を、さらに1年延長するサービスを開始。ポルシェジャパンは、1年間の保証期間終了後も初年度登録から最大9年まで保証が延長できるサービスを展開している。3月に千葉県柏市に認定中古車ギャラリーを開業し、顧客基盤の拡大に取り組む。






Last updated  April 2, 2009 11:18:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

豪州が首位奪回=韓国は南北対決制す−W杯サッカー予選

 サッカーの2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会のアジア最終予選は1日、各地で行われ、シドニーでのA組では地元オーストラリアがウズベキスタンに2−0で快勝した。豪州は勝ち点を13に伸ばし、この日試合のなかった日本(同11)をかわして再び首位に立った。 A組ではマナマでバーレーン−カタールも行われ、この試合が引き分けに終われば、豪州の2位以内が確定し、全大陸予選のトップで本大会出場が決まる。 豪州は後半21分に途中出場のケネディが頭で決めて先制。同28分にはキューウェルがPKで加点し、突き放した。ウズベキスタンは勝ち点4。 ソウルではB組の首位攻防戦、韓国−北朝鮮が行われ、韓国が1−0で競り勝ち、勝ち点を11に伸ばして首位に立った。1試合消化の多い北朝鮮は勝ち点10。 前半押し込みながら、好機を生かせなかった韓国は、終盤に金致佑のFKがそのままゴールに吸い込まれ、決勝点を奪った。 






Last updated  April 2, 2009 12:03:51 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 31, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

20万アクセスありがとうございました。

ひとえに皆様のお陰です。

たいしたブログではないのに20万という

数字有り難うございました。 







Last updated  March 31, 2009 12:05:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 29, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

日本、4大会連続W杯にあと1勝!同組カタールが敗れる

日本、4大会連続W杯にあと1勝!同組カタールが敗れる

バーレーンに勝利し、タッチを交わす日本代表・中村俊輔ら=埼玉スタジアム

 サッカーのW杯アジア最終予選は28日、日本と同じA組のカタールがウズベキスタンに0−4で敗れた。このため、日本は次戦6月6日のウズベキスタン戦に勝てば、W杯4大会連続が決まる。【写真で見る】俊輔が決勝弾!日本、難敵バーレーン下す  日本は同じく28日、バーレーンに1−0と勝利。勝ち点を11に伸ばし、A組の首位に浮上。2位は勝ち点10でこの日試合がなかったオーストラリア、3位は勝ち点4でウズベキスタン、4位はバーレーン、5位カタール。 5チームで争うA組は上位2チームが本大会の出場権を獲得。日本が次戦6月6日のウズベキスタン戦に勝てば、2位以上が確定し、W杯4大会連続が決まる。






Last updated  March 29, 2009 12:05:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 27, 2009

WBC

カテゴリ:カテゴリ未分類

星野“復活”ほぼ消滅…「名将」原の世代が到来

星野“復活”ほぼ消滅…「名将」原の世代が到来

成田空港に凱旋した原監督。もはや、球界の主流は“原世代”(写真:夕刊フジ)

 イチローに始まり、イチローが“おいしいとこ取り”して幕を閉じたWBC。だが、指揮官はあくまで原辰徳監督(50)だったのをお忘れなく。V2達成により若大将が「名将」へと成長したことで、球界の世代交代も一気に加速する。北京五輪で惨敗したにもかかわらず、今回のWBC監督候補の一番手にもあがった星野仙一氏(62)の権威は完全に失墜。次期巨人監督就任の可能性も消滅した?!  [フォト特集]結局銅メダルすら獲得できずに帰国した星野ジャパン  今回のWBC連覇という結果で、球界関係者は、こう断じる。 「原さんが何はともあれ、世界一監督になったことで、今後星野さん(北京五輪監督)が球界を牛耳る立場となる可能性はほぼ消滅した。仮に侍ジャパンが決勝トーナメント進出を逃す事態にでもなっていれば、『誰が監督をやっても国際試合は難しい』となって、星野さんが復活、次期巨人監督の可能性まで甦っていたかもしれないが、それもほぼ消えた」 星野氏といえば、昨夏の北京五輪に日本代表を率いて臨み、「金メダルしかいらない」と豪語しておきながら、屈辱の4位。メダルも獲れないという惨敗に加え、言い訳のオンパレードで大バッシングを浴びた。それでも、球界の人材難や持ち前の政治力で、一時は今回のWBC日本監督就任が既定路線とされるなど、球界において絶大なパワーを誇っていた。 巨人の渡辺恒雄球団会長(82)も、星野氏を高評価。今回のWBCでも、星野氏の監督就任を望み、WBCで再び名誉を回復し、巨人の次期監督へ−という青写真を描いていたと伝えられる。しかし、原監督が世界一に就き「名将」の称号を手にしたことで、星野氏の球界での権威は失墜し、巨人次期監督の目もなくなったと前出の関係者は断言するのだ。 元巨人ヘッドコーチ、須藤豊氏(夕刊フジ評論家)も「原監督で世界一となったことによって、球界の世代交代は確実に加速する。そこに最大の意義がある。ON時代から、星野時代を通過し、これからは原監督前後の世代が主導権を握る時代になるはず」と指摘する。 長い間「ONにおんぶにだっこ」と言われていた球界を牛耳ろうとした星野氏を一気に飛び越え、主流は“原世代”。1958(昭和33)年7月生まれの原監督前後の世代となると、同い年に大石大二郎オリックス監督、1歳下に元巨人投手の川口和久氏、1歳上に岡田彰布前阪神監督、3歳上の55年生まれとなると江川卓氏、達川光男元広島監督、大野豊北京五輪投手コーチら多士済々。【厳しい上下関係から脱却】 須藤氏は「ミスターと王の間の年齢にあたる私もそうだが、われわれは演歌世代。原はフォーク世代でしょう。感覚の違いは大きい。その原は現在の日本代表クラスの世代と比較的年齢が近い。原の場合、実際の年齢差より近い感覚で選手に接している」ともいう。 確かにそうだ。北京五輪では、47年生まれのカミナリ親父タイプの星野監督のもと、典型的な体育会系の厳しい上下関係の下で鍛えられてきた宮本(38)、川上(33)までの“旧世代”と、川崎(27)、西岡(24)、ダルビッシュ(22)、涌井(22)らの“新世代”とは、明らかに感覚の断絶があった。例えば西岡やダルビッシュは、年上の川崎に対し、野球センスに一目置きつつ、愛称の「ムネリン」呼ばわりしてはばからない。“旧世代”の選手には受け入れがたい感覚だろう。 対照的に、原監督については、イチローが「僕らとは世代が違うんですけど、それを感じさせないことによって一緒にやっていけるイメージがすごく沸きました」と評している。そのイチローがシャンパンファイトの最中に「この、先輩をリスペクト(尊敬)していない感じが世界一につながったんですよ」と絶叫していた。この言葉が、世代交代したチームの特徴をよく表している。 50歳に見えない若々しい風貌もさることながら、頭ごなしでなく、若い世代に近い目線でコミュニケーションを取る原監督は、今どきの若者を束ねるにはもってこいの人材だったというワケか。 結果的に星野氏を蹴落とし、「名将」の仲間入りを果たした原監督の評価がどこまで高まるのか。今度は巨人を率いて戦う4月3日からのペナントレースで、お手並み拝見というところか。






Last updated  March 27, 2009 12:07:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 26, 2009

WBC

カテゴリ:カテゴリ未分類

侍ジャパン、凱旋=大歓声の中、晴れやかに帰国【WBC】

 野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で連覇を果たした日本代表が25日夜、米ロサンゼルスからのチャーター機で成田空港に帰国した。原辰徳監督以下、決勝で先発した岩隈久志投手(楽天)や最後を締めたダルビッシュ有投手(日本ハム)、大会を通じ3番打者として活躍した青木宣親外野手(ヤクルト)らが晴れやかな姿を見せた。 帰国したのはイチロー外野手(マリナーズ)や松坂大輔投手(レッドソックス)ら大リーガー5人を除く国内球団所属選手とコーチ、スタッフら。空港到着ロビーでは、集まった約1200人のファンが快挙を達成した「侍ジャパン」の雄姿に大歓声を上げた。 千葉県成田市内のホテルで行われた記者会見には、2次ラウンド終盤で負傷し、代表を離脱して帰国していた村田修一内野手(横浜)も出席。原監督は「世界一になって日本に戻ってくることができた。わたしの考える日本力は気力と粘りの2点。決勝の韓国戦では、まさに日本力を見せ付けて勝てた」と胸を張った。 






Last updated  March 26, 2009 12:03:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 24, 2009

WBC

カテゴリ:カテゴリ未分類

<WBC>日本、世界一連覇! 宿敵韓国を延長十回5−3で破る

<WBC>日本、世界一連覇! 宿敵韓国を延長十回5−3で破る

延長十回表日本2死二、三塁、イチローが勝ち越しの中前適時打を放つ=米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで2009年3月23日、木葉健二撮影

 第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦日本−韓国は23日、米ドジャースタジアムで行われ、日本は延長十回にイチローの一打が出て、5−3で破り、世界一の栄冠をつかんだ。原監督率いる侍ジャパンは、王貞治監督が率いた06年の第1回大会に続く連覇となった。【侍ジャパンを写真と詳報で振り返る】WBC決勝 日本が韓国破り優勝  韓国とは今大会4戦して2勝2敗の5分の成績で迎えた。同点で迎えた延長十回、日本は2死二、三塁からイチロー(マリナーズ)がセンターへタイムリーヒットを放ち、2点を勝ち越し。そのまま逃げ切った。 試合は日本が初回、三回1死一、三塁で小笠原(巨人)がライトへタイムリーを放ち1点先制。その後、同点に追いつかれたが、七回無死一、三塁から中島がレフトへタイムリーを放ち、勝ち越した。さらに八回には、1死二、三塁で岩村(レイズ)がレフトへ犠牲フライを放ち、貴重な追加点を上げた。 韓国は五回、唯一の米大リーガーである秋信守がセンターオーバーの本塁打を放ち、八回には1死三塁から李大浩のセンターへの犠牲フライで1点差に詰め寄り、先発・岩隈(楽天)は降板。さらに、九回から登板したダルビッシュ(日本ハム)を攻め、1死後、金賢洙、金泰均が連続四球。2死一、二塁として李机浩がレフト前へ同点タイムリーを放ったが、延長戦で力尽きた。






Last updated  March 24, 2009 03:49:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 22, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

第3のビールで首位が2社 アサヒvsキリン“場外戦”

第3のビールで首位が2社 アサヒvsキリン“場外戦”

「クリアアサヒ」CMキャラクターのビーチバレーの浅尾美和選手(写真:産経新聞)

 消費者の節約志向を背景に低価格で人気の「第3のビール」の広告をめぐり、アサヒビールvsキリンビールの“場外戦”が勃発(ぼっぱつ)した。第3には税法上の分類で麦芽を使わない「その他醸造酒」と麦芽を使う「リキュール」の2つがあるが、アサヒが年明けから麦芽系で「首位」の広告を展開。これに第3全体で首位のキリンが猛反発し2月から分類別の内訳の公表を取りやめ、アサヒが首位を名乗れないようにする対抗措置に打って出たのだ。頭打ちのビール市場の中で、成長が続く第3は主戦場だけに、場外戦もヒートアップしている。  〔フォト〕浅尾美和が登場した「クリアアサヒ」のCM発表会  ■首位が2社出現 「麦の新ジャンル首位」(アサヒ)と「新ジャンル4年連続首位」(キリン)。 第3ビールの広告は、平成20年の出荷実績をめぐり、首位を名乗る会社が2社出現する異常事態になっている。 第3は製法や原材料によって税率が異なる酒税法を逆手にとって低価格を実現。2月の出荷量(課税ベース)は、ビール類全体が前年同月比9・2%減と落ち込む中、47・3%増と絶好調で、市場全体に占めるシェアが初めて30%を突破した。 昨年の第3のメーカー別シェアは、首位のキリンが41・7%で、アサヒは20・9%とサントリーに次ぐ3位。にもかかわらずアサヒが、首位を名乗れるのは第3の中にも2つの分類があるためだ。 一つは、本来のビールの原料である麦芽を一切使わず、大豆やエンドウ豆を原料とする「その他醸造酒」。もう一つが、麦芽を使った発泡酒とスピリッツなどの蒸留酒をブレンドした「リキュール」だ。 キリンは、その他醸造酒の「のどごし〈生〉」が昨年実績で4086万ケース(1ケース=大瓶20本換算)と圧倒的なトップを誇る。一方、アサヒは「クリアアサヒ」がブランド別で2位となる1412万ケースの大ヒットを記録し、リキュール限定では首位に立った。 ■データ公表拒否 「アサヒが成長市場の第3のビールで首位というイメージが定着するのが怖い」 危機感を強めたキリンは、毎月の出荷量を発表している業界団体に対し、第3の分類別内訳を開示しないという対抗措置に出た。サントリー、サッポロビールもこれに同調。この結果、アサヒはリキュール分類での自社のシェアを割り出せなくなった。 業界では、「ビール」はアサヒ、「発泡酒」と「第3」はキリンが首位という宣伝文句が定着している。細分化された分類で首位を名乗ることに問題はないが、「同じ価格帯で販売され、消費者に『第3』として定着している商品で、首位が2社あると混乱する」(関係者)との声もある。 これに対し、アサヒは「何をやられようが、うちはうち」(関係者)と意に介さない。 自信の裏付けとなっているのが、トレンドの変化だ。当初は主流だったその他醸造酒の第3は、麦芽特有の苦みがなく、すっきりした味わいで、若者や女性を取り込んできた。これに対し、リキュールは、麦芽を使うため、本来のビールに近い味わいが実現でき、ビール党の支持も集め、シェアを急拡大している。 アサヒは先月3日に、その他醸造酒から撤退しリキュールに特化する方針を表明。泉谷直木常務は「(リキュール優位の)流れは変わらない」と言い切る。 ■シェア争いの歴史 統計データをめぐるいざこざは業界の“お家芸”でもある。 アサヒは13年に「スーパードライ」の大躍進で、キリンを抜き、メーカー別シェアで初の業界首位に立ったが、この過程で、抜きつ抜かれつのデッドヒートが過熱。劣勢にたたされたキリンは、同年1月から、それまで毎月、公表していた出荷数量を半年ごとに変更。月別のシェアが、わからないようにした。 その後、四半期ごとの公表に見直したが、現在、大手4社で毎月、データを公表しているのは、アサヒだけだ。 シェア競争の激化は、値下げ合戦などを通じてメリットを受ける消費者には大歓迎。だが、メーカーにとっては、収益を圧迫する体力消耗戦につながる。 実際、かつての“ドライ戦争”では、「出荷を水増しするためのリベートの上乗せや押し込み販売が横行し、業界の健全性が損なわれた」(大手幹部)と、自省する声が多い。 ただ、9年連続で業界首位を死守したいアサヒと、9年ぶりの奪回が悲願のキリンにとって、成長市場の第3で譲るわけにはいかない。場外戦の過熱が、再び不毛なシェア競争につながる懸念はぬぐえない。






Last updated  March 22, 2009 06:45:49 PM
コメント(0) | コメントを書く

全569件 (569件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 57 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.