000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

HorizonDream(HAWAII・GUAM・SHONAN ISLANDSTYLE)

PR

全569件 (569件中 91-100件目)

< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 57 >

カテゴリ未分類

February 23, 2009
XML

WBC

カテゴリ:カテゴリ未分類

イチロー マイナスは「僕が打ててないこと」

イチロー マイナスは「僕が打ててないこと」

<日本代表候補・巨人>打球をスライディングキャッチするイチロー

 【日本代表候補13−1巨人】WBC連覇を目指す28人。イチローは7日間の宮崎合宿を打ち上げ、全員が同じ方向を向いていることを実感した。 「それぞれがやろうとしていることは間違いないわけですから。(チームの)方向性として難しいということはない」 巨人との練習試合では先発した野手でただ1人、2試合連続無安打に終わった。それでも守備では初回2死満塁で右翼前方の打球に素早く反応してスライディングキャッチし、ファンを魅了した。「(マイナス要素は)僕が打てていないことくらい」。自ちょう気味に笑ったのも、チームメートの順調な仕上がりに満足しているからだ。 16日からの宮崎合宿中は24万1000人のファンが足を運んだ。背面キャッチや、レーザービームの披露など、集まった観客を意識しながらチームの先頭に立った。「これだけのお客さんの中でできたのは一番の練習。いくら真剣にやったところで、それはつくることはできないので、これが一番大きかった」と収穫を口にした。 一方、投のリーダー・松坂も本番モードへギアが一段階上がった。「毅(和田)と岸君は残念ですが、残った(投手)13人で頑張りたい。これからもっともっと結束を強めていく」。自身は25日のオーストラリア戦(京セラドーム)に先発した後、3月1日の巨人戦(東京ドーム)を経て、中5日で7日の東京ラウンド第2戦に向かう。「実戦の少ない中で自分の答えを出していきたい」と最後の仕上げに入る。 合宿終了後、イチローと松坂は代表メンバー数人らと宮崎空港から約200人のファンに見送られ、同じ便で大阪へ向かった。サバイバルは終わった。投打を束ねる2人の柱がチームを盛り上げていく。






Last updated  February 23, 2009 08:19:24 AM
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:カテゴリ未分類

米財政赤字、13年までに「半減」 オバマ大統領、週内表明へ

 オバマ米大統領は、ブッシュ政権から引き継いだ1兆ドル(約93兆円)超の財政赤字を、2013年までに半減させる目標を週内に打ち出す見通しだ。税収減と景気対策などの歳出増で財政赤字は向こう1、2年急拡大するものの、軍事費削減、富裕層増税などを実施し財政健全化につなげる。ただ、景気悪化の長期化懸念など障害も多くどこまで実現するかは微妙だ。

 米主要メディアが21日、一斉に報じた。オバマ大統領は23日に財政健全化に関する超党派会合を開催。26日に、10会計年度(09年10月―10年9月)の予算を示す。長期プランを示し内外投資家の米財政悪化への懸念を払拭(ふっしょく)する狙いもあるとみられる。

 09会計年度の財政赤字は、1月時点で約1兆2000億ドル、国内総生産(GDP)比で8―9%の見通し。赤字額は景気対策法成立などでさらに拡大する。今回のプランは、オバマ大統領の1期目の任期切れとなる13年までに財政赤字を5300億ドル程度、GDP比で3%程度に圧縮することをめざしているもようだ。







Last updated  February 23, 2009 12:02:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 22, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

大手の回線借り抑制 総務省、携帯新規参入促す

 ベンチャー企業などが大手携帯電話事業者の回線を借りて無線通信市場へ参入できる「MVNO(仮想移動体通信事業者)」制度について、総務省が参入資格などの見直しを検討することが21日、明らかになった。この制度をめぐっては、大手事業者同士で回線を貸し借りする動きが相次ぎ、新規参入を促す当初の目的が空洞化しつつある。同省は、大手同士の提携が市場の寡占化を強める恐れがあるとして、大手による回線借りに一定の制限を設ける方針だ。 見直しは24日から情報通信審議会(総務相の諮問機関)で議論を開始。今夏をめどに報告書をまとめる。 この制度ではこれまでに通信ベンチャーの日本通信をはじめ、米娯楽大手ウォルト・ディズニー、インターネット接続事業者のニフティなどが、携帯電話サービスや無線データ通信に参入している。大手事業者から回線を借りる際には料金がかかるが、無線基地局網などのインフラ構築に巨額の投資をせず、早期に事業を開始できるメリットがあるため、制度利用は今後も活発化すると予想されている。 ただ、2月にはソフトバンクモバイルが、イー・モバイルの回線を借りて3月上旬から定額制データ通信サービスを開始すると発表。ソフトバンクは「利用者の利便性を重視した」と説明するが、新規参入促進を目的とした制度の趣旨に合わないとの批判が出ていた。またPHSのウィルコムも、NTTドコモの回線を利用する計画が明らかになっている。 現行は、回線を借りる企業が貸し手の大手事業者と異なるサービスを提供する場合は利用が可能と規定しており、解釈次第でさまざまな利用形態が可能。 携帯電話会社は公共の電波を一部占有して事業を営んでいることから、総務省は「電波の公平利用の観点からもMVNOによる市場開放は重要」としている。                   ◇【用語解説】MVNO制度 企業が自前で無線基地局を開設せず、既存の携帯電話事業者から設備を借りて携帯業界に参入できる制度。業界の競争促進を目的に平成14年6月にスタートした。MVNOはMobile Virtual Network Operatorの略。






Last updated  February 22, 2009 05:18:09 PM
コメント(0) | コメントを書く

WBC

カテゴリ:カテゴリ未分類

松中、細川ら落選確実…コンディション重視

松中、細川ら落選確実…コンディション重視

両足をアイシングした痛々しい状態で球場を後にする松中=18日、サンマリンスタジアム宮崎(写真:サンケイスポーツ)

 WBC日本代表のスタッフ会議が21日、宮崎市内で開かれ、日本代表合宿に参加している松中信彦内野手(35)=ソフトバンク、岸孝之投手(24)=西武、細川亨捕手(29)=同、栗原健太内野手(27)=広島=が最終メンバーから外れることが確実になった。日本代表28人は25日に正式発表される。【写真で見る】サムライ・ジャパン、大観衆の中で“初陣”!  16日の宮崎合宿開始以来、繰り広げられてきたサバイバルゲームに終止符が打たれた。21日の巨人との練習試合終了後、宮崎市内の宿舎でスタッフ会議が行われ、岸、細川、松中、栗原の落選が確実となった。 伸びのある直球や大きく割れるカーブ、マウンド度胸などを買われて1次登録メンバー入りした岸は、WBC公式球への順応に苦慮。最後まで本来の投球を取り戻せなかったのが響いた。 捕手の細川は、打撃に問題なかったものの守備面で昨季終盤に痛めた右肩の不安をぬぐい去れなかった。松中は合宿3日目の18日に左アキレス腱(けん)を痛め、守備、走塁練習を回避するアクシデントに見舞われた。栗原は、オフの右ひじ手術の影響で一塁守備に不安が残ったままだった。 原監督ら首脳陣は選手のコンディションを最重要視する方針のため、この4人が最終メンバーから漏れることが確実となった。 WBC本大会に出場する28人の日本代表は、22日に絞り込まれ、豪州代表との強化試合を経て25日に正式発表される。






Last updated  February 22, 2009 12:49:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

<首相問責決議案>提出探る民主 内外に積極論、世論にらみ

 民主党は麻生太郎首相に対する問責決議案提出の検討を始めた。中川昭一前財務・金融担当相を辞任に追い込んだ「成功体験」を受け、積極論が党内や他の野党から浮上している。ただ、決議案可決は審議拒否につながるだけに、「世論の批判を受ける」との懸念がつきまとう。衆院解散・総選挙の時期とも密接に絡み、提出時期を慎重に探ることになりそうだ。 「首相問責決議案を09年度予算案成立後に出すべきだ」。国民新党の亀井静香代表代行は20日、民主党の小沢一郎代表と東京都内で会談した際に提案した。小沢氏は「選択肢の一つ」と検討する構えを見せた。 これに先立つ民主、社民、国民新の3党幹事長会談でも、定額給付金の財源を確保する08年度第2次補正予算関連法案の参院採決時の問責提出は見送る方向で一致した。ただその後については、政府・与党が09年度補正予算案の編成を検討していることを、鳩山由紀夫・民主党幹事長が「本予算が欠陥商品と暴露している」と批判。09年度予算案の成立を与党が強行した場合の提出はあり得るとの意見も出て、引き続き検討することになった。 中川前財務相に対する問責決議案を巡っては、民主党が決めた問責方針に3野党が同調した上、審議拒否戦術に通常は否定的な共産党も含めた4野党がそろって衆院予算委員会を欠席。決議案提出の構えを見せただけで辞任に追い込むことができた。しかし、首相問責決議案で同様の展開が期待できるかどうかは不透明。08年の福田康夫首相(当時)に対する問責決議案のように効果をほとんど見なかった例もある。 民主党参院幹部は「中川氏の時のように衆参の意思が固まることと、『伝家の宝刀』を抜くのにふさわしいタイミングであることが条件」と指摘する。






Last updated  February 22, 2009 12:21:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 21, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

かんぽの宿:「反省すべき点あった」第三者委で西川社長

 

「かんぽの宿」のオリックス不動産への一括譲渡問題を受け開かれた日本郵政の第三者検討委員会初会合。(右手前から)川端和治委員、黒田克司委員、渋井和夫委員と日本郵政の西川善文社長(左中央)=東京都千代田区で2009年2月20日午後5時14分、内藤絵美撮影
「かんぽの宿」のオリックス不動産への一括譲渡問題を受け開かれた日本郵政の第三者検討委員会初会合。(右手前から)川端和治委員、黒田克司委員、渋井和夫委員と日本郵政の西川善文社長(左中央)=東京都千代田区で2009年2月20日午後5時14分、内藤絵美撮影

 「かんぽの宿」の一括譲渡問題で、日本郵政は20日、外部の専門家による第三者検討委員会の初会合を開いた。検討委員会では数カ月程度をかけ、かんぽの宿を含む不動産売却ルールを作成し、報告書としてまとめる。日本郵政はこのルールに従って、不動産売却を進める考えだ。

 検討委員会のメンバーは、川端和治・元日本弁護士連合会副会長▽黒田克司・日本公認会計士協会副会長▽渋井和夫・日本不動産鑑定協会常務理事の3人。この日、メンバーの互選で、川端氏が委員長に選ばれた。

 委員会の冒頭で、日本郵政の西川善文社長はかんぽの宿事業譲渡について、「収益性、効率性と公共性の両立を図ることが大きな課題。経済情勢が悪化するなかで焦りはなかったか、地元への配慮は十分だったか反省すべき点はあった」とあいさつした。

 委員会では、「売却の経緯が不透明」という鳩山邦夫総務相の指摘を踏まえ、(1)適切な譲渡先や譲渡価格の決定方法はどうあるべきか(2)不動産として売却すべき資産と、(手法として)事業譲渡を用いるべき資産をどう区分するか(3)情報公開のあり方−−を主な論点として、売却ルールを整理していく。

 かんぽの宿の入札や、民営化前の旧日本郵政公社時代の不動産売却の手続きが適切だったかどうかについても検証する。委員会は非公開だが、会議資料や議事録は日本郵政のホームページで原則として公開する。

 かんぽの宿は年間50億円規模の赤字事業。オリックス不動産への一括譲渡を白紙撤回したことで、日本郵政は当面、かんぽの宿の経営改善も進め、事業価値の向上を図る。







Last updated  April 1, 2009 06:43:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 20, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

サーブが事実上の経営破たん、独立企業目指す法的手続きを申請

経営難にある米自動車最大手、ゼネラル・モーターズ(GM)傘下にあるスウェーデンの自動車メーカー、サーブは20日、独立した企業体となる経営再建に向けた法的手続きを同国の裁判所に申請する、と発表した。事実上の経営破たんとなっている。GMグループのメーカーの破たんは初めて。スウェーデンの国内法規に従い、独立した管財人が任命され、サーブ経営陣と協力して経営再建の方策を探る。再建案は3週間内に債権者らに示され、承認を求める。政府の資金援助も求める方針。サーブはこの間、業務は平常通り続ける見通し。スウェーデン政府は昨年末、世界的な景気後退のあおりで自動車産業が経営危機に陥る中、米自動車大手フォード・モーターとGMの各傘下にある同国のメーカー、ボルボとサーブに総額34億米ドル相当を支援する考えを明らかにしていた。ただ、両社の国有化は否定していた。GMとフォードは経営難を切り抜けるため外国ブランドの身売りなどを検討していた。GMは経営再建で米政府の公的資金注入を受けている。これまで約134億ドルの融資を受けているが、同社は最近、販売数が改善しない場合、2年間でさらに166億ドルの資金を政府に求める考えも明らかにした。






Last updated  February 20, 2009 11:29:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

小泉発言に閣僚から批判続々「残念」「筋が通らない」「ツーレイト」

小泉発言に閣僚から批判続々「残念」「筋が通らない」「ツーレイト」

小泉元首相(写真:産経新聞)

 小泉純一郎元首相が定額給付金の財源に関する特例法案を含む平成20年度第2次補正予算案の衆院再議決に欠席する考えを表明したことを受けて、閣僚から批判や苦言が相次いだ。  ・写真:「小泉爆弾」が炸裂!! これは倒閣運動の狼煙なのか?  石破茂農水相は20日午前の記者会見で「党員である以上は党の方針に従うべきだ。今回の(再議決の方針)決定はちゃんとしたプロセスを踏んだものだ。党の中がゴタゴタしているのは決していいことではない。残念だ」、塩谷立文部科学相は「(1月の衆院採決は)賛成だったのに筋が通らない」と反発した。 鳩山邦夫総務相は「プレミアム付き商品券を発行したいという市町村が急増し、やっと高まりを見せている。大変立派な先輩として心から尊敬をしていただけに大変残念だ」、舛添要一厚生労働相は「意見があれば政策決定の過程で出すべきだ。ツーレイト(遅すぎる)だ」、中曽根弘文外相は「元自民党総裁だから特に党の方針には従ってもらいたい」と述べた。 公明党の斉藤鉄夫環境相も「政治家としてぶれのない行動をすると信じている」と語った。 一方、河村建夫官房長官は閣議に先立ち、小泉氏への「過剰な反応」は控えるよう各閣僚に要請した。






Last updated  February 20, 2009 05:34:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 19, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類

<日露首脳会談>4島返還放棄は歴史的汚点…北大名誉教授

<日露首脳会談>4島返還放棄は歴史的汚点…北大名誉教授

木村汎・北大名誉教授

 ◇木村汎・北大名誉教授の話【関連記事】日露首脳会談:麻生首相はどう発言したか?メドベージェフ大統領と行った会談の要旨  日露首脳会談でロシア側が提案した「独創的なアプローチによる領土問題解決」に同意した日本は、「4島返還」という従来の立場を捨てたといえる。 ロシア側の狙いは、2島でも4島でもない「2島(歯舞、色丹)プラスα」による解決であり、αの部分は共同開発などを想定している。残る2島(国後、択捉)が返ってこなければ、日本にとってプラスどころか「マイナス2島」になる。麻生氏は島の「面積分割」による解決に言及したことがあり、ロシア側から「スキがある人物」と思われたのではないか。4島以外の解決はないと、なぜ側近たちが首相を制しなかったのか。 日本は第二次大戦後、サハリン(南樺太の主権)を犠牲にしている。そのサハリンに行って今回のような妥協をしたのは致命的な後退であり、日露交渉史の大きな汚点になる。






Last updated  February 19, 2009 04:14:28 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

借金返せなかったら自動的に“J2降格”

 Jリーグは17日、都内で理事会を開き、09年度予算などとともに、公式試合安定開催基金規程の改訂を承認した。 この基金は、財政難で公式試合の運営に支障をきたす事態が発生するのを防止するため05年に設けられた。今回は基金を利用したクラブの返済が滞った場合の罰則が明文化され、J1クラブが最終節までに返済できない場合、自動的にJ2に降格。J2クラブは最終節の30日前までに返済できないとJ1に昇格できないことになった。 借金=J2の厳しい罰則となったが、鬼武チェアマンは「みんなのお金でやるのだから、甘えてもらっては困るということ」と説明。過去に基金を利用したのはJ2草津とJ2岐阜だけで、現在はJ2岐阜が5000万円を借りている。






Last updated  February 19, 2009 12:57:06 AM
コメント(0) | コメントを書く

全569件 (569件中 91-100件目)

< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 57 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.