522477 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Welcome to Horselover's World Vol.II

全1226件 (1226件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019.08.12
XML
カテゴリ:ばんえい競馬
昨夜の​​第31回 ばんえいグランプリ結果
オレノココロはー23キロでしたが、パドックであくびをして
いつもと変わらないように見えたので
馬単7=2,3
占いでラッキーカラーはピンクだったので、ワイド8→3,7も買おうとしましたが
操作に手間取り時間切れ雫
ピンクの8番シンザンボーイ(7人)は3着に健闘しましたが、センゴクエース、オレノココロともに第2障害で苦戦し、まさかのシンガリワンツー失敗
何れにせよハズレ涙ぽろり

夏バテだべか!?
秋に向けて復調しますように馬

今日は​最高気温23℃、先週の雨を境に先々週の連日の熱帯夜から打って変わり
曇って涼しい日が続いてます。

帯広10R​HBC杯 山鳩賞 4歳オープン別定
出走馬9頭中6頭は7月7日に行われた
第13回 柏林賞 (BG3)
に出走していました。
天候:晴晴れ 馬場:1.1%

9番キタノユウジロウが除外になり、9頭立て

砂煙の舞うパサパサの馬場
紅一点のミスタカシマ 700K(4人)は大外10番
2番マツノタイガー(6人)、3番オレノタイショウ(7人)、
4番カネサダイマオー(9人)は後ろから

5月にすずらん賞を勝った5番コウシュハレガシー 700K(2人)が1番手で上がり、
隣のジェイコマンダー

大外のミスタカシマも上がってきて
内からは1番オレワチャンピオン 700K(3人)も上がっていたが

ミスタカシマが先頭で第2障害を下りた
4歳になってからは牡馬とのレースではやや力が足りない印象でしたが

馬体もいつのまにか1080キロと充実

レース前、外枠なら写真が撮りやすいと目論んでましたが、
あっという間に外ラチに邪魔されました失敗

姫、がんばれ~馬

2番手で下りたコウシュハレガシーが先頭に立ち

3番手は6番ジェイコマンダー 700K (1人)

鈴木恵介騎手の手綱に応えていつもどおり一生懸命歩くミスタカシマ

きらきら美しいきらきら

残り30m辺りで内のジェイコマンダーが優勢になり、これは西ー西ワンツーか!?
と思わされましたが、残り20m辺りで先行していた牡馬2頭の脚色が衰え

残り10mに差し掛かったあたりでミスタカシマが先頭に馬

残念ながら近すぎて全身が写りませんでしたが、みごとな差し切り勝ちグッド
コウシュハレガシーは2着に健闘しましたが、ジェイコマンダーはゴール手前で詰まり、
3番オレノタイショウ 690K(7人)、8番アアモンドグンシン 720K(5人)に交わされて5着
ミスタカシマの優勝には感動しましたが、馬券は彼女を2着付の馬単でショボンしょんぼり

なんだかモデルさんのように金髪をなびかせて表彰式に現れた
きらきらミスタカシマきらきら

表情豊かでなまらめんこいダブルハート

表彰式のあいだはたいくつなのか、この日も前掻きを繰り返してましたうっしっし

一般的には牝馬は牡馬より暑さに強いと言われているので、今日も注目ですが
この後9月のはまなす賞を目指しているとすれば100%ではないかも?
人気薄ならサマーカップでコウシュハウンカイの2着だったアアモンドグンシンに注目

にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ






Last updated  2019.08.13 00:25:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.11
カテゴリ:ばんえい競馬
今日は​第31回 ばんえいグランプリ (BG1)
出走馬8頭中7頭が出走していた
6月23日
第50回 旭川記念 (BG3)



1番メジロゴーリキがトップで第2障害へ

3番コウシュハウンカイ、5番ミノルシャープが2番手

2番オレノココロも上がってきた

メジロゴーリキはやや詰まったが

ミノルシャープとほぼ並んで1番手で下りた

4番シンザンボーイも上がってきたが

オレノココロ、コウシュハウンカイが並んで2番手

軽快な足取りで第2障害を内メジロゴーリキと並んで下りるミノルシャープ

外ミノルシャープが優勢で

力強い足取りで先頭に

内からオレノココロ、コウシュハウンカイが迫ってきた
離れた5番手はシンザンボーイ、センゴクエースはさらに離れた6番手

残り30m、ミノルシャープの脚は止まらなかったが

内からオレノココロ、コウシュハウンカイが接近

残り10mを過ぎたところでオレノココロが脚を伸ばし

逃げ粘るミノルシャープを交わして三連覇
優勝1番オレノココロ(2人)
しかし最後まで2着5番ミノルシャープ(6人)に阻まれて写真には写りませんでした涙ぽろり
3着3番コウシュハウンカイ(1人)

ミノルシャープ、コウシュハウンカイより+10キロの荷物で、馬場も2.2%でしたが

先行馬を差して1:55.8で優勝

調子が良いときの大あくびうっしっし

2週間前は熱帯夜が続いたため暑さ負けしていなければ今日も力を発揮できそう?


にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ






Last updated  2019.08.11 23:58:21
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.29
カテゴリ:ばんえい競馬
7月27日(土)
北斗賞のオンライン実況を見たときに、​リッキーの引退​を知ってショックショック
リッキーとは長い付き合いなので、ばんえい十勝のお知らせ​を見て引退式を見に行こうとしていましたが、前の予定が長引いて間に合いませんでした失敗
11時半を回った頃競馬場に到着。

リッキーはまだいましたオーケー
たてがみにリボンをつけて、ちょっとおめかしダブルハート

このところ夜7時過ぎに尋ねていたので、真っ暗闇でキラキラしているリッキーの目だけしか見ていなかったが、久々に明るい時間に会ったら12年前とほとんど変わってないような?
2008年1月 子供には優しいリッキー
2008年1月 成人の日のリッキー
2008年4月 佐藤希代子さんを馬車に乗せたリッキー
2010年3月 リッキーとミルキー
2014年1月 雪で調教見学が中止になった時、ファンを馬車に乗せてくれたリッキー

動画にはお尻しか写ってませんが、雪の中、馬車に乗った楽しい思い出の一つ

今年のばんえい記念の前、あれ、リッキー!?目

ミルキーは療養中と聞いてましたが、リッキーが誘導馬を務めるのを見たのは遥か昔だったので

最初は自信がなかったが、この目を見てリッキーだと確信して嬉しくなったスマイル

人参を目の前にするとたちまち獰猛になるところも相変わらずで、
まだ現役続けられそうだけど...
昨年の地震の後も電気の復旧を待ちながら歩き回っていた時、
通りからリッキーの耳が見えてホッとした。
いつも競馬場にいたリッキーがいなくなってしまうのは淋しい涙ぽろり
長い間のプロモーション活動、お疲れ様でした。
たくさん楽しませてくれてありがとう。
ずっと忘れないよ。

にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ






Last updated  2019.07.29 01:23:18
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.16
カテゴリ:牧場巡り
5月下旬、ばんえい牧場十勝を訪問した時

青毛のお母さんにぴったりくっついていた淡いクリーム系の毛色の当歳

まだへその緒が僅かに残ってた?
しかしお母さんから離れてカメラの前に立ち、目線をくれた

更に柵から顔を出してカメラ目線
めんこいダブルハート
放牧されていたとねっこの中で一番美人で目立っていた馬

お母さんは青毛なので、メモリアルサマーかと思ったが、額の星の形が異なっていた
(この画像の右端で寝ているのはアオノレクサスの娘)
約3週間後、青草が茂った放牧地で

淡いクリーム系毛色のとねっこは青毛の繁殖の足元で草に埋もれて寝ていた
草の丈が長くて淡いクリーム色の塊にしか見えない雫雫

しばらくするととねっこちゃんは頭を上げた

やっぱりめんこいダブルハート

まだ眠かったらしく、昼寝に戻ってしまいました眠い..
さらに3週間後

ふた回りほど大きくなったようにみえたパロミノちゃん(毛色がパロミノっぽいので)

人間に興味があるのか積極的に近づいてきた

柵から頭を出して、「それなぁに?私にも見せて」
とカメラや、私の持ち物に興味津々

お友達が「危ないよ!知らない人に近づいちゃダメ」とたしなめているような?

それでも人懐こく身を乗り出すパロミノちゃん
このまま美人で賢い大人になってくれると嬉しいが
彼女のお母さんは餌場で隣の繁殖を蹴って追いだしていたほえー
もしかしたら彼女も天使のような見た目に反して
そんなお母さんの気性を受け継いで群のトップに君臨しようとしているのか!?


にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ






Last updated  2019.07.16 00:46:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.23
カテゴリ:ばんえい競馬
6月23日(日)
帯広競馬場
10R 第50回 旭川記念 (BG3)

◎3番​コウシュハウンカイ​ 770K

2016年の旭川記念​は馬場水分2.3%でこの馬が優勝
負担重量もオレノココロが+10キロで今回と同じ条件
〇2番オレノココロ 780K

2017、​2018​年とも馬場1.3%、コウシュハウンカイに-10キロのハンデをもらって連覇
今回は10キロのハンデを背負い、馬場も軽いのでどうでるか
▲10番センゴクエース 770K
ばんえい記念初挑戦で優勝​した後

「ボーっと見てんじゃねぇよ!
とでも言ってるかのような表情を見せたセンゴクエース

馬場入場の時もオレノココロの3連覇を信じて彼にフォーカスを合わせていた横で
センゴクエースに睨まれていた!?
しかし今季初戦は第2障害で何度も膝を折って競走中止してしまい、その後2走も膝を折って3,2
障害で失敗しなければ勝つかも....
△1番​メジロゴーリキ​ 770K

△8番ゴールデンフウジン 770K

前走はこどもの日でたてがみに鯉のぼりが馬
直線はキャンターで追いかけてきてゴール板前でメジロゴーリキを交わした瞬間もあったが0.1秒差4着
今回は重量も+50Kで厳しい?

5月5日
帯広10R 第13回 オッズパーク杯 (BG2)
天候:晴晴れ 馬場:1.1%
旭川記念に出走予定の7頭が出走し、私が​マルミゴウカイに期待して負けた1戦
前半は2番ゴールデンフウジン 720K(3人)、3番メジロゴーリキ 720K(4人)が先行

3番メジロゴーリキが1番手で第2障害へ

天板に上がったメジロゴーリキ

外から4番コウシュハウンカイ 720K(1人)、やや遅れて5番マルミゴウカイ 720K(6人)
さらに遅れて7番ミノルシャープ 720K(5人)

内から1番オレノココロ 720K(2人)も下りてきて

直線で3頭が並んだ

3番手で下りたオレノココロがやや前に出て

外からメジロゴーリキ、コウシュハウンカイが追いかける

手振れしまくって画像が不鮮明ですが、砂塵を上げながら直線を歩く上位人気3頭

画像には写ってないが4番手で2番ゴールデンフウジンが下りてキャンターで追いかけてきた

まもなく4番コウシュハウンカイが2番手に

同じ牧場で生まれ育って異母兄弟のオレノココロとコウシュハウンカイ

今年9歳になったが相変わらずライバル同士で上位争い

コウシュウハウンカイは食い下がって差を詰めたが、オレノココロガ更に伸びて

今季初の重賞制覇
この後はゴールデンフウジンとメジロゴーリキが並んで入線したが、メジロゴーリキが0.1秒先着

鼻の先を曲げながら目線をくれたオレノココロ
通算重賞22勝で、カネサブラックの記録を抜いたそうです
カネサブラックが亡くなったことはリプレーの実況で知りました涙ぽろり

マキバオーが現れるとたちまち眠そうな表情になり

あくびを連発
この日はパドックでもあくびしており、過去にもあったようにあくびをしているときの彼は
好調のようですうっしっし


にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ






Last updated  2019.06.23 15:37:44
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.20
カテゴリ:ばんえい競馬
昨夜の山形県沖で発生した地震で被害に遭われた皆様に
謹んでお見舞い申し上げます

5月5日(日)
帯広競馬場
9R B1-1
天候:晴晴れ 馬場:1.1%
この頃好天が続いて雨が降らず、毎朝出かけようとして外に出ると車に土が積もっていた。
畑を耕す時期で土埃が舞う時期だと聞いてなるほどと...

競馬場の馬場もこの通り、競馬がスタートすると同時に真っ白け
もうもうと立ち上る砂塵にピントが合わないように苦労ダッシュ

前走勝っていた5番ヤマノホシ(4人)が1番手で第2障害を上り

いつも通り頭を下げた姿勢で1歩1歩進み

そのまますんなり下りてきた

出走馬8頭中紅一点のヤマノホシ
内は3番オホーツクノタカラ(5人)、外に見えるのはまだ山の天板に向かう途中の
6番ギンノダイマオー(2人)

私のお気に入りの4番カイシンゲキ(1人)は遅れて上がってきていた

前々走勝った時、ヤマノホシとの馬連で的中したのでこの日は強気に2頭の馬単裏表
カイシンゲキの健闘を願いましたが

カイシンゲキに注目しているうちに同じ厩舎の1番ノエルブラン(3人)が先に2番手で下りていたショック

しかも軽い足取りで内から伸びて先に下りたヤマノホシを交わしたほえー

途中で詰まってくれることを期待し後ろにフォーカスを移動

残り30m辺り、2番手で進むヤマノホシの内側からカイシンゲキが近づいてきた馬

長い間低調が続いていたカイシンゲキでしたが3月23日に10番人気で久々に勝利
いつも通り肝心な時に馬券が買えず、高配当馬券は逃しましたが、調子が戻って嬉しい

やればできるオーケー ガンバレ、カイシンゲキ馬馬馬
なんだか2頭とも楽しそうな表情に見えますスマイル

カイシンゲキがヤマノホシを交わし

2番手に上がった

さらに先頭を歩くノエルブランに近づいた

交わせるかもしれないどきどきハート

ゴール前はいつも通り尻尾を振り回して追い込みましたが

残念ながらノエルブランが先着わからん
先行したヤマノホシはゴール前でギンノダイマオーに交わされてしまい馬券はパーしょんぼり
残念でしたが、復活したカイシンゲキを見れてホッ星
クラスは下がったとはいえずっと2分以上かかっていたところ、ノエルブランに0.6秒差
1:53.8で上がれたので安心しました。
ノエルブランは明るい栗毛だと思ってましたが、芦毛なんですね~
今週月曜日もカネゾウを買わずに失敗したので、このところ芦毛に泣かされる傾向にあります涙ぽろり

にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ






Last updated  2019.06.20 00:31:34
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.17
カテゴリ:ばんえい競馬
3月にばんえい牧場十勝を訪問し、​生後20日のアオノレクサスの当歳​を見せていただきましたが、
あれから2ヶ月半、再び訪問すると

アオノレクサスの牝馬が誕生していました

娘っこは明らかに芦毛で美人赤ハート

顔以外はまだモコモコの冬毛に覆われて汚れたぬいぐるみのようでしたが

このモコモコが抜けたら全身芦毛になりそうです
さて真っ黒だった牡の当歳はどうなっただろう?

相変わらずママにべったりうっしっし
ママの横に貼りついて草を食べていました

前回よりは背も高くなっていましたが、なぜかお母さんのお腹の下に潜り込み
お乳をのむのかと思いきやお母さんのお腹の下を無理やり潜り抜けて
お母さんを飛び上がらせてました目

一緒に遊んでいた栗毛君ははジェイテンの当歳

追いかけられ、追いかけては噛み噛みし合っていました。
ジェイテンっ子のほうが積極的に人間に興味を持って自ら先に近づいてきましたが
鼻を撫でようとして手を近づけるとビクリと顔を遠ざけて臆病な素振り。
反対に後ろから恐々と近づいてきたアオヤマガールっ子は鼻を撫でられることを
怖がりませんでした。
お母さんの半分以下の小さな鼻がめんこくてダブルハート
2月には真っ黒に見えた被毛が何となく茶色っぽくなっているような?


その他の写真は動画にしました馬
種牡馬1年生のジェイワンは灼熱の太陽の下、お仕事してましたうっしっし
種付け場も競馬場同様砂煙がモクモクダッシュ

にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ






Last updated  2019.06.17 00:36:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.19
カテゴリ:ばんえい競馬
5月19日(日)
帯広競馬場
10R 第12回 カーネーションカップ
◎6番ミスタカシマ 670K

〇2番サンシルクラポピー 640K

5月6日 ​帯広10R第21回すずらん賞

並んで第2障害をクリアした
5番サンシルクラポピー 610K(3人)と6番ミスタカシマ 650K(1人)

3番手を最後まで競り合い、サンシルクラポピーが僅かに先着
この時の負担重量は40キロ差でしたが、今回は30キロ
▲9番ナカゼンガキタ 670K

3歳時に菊花賞2着、オークス優勝
△7番ヤマノホシ

彼女の尻尾が短いことがずっと気になっていたら
あるとき近親交配の場合そうなる傾向があると聞いた

頭を低くして歩く姿も個性的かも
△10番シンエイボブ

天馬賞​は大外10番で苦戦したので不安が残りますが、めんこいので応援馬

にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ






Last updated  2019.05.19 02:33:03
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.06
カテゴリ:ばんえい競馬
2019年3月24日
帯広競馬場
7R クリスタル特別 4歳オープン別定
天候:曇くもり 馬場:1.3%
4歳馬9頭中牝馬は1番ミスタカシマ(2人)と6番アフロディーテ(9人)の2頭
しかしミスタカシマの負担重量は730Kで、トップハンデの5番キタノユウウジロウ(3人)、9番アアモンドグンシン(1人)からは-10キロで、2番ハマノダイマオー、4番カネサダイマオー、8番ジェイコマンダーより+10キロ背負わされていました

前半59秒、1番ミスタカシマ、3番オレワチャンピオン(7人)、5番キタノユウウジロウが並んで第2障害を上ってきた

ミスタカシマが足を滑らせて体制を崩してしまい、ドキッショック

しかしすぐに立てなおし、

1番手で下りてきた

間もなくキタノユウジロウが追ってきた

手綱をとった工藤騎手はこの日を最後に引退してしまったので、
彼女の手綱をとったのはこれが最後

工藤騎手の手綱に導かれ、いつも通り真面目に直線を歩くミスタカシマ

そのまま、そのまま~

しかし徐々にキタノユウジロウが近づいてきて工藤騎手の目線もそちらへ

後を振り返ると、今日は時計が出ていて馬場は軽そうなのでひょっとしたらと期待して
買い目に入れた8番ジェイコマンダー(6人)

ガンバレ、イケメン馬
彼の後方内側から3番オレワチャンピオン、2番ハマノダイマオー
間が空いて7番コウシュハレガシー(4人)が追ってきた

真ん中からぐんぐん伸びてきたキタノユウジロウ

ミスタカシマは粘っていましたが、残り25m辺りで追い越されてしまったしょんぼり

期待以上に頑張ったジェイコマンダーが2着に上がったようにも見えたが
ミスタカシマが先着

結果​:馬連1-5 470 円、ワイド1-8 810 円的中し、気分よくばんえい記念に挑んだが、
負けたしょんぼり

キタノユウジロウ(牡4)

過去に見たときはもっと派手な色の髪飾りを着けていて似合っていましたが、この日は地味目

唇をパクパクさせてお茶目赤ハート

にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ






Last updated  2019.05.06 23:37:15
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.05
カテゴリ:ばんえい競馬
5月5日
帯広競馬場
10R 第13回 ばんえい十勝オッズパーク杯 (BG2)
天候:晴晴れ
◎5番マルミゴウカイ

〇1番オレノココロ

▲4番​コウシュハウンカイ
△3番メジロゴーリキ

△7番ミノルシャープ

また裏切られるかもしれないが引き続きマルミゴウカイに注目

にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ






Last updated  2019.05.05 17:32:40
コメント(0) | コメントを書く

全1226件 (1226件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

Free Space

20141229adjudimitsuo_w240

ブログランキング・にほんブログ村へ

Profile


Horselover

Calendar

Rakuten Card

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Freepage List

Favorite Blog

リリーカップはミナ… New! 五十嵐冬樹さん

【重要なお知らせ】… 楽天ブログスタッフさん

メルボルン二世の思… メルボルン二世5172さん
酒井忍騎手公式サイ… 酒井忍さん
宮下瞳騎手公式ブロ… 宮下瞳さん

Comments

Horselover@ Re[1]:桑村真明騎手の鞭 アップヒルダンサー(06/03) crv222rdさん、お知らせありがとうござい…
crv222rd@ Re:桑村真明騎手の鞭 アップヒルダンサー(06/03) スタート後スタンド前で倒れ、心臓麻痺で…
パコっち@ 今後は あまり更新がないのですか?なんだか寂し…
ナカタカTORA@ Re:移転のお知らせ(01/13) 残念ですが…今後はチャンネル北国を訪問さ…
ナカタカTORA@ Re[2]:和輝くん無事保護!(01/08) Horseloverさん >ナカタカTORAさん…

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.