2884994 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

聖者の独り言

PR

全3003件 (3003件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2022.01.16
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
【日経新春杯】


◎ヨーホーレイク
〇フライライクバード
▲マイネルウィルトス
△ステラヴェローチェ


一見して◎かなと思うのはフライライクバード。休み明けでこそ走る馬だと思うし、中京2200は毎回強い競馬をする。オーソリティほど強い相手もいない。

でも休み明けが不安ながら、色んなイメージがマッチするのは同じ厩舎のヨーホーレイクのほう。この母はマイラー色が強い産駒をたくさん出すけど、ヨーホーは子供たちの中で最も距離適性が長く、追ってから長く伸び続けられる性質を持っていると思う。距離に対する不安はないし、スタートから最初のコーナーまでの距離が長いゆえに2000よりはずっとペースが上がりやすい条件を伴う2200なら差し届くのを期待したくなる。

川田も最近は短距離で前につけて勝つのが目立つけど、もともとは追い込み馬で追って追ってよく伸びるというのが印象的だった騎手。行くところ全てが壁になったダービーのリベンジの意味合いが強い騎乗になる。中京も内埒沿いだけでなく真ん中から外を通る馬の伸びが顕著になってきたし、昨年はミスマンマミーアがポツンから馬券に絡んだレース。


馬券は◎の複と◎からの馬単、3単、◎-○▲の馬連。


人気薄で好走続けてきたステラヴェローチェは、当然人気になったら負けるという想定をしたい。
育成が悪い上に雪の影響があるので、かなり重い芝である今週は牝馬のクラヴェルよりも牡馬優先。
マイネルウィルトスは近年重賞実績がない騎手が不安だけど、ばらける展開の消耗戦は合う。左回りのほうがよく伸びる。






Last updated  2022.01.16 09:57:17


2022.01.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
【愛知杯】


◎アンドヴァラナウト
◯アナザーリリック
🔺クールキャット


年末で数藤頭の強豪牝馬が引退。混迷する牝馬古馬カテゴリー。
現時点でヴィクトリアマイルの馬券を買うなら◎はアンドヴァラナウト。血統が良すぎて引くくらいだけど、その額面に偽りない瞬発力の持ち主。古馬になって本格化するダイナカールの系統だし、一線級がいないならハンデがあってもここは楽にクリアしないと。

単と、相手はシルク2頭。隙間レースなら十分戦える力があるアナザーリリックと、巨体ゆえに差しでは動けず、最初から広いスペースを求めるしかないのが分かったクールキャット。






Last updated  2022.01.15 12:14:05
2022.01.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
有馬記念は近年には珍しく、淀みないラップが続いて余力残しのない展開。おかげで負けた馬にも納得でき、消して完勝した馬も手放しで讃える気持ちになりました。勝負師は大胆に、潔くがモットーです。

今日は業務ですが中央競馬の初日。何故だか年末よりも気持ちは高揚しています。どんな事でも初めてというのは気持ちが切り替わるのかもしれないし、初という字やそれを使う言葉は嫌いではありません。初物、初夢、初的中、初儲けと行きたいとこです。


【中京金杯】

◎トーラスジェミニ
〇ダイワキャグニー
▲エアロロノア
△カイザーミノル

重賞童貞が1人気だけど、卒業にかなり手間取ってこじらせているようなので、違うほうの卒業を期待して。馬も高速馬場よりも重くて時計が掛かる状態のほうが合うから、冬の実質開幕週はぴったり。

エアは押さえたけど前に目標がいて2-3番手の競馬のほうが安定するダイワキャグニーが怖い。単複と馬連、馬単、3単。


【中山金杯】

◎トーセンスーリヤ
〇ウインイクシード
▲ヴィクティファルス
△ロザムール


天皇賞では緩い馬場と強い相手に泣いたトーセンだけど、割と固い中山の馬場でB級以下の相手なら本領発揮。とても強いとは言えないヒートオンビート以下の相手なら。相手は中山の1800-2000がベストの馬たち。複と馬単、3単。






Last updated  2022.01.05 10:17:09
2021.12.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
◎タイトルホルダー。菊花賞勝利直後から内定していたし、それを継続していいと思うので。

菊花賞の勝利は騎手の乗り方込みでセイウンスカイを予想して、結果としてそれに近い形で勝利。しかしセイウンスカイは菊花賞を勝ったと同時に有馬記念を含めた古馬G1での消しを決めたので、ここでの扱いは真逆。

セイウン消しの理由はこの馬の実力と手の内を出し切った競馬ではこの先のハイレベル戦線には立ち向かえないというもの。しかしタイトルホルダーは、セイウンに比べて有馬記念のライバルの層が薄い、危ない人気馬がいると思ったから。また有馬記念では1番人気を背負ったセイウンと違って、引き続き挑戦者の立場で臨める事。

タイトルホルダーはセイウンスカイ以外に、もう一頭キャラを被せて考えたい馬がいます。それはビワハヤヒデ。重なる大まかなキーワードは兄と、菊花賞5馬身差での勝利。詳細はおいおい追記していきます。


___________________________________

まず兄というキーワードについて。
横山家は父が名手で弟は本格化。でも兄も乗れるというところも見せてほしい。兄より優れた弟など存在しねえとまでは言わないけど、弟を完全にやっつける気持ちで乗ってほしい。昨日述べたように横山家は挑戦者気質の強い一族だと思っているので、現状の人気順やオッズはとてもありがたい。

タイトルホルダーの良さの一つは競馬に対して前向きで前進気勢が強いけど、行き過ぎるというところはないところ。だから馬との相性やペースコントロールにおいて、テン乗りの騎手が扱いにくいというところは小さくて済むと推測。
G1勝ちがないというところは確かに不安ではあるが、逆に言えばだからこそオッズもつく。また究極的に言えば馬の実力が最優先に決まる勝負なのだから、脚を引っ張るような乗り方でなければ騎手は誰でもいいというのが基本的な姿勢でする


ビワハヤヒデと被る点については、ビワハヤヒデがこれまた名馬の兄というのもあるけど、菊花賞の距離に対して疑問を持たれながらも5馬身差の圧勝をした事。
ナリタブライアンは凄いスピードを伴ったスタミナ馬だったと思うけど、ビワのほうはスピードに寄った資質の馬だったと思う。菊花賞だけでなく春天も完勝しているけど、京都記念や宝塚記念のように仕掛けられてからあっという間に後続を引き離すスピードこそあの馬の武器で、そこの勝負なら弟より上である気がする。

タイトルホルダーにはビワハヤヒデほどの追い出してからの加速力はないけど、距離に対して不安なく回ってこれる事と、現在の成長と充実を示したという点では一致する。菊花賞は自分で競馬を作りつつ中緩みとロングスパートに持ち込んだ騎乗のたまものでもあるが、この馬はこんなに強かったんだという実力の証明のほうが私的には大きい。

なおご存知のとおり、ビワハヤヒデは有馬記念でも外枠から距離のロスを強いられながら、トウカイテイオーに差されはしたものの菊花賞完勝の実力を証明する形で2着。ここからは同期のライバルのウィニングチケットに明確な差をつけるようになった。
タイトルホルダーもここまではエフフォーリアに負け続けているし、瞬発力や華やかなイメージでは適わないと思う。でも適性を問われるレースにおける実力では先んじているというところを見せ付けてほしい。


枠は大外に入ったけど、負のイメージはない。菊花賞でも有馬記念でも、望んでいたのは楽に二番手までを取れる事。前に馬がいたら引っ掛かるというところはない、同時に自分から後ろを引き離すように動く形を作れてナンボの馬。パンサラッサとの枠差があるならハナを取る事の欲や労力はさっさと放棄してくれるし、自分とエフフォーリアまでの馬が揃ってスタートが遅いなら、タイトルホルダーのスタートと前向きさなら距離損なくコーナーに入れて二番手を取れる。大逃げする馬の二番手なら、楽にハナを切っているのと変わらない。

菊花賞で押してハナに入ったのと、その結果最初の1000mが速くなったのは私的には誤算のほう。菊花賞は結果として良いほうに出てくれたし、今回の結果はやってみなければ分からないけど、望むスタイルと使うエネルギーの小ささという点では今回のほうが想定どおりになり易いと思ってます。


◎エフフォーリア
○ディープボンド
▲クロノジェネシス
△ステラヴェローチェ、アリストテレス


馬券は◎の単複、○以下への馬連、馬単、3単。あと○の単を少し。


実力と適性からして負かされるならクロノジェネシスと思っていたけど、数日前の更新のとおりやや疑問がある。同じフランス遠征を経験して厳しさを味わいながらも、今年が成長期でスタミナ豊富という点でディープボンドのほうに○。凱旋門賞は早めに脱落したぶん、余計なエネルギーを使わずに済んだというメリットもある。

阪神大賞典と天皇賞・春で長距離での前目からのロングスパートには自信を持ったはずで、当然ここもその再現を狙う。クラッシックの時からスタートは安定して良い馬だから、スタートの悪い馬が多い中での内枠も自分の良さを活かせる。タイトな3-4コーナーでの反応やフットワークにおいて不器用なところが出なければ、これが怖い。

クロノは勝ち馬候補の可能性は下がったという意味で少し割引。しかし2-3着なら来る可能性はさほど落ちないと思う。
同じバゴ産駒で牡馬だからよりスタミナを持ち、コース不問で差してこれるステラ、恐らくは冬馬で前に目標がいるほうが走るアリストテレスを△に。


単勝20-30倍台で穴人気している馬もいるけど、それらは上記の馬たちより落ちるという判断。以上です。






Last updated  2021.12.26 12:42:35
2021.12.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
色んな結果がどうなるかは分からないけど、今年の有馬記念は馬券的には割とモチベーションが上がるレース。その最大の要因は前走を見た瞬間に有馬記念は人気で消しという結論を持った馬が出てきたから。エフフォーリア。

皐月賞をちぎって勝ち天皇賞を前世代の最強馬相手に勝ったのにも関わらず、ダービーを取り逃がした一番の理由は距離だと思う。スローの経済コースを通りながら、抜け出すところまではできたがその後止まり気味になりシャフリヤールに鼻差負け。他馬に対してもそれ以外の勝ったレースで突き放しているような迫力とは差を感じた。
シャフリヤールの兄がアルアインで2000ベスト、兄と違ってシャフリは末脚特化型ではあるけど距離適性は恐らく一緒、JCで先輩馬相手にスタミナ不足を露呈して3着という事を思えばそのシャフリヤールに差されるのは古馬混合の2400以上のG1ではかなり危ういと思う。

あとより個人的な印象での話になるけど、エフフォーリアの馬体や動きは長い距離を消耗をセーブした上で伸びるという性質のものではなく、限られた時間と距離で強い力を発揮するのに適したもののように感じる。イメージとしては弾力のあるロジユニヴァース。


人気では今回はクロノジェネシスよりも、コントレイルやグランアレグリアを負かした事を評価されてエフフォーリアが上になると思う。横山武史もトップジョッキーの仲間入りをしたと言っていい状況になったけど、まだG1を一番人気での勝利はない。ダービーを落とした二番目の理由は1番人気のプレッシャーでしょう。

大きなところを人気に応えて勝ち切れるのは、またそれなりに困難な壁だと思う。父も年齢的に中堅に差し掛かるまでは、挑戦者の立場ではいくつも勝ったけど1人気に応えたのはサクラローレルの有馬記念のみ、1人気をG1で飛ばしたのはメジロライアンやサクラローレルやセイウンスカイなど、少なからずあった。
人気順や馬の状態がどうであれ、この馬で挑むのはこれが最後というルメールのほうが迷いなく乗れそう。


阪神カップはルークズネストから中内田2頭と武豊へ。外枠がポジションを取りやすいコースに加えて直線があからさまに外が良い、馬が1400ベストならルークズから入るのが最も安心。ダノンは短縮が効いた昨年のこのレース以外は藤岡が前につけ過ぎて末脚を失うようなリズムに見えるので、その点割引。
グレナディアは内回りでの短縮は良いだろうけど、ムラ駆けの分割引。

シヴァージはもう少しソフトな馬場でないと苦しい。ソングラインはこの距離だとスピードが足りないと思う。






Last updated  2021.12.25 13:36:27
2021.12.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
印象的な有馬記念。
1位90年、2位99年、3位が88年と08年で同着。特別賞で77年。この序列や地位は恐らく一生変わらないでしょう。


今年の有馬記念の主役馬の一頭が昨年の勝ち馬クロノジェネシス。極悪馬場の凱旋門賞を前で一秒以内に粘ったのだからやはり体力と根性のあるタフな牝馬だと思ったけど、この馬に関して考えるべき命題はかなりあります。

一つ目がかなり白さを増してきた馬体。芦毛は色んな毛色に白が混ざったものだから、白さが増すというのは人の白髪と一緒で加齢を意味する。年齢的、能力的な衰えや今年二度の海外遠征をした影響がここで一気に出ないかという疑念。

この点のもう一つ気になるのは、芦毛だった母父クロフネの血統的影響。クロフネは牝馬にはかなり短めの距離適性とスピードを与えるし、実際2000を超える距離の重賞を勝ったのは確かソダシのみ。姉ノームコアが父ハービンジャーでも芦毛でスピード資質が強かったのを踏まえると、クロノも同じくクロフネの影響を少なからず受けているのだと思う。

すばり、本質は中距離馬と予想。2200までなら安心して見ていられる。しかし2400以上は全盛期や成長期ならこなすが、若干でも下降期やそこに適性がある馬との戦いでは苦しくなる。そういう見方をすると思う。だからといって消しにするとは限らないげど。


あとこの馬に関しては有終の美やグランプリ4連覇という成績がかかっているが、有馬記念の予想をする上では「 有馬記念を2回勝つべき資質の馬か否か 」という点を大きく考えたい。振り返れば分かるが有馬記念を2回勝った馬はとんでもない馬ばかり、3冠馬になるのと同等の実力や運の持ち主だと思わされる。トウショウボーイ、テンポイント、ディープインパクト、ダイワスカーレット、キタサンブラックでも成し得なかった偉業。

過去の有馬記念において、前年や前々年の有馬記念の勝ち馬が出てきた際には必ず考えたポイント。今年もそれは取り入れるつもりです。






Last updated  2021.12.23 20:38:22
2021.12.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
【朝日杯FS】


◎ジオグリフ
○ダノンスコーピオン
▲アルナシーム
△カジュフェイス


競馬予想の一歩目は能力比較で、二歳戦はよりその様相が強くなるので、単純に強い速いと思えた馬だけ取り上げました。

人気馬で自分なりのインパクトがあったのはジオグリフと萩Sの1-2着馬。逆に重賞連勝でもセリフォスは強いと思わなかったし、何とか僅差で勝ってきているけどより父と同じ僅差での完勝ではなく一杯一杯で、より強い相手と戦ったらもう苦しいというイメージ。もちろん枠順的に馬場が極端に悪い内を通る可能性が高いというのもあるけど。

ジオグリフは能力と現時点での完成度である程度安心して見ていられそうだけど、多頭数で恐らくペースが上がる条件になってダノンがどう変わるかが微妙。安田厩舎のロードカナロアだからスピードが足りないという事はないだろうけど。まあ川田福永がいなければ松山も日本人トップに近いジョッキーだと思うので。


馬券は◎の単と○以下への馬連、馬単、3単。

基本的にはハイペース外差し競馬の想定だけど、1400からの延長の快速馬では最も速いという印象で最内を引いたカジュフェイスを抜擢。父から距離伸びてこそのスピード持続力を受け継いでいる期待をして。まだ色々若い馬同士なら、現在の武器を使う事にためらいがないほうが乗りやすく馬も走りやすい。






Last updated  2021.12.19 12:28:39
2021.12.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は終日業務なので簡単に。いつも簡単か。

阪神JFは、◎ベルクレスタ ◯ステルナーティア 🔺ウォーターナビゲラ。

ドゥラメンテはダイナカール系の気性の煩さを受け継ぎ、狂気的な爆発力を持った馬だった印象。でも種牡馬 としてはキンカメの体力の豊かさと泰然さが出ているという仮定をタイトルホルダーでしたので、それを確かめるレース。ベルクレスタの前走も負けたけど操縦しやすく素直な印象を持たせた内容。馬場の良い外を通れる枠もメリット。

短複と馬連馬単、ミルコを絡めた3単。
後も外枠や外伸び脚質重視。ただしナミュールは母が小柄で非力な馬だったので、その
遺伝で多頭数G1は無理と予想。






Last updated  2021.12.12 10:12:08
2021.12.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
【チャンピオンズC】


◎オーヴェルニュ
○チュウワウィザード
▲テーオーケインズ
△ソダシ、エアスピネル


速い流れの3-4番手を確保できそうなメンバーと騎手、他馬の後ろに無理なく入れられそうな枠と並び、重過ぎない時計の速いダートという条件がほぼ揃えば◎内定していたのがオーヴェルニュ。
東海Sの勝ち方からして右回りと左回りでは別馬だし、外を回る形だと終い失速するけど、前に馬を置ければ精神的なタメが効くよう。真ん中の枠に入ったけど内側が行くか遅れるかはっきりしているメンバーだし、スタートが抜群に上手な騎手。何番手でもロスなく内側に入れられると思う。

気性的にうるさくムラ馬のようだけど、それだけに条件が揃って集中力が出た時には予想外のパフォーマンスを出すタイプだと思う。絶対王者と言えるような馬が不在の現在のダート界ならば、この馬の力で通用する。


馬券は◎からの馬連、馬単、3単。


テーオーケインズは同等の力量馬だと思うけど、騎手の実力という意味で評価を落とした。
ソダシは芝の1800ならば自力勝負で押し切れるだけの力があるとは思うが、中京は時計が速いとはいえダート、ここ数日雨もなし。クロフネ産駒で白毛一族でもいい意味での軽さや品が豊富で、それだけにダート自体が現状ではあまり合わずに体力不足、勝ち負けするならダートでのトレーニングがある程度必要で、クロフネ同様に予想以上に強かったというポテンシャルを持ってない限り勝ち負けには足りないという判断で△まで。

最も警戒するのは左回り巧者で、人気・実績馬の中ではパワー型で冬場の少なからずスタミナの必要なタフな展開・条件に合ったチュウワウィザード。勝ち切るよりも2-3着の多い馬ではあるけど、展開が厳しくなりそれを挑戦者の立場で迎えるのがベストの馬。圧倒的人気馬こそいないけどその条件は昨年と一緒、外を回り続けても失速しない強みは他馬にはない。

カフェファラオはよく分からないけど、マイラーとしての性質がかなり明確になってきたように思える。1800のG1で外を回り続けて勝ち負けするほどの底力はなさそう。






Last updated  2021.12.05 12:34:54
2021.11.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
コントレイルの扱いに対する命題は挙げたしまた後ほども答えを述べますが、先に騎手のほうについて。

福永祐一にとっては、ここはこれまでの人生で数少ない、負けてはいけないレース。
ダービー初制覇以降は騎手としての壁を打ち破って多数のタイトルを獲得したけど、負けたら自分や騎乗馬の価値を大きく損なってしまうというレースは少なかったように思う。しかし今回は人生の代表馬の引退レースで、実績上では勝ち負けを競うほどの相手もいない。取りこぼしを許されない局面。

ダービーマスター状態であり他のG1も多数勝利しているが、しかしながらまだジャパンカップと有馬記念というチャンピオンシップ競争での勝利はない。

私は競馬は馬が主役であるものという認識で、騎手の個性や乗り方はあまり着目せず馬の能力や性質に興味を持って観戦してきました。人間の技術のほうをより大きく競うなら、違う形でやってくれと思うので。
しかし今回はもしかしたら人間の状態や乗り方のほうに着目する事になるかもしれません。勝てばもちろん祝福するし、負けたらまだ壁がある事を踏まえつつ、今後にそれを乗り越える事を願ったり乗り越えた時に祝福する事になると思います。


【ジャパンカップ】


◎オーソリティ
○コントレイル
▲キセキ
△アリストテレス
×ブルーム


天皇賞を見た時の感想は、コントレイルは3歳時の状態と能力にない、速い脚を長く使えなくなっているというもの。昨年のJC以来の姿から脱却できていないと判断。

あくまで私見であるけど、決め脚においてはエフフォーリアよりもコントレイルのほうがワンランク以上上というのが両馬のクラッシックや関連レースを見ての判断。ポジションにおいていいほうを相手に与えても、物理的に届かないところでなければコントレイルはベストパフォーマンスならエフフォーリアを逆転できていたように感じる。
しかし天皇賞は肉薄するのが一杯で、一生懸命走っても最後は突き離され気味の負け方。雨の影響を考慮したとしても三冠いずれも湿った馬場で勝っているし、天皇賞で一番伸びる位置を通った事を踏まえると、やはり腑に落ちない。

競馬においてはチャンスを作るのはスピード要素が大きいけど、最後に勝ち切るためにはスタミナが大きく問われると思う。本来は中距離馬であろうという資質と一年間露になっている手詰まり感、距離延長とダービーよりも体力要素が問われやすいJCの性質を考えたら、勝ち切るより惜敗というイメージのほうが合う。
それぞれ好成績の福永、矢作厩舎も、看板馬で一番取りたいところこそ取りこぼすというスパイラルも考慮したい。


負かすという推測をしたのは東京長距離のスペシャリスト、オーソリティー。
東京ならばスタミナ比べでも瞬発力勝負でもしっかり勝ち切ってきた馬。緩い流れからの瞬発力勝負だと体を持て余して甘くなるかと思ったけど、アルゼンチン共和国杯ではむしろ成長を感じさせる完勝。あからさまに強い相手以外では、東京では勝ち負けに加われないとは思えないし、ここにはそういう対象はコントレイル以外にはいない。
ただしオルフェーヴル×シンボリクリスエスならばスタミナと強敵耐性は万全。相手が強いほうが都合が良いくらい。

アルゼンチンでの鮮やかな抜け出しでJC本命は内定したけど、より印象的なのはダイヤモンドS。消耗度の強いペースを自ら動いていって、最後は軽ハンデ馬に差されたけど適性の高さとスタミナの豊富さを見せ付けた。ペースに関わらず止まる心配がないという意味で、コントレイルよりも心強い。


馬券は◎の単複と○以下への馬連、馬単、3単。


逃げる馬や仕掛けの主導権を取る馬は分からないけど、自力からのスタミナ勝負に持ち込んだ時に面白そうなのは京都大賞典の2-3着馬。キセキはもちろんだけど、アリストテレスも恐らく冬のほうが調子が上がる馬。燃える気性のバレークイーンの系統だから、冬でも3000mの距離では惨敗も致し方ない。左回りの2400が一番マッチしそう。
キセキは昨年は掛かったけど、前半抑えが利いての後半でのロングスパートなら面白い。東京でのスピードの持続力は豊富。

シャフリヤールのダービーの勝因はここ一番で自身の底力が爆発した事と、2着馬が距離が長くて止まり気味だった事の合わせ技。今度は止まりにくい相手になるし、ダービーよりもレベルも高い。勝ち負けのラインには来ないと見た。
替わりに外国馬で最も格が高い、騎手もレベルが高いブルームを抜擢。






Last updated  2021.11.28 12:15:47

全3003件 (3003件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.