2516875 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

星見当番の三角テント

蠍座の支配分野

蠍座で新月が起こる時は、蠍座の支配分野のお願い事が叶いやすくなります。
また、生まれた時の太陽・月・ドラゴンヘッドのどれかが蠍座にある人は、この新月の力を
ほかのサインの人より強く受けます。長所をより伸ばし、短所を克服するのに最適です。

蠍座は12サイン中8番目、偶数のサインですから「発散」よりは「吸収」が得意です。
運動区分は「固定」。一つ前の「活動」サインがスタートさせた物事を引き継いで
しっかりと固めるのが役目のサインです。エレメントは「水」。感情や絆に関係します。

支配星は冥王星。不可逆的な変化・死・再生・変容を司る天体とされます。
冥王星が発見される前は、火星が蠍座の支配星でした。現在も副支配星とされています。
火星は「自己主張」の星。「刃物」や「武器」も表し、「切り込んでいく力」の象徴です。

「奇数(発散)・活動(始まり)・火(意志の力)」の牡羊座では、この火星のパワーが
「新しい世界へ飛び込み自分を試す」という形で現れました。
「偶数(吸収)・固定(持続させる)・水(感情の力)」の蠍座では、火星の
「切り込んで行く力」は「特定の人間関係・自分と他人の感情の奥底」へと向かいます。
蠍座の大きなテーマは一言で言うと「コミットメント」です。

蠍座の大きなテーマは、「感情へ深く切り込んで(あるいは踏み込んで)行くこと」です。
一つ手前の天秤座(奇数・活動・風)のモットーは「偏らないこと」でしたが、
蠍座においてはむしろ「偏ること」がテーマです。偏る、というよりは「傾く」、
特定の相手に対して、心を傾け、中身を注ぎ込む(注ぎ込まれる)のが蠍座の世界です。
「傾倒する」「没頭する」「夢中になる(好きなもの以外見えない)」「偏愛」
といったことがキーワードです。

いま何か、心を注ぎ込んでいる相手や関係がありますか?
仕事や研究などで、心血を注いでいるもの、没頭しているものがありますか?
「そのことのためなら他のものはいらない」というくらい、心を占めているものが
ありますか?蠍座の新月は、そういった人たちを応援しています。

天秤座でスタートした「他人と共に生きていく」というテーマを蠍座は引き継ぎます。
天秤座のステージが「プロポーズから婚約・結婚式のセレモニーまで」だとすると、
蠍座は「実際の結婚生活」です。選んだパートナーと関わって行く中で、
踏み込み、踏み込まれ、互いに変容していく過程を蠍座は象徴しています。
(ちなみに愛をダンスだとすれば天秤座はワルツで蠍座はタンゴです)
現在のパートナーとの関係をもっと深めたいというお願いに蠍座新月は最適です。

天秤座も蠍座も愛のサインです。天秤座は社交的・博愛的な愛で「理解すること・
偏りのない目で見ることが愛」です。蠍座は「相手だけを見ることが愛・偏ってこそ愛」。
蠍座には「排他的な愛情」という意味もあります。「独占欲」「嫉妬」といった
ちょっとネガティブな意味もあります。

蠍座の支配星・冥王星は「究極」を司る天体です。副支配星の火星は「切断」を表します。
これは、「何かに集中するときには、別の何かをシャットアウトしなければならない」
「何かを選んだら、何かを捨てなければならない」ということです。

もっとも、あまりに独占欲や嫉妬心が強すぎて生活に支障をきたしているという場合は
蠍座新月に「独占欲や嫉妬心をやわらげたい」というお願い事をすることも可能です。
特に効果的なお願いの仕方としては、その強い独占欲や嫉妬のエネルギーを、
何か創造的なことに向けられるように、自分が変わっていけるように、と
お願いするといいでしょう。

蠍座の嫉妬・独占欲は、「相手は誰でもいいというわけではない」という証しです。
蠍座には「密閉」「密室」「秘密」など「閉ざされたもの」という意味もあります。
他の選択肢をシャットアウトし、ひとつのこと(一人の相手)に集中することで、
関係の密度を高めていくのです。人呼んで、愛の圧力鍋(誰が呼んだんだ;)。
愛の炎と密室の圧力で、仲良く骨まで食べられるほど煮えてみたい人は蠍座新月にお願いを。

(ご利用は計画的に。未成年の圧力鍋は禁止されています)

蠍座と180度反対に位置するサインは地の固定サイン・牡牛座です。
牡牛座のテーマは「グラウンディング(自分の周りの物質的環境に根を下ろすこと)」、
「自分の体(の欲求)・自分の持ち物(財産)を把握すること」「五感の発達」です。

蠍座も「根を下ろすこと」「把握すること」がテーマですが、水のサインなので
根を下ろす先は「相手との(感情的な)関係の中」であり、把握するものは
「相手の体(の欲求)」「相手の持ち物」「相手の財産」です。
「相手の持ち物」「相手の財産」については後で説明します。
「相手の体(の欲求)の把握」「相手との関係の中に(深く)根を下ろす」
ここから導き出される蠍座のテーマは…オトナの皆様は説明不要でしょう。

特定の相手との、体も感情もひっくるめた深い総合的な関わり合い全般が
蠍座の支配下にあります。ちなみに、自分の体・自分の感情の満足だけを追求する行為は
蠍座ではなく、牡牛座支配です。牡牛座はとことん「自分の満足」がテーマ、
蠍座は「パワーの相互チャージ」「エネルギーの交流・循環」がテーマです。

相手に心を許すこと、体を許すこと、深い部分で(肉体的に・感情的に)繋がること。
それによって相手と自分の関係・互いの心が変化すること。
そのことから生まれる喜びを大きく深いものにしたい、という願いをかけるのに
蠍座新月は最適です。また、心と体の深い部分を共にすることに伴う危険・リスクから
自分と相手を守りたいという願いをかけるのにも向いています。

上にあげてきたような、オトナの皆様向けのテーマがそぐわない年齢の方々には
蠍座新月は関係ないのかというと、そうでもありません。
「何かに没頭すること」「集中すること」という蠍座のテーマにおいては、
オトナもコドモも関係がありません。

現在オトナでない方へ向けての、「蠍座新月に叶いやすいお願い」を挙げてみましょう。

まずは「集中力」。自分が選んだテーマにだけ目を向けて、懸命に取り組むこと。
「すぐに気が散ってしまう」「必要なことだとわかっているのにやり通せない」
そういったものがある場合は、蠍座新月に集中力と持久力アップのお願いをしましょう。
目標達成のために、一筋になれること。我慢強さやひたむきさ。「蠍の星はいちずな星」、
蠍座は自律心や自制心の強いサインでもあります。

「相手と心の深い部分を共有する(分け合う)」ということから、
「信頼」「秘密を守る」「親友(ソウルメイト)」といった意味も蠍座にはあります。
心の深いところで結ばれた相手というのは、別に恋人に限ったことではありませんので。

大切な人を裏切らない、大切な人の秘密をばらさない、大切な人にウソをつかない。
相手に信頼される人になること。これらは蠍座の大事なテーマです。
それから、「人を見る目」というのも蠍座が支配しています。
自分が信頼していい相手と信頼してはいけない相手を見極める目、
ウソとホントを見分ける目を持ちたいという人は、蠍座新月にお願いしましょう。

さて。蠍座は獅子座・水瓶座と直角に交わる位置関係にあります。
西洋占星術で「直角」は「摩擦」「互いの目的が違う」ことを意味します。
獅子座と直角。獅子座のテーマは「自分が心の底から燃えること」あるいは
「自らの力で輝くこと(目立つこと)」でした。水瓶座のテーマは(天秤座に似てますが)
「公平・平等であること」「立場にこだわらないこと」です。

蠍座のテーマには、「裏方になって、他人を主役に立てる」というものがあります。
いわゆる「影の実力者タイプ」を目指すのが蠍座です。獅子座と方向性が違うの、
わかりますでしょうか。獅子座の目標がキングなら蠍座はキングメーカーです。
水瓶座が「立場にこだわらない」のに対し、蠍座は自分のポジションは死守します。

自分は表舞台に出ない代わりに、自分が見込んだ相手に対して、表舞台に立つのを
全面的に支援すること。自分の力を自分以外に託し、相手を通して目標を実現すること。
「力になってあげたい」「応援したい」という気持ちは蠍座が支配しています。

今、誰かを応援する立場にいる人、誰かがステージに上がるのを影で支える役の人、
自分の願いを、力を誰かに分け与え、託す立場に居る人は蠍座に守護されています。
蠍座の新月にお願いしてみましょう。決して押し付けではなく、相手に思いを託したい。
自分の思いが、相手の支えになるような応援・手助けをしたい。
大事な人が困っているとき、力になれるような人になりたい。
いざというとき、大切な人に頼ってもらえる自分になりたい。
そんなお願い事を、蠍座新月は歓迎します。

その他の蠍座のテーマです。
蠍座は「踏み込むサイン」であると同時に「受け継ぐサイン」でもあります。
相手の領域(物質・精神の両面)に深く根を下ろし、踏み込むことでもたらされる
「相手のエネルギー」を引き受け、受け継ぐことがテーマです。
「相手の意志(遺志)を託される」「先祖の意思を継ぐ」「遺産を受け取る」
「贈与を受ける」ことなど。

それから、負債(借金)、ローン、奨学金も、ある一定の約束の下に
他人のお金を使わせてもらうということで蠍座の支配下に入っています。
それから自分の収入の中から自治体へと託すお金、税金も蠍座支配です。
これから奨学金を狙う方、ローンを組む方、蠍座新月の力添えを願いましょう。
よい条件でローンを組めるように、とか、今ある負債を楽に完済できますように、とか。
相続や財産分与の問題でトラブルがある(今後トラブルが予想される)人もお願いができます。

自分のお金を使うのは牡牛座のテーマですが、他人のお金を使うのは
蠍座のテーマです。他人のお金を使うこと、というところから「金融関係」も
蠍座の支配下にあります。銀行員・お客様のために株や商品の売り買いを代行する人、
それから保険業なども蠍座支配です。「信用」「信頼」「秘密」というキーワードから
守秘義務のある職業の方、信用調査をする人なども蠍座に守護されています。

蠍座新月は、これらの職業の方が「お客様の信頼を得られる業者になれるように」
「安心して財産を任せて貰える人物になりたい」などと願うのに適しています。
また、「お客様」側からは、財産や秘密を託す相手が信頼できるかどうかを
見極めるための「選別眼」を得られるように、という願い方もできるわけです。

「見極める眼」「深く踏み込む」「秘密」というキーワードからは「心理学」や
「推理(洞察)力」といったテーマも出てきます。推理小説や、
人の深い心理に踏み込んだ作品を書きたい、という方も蠍座の新月にお願いできますし、
心理学の学生さんの学業成就祈願にも向いています。勿論、日常生活で
「相手の気持ちや求めているものがよくわかるようになりたい」と願うのもOKです。

「相手の心を把握する」「深く踏み込む」ということから「カリスマ的な魅力」
「セクシーな魅力」というのも蠍座の支配分野に入っています。
セクシーな自分になりたい、人をひきつける魅力がほしいという方は
蠍座新月にお願いしてみましょう。

支配星冥王星の影響で、蠍座は「絶体絶命の危機」「逆戻りできないこと」
「避けて通れないものと直面する」「死と再生」というテーマも持っています。
ちょっと怖いようなテーマですが、「ピンチをチャンスに変える」という意味や
「逆転復活」という意味もあります。「どんなに追い詰められても諦めない」
ということでもあります(これは火星のパワーも加わっています)。
どんな危機にあっても切り抜ける力がほしいという方、危機管理に強くなりたい方は
蠍座新月がチャンスです。

支配星である冥王星や火星が暴走すると、「破壊的な衝動」「全部ゼロリセットしたい」
「攻撃的な気持ち」などが表に出てくることがあります。相手の内面に深く踏み込みすぎ
とても残酷なかたちで相手を傷つけたり、あるいは傷つけられたりといったこと、
相手を自分の影響下に置いて操ること(操られること)などが、蠍座力の暴走です。
蠍座新月に、取り返しのつかないこれらの事態が起こらないよう、
無闇に何かを壊したがる衝動がやわらぐようにと願うこともできます。

蠍座の集中力を、「過去を忘れて(許して)生まれ変わる」ことにも使えます。
何か断ち切りたい過去がある方、困難を乗り越えて大きくなりたい、
生まれ変わりたい方は、目標がある場合ならば「ゼロから再出発したい」と
新月に願うこともOKです。何も展望がないまま、無闇に何でも壊したくなったら
一呼吸置いて、本当はどうしたいのか、どういう未来を望んでいるのか
見えてきてからもう一度、壊したいと思ったものに向き合ってみてください。

蠍座は生殖器官と排泄器官(膀胱や直腸)を支配しています。
生殖器官と排泄器官に発生する病気も蠍座支配です。
生理痛、各種婦人病、痔や直腸がん、男性のED、女性のPMS、膀胱炎などが
蠍座の支配する病気です。蠍座新月のときには、これらの症状の緩和や治癒を
願うのに適しています。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.