1793177 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

「きらりの旅日記」

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

2017.11.25
XML
テーマ:海外旅行(4133)
​​​​2017年11月13日(月)きらりは、夜のローマのテルミニ駅からホテルへ行く為に地下鉄に乗ります。

ローマの切符

地下鉄・バス・トラム・ミニバス共有切符・・・今から「100分間乗り放題」


きらりの『ローマ旅日記』・・・第6回 ローマの地下鉄に乗りましょう♪

自由旅の楽しみは・・・世界中の地下鉄に乗る事。

うっしっしはははっ!

地下鉄が無い国だったらどうなの・・・

と、言われてしまいますが

何ヵ国の地下鉄に乗っても

同じ作法で、同じ車両と出会う事が無い物です。

たま~に日本から輸出された

車両が走っている事もありますが

何しろ、うっかり者きらり。は、

地下鉄の切符が上手に買えた試がありませんショック

駅員さんに「出来ないの~オ泣き笑い

と、お願いする事が多くて

恥・恥・日本人の恥を重ねてまいりましたが

今度こそ

恥をかかないで・・・

初級レベルの旅から

中級レベルにステップアップせねばと

お勉強した結果


やっと、


誰にも頼らずに「地下鉄の切符」が買えたのであります♪

エライ?

地下鉄・バス・トラム・ミニバス・・・今から「100分間乗り放題」


お~い!


おい!


それは、中級じゃなく


クール初級だ~っ!


と、突っ込まれそうですがしょんぼり


何しろ


今まで重ねた失敗を語れば・・・


冷や汗たらたら雫


こんなにスムースに地下鉄の切符を買い


何線で、どこどこ行の列車に乗る


こんな簡単な事が


簡単に出来ないでは、自由旅を満喫したとは言えない!


しかし、普段から東京に20数年住みながらも


地下鉄に乗る時は、「路線案内」を確認するのですから


海外で、迷ったり・・・


(パリとニューヨークで)改札口に挟まれたり、


「大恥」は、仕方ない ウィンク


いつも同行の友人に笑われながらも


どれさえも、欠かせない思い出になっております。



さて、今回は


イタリア共和国の地下鉄の攻略!


イタリア・ローマは、ご存知の事と思いますが


町中が、遺跡だらけであり


どこを掘ってもローマ遺跡を掘りあてるそうで


まず、地下鉄A線が開通し


クロスする形で、地下鉄B線が開通したのですが・・・


その後、遺跡がザクザク状態で


新線は、なかなか開通できておりません!


その為にローマの道路は、いつも大渋滞で


夜間は、道路が左右両側が駐車場みたいな事になり


道路は、狭まり交通渋滞がシャレにならない街です。


早く確実に目的地に着きたい時は、


地下鉄が一番だと考えます。


私たちのホテルは、


テルミニ駅から


地下鉄A線に乗り


BATTISTINI(バティスティーニ)駅行き


終点のBATTISTINIで下車し


そこからタクシーでホテルに行く


結構~面倒な場所であります。


バチカン市国の裏手・・・2.9km先


と言う感じです。


確か?


16年前もその辺りのホテルだった気がします。


偶然、ですね~


しかし、昔の事は全てほとんど忘れて居るので


初めてと同じなのであります。


ローマの地下鉄切符は、必ず改札で上矢印矢印方向に刺して上から切符が出て来ます。

これは、日本のJRと同じですが・・・裏に刻印がされます↑


ATAC・・・


この日は、日付と時間21:03分ですね。


さぁ~地下鉄A線は?



大丈夫グッド


BATTISTINI→


行く先の終点駅の名前さえ読めれば誰でも簡単です。


BATTISTINI→


矢印を辿るとホームに到着

あら~これって


ちょっとロンドン・チューブに似ていますね!?


ロンドンの狭い地下鉄よりは、広いけど


思い出してしまいます。



電車は、あと3分で来るみたいです!


可愛いシロクマの広告がっ


何って書いてあるのでしょうね下向き矢印
​​​
L’INVERNO NON FAPIU PAURA

冬は、書かれていない ,

CON IL VACCINO ANTINFLUENZALE.

抗インフルエンザワクチンによる。

VACCINATI

ワクチン接種



「インフルエンザのワクチン接種しましょう~」


なのでしょうか?



そんな広告を見ていると・・・地下鉄が来ました!


地下鉄には、


開ける時に押しボタンがありますが


テルミニ駅では、


自動で開きました。


ほっ。


どどっと、沢山の人が乗りこんで「満員」


ローマの地下鉄には、


「スリ」が、いっぱい居る!


と言うのは有名なので


貴重品が入ったポーチは、


コートの中に入れ


コートの上から更にポーチのファスナー辺りに手を当てて保護


これなら、どんな「プロのスリ」でも手が出せないだろう!


どうや~っ!


そんなにガードしながらも


顔は、涼しい顔で目立つては居ないだろうと・・・


しかし、日本人はオロか


東洋人の一人も乗って居ない!


鼻が何処までも高く、細く尖がっているんだろう?


と思えるイタリア人だらけであります。


ローマの地下鉄の一番の特徴は、


「つり革」が無い事。


これは、かなりの国で地下鉄に乗ったけど


つり革が無い!


と、言うのは始めての事。


だったら~何処に、つかまるんじゃ~い!!!


本来なら「つり革」が下がるべきポール


ここに、つかまる!


ショックええ~~~っ


高っか~~ぁい!


ミーちゃんも、私も、全く届きませんよ~しょんぼりしょんぼり


背が小さい人の為に


乗降扉の中央に「縦にポール」があります。


出来たら、そこに


つかまりたい!


が、そこには、すでに怪しい「おじさん達」がっ


びっしりです!


スリは、出入口に居ると言うし


チームでスリを働くとも聞いているので


浅黒く真っ黒い髭のおじさん達は、


失礼ながら近寄りがたく・・・怖すぎ


(マドリッドでカップルのスリにバックを触られた経験から)


と思うと、男女カップルのスリも居ると思うと


夜の地下鉄は、


油断ができません!


私たちは、中途半端な場所で


ゆらゆら地下鉄の振動に耐えておりましたら


終点に近づくにつれ空いて来て


座る事ができました(^0^)♪はぁ~


これで安心ね~


「テルミニ駅」から終点「バチェスティーニ」までは、11駅で


30分強でしょうか?


ローマの地下鉄は、短いですね。


終点「バティステーニ」は、


静かな住宅街であります。


駅を降りると・・・階段が12段位あります


この時は、階段だけと思ったら


右にスロープが2本ある事を発見したのは


帰国の時でした。


小さいながらも


2Lのお水を乗せたトランクは、


めっちゃ~重たい訳で


11月13日午後9時過ぎのローマは、


ぱらぱらと雫小雨が落ちて来ました!


駅で、タクシー乗り場は何処ですか?


と聞くと・・・


「信号を渡って左だよ!」


ころころトランクを転がし・・・


信号を渡ったけど


タクシーはおらず


左と言うので、もう一度信号を渡ると


タバッキーが見えたけど


もう閉まっているのか?


つぶれたのか?


タクシー乗り場も無いし


聞こうと思ったタバッキーも駄目なので


もう一度、信号を渡り


小さなコンビニ商店をのぞくと


中には、中国人店員


そう言えば、マドリッドも中国人店員だったけど


小さなコンビニ商店は、中国人って定番なのだろうか?


それにしても、愛想の無い


お客の青年が5人程いて


私たちの顔を見ている


タクシー乗り場を聞くけど・・・知らないよ!


ですって、どうなってるの?


地下鉄の終点の駅にタクシー乗り場が無いなんて


考えられません!


お店から出ると


大きな体のマダムが居たので


タクシー乗り場は、何処ですか?


と、聞くと


「タクシーは、電話電話で呼ばないと」


え~っ!


勿論、イタリアのタクシーは、道で拾えない事は知っております。


タクシー乗り場で乗るのは、常識ですが


駅にタクシー乗り場が、すぐにあると思ったのが大間違い!


いや~住民は、タクシーに乗らないのかもしれない?


電話でタクシーを呼ぶ方法まで調べておりません!


困りました~もう夜、小雨が雫ぱらぱら


心細いです涙ぽろり涙ぽろり


本当に「ひとり旅」じゃなくて良かった~


こうなったら、もう一度「バティステーニ駅」で聞いてみよう!


信号を渡り・・・結局、交差点をひと回りした事に


駅前で、聞いたら


今度は、


「この坂を登って左にあるよ!」


ええ~っ!


全く、違う方向ですけど・・・


そろそろ寒くなって来ました!


どうも、この坂の先にタクシー乗り場がある気がして来ました。


そうよ~絶対にあるに違いない!


私たちは、かなり暗い坂道をトランクを転がしながら100mほど


昇って来たら


白いタクシーがっ!


10台程、並んでいます!


「TAXI」タクシー乗り場です。


白タクでなく、ちゃんとしたタクシーが、10台も


近寄ってみると、


どのタクシーにも人気がありません!


しょんぼりえええええ・・・・・っ


タクシー乗り場のタクシーの運転士さんは、


みんなお食事?


それとも、ここは「タクシー置き場」なのか?


タクシーで寝てるのかしら?


中を見ても・・・空


冷たい雫小雨がぱらぱら


どうする?


はぁ~ほえー


今までうまく行きすぎたのかな?


何かしら、落とし穴があるものね~


と、しょんぼりしていると


何処からか?


運転士さんが来て


前方から車を持って来てくれた。


これに乗りなさい!


あ~っ、ありがたいスマイルスマイル


グラッチェ。ちょき


白タクじゃなく、ちゃんとしたタクシーです。


若い運転士さんは、感じが良くて


トランクを持って座席に座ろうとすると


駄目駄目、と言って


後部ドアーを開けて、こっちに入れる様に促し


私は、また法外なトランク代金を取られそうなので


NON グラッチェ!


と言ったけど・・・それでも


にっこり運転士さんは、後部ドアーに立って居る


ミーちゃんが、駄目よ~積んでもらいましょ!


と、言うので・・・しぶしぶ


バティステーニ駅からホテルまでは、


複雑な道のりであります。


住宅街に入り、大きな道路を通り抜け


また住宅街をクネクネと走り抜けます。


それでも15分位でしょうか?


ホテルに到着料金は、8.5ユーロ位で


トランク2個分の料金を請求しない良心的な運転士さんなので


10ユーロを支払ましたら


とっても喜んで気持良く


グラッチェ~ブォナノッテ~♪

ありがとう~おやすみなさい~♪


と帰って行きました。


いや~やっとですね!


ホテル・クラブハウス・ローマ☆☆☆☆3泊


格安旅なのに4つ星とは、ラッキーですが


何と言っても、駅からタクシーは、どうも不満であります。


海外の安全は、お金でと・・・思いつつも


タクシーを探すことで、こんなにドキドキするなんて


「女ひとり旅」には、とてもお勧めできないホテルであります。


ホテルの様子は、次回にホテルネっ。

ローマ地下鉄おとめ座ぽち右矢印にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ






最終更新日  2017.11.25 00:00:22
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.