3212994 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「きらりの旅日記」

PR

カレンダー

プロフィール


ほしのきらり。

2019.08.26
XML
カテゴリ:美術館・博物館
​​​​​​​​​​​​​​​​​​『ルーベンスの家』ルーベンスのコレクションは、ローマのパンテオン風の円形ドームのある古代彫刻のための展示室で公開されております。2019年4月11日(木)16時15分頃スマイルスマイル友人と訪問。


きらりのわがまま『ベルギー旅日記』・・・第130回


Rubenshuis

古代彫刻のギャラリー


ルーベンスのコレクションでありますグッド


ここは、巨匠=ルーベンスの家の中であり


お宅訪問でありながら・・・中に


ローマの「パンテオン」風下向き矢印

半円形ではありますが~ドームの天井には上向き矢印


ローマの「パンテオン」と同じ


天に届く「丸い穴」のイメージで造られました。


一般住宅では・・・ありえない「古代ローマ」です。


中央の彫刻は下向き矢印

ルキウス・アンナエウス・セネカの像

​ルキウス・アンナエウス・セネカ・・・とは?​​
​Lucius Annaeus Seneca​​

古代ローマの人物

紀元前1年頃-65年4月

ユリウス・クラウディウス朝時代

紀元前27年-紀元後68年

ローマ帝国の政治家・哲学者・詩人である。


セネカは・・・

第5代ローマ皇帝ネロの幼少期の家庭教師である。

治世初期には、ブレーンとして皇帝を支えた。


ルーベンスの彫刻コレクションを観てまいりましょう歩く人ダッシュ歩く人ダッシュ



ルーベンスのイタリア修行時代は・・・

1598年、ルーベンスは国内での修行を終え

一人前となり芸術家ギルドの聖ルカ組合の一員となった。


1600年、ルーベンスは・・・

古代と近代の作品を学ぶ目的でイタリア各地へ



ヴェネツィアで

「ティツィアーノ」「ヴェロネーゼ」「ティントレット」


マントヴァで、

マントヴァ公ヴィンチェンツォ1世ゴンザーガの宮殿に向えられる。


ヴェロネーゼとティントレットの色彩感覚と作品構成は、

ルーベンスの作品に即座に影響を与える

後年になって円熟期を迎えティツィアーノの影響が見られた。




ルーベンスは・・・

 マントヴァ公からの金銭的援助を受ける。

モンテルト枢機卿への推薦状を手に

1601年、フレンツェを経由しローマへ


ローマでは・・・

古代ギリシャ・古代ローマの芸術作品に触れる

イタリア人芸術家たちの作品の模倣に努める。




ルーベンスは・・・

 当時の最先端であった「カラヴァッジョ」

の高度な自然主義表現にも影響を受ける。

後にカラヴァッジョの『キリストの屈葬』の複製画を制作する。

外交官として

 マントヴァ公からの依頼を受けて

現在は、パリ『ルーヴル美術館』所蔵の

 カラヴァッジョの『聖母の死』の買い付けも手配した。

ルーベンスは、ローマ滞在時に

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂からの依頼で

最初の祭壇画『聖ヘレナと聖十字架』を完成させている。




ルーベンスは・・・

スペインに外交官の仕事も兼ねて訪問。

1604年、イタリアへと帰還し4年間で

マントヴァ、ジェノヴァ、ローマを転々とした。

ルーベンスは・・・

この時期に『ブリジーダ・スピノラ・ドリア侯爵夫人』などの

肖像画を多数制作しており

マリア・ディ・アントーニオ・セッラ・パッラヴィチーニを描いた

肖像画は、後世の画家たち

ヴァン・ダイク、レイノルズ、ゲインズバラの作品に影響を与えた。

1606年~1608年、ほとんどローマで過ごした。

境界キエーザ・ヌオーヴァの主祭壇画を制作する。



ルーベンスの・・・

イタリアでの経験は、

その後のルーベンスの作品に影響を与え続けた。

 イタリアを離れてからも

イタリアの知人たちと多くの書簡を交わしており

イタリア名を「ピエトロ・パウロ・ルーベンス」

​Pietro Paoro Rubens​​と著名し

イタリアへ戻る事を強く望んでいることを書き綴っているが

ルーベンスのイタリア帰還が叶うことは無かった。​


イタリアへ戻りたい失恋そんな想いを感じます。



それでは・・・本物は?


ローマ『パンテオン』・・・とは?

2017年訪問当時のパンテオン

彫刻で囲まれておりました音符彫刻・・・大きっ。



ドーム天井も、大きい下向き矢印

月夜に訪問したので、円天井は黒いですが~


ルーベンスも好きだった手書きハートパンテオンの本物でした。


・・・つづく・・・


彫刻におとめ座ぽち右矢印にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019.08.26 00:10:08
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.