3470014 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「きらりの旅日記」

PR

カレンダー

プロフィール


ほしのきらり。

2019.11.19
XML
​​​ルクセンブルク大公国【世界遺産】ルクセンブルク市の旧市街と要塞群を訪問したのは、2019年4月13日(土)友人のミーちゃんとの2人旅ですスマイルスマイル


きらりの『ルクセンブルク旅日記』・・・第18回


City of Luxembourg:its Old Quarters and Fortications

ペトリュス渓谷の底を歩いております歩く人ダッシュ歩く人ダッシュ



びっくりびっくりおおお・・・やっと人間に出会いました



犬のお散歩をしているのは、確かに「現地女性」



「ペトリユス・エクスプレス」の乗り場を聞けますよグッド



もう〜すぐに人に聞く・・・私きらり。



しかし・・・「分からないわ!」


と行ってしまいましたしょんぼりしょんぼり

号泣もう〜どうするの号泣

​​​
​深い深い渓谷の底で・・・「迷子」​


悲しくなって来ました。



このままペトリュス渓谷を歩いて進めば


​​谷底の町「グルンド」に着くと思われますが​​



私の計画では・・・


谷底の町「グルンド」の上『虫歯』から

「ペトリュス・エクスプレス」に乗って

ペトリュス渓谷をひと周りしたい♫


なのですが〜しょんぼりしょんぼり


なんせ失敗の根源は


ホテルに地図を忘れた私=きらり


誰のせいにもできないのであります!!



改めて地図で見ると私は、とんでもない事にしょんぼり

現在地上向き矢印アドルフ橋の下あたり 目的地は右上「虫歯」ポック上向き矢印



めっちゃ〜遠いです。



どうやって行くのでしょう!?

​​​


こんな時に神様は、私たちを必ず助けてくれるのです。



その神様は、滅多に現れないのですが・・・



誰も通らないペトリュス渓谷の底に



ひと組のカップルが歩く人ダッシュ歩く人ダッシュ



歩いてくるでは・・・ありませんか



「ペトリュス・エクスプレスの乗り場はどこですか?」



と聞くとカップルは、



「私たちの後を着いていらっしゃい!」と言うのです。



えええ・・・スマイルスマイル



案内してくれるみたいですグッド



なんと〜親切な現地のカップル



現地カップルは、



要塞の崖を登り始めましたびっくりびっくり



えええ・・・っ



要塞の上に乗り場は、無かったのですが



長い足のカップルは、



大股で大きな石段をスイスイと登って行きます!



私は、モデル並みの長い足を羨ましく思いながら



よいしょ、よいしょ と遅れながら登ります。



いやいや〜深い谷であります。



下りと上りでは、当然辛さ倍増。



モデル並みの現地カップルは、



振り返って私を見て「大丈夫ですか?」



と多分ルクセンブルク語で励ましてくれているみたいですが



「もう少しよ!」



は〜い頑張ります!!



いや〜登って見るとびっくりそこは「アドルフ橋」新市街です。

長い間「アドルフ橋」は、工事中だったらしいですが



完成してはいますが・・・その交差点は掘られています。



旧市街の「憲法広場」から見えた

​ルクセンブルク国立銀行​(午後2時)



目の前に見えた事で・・・



自分がとんでもない場所に居ることが分かって来ました。



ここでカメラ写真を写したら



カップルがこちらを振り向いて



スマイルスマイル写真ですか?行きましよう!」と



あら〜まだ先まで連れて行ってくれるのでしょうか?



私たちは、カップルの後に続きます歩く人ダッシュ歩く人ダッシュ

この2人です上向き矢印上向き矢印私たちを助けてくれたカップルです手書きハート



後ろ姿は、後光が差して見えませんか!?



カップルは・・・



【世界遺産】ルクセンブルク市の旧市街​と要塞群を



端から端まで・・・



私たちを連れて案内してくれております歩く人ダッシュ歩く人ダッシュ


​「聖ミッシェル教会」


ルクセンブルク市内最古の教会。


聖ミカエルが守護神の教会です。


どきどきハートこんな親切にしてくれるなんて・・・



到着したらお金を要求されるかも!?



いや〜そんな失礼な想像ダメですョ。



旧市街の近道をドンドン通り抜けて連れて行ってくれました。



もぅ〜しょんぼりしょんぼり申し訳なくて



何とお礼をして良いか分かりません!



坂を下ると・・・



目的の「ペトリュス・エキスプレス」の出発場所



ポックの砲台「虫歯」に到着。



現地の親切なカップルは・・・



スマイルスマイルここですよ!」と



あっさり宣言すると



元、来た道を戻って行きました。



あらら〜何とびっくりびっくり



あっさり、親切。



お金の要求どころか



申し訳なさすぎじゃ〜ないの?



外国人に親切にするって大切だけど



歩いて世界遺産の端から端まで歩いて来てくれるって



どうやって感謝したら良いのでしょうか?


♪​ありがとう​♪

ルクセンブルクのカップルさん〜スマイルスマイル



・・・つづく・・・

ルクセンブルクにおとめ座ぽち右矢印にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ










最終更新日  2019.11.19 00:10:11
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.