3903482 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「きらりの旅日記」

PR

カレンダー

プロフィール


ほしのきらり。

2020.04.08
XML
カテゴリ:美術館・博物館
​​​​​​​ベルギー【世界遺産】ブルージュ歴史地区の中心「ブルグ広場」の南側に建つ「ブルージュ市庁舎」から2階へ上がると美しい「ゴシック・ホール」有料部分を観てまいりましたスマイルスマイル2019年4月・・・1年前の訪問。


​きらりのわがまま『ベルギー旅日記』ブルージュ篇(117回)​


​Stadhuis『ブルージュ市庁舎』​


「ブルージュ市庁舎」2階部分を訪問するって珍しい私たちスマイルスマイル


この1階までは・・・無料です上向き矢印


新型コロナで厳しい事態となっておりますが〜この訪問は、


2019年4月、1年前であります手書きハート


​Stadhuis『市庁舎』​自由ブルージュ博物館​・共通券​


【料金表】

26歳〜64歳 6ユーロ

65歳以上 5ユーロ

18歳〜25歳 5ユーロ

18歳未満 無料

団体割引(1人)5ユーロ


【ブルージュ・美術館カード】

26歳以上 28ユーロ

18歳〜25歳 22ユーロ


【ミュージアム・パス】50ユーロ


6ユーロ、ちょっとショック高いと思いましたが上向き矢印


公文書館の「自由ブルージュ博物館」との共通券・・・みたいです。


料金を支払って2階の階段を上がると目がハート目がハートあらっ!?


『ゴシック・ホール』



星なんと〜美しい〜星別世界〜星



『ゴシック・ホール』です目がハート目がハート


教会?  礼拝堂?  迎賓館?


天井を見上げると・・・ドーム型屋根に紋章
 
斬新なデザインです〜見たこと無い目


「ゴシック・ホール」は・・・


ブルージュのブルグ広場の南側


ブルージュ市庁舎の2階にありますグッド


スマイルスマイル私とミーちゃんは・・・


市庁舎に入り【入場料】を支払って2階まで階段を上がって来他のですが


星なんと〜金ピカ星


ホール全体には、装飾が施され目がハート目がハートビックリ


市庁舎の外から見えた縦長の窓は

ホールの中から見ると「ブルージュの歴史」が描かれてて年号も上向き矢印



特に素晴らしい装飾は・・・正面部分

正面・左側の絵画、天井まであります。


正面・中央


正面は、紋章と金を多用した見事な装飾です手書きハート


正面・右側


かつては・・・


繁栄を誇った『ブルージュの歴史』が壁画として描かれています。




『ブルージュの歴史』は・・・


戦いの歴史でもありました。


14世紀の「コルトレイクの戦い」は、


フランスの侵略からフランドルの独立を守った歴史も


ご一緒に学んできましたね〜手書きハート




ブルージュ市庁舎 Stadhuis van Brugge は・・・


フランボヤン・ゴシック様式の建築です。


1376年、Louis de Male「フランドル伯ルイ2世」により


石工親方、Jan Roegiers「ヤン・ローヒルス」に発注され


1421年、完成しました。



フランドル地方とブラバント地方では・・・


一番、最初に作られた「後期ゴシック様式』の市庁舎と言えます。


ゴシックホールの中央あたりに下向き矢印「説教壇」のような物が



ゴシックホールでは、ミサも行われたのでしょうか?





1887年、火災で市庁舎の内部は・・・


かなり酷い状態になってしまいましたがショック



ブルージュ出身の建築家


Louis Delacenserie「ルイ・ドゥランスリー」の


20年にも及ぶ改修により


この2階部分は、美しい「ゴシックホール」に


生まれ変わりましたグッド



その建築家「ルイ・ランスリー」は・・・


アントワープ中央駅のネオ・バロック様式の


巨大なドームを設計したことで有名な建築家ですグッド



1190年、ですね・・・



当時の靴もはっきり描かれています。


いやいや〜豪華絢爛でしたねグッド



後方の扉から歩く人ダッシュ歩く人ダッシュ出ましょう〜


扉から出ると・・・




歴史的な説明が・・・あります。




歴代の政治家の肖像画でしょうか?中央に女神様。


ブルージュ旧市街地は・・・卵型です。


Burg.「ブルグ広場」の位置は、赤く塗られています上向き矢印


要塞に囲まれ、いくつかの橋が門となり出入りしたのですね。



De ambachten besturen mee



オランダ語:工芸品が散りばめられた上向き矢印



最後の晩餐・・・みたいな絵画(不明)



ここは、さっくりと見ながら通り過ぎ・・・


ここのステンドグラスは、フランドルの特徴で

フェルメールの絵画を思い出しますね〜手書きハート



・・・つづく・・・​

世界遺産におとめ座ぽち右矢印にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ









最終更新日  2020.04.08 00:10:08
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.