4018063 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「きらりの旅日記」

PR

カレンダー

プロフィール


ほしのきらり。

2020.06.04
XML
カテゴリ:美術館・博物館
​​​​​​パリ散歩は、パリ1区の「テュイルリー庭園」の春と冬を順に楽しんでいます。贅沢ですね〜ガイドは、巨匠カミーユ・ピサロです。


手書きハートメトロポリタン美術館・ピサロ手書きハート


カミーユ・ピサロ
Camille Pissarro
French,Charlotte Amalie,Saint Thomas
1830-1903 Paris

​The Garden of Tulleries on a Winter Afternoon,1899​

Oil on canvas


​『テュイルリー庭園、冬の午後に』1899年​

油彩・カンヴァス


1898年12月、パリ・リヴォリ通り204番地の


テュイルリー庭園の向かいのアパートを借りて


カミーユ・ピサロが描きました。


庭園の素晴らしい景色と、左のルーヴル宮


背景には、木の後ろの岸壁の家々


オテル・デ・ザンヴァリッド(アンヴァリッド)は、


ルイ14世が、傷病兵を看護する為に建設した施設です。


栗の木の塊の後ろには・・・


「サント・クロチルド聖堂」


2つの尖塔が、とても美しいです。


ピサロは・・・


次の冬と春の間に、8つの街並みを描いた。


これのように「テュイルリー庭園」の6点には、


「サント・クロチルド聖堂」が背景に入っています。


それでは、ニューヨーク『メトロポリタン美術館』に


並んで展示された3点のうち


残りの2点を見てみましょう下向き矢印

さくら『春の朝のテュイルリー庭園』1899年​



雪​『冬の午後のテュイルリー庭園』1899年​​


画面構成は、微妙に違いますが・・・


確かに2つの尖塔がある「サント・クロチルド聖堂」


スマイルありますねちょき


​『テュイルリー公園』・・・​とは?


数百年の歴史を持つ、パリ最古の公園ですグッド


パリの中心→パリ1区


1563年に建設が始まった


「テュイルリー宮殿」
Palais des Tuileries


建設には、約100年の年月を費やして完成。


​『テュイルリー庭園』ができたのは・・?​


1664年、ルイ14世が、


ヴェルサイユ宮殿の庭園なども手掛けた


ル・ノートルによって噴水や散歩道などが整備され


現代に残る庭園が作り上げられたが


1683年、王宮は「ヴェルサイユ宮殿」に移ってしまうしょんぼり


再び、テュイルリーに王宮が戻るのは・・・


フランス革命最中の1789年の事である。


1871年、パリ・コミューンの戦いで


テュイルリー宮殿は、炎焼失する。


「テュイルリー」という地名は・・・?


テュイール瓦の製造工場がここにあった事に由来する。



ピサロが描いた時とほぼ変わらない庭園でよね。


世界遺産の庭にグッドぽち右矢印にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ​​​​​​






最終更新日  2020.06.04 00:10:09
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.