4148281 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「きらりの旅日記」

PR

カレンダー

プロフィール


ほしのきらり。

2020.07.14
XML
カテゴリ:美術館・博物館
ルノワールは、​​​​​​​1881年春アルジェリア旅行。夏は友人の別荘で過ごし10月には、突然イタリアへ旅立ちます。そして「サロン」に応募する理由を手紙に認めております。


手書きハートルノワールを知りたい手書きハート(その11)​





ピエール・オーギュスト・ルノワール

​Pierre-Auguste Renoir​



1841年2月25日〜1919年12月3日(78歳没)


フランス人『印象派の画家』


1881年初頭から・・・


経済的危機を脱したデュラン=リュエルが


ルノワールの作品を定期的に購入し始めます賞金


ルノワールは、


1881年3月〜4月、アルジェリアに旅行する。


ドラクロワ下向き矢印「アルジェの女」

ドラクロワを魅了した色彩豊かな


オリエントに惹かれたのでしようか?


ルノワールは、『モスク』を描いた。


ルノワールは、旅行先からメールするデュラン=リュエルに宛ててポスト


次のように手紙を書いた。


「私が、なぜサロンに作品を送るのか

 あなたに説明しようと思う。

 サロンを通さずに絵画と結びつき得る

 美術愛好家は、パリには15人もいない。

 サロンに入選しない画家の作品を

 1点も買おうとしない人は15万人はいます。

 これが、毎年少なくとも2点の肖像画を

 サロンに送っている理由です。」


これが、ルノワールが「サロン」に応募した理由であったうっしっし


1881年夏、ルノワールは、


ヴァルジュモンのポール・ベラールの別荘で過ごす。


近くのヴールヴィル、ヴァランジュヴィル=シュル=メール


ディエップを訪れた。


​1881年の「サロン」に応募。入選​星


アカデミーから、フランス芸術家協会に移管され


初めての「サロン」である。


ルノワールは、


『ピンクと青、カーン・ダンヴェール家のアリスとエリザベート』と


肖像画1点を入選させた。


​第6回・印象派展には、不参加。​


この時『印象派』は、3つに別れていたほえー


ピサロを中心としたグループ。


ドガを中心としたグループ。


印象派展を離脱して「サロン」に戻った


ルノワール、モネ、シスレー、セザンヌの3つに分裂ショックショックショック


1881年10月、ルノワールは・・・

突然、イタリアへ旅立ち、


最初は「ヴェネツィア」に滞在。


その地からメールするシャンパンティエ夫人にポスト


「私は、ラファエロの作品を見たいという願望に取り憑かれました。」


と書いている。



11月21日、ナポリからメールするデュラン=リュエルにポスト


「私は、ローマでラファエロを見てきました。

 非常に素晴らしい。

 私は、それをもっと早く見ておくべきでした・・・

 私は、油彩画ならドミニク・アングルが好きです。

 しかし、ラファエロのフレスコ画には、

 驚くべき単純さと偉大さがあります。」


と書き送っている。


ルノワールは、当初は、ラファエロを模倣する


アカデミズム絵画を侮蔑しており


冷やかしのために見に行ったようだが


ローマのヴァチカン宮殿の

ラファエロ「署名の間」聖体の理論や



アテナイの学堂


ヴィラ・ファルネージーナの「ガラテアの勝利」を見て感動した。


この時のイタリア旅行には・・・


アリーヌ・シャリゴも同行したダブルハート


カプリでアリーヌをモデルにして制作した


『ブロンドの浴女』の左薬指には、指輪がはめられている指輪



ルノワールにおとめ座ぽち右矢印にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ​​​​​​​






最終更新日  2020.07.14 00:10:13
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.