5332450 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「きらりの旅日記」

PR

X

カレンダー

プロフィール


ほしのきらり。

2021.08.05
XML
カテゴリ:美術館・博物館
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​パブロ・ピカソの晩年(まだまだお元気!)について詳しく知っておきましょう〜晩年に至っても恐るべき集中力で創作されますスマイル

Pablo Ruiz Picasso

『草上の昼食(マネによる)』

パブロ・ルイス・ピカソ
​​Pablo Ruiz Picasso

1881年10月25日〜1973年4月8日(91歳没)

​​みずがめ座ピカソの『晩年の出来事』みずがめ座
 1954年→亡くなるまで

1954年(73歳)4月、​20歳のシルヴェット・ダヴィッドと出会い

約40点ほどの肖像画を描く。

6月、ジャクリーヌ・ロックのイメージの

3点の肖像画を描く。

7月、パリの思想会館「ピカソ:2つの時代1900-14年と1950-54年」展。

9月、パリのグラン=ゾーギュスタン通り7番地のアトリエで

ジャクリーヌと一緒に暮らし始める。

12月13日〜2ヶ月間、ドラクロワ(1798年〜1863年)の

「アルジェの女たち」を基にした連作を描く。

ヴァロリスの平和の殿堂に1952年作の

『戦争』と『平和』が展示。


1955年(74歳)2月11日、​最初の妻:オルガ(1891年〜)カンヌで死去。

5月〜6月、ロンドンのマルボロー画廊で素描と彫刻の展覧会。

6月〜10月、パリの装飾美術館で「ピカソの絵画:1900-55年」展

10月〜翌年1月、ミュンヘン、ケルン、ハンブルクに巡回。

夏、ニースに映画スタジオで、

アンリ=ジョルジュ・クルゾーの映画『ピカソの神秘』を制作。

カンヌの「ラ・カルフォルニー」に移る。19世紀の凝った館で、

ゴルフ=ジュアンやアンティーブが一望に見渡せた。

アトリエから眺めた庭の絵を描く。


1956年(75歳)『海辺の2人の女』など

水浴者を主題とした作品を描く。

10月25日、ヴァロリスのマドゥーラ陶房の

陶工たちによって75歳の誕生日が祝われる。

ハンガリー動乱に対するソ連の内政干渉についての

抗議文が「ル・モンド」紙に掲載される。


1957年(76歳)パリのレイノルズ画廊で、

1955年〜56年に描かれた新作が発表される。

5月4日〜9月8日、ニューヨーク近代美術館で

「ピカソ:生誕75周年」展が開かれる。この展覧会は、

10月29日〜12月8日、フィラデルフィア美術館に巡回。

7月6日〜9月2日、アルルのレアテュ美術館でも展覧会。

8月〜12月、ベラスケス(1599年〜1660年)の

『女官たち(ラス・メニーナス)』

に基づいた作品を58点制作。


秋、ユネスコ本部より大壁画の制作を依頼される。


1958年(77歳)ユネスコの壁画の主題が、

1月18日、「イカロスの墜落」に最終決定。

3月8日〜6月8日、パリの思想家会館で陶芸展。

3月29日、ヴァロリスの小学校の校庭でユネスコの壁画の贈呈式。

4月〜6月「ラ・カルフォルニー」のアトリエから眺めた

『カンヌの湾』を何店か制作。

リノカットの制作を始める。

9月、ヴォーヴナルグ城を購入し、しばしば制作。

そこは、セザンヌ(1839年〜1906年)の住んでいた

エクス=アン=プロヴァンスに近い

サント=ヴィクトワール山に建つ14世紀の城であった。


1959年(78歳)2月​〜1961年春までヴォーヴナルグ城に滞在。

5月22日〜6月27日、ルイーズ・レイリス画廊で「ラス・メニーナス、1957」展。

ドラ・マールをモデルにした1941年作のブロンズ像『女の頭部』が

パリのサン=ジェルマン=デ=プレの墓地に

アポリネール(1880年〜1948年)記念碑として設置され

6月5日、除幕式。

マネ(1832年〜1883年)

『草上の昼食』に基づいた作品を

8月から制作、以後2年間さまざまなヴァリエーションを手がける。

ピカソ『草上の昼食(マネによる)』1961年

17世紀の有名な闘牛士ホセ・デルハルド(ぺぺ・イリョ)が

1796年に書いた『ラ・タウロマキア(闘牛技)』に

27点の銅版画を入れた挿絵本が、

10月にバルセロナのラ・コメータ社より刊行。

ゴヤ(1746年〜1828年)の1815年の版画集

『闘牛技』に匹敵するものである。


1960年(79歳)6月15日〜7月13日、​

ルイーズ・レイリス画廊で、リノカット45点の展覧会。

7月6日〜9月18日、ロンドンのテート・ギャラリーで大回顧展。

10月〜バルセロナ建築大学の壁画装飾のための下絵を始める。

11月〜12月、バルセロナのサラ・ガスパール画廊で個展。


1961年(80歳)3月2日、​ヴァロリスで

ジャクリーヌ・ロックと正式に結婚ダブルハート

6月、新しい別荘「ノートルダム=ド=ヴィ」へ移る。

ムージャン村に近いカンヌを見下ろす丘の上に建てられた別荘。

10月28日、ヴァロリスで80歳の誕生日の祝賀会。

10月25日〜11月12日、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で個展。


1962年(81歳)1月26日〜2月24日、​

ルイーズ・レイノルズ画廊で近作による個展。

ニューヨークの代表的な9つの画廊が協力して、

「ピカソ:アメリカでの賛美」展。

4月、バルセロナ建築大学の壁画装飾が除幕される。それは

カタロニヤ地方の伝統的な踊りや祭りにヒントを得た作品。

5月、2回目のレーニン平和賞を受賞。

5月14日〜9月18日、ニューヨーク近代美術館で「ピカソ生誕80年」展。

個展的主題を基にして


『サビニの女たちの掠奪』を描く。


1963年(82歳)3月9日、​バルセロナのトカーダ通りに

ピカソ美術館が開館。この美術館の開設には、

サバルテスの大きな尽力があり、彼が館長となる。


1964年(83歳)1月11日〜2月16日、​カナダの

オンタリオ美術館で「ピカソと人間」展。

この展覧会は、モントリオールにも巡回。

1月15日〜2月15日、ルイーズ・レイリス画廊で近作展。

フランソワーズ・ジローが『ピカソとの生活』を出版。

個人的な回想録のため、ピカソは激怒怒ってる

5月23日〜6月5日、東京国立近代美術館で回顧展。

京都と名古屋にも巡回。


1965年(84歳)6月22日〜9月15日、​トゥールーズの

オーギュスタン美術館で「ピカソと舞台芸術」展。

言語と表現の自由を求めてデモを行って罰金刑に処された

バルセロナの芸術家や学者を助けるために

ジョアン・ミロ(1893年〜1983年)や、

ジャン・ポール・サルトル(1905年〜1980年)と共に

作品を寄贈し、パリで競売に付す。

11月、パリで胆嚢の手術を受ける。


1966年(85歳)11月、​グラン・パレ、プチィ・パレ、

国立図書館で、85歳記念の「ピカソへのオマージュ」展。

アンドレ・マルロー(1901年〜1976年)の提唱による

フランス政府主催の展覧会だった。

ロサンゼルス郡立美術館で「ピカソ版画の60年」展。

若い頃の恋人フェルナンド・オリヴィエ(1880年〜)死去。


1967年(86歳)春、​レジヨン・ドヌール勲章辞退。

6月9日〜8月13日、テート・ギャラリーで彫刻と陶芸の大規模な展覧会。

10月11日〜翌年1月1日、より大きな規模で、

ニューヨーク近代美術館で展覧会。

シカゴ市民センターにモニュメント完成。


1968年(87歳)2月13日、​サバルテス死去。

サルバテスを偲び「ラスメニーナス」連作シリーズを

全点バルセロナのピカソ美術館に寄贈。

2月28日〜3月23日、ルイーズ・レイリス画廊で近作の素描展。

3月16日〜10月5日、ムージャンで347点の銅版画連作を制作。

エロティシズムに溢れたこれらの版画は、

晩年に至っても恐るべき集中力で創作され、

ピカソの数多い版画芸術の中でも一つの頂点に立つものである。

12月18日〜翌年2月1日、早速ルイーズ・レイリス画廊で発表。


1969年(88歳)​カンヌのマドゥーラ画廊で陶芸展。

11月、ピカソに対して帰国と

『ゲルニカ』の展示を要請したスペイン政府に拒否を表明。


1970年(89歳)バルセロナのピカソ美術館に、

1月、バルセロナのピカソ家が、約900点の作品を寄贈。

アメリカ軍のヴェトナム退去を要請する声明を

サルトルやモーリアック(1885年〜1970年)らとともに

5月、発表する。

5月1日〜10月1日、アヴィニヨン教皇庁で近作展。

9月12日、この展覧会カタログを執筆した

クリスチャン・ゼヴォルス(1889年〜)死去。

10月15日〜11月29日、ニューヨーク近代美術館で

「ピカソ、版画の巨匠」展。


1971年(90歳)10月、​ルーヴル美術館で

90歳の生誕を記念して特別展。


1972年(91歳)1月23日〜4月2日、​

ニューヨーク近代美術館で美術館所蔵のピカソ展を開催。

12月1日〜翌年1月3日、ルイーズ・レイリス画廊で近作の素描展。


​1973年、​​1月24日〜2月24日​、

1970年末〜3月までに制作された156点の銅版画が

ルイーズ・レイリス画廊で公開。

4月8日、ムージャンの自宅で急死。

4月10日、ヴォーヴルナグルの別荘で葬儀。

4月16日、庭に埋葬。


(参考資料:集英社・ピカソ美術館4より)
(写真撮影:ほしのきらり)


ピカソにおとめ座ぽち右矢印にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2021.08.05 00:10:08
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.