5417010 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「きらりの旅日記」

PR

X

カレンダー

プロフィール


ほしのきらり。

2021.10.23
XML
カテゴリ:美術館・博物館
​​​​​​​​​​​​​​ダリは、25歳の時パリでシュルレアリスト・グループに加わり、27歳にはニューヨークでも人気が出てきますスマイル

どくろ​​ダリ『シュルレアリスムの時代​​​どくろ


 MOMA【ニューヨーク近代美術館】

​​​​サルバドール・ダリ
​Salvador Dali​

ダリの【自画像】

1904年5月11日〜1989年1月23日(84歳没)

スペイン、カタルーニヤ地方フィゲーラス出身。

シュルレアリスムの代表的な画家・彫刻家・作家。


シュルレアリスムとは、つまり私のことだ!

   ダリ『天才の日記』より


1929年(25歳)​​ダリは・・・

ブルトン率いるパリの

シュルレアリスム・グループに加わり、

運命の女:ガラと恋に落ちたダブルハート


その抜きんでた才能、

奇抜な着想とモティーフによる作品は、

一作ごとに賞賛と批判の的となり、

またたくまに

シュルレアリスムを代表する存在となるグッド


​​シュルレアリスム』・・・とは?​​

1924年、詩人:アンドレ・ブルトンの

「シュルレアリスム宣言」刊行によって始まった芸術運動。

日本語では「超現実主義」と訳されるが、

シュル(sur)=超は、

「突きつめた」という意味を極度に強調したニュアンス。

目に見えない現実や、

見えている現実との矛盾(違和感)を突きつめて、

「真の現実」に触れることを目指し、

既成概念にとらわれない

夢や無意識の純粋な世界を

すくい取って表現しようとした。

文学、美術、論理、政治、風俗など

様々な分野に大きな影響を与えた。


「現実離れした、非現実的な」の意味で使う

和製フランス語の「シュール」は、意味合いが異なるショック


1925年(ダリ=21歳​​​

ダリは、バルセロナでも著名なダルマウ画廊で、

初個展を開催し、注目を集めた。


ここでダリを高く評価したのが、

パブロ・ピカソ
​​​​​

ジョアン・ミロである。

特にカタルーニヤの同郷人でもあったミロは、

ダリに画家になることを強く勧め、

反対する父親を説得しにフィゲラスの家まで訪れている。


1929年(25歳​​ブルニエとともに制作した

映画「アンダルシアの犬」が、

アンドレ・プルトンを中心とする

パリのシュルレアリストたちに大いなる賞賛を受けた。


これを期に、ダリとブニュエルは、

シュルレアリスト・グループに正式に迎えられることとなった。


この​1929年、​ダリに運命的な出会いがあった。

​​​当時、ポール・エリュアール夫人であったガラである。​


エリュアール夫妻をはじめ

ジュルレアリストの友人たちが

カダケスの別荘に訪ねてきたこの年の夏晴れ


ダリは、ガラと情熱的な恋に落ちる​​ダブルハート

ふたりは、すぐに一緒に暮らし始め、


翌年​1930年には、

カダケスのひなびた漁港ポルト・リガトの

古家を新居兼アトリエとして購入している。​


ガラというミューズを​得てからの

​1930年代は、ダリの最盛期となった。

​​
Salvador Dali(27歳)​​​

​​​​
​1931年​
​には、​『記憶の固執』上向き矢印をニューヨークのグループ展に出品。

これが大反響を呼び、

アメリカの美術界にも注目されるようになった。


間もなくダリは、

シュルリアリストの代名詞のごとくみなされるようになるが、


彼の常軌を逸した言動やパフォーマンスは、

グループから距離を置かれる要因となる。


1939年(35歳)​​そうした自己顕示欲による行動が、

ブルトンの怒りを買い怒ってる

一方でダリも、

「シュルリアリスムの死」を宣言したことを機に

グループから除名されることに至った。


(参考文献:東京美術・もっと知りたいサルバドール・ダリより)
(写真撮影:ほしのきらり) 



スマイルダリにグッドぽち右矢印にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2021.10.23 00:10:08
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.