5926763 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「きらりの旅日記」

PR

カレンダー

プロフィール


ほしのきらり。

2021.11.29
XML
カテゴリ:美術館・博物館
​​​​​​​ロートレックとファン・ゴッホは、パリで2年間にわたり深い友情を持ちます。そして南仏への旅を勧めたのはロートレックでありましたパレット


手書きハート​​ファン・ゴッホとの深い友情月


Van Gogh Museum


Toulouse-Lautrec

『ファン・ゴッホの肖像』1887年

パステル 厚紙 54.0cmx45.0cm

アムステルダム「ファン・ゴッホ美術館」所蔵。​

カフェのテーブルに座る

ファン・ゴッホのプロフィール(横顔)を

パステルの早描きで捉えた一枚。

色調も斜線を用いた筆触もゴッホから影響を受けている。


コルモンのアトリエでの

ロートレックとゴッホの交友期間は、

ゴッホが南仏アルルに旅立つまでの、

わずか2年ほどだったが、

二人の間に深い友情が通い合っていたことが分かるグッド

​​​​​​
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
​Henri de Toulouse-Lautrec​

1864年11月24日〜1901年9月9日(36歳没)

フランスの画家。
ポスト印象派、世紀末美術、アール・ヌーヴォー。
(ポスター)広告芸術の革新!
​​「近代」ポスターの真の創始者。
劇場を主題にしたリトグラフ・石版画。
舞台の装飾、芝居のパンフレットのデザイン。
版画、メニュー、挿絵 雑誌の表紙デザイン、
挿絵画家・版画家。


1886年3月、​パリに来たゴッホは、

コルモンのアトリエに入門し、

ロートレックと知り合う。


貴族の長男で明るいロートレックと、

質素な牧師一家に生まれ気難しいゴッホ、


生い立ちも性質もまったく異なっていたが、

日本美術愛好者でもあった両者は、

ともにグループ展を開催するなど、

影響を与え合った。


ロートレックが1887年

カフェにいるゴッホを、パステルで描いた。

生命感に満ちた荒削りな横顔の肖像には、

ゴッホに倣った技法が用いられ、

盟友への一種のオマージュにもなっている。


ゴッホは・・・

この後南仏アルルに向けて旅立つことになるが、

それを勧めたのはロートレックだったびっくり


また、ゴッホの弟のテオは、

パリのモンマルトル大通りにあった

ブッソ=ヴァラドン画廊(旧グーピル画廊)の

支配人を務めており、


兄:フィンセントの勧めで

ロートレックの作品を何点か購入している。


このテオの後を継いで支配人となったのが、

ロートレックの生涯の友にして、

のちに画商として仕事上でも協力者となる

モーリス・ジョワイヤンである。


フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ
​Vincent Willem van Gogh​

1853年3月30日〜1890年7月29日(37歳没)

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
​Henri de Toulouse-Lautrec​

1864年11月24日〜1901年9月9日(36歳没)


ゴッホは、ロートレックより11歳年上だった!

二人が出会った時、

ゴッホは、すでに33歳、

ロートレックは、まだ22歳。


ゴッホは、32歳から34歳にかけてパリに住み

ロートレックと交友を持った。


ゴッホが自ら命を絶ったのは、その4年後であった。


(参考資料:東京美術・もっと知りたいロートレックより)
(写真撮影:ほしのきらり)

​​​​​​​​​
ゴッホとロートレックについて更に詳しく次回からうっしっし

​​友情にグッドぽち右矢印にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​







​​​​​






最終更新日  2021.11.29 00:10:07
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.