6020689 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「きらりの旅日記」

PR

カレンダー

プロフィール


ほしのきらり。

2022.05.27
XML
カテゴリ:美術館・博物館
3年間のコロナ騒ぎが終われば海外旅行がスタートですね〜まずはパリ・ルーヴルでしょうかスマイル

Musée du Louvre/France,Paris
パリ「ルーヴル美術館」目がハート

​旅の空想計画​『フェルメールを訪ねる旅』​

日本右矢印オランダ(アムステルダム→デルフト→ハーグ→アムステルダム)

ドイツ(ベルリン→ブラウンシュヴァイク→ドレスデン→フランクフルト)右矢印

オーストリア(ウィーン)右矢印

フランス(パリ)​右矢印イギリス右矢印アイルランド右矢印アメリカ右矢印帰国


ヨハネス・フェルメール
Johannes Vermeer
(1632-1675)


1632年10月31日?〜1675年12月15日?(43歳)

​​ Jan  van  der  Meer  van  Delft​​
​​ヤン・ファン・メール・​ファン・デルフト​​​

van Delft ファン・デルフトは「デルフトの」という意味。

当時は、他の人と間違えないように地名を入れている。

父は、レイニエル・ヤンスゾーン・フォス

フォスは、Vos=キツネを意味するものだが、

のちにファン・デル・メールに性を変更し、

ファン・デル・メール・ファン・デルフト

それを短縮して「ヨハネス」に短縮した。

なぜ短縮したかは・・・不明。

フェルメールは・・・

オランダ(ネーデルラント共和国)の画家。

バロック期を代表する画家のひとり。



オーストリア(ウィーン)から
​ 下矢印
フランス(パリ)までは・・・


飛行機空路での最安値は、8554円・・6月。


(CDG)シャルル・ド・ゴール空港到着。

(LCC)格安航空会社だと「ターミナル=3」到着

CDGVAL(シャルル・ド・ゴール・ヴァル)でターミナル=2に移動。


空港からパリ市内へ向かう方法

電車鉄道=RERの駅へ A​éroport Charles de Gaulle 

RER B線→(B線の各駅に停車)北駅までは25分。10.30ユーロ

バスロワシーバス=オペラまで約60分。12ユーロ

車タクシー=パリ右岸まで50ユーロ。左岸まで55ユーロ。30分〜50分

いずれの交通費も値上がりしているかもです。


パリ市内の交通

メトロ、RER、バスの切符は、とても便利。

距離に関係なく全線均一料金。

10枚綴りのカルネ( Carnet)を買うと

同行の友人と分け合って使えるのでオススメ。

チケット、カルネは、駅の券売機で買えます。

(大きな駅なら窓口でも購入可能)


地下鉄地下鉄=1番か、7番に乗って

ルーヴル美術館:Palais Royal Musée du Louvre下車。

​フランス​


Musée du Louvre/France,Paris

パリ​​「ルーヴル美術館」 ​​

世界で最も有名な美術館=ミュゼ・ド・ルーヴル手書きハート

ここはパリ1区=パリの中心です。

美の殿堂のガラスのピラミッドが入り口です。

【入場料金】17ユーロ(18歳未満=無料)


9時から開館なので朝一番に行きましょう音符

多くの人がミロのヴィーナスかモナ・リザに走りますが、


今回は、フェルメールへ向かいましょううっしっし

場所は、リシュリュー翼

エスカレーターで3階へ



リシュリュー翼」3階 2e étage​​

1.『レースを編む女』

『レースを編む女』1670年頃​

油彩 カンヴァス ​
23.9cmx20.5cm

(とても小さいので見逃さないように)

Musée du Louvre/France,Paris
パリ「ルーヴル美術館」所蔵。 

2.『天文学者』

『天文学者』1668年

​油彩 カンヴァス 50.0cmx45.0cm​

Musée du Louvre/France,Paris
パリ「ルーヴル美術館」所蔵。

フェルメール2点は、いつも近くに展示してあります。

2E ここには・・・

ルーベンスの「マリード・メディシスの生涯」や

デューラーの自画像。

ラ・トゥールの「ダイヤのエースを持ついかさま師」など。


朝ならほぼ・・・独り占めですグッド


そして、ルーヴルを満喫。

 下矢印
地下鉄地下鉄で移動=乗り換えて3号線へ


ホテルパリ市内のガリエニ駅の格安ホテルで・・・1泊



地下鉄地下鉄3号線の終点


翌朝のバスでロンドンへ


高速道路の下を通って国際バスターミナルへ歩く人ダッシュ



パリからロンドンまで最安値で行けるバスバス


Gare Routiere Internationale de Paris-Gallieni



バス国際バスは・・・

ユーロライン(Eurolines)

ドヴァー海峡トンネルを渡る国際長距離バス(コーチ)

パリ・メトロ3号線終点「ガリエニ国際バスターミナル」発着。


(写真撮影:ほしのきらり)



次の訪問国イギリスに向かいましょう


​​飛びますグッドぽち右矢印にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ​​​​​​​​​











最終更新日  2022.05.27 06:00:48
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:海外旅行計画 フランス パリ フェルメール作品を巡る旅 第4回 フランス編 ルーヴル美術館 レースを編む女 天文学者 ルーヴル美術館 リシュリュー翼 3階へ(05/27)   maki5417 さん
確かに、ルーブルにフェルメール目当ての人はいないでしょう。
いいアイデアです。
ここのレストランはおすすめです。


ロンドンまでバスですか。
お金と時間、どれくらいかかるのでしょう。
いつも飛行機(こちらはタダ)なので、たまには鉄道でと思っています。 (2022.05.27 07:15:46)


© Rakuten Group, Inc.