6156940 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「きらりの旅日記」

PR

カレンダー

プロフィール

ほしのきらり。

ほしのきらり。

2022.07.06
XML
カテゴリ:美術館・博物館
レオナルド・ダ・ヴィンチの誕生から青年期までを、もう一度振り返ってみましたスマイル

パリ・ルーヴル美術館


パレット​​​​レオナルド・ダ・ヴィンチ年譜=1​パレット


1426年4月19日​父:セル・ピエロ誕生


​1451年​父:セル・ピエロ、フィレンツェのポデスタ館

(現:バルジェッロ美術館)内に公証人事務所を開く。​​


1452年(0歳)4月15日​、[ヴィンチ]ヴィンチ村に生まれる。​

父は、公証人:セル・ピエロ、

母は、カテリーナ。両親結婚せず、

父方の祖父:アントニオ宅で育てられる。

父は、アルピエーラと結婚。

実母:カテリーナは、窯焼き職人:アカッタブリーガ

(アントニオ・ブーティ)に嫁ぐ。


1454年(2歳​)、実母:カテリーナ、

レオナルドの異父妹にあたる長女:ピエらを生む。


1457年(5歳)2月27日、​祖父:アントニオの

税申告書に、レオナルド5歳の記述、家族構成がわかる。


1459年(7歳)10月15日、​アカッターブリーガによる

税申告書に、妻:カテリーナ、長女:ビエラ5歳、

マリア2歳の記述。


1461年(9歳)、​実母:カテリーナ、

レオナルドの異父弟にあたる長男:フランチェスコを生む。


1464年(12歳)8月1日、​継母:アルビエーラ、

出産がもとで死亡。​


1465年(13歳)、​​フィレンツェ​に移り、​

ヴェロッキオ工房に入る。

父:セル・ピエロ、フランチェスカ・ディ・

セル・シュリアーノ・ランフレディーニと結婚。


1468年(16歳)、​祖父:アントニオ死去。​


1469年(17歳)、​父:セル・ピエロによる

税申告書に​レオナルド17歳の記述あり、

父は、二番目の妻:フランチェスカと、フィレンツェの

ピアッツァ・ディ・サンタ・フィレンツェの

向かいの家に住んでいる。


1472年(20歳)6月、​フィレンツェの

サン・ルカ画家組合に親方として登録。

この頃から『受胎告知』に着手か?

また同時にヴェロッキオが『キリストの洗礼』に着手か?


1473年(21歳)8月5日、​『雪のサンタ・マリアの日』

風景画に年紀[1473,8,5]


1474年(22歳)、継母:フランチェスカ、

おそらく産褥熱で死亡。


1475年(23歳)3月6日ミケランジェロ生まれる。


父:セル・ピエロ、マルゲリータと結婚。

レオナルドを中心に『キリストの洗礼』に着手。



1476年(24歳)4月9日​​ヤコボ・サルタレッリをめぐる

男色行為で告発される。

6月7日、サルタレッリ事件の再審、同文書に、

レオナルドがヴェロッキオ工房にいるとの記述。

12月26日、最初の義母弟アントニオが生まれる。


1478年(26歳)1月10日、​ヴェロッキオ宮殿

サン・ベルナルド礼拝堂の祭壇画の依頼。

3月16日、同祭壇画の手付金として35フィオリーニの前払いを受ける。

12月、「1478年12月、2点の聖母像にとりかかった」

『ブノワの聖母』か?


1479年(27歳)12月28日、​パッツイ事件の逃亡犯

ベルナルド・ディ・バンディーノ・バロンチェッリの処刑、

レオナルドは、これをスケッチし特徴を記入。


1480年(28歳)、​父:セル・ピエロによる税申告書、

レオナルドの名が無い。セル・ピエロはフィレンツェの

ギベッリーナ通りに事務所をかまえている。


1481年(29歳)3月、​『東方三博士(マギ)の礼拝』

サン・ドナート・ア・スコペート修道院より注文。

7月、同契約書締結。

8月、サン・ドナート・ア・スコペート修道院、

薪や丸太、小麦や葡萄酒をレオナルドに与える。


(写真撮影:ほしのきらり)
(参考文献:筑摩書房/池上英洋、レオナルド・ダ・ヴィンチ生涯と芸術のすべてより)



​​レオナルドにグッドぽち右矢印にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ​​​​​​​​​






最終更新日  2022.07.06 00:10:11
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.