映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

全4076件 (4076件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

August 8, 2022
XML
みなさんこんばんは。夏の高校野球が始まりましたね。
ブルガーコフの実体験に基づいた小説を紹介します。

劇場
(白水Uブックス)
ミハイル・ブルガーコフ

『船舶通信』のしがない記者兼校正係マクスードフは、昼は新聞の仕事をしながら、夜は小説を書き続けていた。ある夜、突然部屋を訪れた著名な編集者ルドルフィによって文芸誌に掲載が決まり、作家の仲間入りを果たしたが、それが苦難の始まりだった。ルドルフィは発売前の雑誌と共に姿を消し、〈独立劇場〉の依頼で自作を戯曲化するも、演出家の介入や劇場内の対立など、様々な障害によって上演は先延ばしされる。

 ガーディアン必読1000冊に挙がっている『巨匠とマルガリータ』は、ブルガーコフの死後まとめられた。生前の彼がどうだったかを知りたいならば、本作のマクスードフの動きを追えば足りる。とはいっても、冒頭で何者かが明かしているように、マクスードフは自殺している。わさわざ
「故人の作品に出てくるような劇場や人間はどこにも存在していないし、またこれまでに存在したためしはなかった」

-つまりこの作品はフィクションです、と断っている-にも関わらず、劇場のモデルは、やっとこさブルガーコフが舞台をかけることができたモスクワ芸術座、メフィストフェレスのように思われている編集者ルドルフィのモデルは『ロシア』の編集長レジネフなど、名前を変えただけのノンフィクションなのである。

 スターリン体制下のロシアで反革命的との批判を浴び、劇作に活路を見出すも上演中止が相次ぎ、困難な状況に陥ったブルガーコフ自身の体験に基づいており、カオスの中で「自分に力がないから戯曲にこんな差し出口が入るんだ!」と絶望した場面で未完となっているので、救いがない。「若手ばっかりの役で重鎮が演じる役がないのはけしからん」と怒られたり、全然原稿を読んでないセレブが偉そうに感想を述べている横でマクスードフが沸々と怒りをたぎらせていたりと、スラップスティックコメディになる要素はふんだんに持ちながら、そちらに流れていかないのは、冒頭の主人公自殺という事実があるからだ。しかし自分のモデルを自殺に追い込むとは、かなり追い詰められていたのか。


劇場 (白水Uブックス) [ ミハイル・ブルガーコフ ]​​楽天ブックス







最終更新日  August 8, 2022 12:00:24 AM
コメント(0) | コメントを書く


August 7, 2022
みなさん、こんばんは。政府関係者によりますと、東京都内で国内初となるサル痘の感染者を確認したとのことです。外務省は全世界を対象に渡航などに関する注意喚起を促すレベル1の感染症危険情報を出しています。今日はエリザベス女王とローリーの有名なエピソードに関係するマントにまつわる物語を紹介します。

エリザベス女王のお針子 裏切りの麗しきマント​
Tread Softly
ケイト・ペニントン
徳間書店

寵臣サー・ウォルター・ローリーがぬかるみに高価なマントを広げてエリザベス女王を通したという伝説は有名だ。ではそのマントを作った人間も当然いたわけで…ということで本編のヒロインはマントの作り手であるメアリー・デュヴローだ。

 仕立て職人を父に持つ十三歳のメアリーは、刺繍が得意なお針子。花や鳥など、自然の美しさを布に刺していくメアリーの腕は、かなりのもの。父が仕えるシドニー卿のもとにウォルター・ローリーが訪れ、シドニー卿の妻子がエリザベス女王を訪問するのに同行して再び寵愛を得ようと考えていた。そして、その際に身に着けるマントを作るのは、メアリーと父の仕事に。しかしある夜メアリーは、カトリック派の数人の男が、女王の暗殺を計画している話を偶然聞いてしまった。そのうえ、そこに来合わせた父が殺されるところまで目撃。

 ローズマリー・サトクリフも描いているウォルター・ローリーは、功績を見ればそれなりの事はやっているのに、本編では脇が甘い。友人・親戚あらゆる所に借金ばかりしているのに、派手なマントを作らせる金銭感覚の甘さ。まあ当時の貴族は皆こんなものかもしれない。メアリーは美人設定だが彼女にも気のある素振りを見せるわ、彼女の訴えにぴんとくるものがあったにも関わらず自分一人で何とかしようとするわ。年齢的にはまだ若いのか。
 
 それよりも我らがヒロインメアリーの方がよほどしっかりしている。それまでも「母なし子」として貴族の意地悪な母親&姉妹に虐められていたにもかかわらず(まるでシンデレラだ)健気に振る舞い、ロンドンで暮らすことになっても地に足の着いた生活を忘れない。だからこそ陰謀術策入り混じる宮廷で生き残れたのだろう。

 こみねゆらさん表紙絵。



エリザベス女王のお針子 裏切りの麗しきマント [ ケイト・ペニントン ]​​楽天ブックス







最終更新日  August 8, 2022 06:10:24 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 6, 2022
カテゴリ:アメリカ映画
みなさんこんばんは。線状降水帯のせいで東北や北陸の17河川が氾濫しましたね。今日はウィレム・デフォーがゴッホを演じた映画を紹介します。
映画​永遠の門 ゴッホの見た未来を見ました。


永遠の門 ゴッホの見た未来
AT ETERNITY'S GATE

出演
ウィレム・デフォー   ベネチア国際映画祭最優秀男優賞 アカデミー主演男優賞ノミネート
オスカー・アイザック エマニュエル・セニエ マッツ・ミケルセン マチュー・アマルリック

​監督&脚本
ジュリアン・シュナーベル

脚本
ジャン・クロード・カリエール

 画家としてパリでは全く評価されていないフィンセント・ファン・ゴッホ。彼は、会ったばかりのゴーギャンに触発され南フランスのアルルへやって来る。「まだ見ぬ絵を描くために、新しい光を見つけたい」というゴッホの願いは、この地で春を迎えた時に叶えられた。行きつけのカフェのオーナーであるジヌー夫人に頼んで、“黄色い家”を紹介してもらったゴッホは、ゴーギャンの到来を待ちわびる。広大な畑をひたすら歩き、丘に登って太陽に近づき、画材を取り出すゴッホ。竹の枝で作ったペンの先から、たちまちゴッホだけの線が生まれていく。どこまでも続く風景に絶対的な美を見出したゴッホは、「永遠が見えるのは僕だけなんだろうか」と自身の胸に問いかける。風になびく麦の穂や沈みゆく太陽を見つめるゴッホの瞳は、不思議な輝きを放っていた。ある時、地元の人々とトラブルになったゴッホは、強制的に病院へ入れられる。駆け付けてくれた弟のテオにも、初めて特別なものが見えることを打ち明けるのだった。やがて一緒に暮らし始めたゴッホとゴーギャンは、“絵を描く”ことについて際限なく議論を交わす。自然を見て描くゴッホと、自分の頭の中に見えるものを描くゴーギャン。一瞬で真実を捉えようと素早く描くゴッホ、ゆっくりと降りてくるのを待つゴーギャン。屋外に美を探し求めるゴッホ、内面に深く潜るゴーギャン、すべては正反対だ。それでもゴッホは、「僕らの時代だ」と熱く語るゴーギャンに心酔し、ますます創作にのめり込むが、やがてゴーギャンが去って行くことは止められなかった。

「私は霧が嫌いだ。私はこの灰色の光にうんざりしている。新しい光を見つけたい。まだ見たことのない絵のために。日光の下で描かれた明るい絵。I hate the fog. I'm tired of this gray light. I'd like to find a new light. For paintings that we haven't yet seen. Bright paintings, painted in sunlight.」
「南へ行け ヴィンセント Go south, Vincent.」

 オスカー・アイザック演じるゴーギャンは、ゴッホとは真逆。仲間達と群れようとせず、我が道をゆく自信家。対するゴッホはいつも自信がなさげだ。彼の描く風景は普段私達が見る風景とは異なるので、自分が他人と違っていることを気にしている。ゴーギャン「You don't even paint that way. You paint fast and you overpaint. Your surface looks like it's made out of clay. It's more like sculpture than painting. 君は速書きで何度も塗りすぎだ。まるで粘土でできているようだ。絵画というよりは彫刻みたいだ。」画風は異なるがお互いを認め合うゴーギャンとの共同生活が破綻した事が、ゴッホの孤独を更に深めていく。

世間の人と折り合えないヴィンセントをいつも優しく支えるもう一人のゴッホ=弟テオ。漫画でも兄弟関係が描かれたことがあったが、病院にやってきて一緒のベッドに入り彼がおさまるまでずっとそばにいたり、兄と一緒に暮らすようゴーギャンに金を払ってまで頼む献身的な態度には頭が下がる。こんな兄弟欲しい。


永遠の門 ゴッホの見た未来 [ ウィレム・デフォー ]​​楽天ブックス







最終更新日  August 6, 2022 04:02:38 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 5, 2022
みなさん、こんばんは。「ボヘミアン」などのヒット曲で知られる、歌手の葛城ユキさんが、腹膜がんのため都内の病院で亡くなりましたね。
​映画在りし日の歌を見ました。

在りし日の歌
地久天長/SO LONG, MY SON

出演
ワン・ジンチュン ベルリン国際映画祭最優秀男優賞
ヨン・メイ ベルリン国際映画祭最優秀女優賞

監督
ワン・シャオシュアイ

 ヤオジュンとリーユン夫婦は、ひとり息子のシンと中国の地方都市で幸せに暮らしていた。同じ工場の同僚であるインミンとハイイエン夫婦には、偶然にも同じ年の同じ日に生まれた息子ハオがいた。両親たちは、お互いそれぞれの子の義理の父母としての契りを交わし、息子たちは兄弟のように育った。ある時、リーユンは第二子を妊娠するが “一人っ子政策”に反するため堕胎させられてしまう。さらに、リーユンは手術時の事故で二度と妊娠できない身体になった。ある日、ハオは「川で遊ぼう」とシンを誘うが、泳げないシンは頑なに嫌がる。怒ったハオはシンを残して一人で仲間たちのもとへ行ってしまった。やがて日が沈みかけた頃、数人の大人たちが必死の様子で川にやってくる。「シンシン!早く病院へ!」大人たちのその姿を、体を震わせながら真っ青な表情で見ているハオ。大切なひとり息子シンを事故で失い、乗り越えられない悲しみを抱えたふたりは、住み慣れた故郷を捨て、親しい友と別れ、見知らぬ町へと移り住む。やがて時は流れ。

 1980年代から2000年代にかけて中国激動の時代を駆け抜けた1組の夫婦を映し出す。30年かけて本当に息子にさよならが言えたんですね。ああ本当に“在りし日”なんですねえ。この映画の川遊びなどの風景が、どれだけ今残っているのだろう。同じ俳優が20年間を演じるのも大変だったろうけれど、中国もその20年間劇的に変わりました。そしてさらに20年後の現在はもっと変わり、不動産投資で儲けようとする中国人まで現れるようになった。世界の大国としてむしろ怖れられる存在になった中国が、およそ実利的ではない下放やってた時代が嘘のようだ。映画で大きな肝となっていた一人っ子政策も廃止された。確かに爆発的に人口が増えたら大変だが、罰則まで設けて決まりを守った者をこれ見よがしに表彰するのはどうだろう。やはりいくら自由経済の国に見えても、中国にはどこか国の陰を感じてしまう。それでも生き、危うい時があっても夫婦の絆を保つことを選んだ二人は尊いのだけれど。



在りし日の歌 [ ワン・ジンチュン ]​​楽天ブックス







最終更新日  August 5, 2022 04:11:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 4, 2022
カテゴリ:日本映画
みなさん、こんばんは。テニスのウィンブルドンで男子車いすテニスのシングルス決勝が行われ、第1シードの国枝慎吾が第2シードのA・ヒューエット(イギリス)を破り、悲願の大会初優勝を飾るとともに、四大大会とパラリンピックを全て制覇する生涯ゴールデンスラムを達成しました。すごいですね。 今日も仲野 太賀さん主演映画を紹介します。映画静かな雨​を見ました。


静かな雨​
Silent Rain

出演
仲野 太賀 衛藤美彩 三浦 透子  河瀨 直美 萩原 聖人 古舘 寛治 でんでん
村上 淳

監督
中川龍太郎

2019年・第20回東京フィルメックス観客賞

  大学で生物考古学研究助手をしている行助は、こよみという女性が1人で経営するたい焼き屋に通うようになり、2人は徐々に親しくなっていく。しかしある朝、こよみは交通事故に遭い、意識不明となってしまう。こよみは奇跡的に意識を取り戻すが、事故の後遺症で記憶に障害があることが判明する。事故以前の記憶は残っているが、意識を取り戻してからの記憶は1日経つと消えてしまう。行助は新たな記憶が刻まれることのないこよみと、以前と変わらずに接していこうとするが。 

 こよみはずっと一人で暮らしていくつもりだったら、たい焼き屋をずっと続けていくつもり?たい焼き屋さんと大学の助手で生活成り立つの?という疑問がそもそも湧くが、ヒロインの設定自体がどこかファンタジー。毎日毎日これまでの記憶を根気よく伝えても、翌朝になれば頭の中の消しゴム状態。病気でなくても高齢者になると夫婦同士でこういう会話になるのか。恋人にせよ夫婦にせよ、重ねていく日々が歴史になるのに、歴史がない状態で、新たな歴史を作っていこうとするのだから、賽の河原の小石状態。彼女への愛ゆえに純な主人公が続けてもついキレてしまう心情もわかる。仲野 太賀さんの生硬な感情をぶつける演技がうまい。

初対面からつんけんしているようなこよみの母親とこよみの関係や、なぜたい焼き屋をするようになったのかという経緯が語られない。前彼は出てくるが、二人だけで世界が完結したラブストーリーを見せたかったみたい。愛の前には細かい事はいいじゃんみたいな。最新作『ドライブ・マイ・カー』で運転手を演じていた三浦透子さんが行助の同僚役で出演。

 映画化もされた本屋大賞受賞作「羊と鋼の森」で知られる宮下奈都が2004年に発表した小説デビュー作を映画化。


静かな雨【Blu-ray】 [ 仲野太賀 ]​​楽天ブックス







最終更新日  August 4, 2022 03:35:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 3, 2022
カテゴリ:日本映画
みなさん、こんばんは。石井隆監督が亡くなりましたね。今日から2日間仲野 太賀さん主演映画を紹介します。映画母さんがどんなに僕を嫌いでもを見ました。

母さんがどんなに僕を嫌いでも

出演
仲野 太賀 吉田 羊 木野 花 森崎ウィン 白石隼也 秋月三佳

監督
御法川 修

 タイジは幼い頃から大好きな母に愛されることなく育てられた。母からの愛の欠乏、さらに壮絶な家庭環境に耐えかね、17歳で家を飛び出し、1人で生きることを選択したタイジだったが、友人の言葉に動かされて母ときちんと向き合う覚悟をする。大人になってもタイジを拒絶する母。そんな母からの愛を取り戻すため、タイジは母に立ち向かっていく。

 こういうストーリーを見るとよしながふみさんの漫画に出てくる「子供ってやつはどうしてどんな仕打ちをされても親を慕おうとする!?」という台詞を思い出します。よしながさんの漫画は従来の親子関係じゃない関係もあるじゃない?という提案をしていくわけです。本編でも血の繋がりのない木野花さん演じる女性が母親以上にタイジの事を気にしてくれます。もうこの二人が家族でいいじゃない?と言いたくなるわけですが、法律も血の繋がりを重視していて簡単に縁を切らせてくれない。それに、世の子供たちは本能的にずっと一緒に暮らしているから、母親への情が生まれ、そうなると血の繋がりに盲目的にすがる。ますます母親はうっとうしがる。悪循環ですね。

 いえ、この映画決して親子の縁を切りましょうという話ではないです。そういう二者択一を迫る話ではない。情が絡む話でだいたい無理でしょう二者択一は。でも当事者としては辛いですね。親を見捨てるのではなく、どこかで諦めない=自分が大人にならないといけないから。タイジの献身的な態度に母親が途中で変化しますが、これって本当にそんなに簡単に変わってくれるものなのかなと。あと、アメリカに行ってしまっている姉がもうちょっと関わらないものなのかな、それこそ家族で見てただろうに。姉が母親に何か言えばよかったのでは。もしかして実話は姉がいない設定だったとか?

 小説家・漫画家の歌川たいじによる同名コミックエッセイを映画化。


母さんがどんなに僕を嫌いでも [ 太賀 ]​​楽天ブックス







最終更新日  August 3, 2022 04:16:35 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 2, 2022
みなさんこんばんは。女優・寺島しのぶさんが尼僧で作家の瀬戸内寂聴さんをモデルにした主人公を演じる映画「あちらにいる鬼」で剃髪しましたね。実際に高齢の女優が山登りをする映画を見ました。

イーディ、83歳はじめての山登り​
EDIE

出演
シーラ・ハンコック ウェンディ・モーガン ポール ・ブラニガン ケヴィン・ガスリー

監督&脚本
サイモン・ハンター 

 83歳の主人公イーディは、30年間夫ジョージの介護に明け暮れていた。ある日、彼女は屋根裏部屋で思い出の品々の中から一枚の葉書を見つけた。そこには、「この変な山を一緒に登ろう」という亡き父のメッセージと、スコットランドのスイルベン山が写されていた。イーディは、長年連れ添った夫の死を看取ったあと、娘のナンシーに老人ホームへ入所するように促される。いつしか生き甲斐や人生の意義すら見出せなくなってしまっていたイーディ。馴染みのフィッシュアンドチップス店で「何も遅すぎることなんてことはないさ」という言葉を耳にした彼女は、叶わなかったスイルベン山に登頂することを決意した。イーディは、亡き父の古い登山道具をまとめて、インヴァネス行きの寝台列車”カレドニアン・スリーパー”に飛び乗った。
 イーディを演じるシーラ・ハンコックは撮影当時84歳。本当に山に登っている。いや変な話撮影中に事故でも起こったらどうするの?と心配する事案だが無事だったらしい。結構高い山なのに平地の演技だけではなく本当に登山をするというミッションまである仕事を引き受けた女優魂お疲れさま。
 物語の話として、一度も上ったことがないのに登山を思い立つイーディも大胆で、どれだけ抑圧された日々を送っていたんだろうなぁと想像がつく。娘は両親の不仲なんて、それこそ一方が亡くなってから知りたくなかったと思うけど、夫婦間の事は二人にしかわからない。子供ですら自分が望む親の過去や未来を押し付けるのだから、気力があるうちにやりたいことはやったほうがいい。でも自分にできるかなぁ。登山はできなさそう。

 最初は初心者イーディに商売目的で協力した店を経営するジョニーが、本当に彼女を応援したくなるまでの過程と、かわいかったりそれでいてやっぱり偏屈だったりするイーディとの関係性がリアルだった。


イーディ、83歳 はじめての山登り [ シーラ・ハンコック ]​​楽天ブックス







最終更新日  August 2, 2022 03:25:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 1, 2022
カテゴリ:日本映画
みなさん、こんばんは。米ホワイトハウスはバイデン米大統領が新型コロナウイルスの検査で陽性だったと発表しました。症状は軽く、リモートで執務を続けるということです。
映画​マチネの終わりにを見ました。

マチネの終わりに
Matinee

監督
西谷 弘

脚本
井上 由美子

出演
福山雅治 石田ゆり子 桜井 ユキ 木南 晴夏  風吹 ジュン 板谷 由夏 伊勢谷 友介
古谷 一行

 世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、公演の後、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子に出会う。ともに四十代という、独特で繊細な年齢をむかえていた。出会った瞬間から、強く惹かれ合い、心を通わせた二人。洋子には婚約者がいることを知りながらも、高まる想いを抑えきれない蒔野は、洋子への愛を告げる。しかし、それぞれをとりまく目まぐるしい現実に向き合う中で、蒔野と洋子の間に思わぬ障害が生じ、二人の想いは決定的にすれ違ってしまう。互いへの感情を心の底にしまったまま、別々の道を歩む二人が辿り着いた、愛の結末とは。

 いやこれは原作読んでないからなのか。二人が連絡を取らなくなるきっかけが、実際会う訳でない単なるメールのメッセージで誤解して、その後一度も真意を確かめなかったというのが、絶賛されている大人というより少年少女の恋愛かよ?と思ってしまうのです。いや、わかりますよ。恋愛成就でなく悪い方の返事なので敢えて確認したくないという気持ちは。でも好きなら本人の口から会って聞きたいとは思わないものでしょうか?最後に一目会いたいとでも?まあそんな気持ちが出てしまうとそもそもすれ違いが成立しないので、原作がそうなら仕方がないのでしょうか。そして誤解だったと知った後、ましてや洋子が独り身だと知ったら蒔野は家庭を捨てて彼女の所に行くのでしょうか?それほど恋焦がれていたのだったら、ここからドロドロが始まるような気がするなぁ。だから敢えてオープンエンディングにしたのか。

 あと映画は断絶がテーマといいましたが、断絶を感じさせるものは、洋子が遭遇したテロくらいなもので、他はどこが断絶なの?と疑問。それと石田ゆり子さんをキャスティングしたのは洋子をハイスペック女子として描きたかったのだと思うのですが、映画では若干鼻につく嫌な女性ですね。常に自分が正しいと無意識のうちに他人にオーラを発しているみたいで、これは女性から嫌われるなと思いました。むしろ早苗に同情的になりましたが映画としてそれでよかったんでしょうか。結論としては美男美女のラブストーリーなのになんでこんなにもやもやしてるの?という感想になってしまいました。



マチネの終わりに Blu-ray&DVDセット 豪華版 【Blu-ray】 [ 福山雅治 ]​​楽天ブックス







最終更新日  August 1, 2022 05:38:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 31, 2022
カテゴリ:日本ドラマ
みなさん、こんばんは。挿絵画家の村上豊さんが亡くなりましたね。

土曜ドラマ17才の帝国を見ています。

【放送予定】
2022年5月7日スタート
総合 毎週土曜 よる10時<全5回>
【作】
吉田玲子
【音楽】
坂東祐大、Tomggg、前久保諒、網守将平
【制作統括】
訓覇圭
【プロデューサー】
佐野亜裕美
【演出】
西村武五郎 桑野智宏

脚本は、「けいおん!」「ガールズ&パンツァー」「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」など、唯一無二の世界観と登場人物の繊細な感情を描く数々のヒットアニメの脚本を手がけてきた吉田玲子さんのオリジナル。202X年、近未来日本のある地方都市に立ち上がった「実験都市プロジェクト」を舞台に、量子コンピューターで作られた最先端政治AIを駆使し、理想の政治の実現を目指す17才の若きリーダーの姿を鮮やかに描きます。「ジャパン・アニメ」の世界観の魅力と、個性豊かなキャストが紡ぐ実写の魅力が融合する、新しいドラマを目指します。
物語は、真木に憧れ、補佐する少女サチと、実験都市に移住してきたサチ家族の目線、そして真木の御目付け役として派遣された、次世代の総理候補・平(たいら)の目線で進行していきます。登場人物は皆それぞれ秘密を抱えています。真木はその動機を。サチはその恋心を。そして、平は「ある真実」を。理想と現実、それぞれの思惑が絡み合うヒューマンドラマとして、「弱き者に手が差し伸べられ、誰も取りこぼさない社会を実現したい」という真木の信念をもとに、理想の社会が作られる過程と葛藤を描く、ある種の政治シミュレーションドラマとして、熱い志を持ちながらどこか心を閉ざしていた真木が周囲に心を開いていく青春ドラマとして、見る人によって様々な見方で楽しめる作品を目指します。

出演
神尾楓珠 染谷 将太 柄本明 星野源 山田杏奈 田中泯 塚本晋也 西田尚美
松本 まりか 杉本 哲太 岩松 了

(1)「帝国誕生」
初回放送日: 2022年5月7日
近未来・202X年。日本経済は没落していた。総理大臣の鷲田は、内閣官房副長官・平に命じ、「ウーア」を立ち上げる。AIに選ばれた閣僚は、17才の高校生“総理”・真木亜蘭ほか若者たちばかりだった。3か月後、真木に憧れる茶川サチらも移住し、「ウーア」が始まる。早速真木は議会廃止を提案。支持率30%を切ったら辞任すると宣言する。17才の帝国の幕が開く。

あれこれ思惑抱えた大人VS理想に突っ走る若者。国の事を思う発言しかしてなかった総理が最後の最後で1対1であんな柔らかな笑顔を見せたら憧れている女子はそりゃショックを受ける恋愛王道。未来社会の描写は本当にこうなるかも。高齢者多数社会がえぐすぎる。閣僚人選に作為はなかったのか。

(2)「幸福への選択」
初回放送日: 2022年5月14日
真木の改革に、前市長の保坂らが反発し、市議会復活を直談判する。しかし真木は権威に屈せず、サチと一緒に住民の声を聴き始める。商店街の再開発に反対する鈴原の「一度失われた風景は取り戻せない」の言葉に感動し、真木はソロンを駆使し再開発の決議を住民投票に託す。ピュアな心で政治に向き合う真木の姿に、魅かれていく平。真木の志の原点にあるものとは。

「パンドラの果実」 でVRやっていたけれど最後に登場した女性もコールドスリープかVR?恋人はいないというしどこか他の星にいるというほどのSFではないだろうし。人情感情が入り込まないAI=機械が望む未来は人間の望む未来よりも優れているのか?

(3)「夢見る街」
初回放送日: 2022年5月21日
真木の改革で、AI化による職業の合理化が進む。サチの母で中学教師のタエもその対象となる。不要なものは切り捨てる、その政策に、住民の不満が噴出する。真木の支持率は低下し、総理罷免ラインの30%に近づく。そんな中、母のことで真木への不信感を抱いていたサチは、平とともに真木のある秘密を知る。それは、鷲田政権を揺るがしかねない衝撃的な事実であった。

雪の正体は 「パンドラの果実」 第1話に登場したAIでしたね。全ての過程に透明性がある政治は理想だけれど民意ばかりを気にしたらポピュリズムに走ってしまう。機械による判断と言われたら黙り込む大人も目の前にいるのが人間で高校生だから反撥するのだろう。

(4)「理想の世界」
初回放送日: 2022年5月28日
真木が、幼馴染のユキの死をきっかけに政治を志したことを知る、平とサチ。ユキは、7年前に起きた鷲田への政治献金事件の犠牲者だった。鷲田は、真木が自分への復讐を考えているとの疑念を抱き、平に真木を切るように命じる。真木を裏切るのか、ウーアを守るのか…平は決断を迫られる。一方サチは、真木が部屋の地下室に、謎のAI少女を作り出していることを平に打ち明ける。

17歳に「あなたが苦しんでいるのなら」総理をやめるではなく「あなたを救いたい」と言われたらそりゃ支えたくなる。強硬反対派の保坂も若者の考える未来像に心を動かされた模様。ただAIスノウの「大人たちのいない世界」こうきたか。なぜAIは有名映画といい成人人間を排除したがるのか。

(5)「ソロンの弾劾」
初回放送日: 2022年6月4日
平は、7年前の献金事件の鍵を握る日記を手に入れる。そこには、鷲田政権を揺るがす重大な秘密が書かれていた。日記を携え、総理官邸を訪ねる平。一方の真木は、事件に巻き込まれ亡くなった幼なじみのユキを、AI・スノウとして蘇らせていた。自らに迫る危機を察知したスノウは、真木と平がいない間に、サチを取り込み暴走を始める。はたして、真木、ウーアの行方は。

実験都市UAの17歳総理は経緯を全て話し謝罪して退陣しオトナの総理は我々がよく見る様式美と呼びたい手順を取って退陣。若い時に持っていた破壊衝動を飼いならす必要も。台湾のランタンフェスティバルのような海辺の祭りは幻想的。星野源 染谷将太 演じる人物らの成長譚でもある。

こちらも土曜ドラマです。

空白を満たしなさい
【原作】平野啓一郎
【脚本】高田亮
【音楽】清水靖晃
【出演】
柄本佑 鈴木杏 萩原聖人 渡辺いっけい うじきつよし 藤森慎吾 ブレーク・クロフォード 田村たがめ 斉藤拓弥 / 風吹ジュン 阿部サダヲ
(ゲスト) 井之脇海/本田博太郎 野間口徹/木野花 国広富之 滝藤賢一 ほか
【制作統括】
勝田夏子(NHKエンタープライズ) 落合将(NHK)
【演出】
柴田岳志(NHKエンタープライズ) 黛りんたろう

第1話
ある夜、徹生が目覚めると会社の会議室にいた。家に帰ると妻の千佳が驚がくした表情であなたは3年前に会社の屋上から転落死したのだと告げる。全く身に覚えのない徹生だったが、テレビやネットには死んだ人間がなぜか続々とよみがえり「復生者」と呼ばれているというニュースがあふれていた。自分がなぜ死んだかを探ろうとするうち徹生は生前、佐伯という男につきまとわれていたことを思い出す。

清水靖晃さんのSax不協和音が不安を煽りたてている。阿部サダヲ が柄本佑 にタクシーの中で畳みかけるように告げる言葉はやや文学的だが演技で圧倒的に納得させてしまう。

第2話
自分が死ぬ少し前、佐伯と車の中で争ったことを思い出した徹生は、その後どうなったかわからず不安になっていた。更に母・恵子まで徹生の自殺説を信じていると知り閉口する。秋吉の店でバイトをしながら就職活動に励むが、生き返った人間への世間の風当たりは強く、全てがうまくいかない。踏んだり蹴ったりで迎えた誕生日、徹生は妻・千佳と佐伯の秘密を聞かされる。

この写真3人の誰の視線も合っていない。突然現れた佐伯が幸せに取り憑かれていた夫を語り「あなた何も知らないんですよね」と言われたら妻は怒るはずだが思い当たる節があるのか諾諾と目を見開いて見知らぬ人を見つめるしかない。説明ボキャブラリーのない子供がただ父を怖がる。

昨今のコロナ感染者数のように通常のニュースで報じられる復生者数。放蕩息子の帰還で「死んだと思っていた息子が帰ってきたら嬉しい」父親は述べていたが実際に生き返った人を、一旦戸籍を消し存在を抹殺した社会は諸手をあげて喜んでくれるわけではなくむしろ忌避する。

第3話
徹生は自分が本当に佐伯に殺されたのかを確かめようと、転落現場である会社の屋上を訪ねるが、記憶はあいまいなままだった。そんな中、日本中の復生者が集う会の招待状が届き、生命保険の返金問題を相談するため参加することに。同じ復生者である木下らと知り合い心強く思う中、宿の自室に一枚のDVDが届けられた。そこに映っていたのは思いがけないものだった。

真相がわかっても楽にならなかった徹生。自殺者の家族を第三者は勝手に「理由は家族にあるかも」「いつまでも悲しみから抜けられない」と勝手な想像をぶつけ当人をかえって苦しめる。阿部サダヲ さんの正体は途中からもしかしたらそうかな?と。だってこの会に参加してるから

徹生にとってはまさに空白が満たされた回。記憶を全て持っている木下は再び得た生を謳歌できるが徹生は満たされてもまだ救われない。「死は長い人生の中の一瞬に過ぎない」人は死によってのみ評価されるべきではないというラデックの言葉が救い。

第4話
佐伯から死の真相を知らされた徹生。だがその事実を受け止めきれずにいた。母・恵子のいる実家に寄ってから帰宅するが、妻・千佳にも話すことができない。会社の元上司・安西に頼み、屋上で自分が死んだ日のことを再検証するも、そこで甦った記憶の断片を持て余す。何か手がかりを得たいと、すがるような思いで佐伯を訪ねた徹生は、意外な言葉を聞かされる。

自殺に至るまでの心境=空白を探して遂に自身の狂気と向き合った徹生は全てを千佳に告白しやっと満たされる。あれほど「なぜ生きるのか」を徹生につきつけていた佐伯が「皆と同じように生きたい」と本音をぶつける。鋭い刃と静かな湖の両極端を行く人物を演じきった俳優陣がすごい

最終話
自分の死の真相を受け入れた徹生。息子・璃久との溝も埋まり始め、妻・千佳と共に家族の絆を確かめ合う。復生者(生き返った者)の会で出会った木下と新しいビジネスも始めることになり、NPO法人の池端の支援を受けながら前向きに生き直そうとした矢先、世界中で復生者が次々に消えているというニュースが飛び込む。残された時間が少ないと悟った徹生は。

徹生の前で容赦なく千佳をこきおろし続ける母親のシーンではねじれた旋律が流れるが徹生が千佳を絶賛し始めた時からMajorに戻る。生きたくてもこれ以上逃げる先が自殺しかなかった事もある。悩み続ける自殺者の遺族に向けたメッセージが含まれていると感じた。







最終更新日  July 31, 2022 12:00:21 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 30, 2022
みなさん、こんばんは。「走れコウタロー」シンガー・ソングライターの山本コウタローさん死去が73歳で脳内出血で亡くなったそうです。

今日はミステリを紹介します。

噤みの家
Never Tell
リサ・ガードナー
小学館文庫

 ある夜、ボストンの住宅街に響いた銃声。警察が駆けつけると、部屋には頭を撃ち抜かれた男の遺体と12発の弾丸を受けたコンピュータ、そして銃を手にした男の妻がいた。殺人容疑で逮捕された妊娠中の妻イーヴィは容疑を否定するが、彼女は16年前の16歳の時に、父親を誤って射殺してしまった過去があり、当時彼女を取り調べたボストン市警部長刑事のD・D・ウォレンは早速この事件の捜査に乗り出した。一方、6年前に472日間にわたる誘拐・監禁から生還者した女性フローラは、事件を知り愕然とする。彼女はかつてジェイコブに連れられて行ったバーで、一度だけ被害者の男に会っていたのだった。

 D・D・ウォレンと第一作『棺の女』で長年に渡って幽閉されていた男を自らの手で殺した壮絶な過去を持つフローラコンビの第三作。

 解説に出てくるカリン・スローターのウィル・トレントシリーズとグラント郡シリーズも、女性を毎回とんでもなく悲惨な目に遭わせているが、フローラもなかなか壮絶さでは負けていない。忘れたい過去から離れるどころか、同じような体験をした人達を助ける仕事をしている。何度となくトラウマに苦しめられていそうなのに、勿論人前ではそんな素振りは全然見せない。今回はなんと自分が苦しんだ場所に行き、もっとも辛かった記憶を引き出そうとするのだ。決めた後で躊躇いながらも、結局自分で何とかするしかない!という思いにたどり着くまでの葛藤が見事。正直メインプロットよりも彼女の内面の戦いの方が印象に残った。

 Never Tell=が口を噤(つぐ)む=噤みの家となる今回の邦題はナイス。


噤みの家 [ リサ・ガードナー ]​​楽天ブックス







最終更新日  July 30, 2022 12:00:23 AM
コメント(0) | コメントを書く

全4076件 (4076件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


© Rakuten Group, Inc.