映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

カレンダー

コメント新着

お気に入りブログ

ご冥福をお祈りいた… New! ちーこ♪3510さん

トゥームレイダー2 New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフーさん

ほんと酷い雨だった(… 天野北斗さん

7月☆ fujiうさぎ=^・^=さん

憂きも一時 小烏丸の”てる”さん

プロフィール

hoshiochi

hoshiochi

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全て | 料理&お菓子&旅&演劇&その他2 | フランス映画 | 韓国ドラマ・赤と黒(ナップンナムジャ) | その他の地域の映画&ドラマ | アメリカ映画 | 韓国映画 | 真田広之 | 韓国ドラマ | アメリカドラマ | その他のジャンルの日本の小説 | 日本のミステリー小説 | イギリスドラマ | よしながふみ漫画&ドラマ&映画大奥 | 漫画・アニメ | 日本ドラマ | 中国&台湾映画&中国ドラマ | 日本の作家が書いた歴史小説 | 海外のノンフィクション・エッセイ・その他のジャンル | 東欧・ロシア映画 | イギリス&アイルランド映画 | オランダ映画&オランダドラマ | 北欧映画 | その他のジャンルの海外小説 | 日本の絵本・童話・児童書・ティーンズ小説 | 日本作家によるノンフィクション&エッセイ・その他のジャンル | 日本映画 | 海外の絵本・童話・児童書・ティーンズ小説 | カナダの映画&ドラマ | ドイツ映画&ドイツドラマ | 日本のファンタジー小説 | 海外のミステリー&ファンタジー小説 | 堺雅人 | 日本ドラマ:歴史ドラマ&時代劇 | 三浦しをん:まほろ駅前シリーズ | 山田風太郎 | 香川照之 | 松山ケンイチ | 海外の作家が書いた歴史小説 | ジェイク・ギレンホール | イギリスドラマ:SHERLOCK | 塩野七生 | 吉田鋼太郎 | イタリア映画 | ローズマリー・サトクリフ | 大杉蓮 | ベネディクト・カンバーバッチ | インド映画 | 長谷川博己 | 内野聖陽 | 林遣都 | ムロツヨシ | ジョシュ・オコナ― | 井浦新 | 菅田将暉 | ディーン・フジオカ
April 7, 2022
XML
みなさん、こんばんは。ウクライナの首都キエフがキーフ読みになりましたね。
今日も韓国に関係のある書籍を紹介します。

搾取都市、ソウル ――韓国最底辺住宅街の人びと (単行本)​
イ・ヘミ
訳伊東順子
ちくま書房

 地=半地下の住まい、屋=屋根部屋、考=考試院の略である。

私達はそれぞれ映画やドラマでそれぞれの住まいを見ている。半地下の住居といえば、カンヌ映画祭グランプリに輝いた『パラサイト 半地下の家族』の主人公一家が住んでいた。道路で殺虫剤をまけば部屋にまで入ってきたり、大雨が降った時は、家具がぷかぷか浮いていた。もともと朝鮮戦争時に防空壕として作られたものなので、仮住まい設定なのだ。にもかかわらず、現在は仮ではなく常に住む場所になっている。

 『屋根部屋のネコ』『屋根部屋のプリンス』などタイトルに登場する他、多くのドラマに登場する屋根部屋は、貧しい若者が住む場所の象徴だった。一見空に近く開放的に見えるが、こちらももともと管理事務所や給水タンクなど、人間が住む場所として建てられたものではない。屋上は避難場所でもあるので、プライバシーもなく簡単に人が入ってこられるし、壁が薄いため夏は暑く冬は寒い。

 考試院はもともと大学入試や公務員試験の受験者が、いわゆる缶詰になって試験勉強をする小部屋だった。こちらも一定期間のみの仮住まいなので、机やベッドなど必要最低限のものが置けるスペースしかない。トイレや風呂は共同だ。

 現在韓国で安価な住居とされる三つは、いずれも永住できる環境として設定されていなかった。そんな場所に低所得者が永住しているから無理が生じる。その無理が露わになったのは、2018年11月9日にソウル市鍾路区で起こった国一考試院の火災である。放火ではなく電気ストーブからの出火で、消火器があれば消し止められたかもしれない。ところが建築台帳には「考試院」ではなく「その他の事務所」と登録されていたため、安全点検の対象から外れていた。非常ベルや非常口、避難用の緩降機もなかったという。

 安全は担保されないにも拘らず、安くても家賃はきっちり取られる。都会ソウルを目指して地方から人々がやってくるから、住民には事欠かない。安全管理に問題がある安価な住宅チョッパンは、管理人とは別にオーナーがいる。そのオーナーは江南あたりに家がある裕福な一族だという。つまり、富裕層が貧困ビジネスで儲けている構図だ。住民たちは「いつかは抜け出す」と思ってはいるものの、暮らしが楽にならず、その“いつか”がやってこないまま、ずるずると生き続けている。

 やむなく永住をしなければならないなら、安全な住環境にするべきだ。住環境提供者は「選んだからには居住者にも責任がある」と自己責任論をふりかざすが、それが逃げであるのは明らかだ。国民に最低限の生活を保障する義務があるはずの政府にも、矛先が向けられてしかるべきだ。韓国のみの問題として見るのではなく、日本でも同様の構造はある。取り締まれば抜け道を見つけ出す狡さと、見逃さない鋭さとの攻防は果てしなく続く。セーフティネットから取りこぼされる人がいない社会を作らなければならない。


搾取都市、ソウル 韓国最底辺住宅街の人びと [ イ・ヘミ ]​​楽天ブックス








最終更新日  April 7, 2022 12:00:13 AM
コメント(2) | コメントを書く
[海外のノンフィクション・エッセイ・その他のジャンル] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:地屋考지옥고って何のことかわかりますか? ノンフィクション「搾取都市、ソウル ――韓国最底辺住宅街の人びと (単行本)」(04/07)   ちーこ♪3510 さん
韓国の家賃制度が日本と違い、月払いとかでなくて、一度に500万円ー1千万円とか家主に預けるのです。(毎月はありません)
で、お金のない人は家賃という設定のないコシウォンなどに住んだり、違法の屋上の小屋に住んだりです。
半地下の映画も現実ですね。
コシウォン、部屋に窓がなかったり、火事は怖いですね。 (April 7, 2022 05:34:21 PM)

Re[1]:地屋考지옥고って何のことかわかりますか? ノンフィクション「搾取都市、ソウル ――韓国最底辺住宅街の人びと (単行本)」(04/07)   hoshiochi さん
ちーこ♪3510さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
ソウルは確かにごみごみしていますが考試院のごみごみはそれとはまた違っていました。写真も紹介されており、本当にこれで人が生活できるの?と思いました。 (April 7, 2022 06:24:14 PM)

PR


© Rakuten Group, Inc.