【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

カレンダー

コメント新着

お気に入りブログ

スウィングガールズ New! ジャスティン・ヒーハーフーさん

日本料理は美しい ちーこ♪3510さん

美容院で白髪を染め… 天野北斗さん

☆免許更新手続き☆ fujiうさぎ=^・^=さん

憂きも一時 小烏丸の”てる”さん

プロフィール

hoshiochi

hoshiochi

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全て | 料理&お菓子&旅&演劇&その他2 | フランス映画 | 韓国ドラマ・赤と黒(ナップンナムジャ) | その他の地域の映画&ドラマ | アメリカ映画 | 韓国映画 | 真田広之 | 韓国ドラマ | アメリカドラマ | その他のジャンルの日本の小説 | 日本のミステリー小説 | イギリスドラマ | よしながふみ漫画&ドラマ&映画大奥 | 漫画・アニメ | 日本ドラマ | 中国&台湾映画 | 日本の作家が書いた歴史小説 | 海外のノンフィクション・エッセイ・その他のジャンル | 東欧・ロシア映画 | イギリス&アイルランド映画 | オランダ映画&オランダドラマ | 北欧映画 | その他のジャンルの海外小説 | 日本の絵本・童話・児童書・ティーンズ小説 | 日本作家によるノンフィクション&エッセイ・その他のジャンル | 日本映画 | 海外の絵本・童話・児童書・ティーンズ小説 | カナダの映画&ドラマ | ドイツ映画&ドイツドラマ | 日本のファンタジー小説 | 海外のミステリー&ファンタジー小説 | 堺雅人 | 日本ドラマ:歴史ドラマ&時代劇 | 三浦しをん:まほろ駅前シリーズ | 山田風太郎 | 香川照之 | 松山ケンイチ | 海外の作家が書いた歴史小説 | ジェイク・ギレンホール | イギリスドラマ:SHERLOCK | 塩野七生 | 吉田鋼太郎 | イタリア映画&イタリアドラマ | ローズマリー・サトクリフ | 大杉蓮 | ベネディクト・カンバーバッチ | インド映画 | 長谷川博己 | 内野聖陽 | 林遣都 | ムロツヨシ | ジョシュ・オコナ― | 井浦新 | 菅田将暉 | ディーン・フジオカ | 台湾ドラマ&中国ドラマ
June 21, 2024
XML
みなさんこんばんは。働きながら介護をするビジネスケアラーが介護者の4割になったそうですね。
大ヒットシリーズの続編を紹介します。

ボブという名の猫2 幸せのギフト
A Christmas Gift from Bob

監督
チャールズ・マーティン・スミス

 一匹の猫と出会ったことで人生が一変、ホームレスのストリート・ミュージシャンから一躍ベストセラー作家となったジェームズと茶トラ猫のボブはある日、路上演奏の疑いで警察官に取り押さえられているホームレスを助ける。自暴自棄になったその男に、ジェームズは路上で過ごした最後のクリスマスの話を始める。

 薬依存症からも立ち直った再生組ジェームズは出版社から続編を依頼されている。かつての自分を思わせる若者に昔語りを始めるその時点でジェームズは幸せなのだから、ラストはもちろんハッピーエンドだ。しかしそこに至るまでには、猫を食い物にしているのではないか?と動物福祉局から執拗に狙われ、遂には引き離されそうになる。いや、町中に野良猫は何匹もいると思うのに、なぜボブにだけ執着するんだろうか。今回はクリスマスシーズンにちなんでいるので、許しがテーマ。脚本は『ボブが遺してくれた最高のギフト』と『ボブが教えてくれたこと』の二つの原作から創作。前作がボブとジェームズの濃ゆい物語だったとすれば、本作はボブとジェームズを見守る周囲の人たちも含めたドラマになっている。

しかし動物は偉大だねえ。何も気の利いた言葉を言わなくても、そばにいてくれるだけでほっこりするし、生きていこうと思える存在なんだから。ボブはどうやって演技力を身に着けたんだろう。実話を映画化した「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」の続編。前作同様、本物のボブがボブを演じる。ボブは映画公開前に亡くなり、この映画はボブに捧げられている。リアルジェームズ・ボウエンも映画最初の方で出演し、ルーク・トレッダウェイの肩に乗っかっているボブに「いい猫だね!」と声をかけている。


ボブという名の猫 幸せのハイタッチ【Blu-ray】 [ ルーク・トレッダウェイ ]​​楽天ブックス






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  June 21, 2024 06:23:49 AM
コメント(0) | コメントを書く
[イギリス&アイルランド映画] カテゴリの最新記事


PR


© Rakuten Group, Inc.