映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

全4件 (4件中 1-4件目)

1

ジョシュ・オコナ―

May 3, 2020
XML
みなさん、こんばんは。英国の若手俳優ジョシュ・オコナ―が出演しているBBCミニドラマを見ました。ナイーヴな若者を演らせたらぴかいちの彼の良さは後半に出てました。

レ・ミゼラブル
Les Miserables

原作
ヴィクトル・ユーゴー

脚本
アンドリュー・ディヴィス

出演
ドミニク・ウェスト ジョシュ・オコナ― オリヴィア・コールマン リリー・コリンズ

第一話
1815年、ワーテルローの戦いのあと、戦場で略奪をしていたテナルディエは偶然、ポンメルシー大佐の命を救う。お針子のファンテーヌは、学業のためパリに滞在しているフィーリックスと出会って恋仲になり、明るい未来を夢見る。パンを盗んで投獄されたジャン・パルジャンは刑期を終え、19年ぶりに外の世界へ出る。しかし、元囚人が持つ黄色い旅券を提示しなければならず、行く先々で追い払われてしまう。

トップバッターはワーテルローで腐肉を喰う鴉と共に死者の持ち物を漁るテナルディエ(庶民代表)。バリバリの王党派祖父とナポレオン信奉者父の間で未来の苦悩が予測されるマリウス。世の中の理不尽を19年で思い知ったバルジャンと世の中をまだ何も知らないファンテーヌの運命が交錯。

何がびっくりって リリー・コリンズ の第一希望はファンテーヌではなくエポニーヌだったこと。オーディションで選ばれずファンテーヌに。まあ汚れ役をやってみたいものですよね。

第二話
マドレーヌという偽名を使い、モントルイユの人々の尊敬を集め市長となったジャン・バルジャン。工場も経営し、巨万の富を得ていた。そんな町へ、仕事を求めてパリからファンテーヌがやってくる。運よく仕事を見つけられ、すべては順調に行くかと思われていたが…。時を同じくして、トゥーロンの徒刑場の元看守ジャベールが警部として警察署に着任。市長マドレーヌが、元囚人のジャン・バルジャンではないかと疑いを持つ…。

ザ・クラウン Season3&4でエリザベス女王を演じる オリヴィア・コールマン 登場。対面時明らかにコゼットの服の方が上等なのにテナルディエ夫人の嫉妬など思いもよらないファンテーヌ。ここから彼女の底なし借金地獄が始まる。燭台を売らずにきたバルジャンにジャベールの追撃が。

第三話
祖父に育てられた少年マリウスは、ひん死の父ポンメルシーのもとに向かい、最期の言葉を聞く。ファンテーヌは、テナルディエ夫妻から要求される法外な金を、自らの身を売ってまで工面する。しかし、ある雪の日に通りすがりの男にからかわれたファンテーヌは騒ぎを起こし…。逃亡犯ジャン・バルジャンが逮捕されて裁判にかけられるという話を聞いたマドレーヌは、無実の人間を救うために自分の素性を明かすべきか苦悩する。

幼きマリウスにその意味もわからぬうちからナポレオンと父への敵意と軽蔑を教え込んだ祖父。テナルディエの名がマリウスに伝えられ彼等との縁が生まれる。正義感とファンテーヌへの責任感のせめぎあいの末やはり前者を選んだバルジャン。自分が正しかったことを確信するジャベール。

第四話
ジャン・バルジャンは、コゼットを探すためにモンフェルメイユへ。テナルディエの宿でひどい扱いを受けていたコゼットを救い出し、二人はパリへと向かう。パリ警視庁にいるジャベールは、モンフェルメイユで宿の娘がさらわれたという報告を受け、バルジャンが絡んでいるとにらむ。その後、テナルディエを聴取し、バルジャンはパリに逃げたと推測したジャベールは町中に人相書きを張り出す。

「ワーテルローで大佐を救った」自分で作った虚構の栄誉に縋り続けるテナルディエ。テナルディエにすっかりロリコン扱いされるジャン・バルジャン。姿を消した母をひたすら待つ思いの強さと虐められてもへこたれない強さを持つちびコゼットが素晴らしい。ガブローシュへの扱いが酷い。

第五話
マリウスは、祖父から裏切り者だと教えられていた父ポンメルシーの真実を知り、家を飛び出す。そして、友人に連れられて行ったカフェで、革命を目指す青年たちと交流する。何年も修道院の中だけで生活してきたコゼットは外の世界に憧れる。ジャン・バルジャンはそんなコゼットの願いを聞き入れ、危険を承知で外での暮らしを始める。やがてコゼットに運命の出会いが…。

「私と同じ人間だ」恐らくはコゼットに自分の過去を話すつもりだったバルジャンだが思わぬ彼女の拒否反応にきっかけを失う。あっという間にボナパルティズムに染まるマリウスを諭すアンジョルラス。ABCの友は美形揃い。テナルディエ、バルジャン、ジャベールが時を経て再会する次回。

男に声をかけてもらうためにわざとハンカチを落とすテクは修道院の女友達仕込みかコゼット。あとバルジャンが洋品店で「姪だ」と言ってるのにコゼットがパパ呼びして女主人が「ああやっぱり(若い愛人ね)」みたいなしたり顔をした場面がツボだった。

第六話
ジャン・バルジャンはテナルディエと対峙(たいじ)するため、彼の住むゴルボー屋敷へ単身乗り込むが、テナルディエと仲間の男たちに取り囲まれてしまう。事態を隣の部屋から見ていたマリウスは、合図のためジャベールから渡された銃を発砲する。その後公園に出かけたマリウスは、エポニーヌからコゼットの住む家の住所を教えてもらい、すぐに彼女のもとへ向かう。街ではついに市民と軍が衝突、闘いへのカウントダウンが始まる。

エポニーヌが欲しいのは金でなく感謝の言葉だったかもしれない。お坊ちゃんマリウスの誤解がコゼットとのすれ違いを生む。コゼットの中に別の存在がいることに何となく気づいているジャン・バルジャン。

6月蜂起は決して彼一人のせいではないけど「パリで不穏な動きが」という部下の報告よりも逃げたジャン・バルジャンに執着することが初動の遅れを引き起こす。

王党派の祖父とナポレオン信奉者の父、父の命を救った相手と愛する女性の父、革命と恋愛。マリウスは物語の中で常に悩み続ける存在。革命を経て現実の生活に戻る彼は革命を支持していたユーゴ―の投影かもしれない。

第七話
パリでは市民が蜂起し、各地でバリケードが築かれる。騒動にジャン・バルジャンが現れると確信したジャベールは市民に紛れ込もうとするが、警官であることを見破られ拘束される。コゼットとすれ違いになったマリウスは恋に破れたと思い、死に場所を求めてバリケードへと向かう。そのことを知ったジャン・バルジャンもまた、バリケードへ。しかし、到着したバルジャンを待っていたのは、宿敵との再会だった…。

マリウスが父を通じ心酔したナポレオンが鍛え上げたフランス軍が銃を撃つ事さえおぼつかな民衆を制圧。「コゼットに会えないなら生きていたくない」という言葉を聞いて再度の失恋と自分がしたことの意味に気づくエポニーヌはそのつけを自分で払うことに。STAYHOMEして欲しいコゼット。

扉を開けようとするコゼットと元の家に行くマリウス。コゼットの手紙の写しを読むジャン・バルジャンと本文を読むマリウス。カットバックが多用された回。マリウスとジャン・バルジャンがバリケードで会う場面は一言も台詞がなく二人の表情だけで感情を察するように演出されている。

ジャベールの持論によれば「悪人は最後まで悪人で法で厳しく罰されなければならない」のだが目の前のジャン・バルジャンは殺されるはずの自分を開放したばかりか逮捕しに来いとまで言う。信じられないものを見たジャベールの葛藤&戸惑いがここで始まり次回につなぐ。

最終話
ジャン・バルジャンは、バリケードから救い出したひん死のマリウスを川岸へと運ぶ。だがそこで、ジャベールに捕まってしまう。バルジャンの頼みを聞いたジャベールは、マリウスを送り届け、さらに自宅に立ち寄ることを許す。バルジャンが外に出ると、待っているはずのジャベールの姿はもうなかった。意識を取り戻したマリウスは、めでたくコゼットと結婚する。幸せいっぱいのコゼットだったが…。

自分の幸せを奪いに来る者を助けたバルジャンに「Are you insane?(正気か?) 」と聞き家に寄るのを許してバルジャンに「Can you trust me?」と驚かれ彼を逃がしたことを「温情故の行為か」と聞かれ「乱心故だ」と答える。信念が揺らぎつつ必死で自分を保とうとしたジャベールの選択は。

自分の罪だけを話し善行を秘め2人から去ったバルジャンだが皮肉にも敵だったテナルディエがバルジャンの悪行を暴くつもりで全て明かす。「初めての善行が報われた」第1話冒頭で死体を漁っていた彼にも救いが訪れるがパリの下町にはまだミゼラブルな孤児たち(未来のバルジャン)がいる。







最終更新日  May 4, 2020 12:49:29 AM
コメント(0) | コメントを書く


February 26, 2020
さて、今日ご紹介する映画​ゴッズ・オウン・カントリーは、最初限定公開だったものが人気を呼んでロードショー公開にこぎつけたという逸話を持っています。主役俳優が魅力的でした!

ゴッズ・オウン・カントリー Ionescu
God's Own Country

監督
フランシス・リー

出演
ジョシュ・オコナ― アレック・セカレアヌ ジェマ・ジョーンズ イアン・ハート

  祖母と父親に代わりヨークシャーの牧場を管理しているジョニーは、酒とセックスで孤独と仕事の不満を紛らわしていた。羊の出産シーズンになり、季節労働者のゲオルゲがやってくる。当初彼らは反発し合っていたが、羊に優しく接するゲオルゲにジョニーは初めての感情を抱く。

 彼等は対照的だ。例えば唾。大学を断念し、全てを諦め、やめろと言われても年上のゲオルゲを「Gipo(ジプシーの別名)」と呼ぶのをやめないジョニー。彼が最初に唾を使うのは、牛の競売所で一度限りの関係を結んだ男性とのセックスの潤滑剤替り。つまりは自分のため。

 英語教師の母を持ち、牧場の誰よりもきれいな英語を話すゲオルゲは、牧場の仕事を全てジョニーよりうまくこなし、料理もできる。季節労働者として様々な現場を渡り歩き、ジョニーのような差別的な態度を取られた事も一度や二度ではないはずだが優しい。祖母に言われて断ったジョニーが置いてきた手袋をちゃんと使い、寒くてふーふー手を温めるジョニーに渡す。ゲオルゲが唾を使うのは、石を運んでいて怪我をしたジョニーの消毒のため。つまりは他人のため。

 ゲオルゲは最初「Call Ya George?(ジョージ)」と尋ねられ「Gheorghe(ゲオルゲ)」と答える。彼はドラゴンを倒した聖ジョージではなかったが、少なくとも牧場とジョニーを救った。
やっとの事で家事をしている祖母と、体が不自由になった父を抱え、母のように逃げていかなかったジョニー。責任感も、妊娠を控えた牛に向けた優しい眼差しも、父からの叱責と一人で仕事をこなすうち、諦観と自暴自棄に容易くすり替わる。そんな彼がゲオルゲとの出会いで瞬く間に代わってゆく。お泊りから初めて戻って来た夜に、ゲオルゲを見上げる可愛らしさったらない。
ちらちらとゲオルグを眺め、祖母が早くアイロンかけを終えないかなぁとソワソワ。「What's Wrong With You?どうしたの?」「魂胆でもあるわけ?」と祖母にもしっかり気づかれる。ドアを閉めるや否や首筋にキス。んもーなんでこういう可愛いジョニーを封印しておいたんだ。「愛される」事を知ったジョニーは、愛する人を取り戻すため、牧場を立て直すため、父に談判する強さを持つまでになる。本編は恋愛がメインだが、ジョニーの成長物語である。そして折々の変化をジョシュ・オコナ―が魅力的に演じている。クライマックスでゲオルゲに抱きしめられ、左目からつーと涙が落ちるシーンはまさに神。彼に限らず、主要人物それぞれが魅力的だ。

 当初国内での上映は予定されていなかった。しかし、個人の買い付けによる極めて限定的な上映がシネマート新宿・心斎橋で行われると、全て満席&立ち見のヒットを記録。たちまち国内配給権の争奪線に発展し、ついに全国公開された異例のブームを生む。巷では「英国版ブロークバック・マウンテン」とも称された。



ゴッズ・オウン・カントリー【Blu-ray】 [ ジョシュ・オコナー ]​​楽天ブックス







最終更新日  March 14, 2020 01:16:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 13, 2018
みなさん、こんばんは。美談の主から一転、スキャンダルの渦中にいる人になった
スポーツ選手の事を覚えていますか?
私も自伝を読んだ後でこのスキャンダルが発覚してショックだったのを覚えています。


疑惑のチャンピオン
THE PROGRAM

出演
ベン・フォスター ギョーム・カネ ダスティン・ホフマン クリス・オダウド
ジョシュ・オコナ―

監督
スティーヴン・フリアーズ

冒頭。自転車で走る男の後ろ姿。呼吸だけが聞こえる。
「それは世界一過酷なレース 180人の選手がこのステージに挑み一人だけがマイヨ・ジョーヌを着る 俺たちの夢はチームに入り世界と戦う事 身体的には劣るが誰にも負けないものがある 熱望と野心だ 母親の教えは“諦めるな”心だよ 身体じゃない 足じゃない 肺でもない 大事なのは心だ 魂だ」こんな事を言っていたのに、なぜ魂以外のものに頼ったのか。

 20代にガンを患いながらも克服した自転車ロードレース選手ランス・アームストロングは、1999年から2005年に「ツール・ド・フランス」7連覇を達成する。ガン患者を支援する社会活動にも奔走し、世界中から尊敬される英雄だった。一方、記録のために手段を選ばない勝利への執着はすさまじく、ある記者が彼にまとわりつく薬物使用疑惑をリサーチしており……。

自転車レース「ツール・ド・フランス」を何度も制しながらも、薬物使用によりタイトルはく奪、競技から永久追放されたランス・アームストロングを描く伝記ドラマ。

スキャンダル発覚前、彼の著書『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』を読んだ。レースを知らない人でも、病気とレースを戦い抜いた彼の人生に何も感じない人はいない。彼のように生きられなくても、せめて自分の人生から逃げるのはよそうと思わせてくれた。しかしこの努力には、薬がついていた。ばれないための操作というのが、正常な時の血液を一旦外に出して貯めておき、検査の時に体内に取り入れるという「そんな事やって体に影響はないのか?」とかえって心配になるような事をしている。嘘をついて常に後ろめたい表情を浮かべているなら情状酌量の余地もあったろうが、全く平然としていて疑いを持った記者を干す。ガン患者支援を打ち出しているため、彼を叩くことは慈善行為を叩くことに繋がるのだ。

 発覚後に彼は著書を出しているのだろうか。もし、書いたとしても内容の信ぴょう性は極めて疑わしいが。




疑惑のチャンピオン【Blu-ray】 [ ベン・フォスター ]​​楽天ブックス








最終更新日  February 15, 2020 07:16:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 26, 2017
みなさん、こんばんは。ついに大臣が辞任しましたね。
まあお粗末と言うか。

映画シンデレラを見ました。

シンデレラ

出演
リリー・ジェームズ ケイト・ブランシェット ヘレナ・ボナム・カーター 
ステラン・スカルスゲールド デレク・ジャコビ ジョシュ・オコナ―


監督
ケネス・ブラナー

音楽
パトリック・ドイル

 貿易商を営む父親が再婚し、継母トレメイン夫人とその連れ子である姉妹ドリゼラとアナスタシアと暮らすことになったエラ。だが、父親が不慮の事故で命を落とし、それを機に継母と義理の姉妹からつらく当たられ、召使いのように扱われる毎日を送る。勇気と優しさが魔法の力になるという亡き母の教えを胸にひどい仕打ちに耐えてきたエラだったが、ついにこらえきれずに家を飛び出してしまう。森へと馬を走らせた彼女は、城で働いているという青年キットと出会い、心惹かれるが……。

 「シンデレラ」の物語を実写化したとはいっても、現代版のアレンジは為されている。例えば悪役の設定。‘悪役の魔女が実は被害者でした’という「マレフィセント」ほどではなくても、最近のディズニーは‘なぜ悪役になったのか’という掘り下げがなされている。今回の場合は「無条件に愛される要素をいくつも持っているシンデレラと、父親との強い絆に対する嫉妬」が原因である。その先にあるのは若くして亡くなり、夫にも娘にもいい思い出しか残さなかった先妻の存在がある。だから彼女を思い出させるようなシンデレラを見ているのが嫌なのだ。どんなに苛めても酷い立場に追い込んでもくじけない彼女の性格が火に油を注ぐ。召使が言うように「家を出て」、こっそり復讐をするようないじけた性格になっていれば、トレメイン夫人の溜飲が下がったろうに。まあ、そうなっていれば、そもそもおとぎ話になりえないのだけれど。

 少なくとも憎まれれば良かったのだろう、と思う。ならば自分のやった事に意味があったと思える。その考えが歪んでいようとどうだろうとトレメイン夫人にはどうでもよかった。それなのに、最後までシンデレラはシンデレラだった。王子様との結婚という最強カードを掴んだ直後の「 I forgive you.あなたを許します」で、彼女は決定的な敗北を悟ったはずだ。シンデレラは彼女を忘れるだろうが、彼女はシンデレラを忘れない。復讐するつもりが、全く無自覚の最強ヒロインに復讐されたトレメイン夫人が哀れである。
  
 などという人物考察が出来たのは、ひとえにケイト・ブランシェットの演技のたまものと言える。
 もともと義姉の一人アナスタシアのオーディションを受けに来ていたリリー・ジェームズが主役に抜擢。シンデレラが舞踏会に行く時に髪とドレスにつけていたスワロフスキはなんと10000。うわぁゴッドマザー、お金もち!衣装デザインはサンディ・パウエル。



【楽天ブックスならいつでも送料無料】シンデレラ MovieNEX 【Blu-ray】 [ リリー・ジェームズ ]楽天ブックス







最終更新日  February 15, 2020 07:16:13 PM
コメント(2) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.