映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

映画・海外ドラマ・本 ひとこと言いた~い

全8件 (8件中 1-8件目)

1

井浦新

June 23, 2021
XML
カテゴリ:井浦新
みなさんこんばんは。
今クール松坂桃李さんが出演した二つのドラマを紹介します。
今日は金曜ナイトドラマあの時キスしておけばを紹介します。『おっさんずラブ』は土曜ナイトドラマでした。男性同士の恋愛でまたか、と思った人もいたのでは?同じ貴島Pだし。確かに似ている所はありましたね。井浦新さんが今年47歳なのに女性に乗り移られた男性を好演しています。こんなコミカルな役は初めて。それにしても、突然の事故で恋人未満の人を失い、やっとどんな姿でも生きていてくれればと思った矢先に、その“生きている状態”すら普通の状態ではなかったと気づくんですよね。残酷だなぁ。


あの時キスしておけば

出演
松坂桃李 井浦新 麻生久美子 三浦翔平 猫背椿 うらじぬの MEGUMI
岸本 加世子

監督
河野 圭太 Yuki Saito

音楽
河野 伸

第1話
『スーパーゆめはな』で青果担当として働く桃地のぞむ。何をしても鈍くさく不運な彼は、 運んでいたトマトをうっかりぶちまけても、清掃員の田中マサオには舌打ちされ、手助けもしてもらえない。夢や目標も、まして恋愛願望もあるはずもなく…唯一の楽しみは、大好きな漫画 『SEIKAの空』を読むこと、というなんとも地味すぎる日常を送っていた。一方、『SEIKAの空』作者・蟹釜ジョーとして執筆活動に励む唯月巴。世間の人々 は“蟹釜ジョー”を男性だと思っており、ストーリー展開に悩んだり、ときにSNSでアンチから攻撃を受けたりしながらも、『週刊少年マキシマム』副編集長であり元夫でもある高見沢春斗のサポートを受けながら、人気を確固たるものにしていた。そんなある日、2人はまさかの出逢いを果たす。スーパーのレジでクレーマーに絡まれていた桃地を、華麗なキックで救ったのは、なんと買い物途中だった巴。この出来事を機に、運命の歯車が回り始める。以来、巴の正体が気になり、また会える日を心待ちにしてしまう桃地。数日後、偶然にも巴と再会を果たした桃地は、なぜかあれよあれよという間に自宅に招き入れられ、衝撃の事実を告げられる。「蟹釜ジョーは男じゃないの。私なの。」世界一尊敬する大ヒット漫画家を目の前にし、感動のあまり言葉を失う桃地。あまりにも純粋なファン心を買われたのか、突如巴に高額バイトとして雇われることになる。トイレットペーパーを買い出し、風呂を掃除し、食事を作り、電球を変え…時にご褒美として、まだ世に出ていない『SEIKAの空』の原稿を読ませてもらい涙する日々。セレブすぎる巴の生活に理解が追いつかない桃地だが、徐々にこの“シンデレラボーイ生活”にも慣れ始めた頃…2人の恋は、突然に終わりを告げる。
なぜ彼女は、おじさんになったのか。たとえどんな姿でも、僕はあなたに恋をする。
果たして、桃地と巴の運命は…!?

スーパー店員と売れっ子漫画家の始まりそうな恋が突然終わってなぜかおじさんとの恋が始まる。漫画のコマに挿入される無駄に鍛えられた 松坂桃李 の肉体。冴えないおっさんと巴が入った時との井浦新 さんの演じ分けに注目。見た目は同じ放送枠のおっさんずラブ 。

第2話
初めての沖縄旅行に向かった桃地のぞむと唯月巴だが、搭乗する飛行機がなんと事故に遭遇…!搬送された病院で目を覚ました桃地は、巴が亡くなった…というニュースを目にして茫然と立ち尽くす。そんな桃地に、泣きながら話しかけてきたひとりのおじさん。猛烈な力で桃地の腕をつかんだおじさんは、涙と鼻水を流しながらこう言った「桃地、私、巴なの」。
到底信じられるわけもない状況に、恐れ慄き、おじさん(=オジ巴)の腕を振り払い、逃げ出す桃地。しかしなんとそのおじさんは、東京に戻ってきた桃地の自宅までついてきて、半ば無理やり家に上がりこんできた…!?一方その頃、『SEIKAの空』を連載する『週刊少年マキシマム』編集部は、蟹釜ジョー(=巴)急逝の報に揺れていた。副編集長であり、巴の元夫でもある高見沢春斗は涙を隠して気丈にふるまいながら、蟹釜ジョーの訃報を世間に公表すべきだと主張。遺族でもある巴の母・妙の許可を取り、お別れの会なども計画しようという話も持ち上がっていた。この“おじさん”は何者なのか。もしかして新手の詐欺なのか?僕は騙されているのではないだろうか…?勘ぐりながらもうっかり、巴と名乗るおじさんと同棲生活をスタートさせてしまう桃地。そんな中、突然訪ねてきた高見沢から、巴の葬儀の日程を知らされることに。 「私が本当に死んでるのか確かめたい」そう頼み込まれた桃地は、巻き込まれるような形でオジ巴と共にお通夜に参列することに。しかし、なんと突然オジ巴が「ママ―!」と号泣絶叫して走りだしてしまい、お通夜は大パニックに…!?はたして“変なおじさん”の正体とは…?桜舞い散る中で、桃地が交わした“約束”とは。

鼻水だらだらで切々と訴えたり無茶ぶりしたり振り幅が大きいオジ巴本格登場。第1話ハイキックも登場。このシチュエーションが逆だったのが おっさんずラブ の部長と春田。なぜか頭をなでられると大人しくなるおっさん達であった。心の声が出てくるところもおっさんずラブみが。

第3話
桜の花びらが舞い散る中、弱々しく泣くおじさん=オジ巴の姿を目の当たりにしてしまった桃地のぞむ。そんなオジ巴が巴と重なって見えた桃地の中に、「このおじさんの言うことを信じてみよう」という気持ちが芽生える。ちょっといい雰囲気になり、このままキス…!?というシチュエーションをそーっと回避したのがオジ巴にバレ、思いっきり蹴りを食らいながらも、2人は仲良く銭湯へ。その頃、桃地の勤務先『スーパーゆめはな』には、巴の元夫で『週刊少年マキシマム』の副編集長・高見沢春斗が現れ、同僚の李善善らから桃地の住所を聞き出そうとしていた。銭湯からの帰り道、『週刊少年マキシマム』を買おうとコンビニに入店した桃地。残り一冊だった『週刊少年マキシマム』を、たまたま居合わせた男子高校生に譲ってあげた桃地だったが、なんとその男子高校生はオジ巴の“外身”、田中マサオの息子・優太郎だった! 桃地と仲良く連れ立って歩く父親の姿に驚がくする優太郎だったが…?アパートに帰ってきた桃地とオジ巴を待ち構えていた高見沢。「『SEIKAの空』第113話の原稿をストレージにアップしたのはあなたですか?」という高見沢の問いに首を振る桃地。するとオジ巴は、ストレージに上げたのは自分で、『SEIKAの空』は最後まで連載する、と宣言を! しかし「私が蟹釜ジョーなの」というオジ巴の言葉に、高見沢は耳を貸そうとせず…。
その後、巴の母・妙から合鍵を借り、巴の自宅に入った高見沢は、彼女が愛用していたタブレットがなくなっていることに気づく。「巴はどこかでまだ生きているんじゃないか」そう考えた高見沢は、編集部や上司が止めるのも聞かず、巴を見つけ出そうと決意する!
一方、『週刊少年マキシマム』上層部によって、蟹釜ジョー急逝の発表がなされ、ショックを受けるオジ巴。妙のことが心配なオジ巴から様子を見てくるよう頼まれた桃地は、ひょんなことから妙の家に上がることになってしまい…?
やがて、謎に包まれていた田中マサオの素性が明らかになる事態が…!

金曜日は見た目ダメ男だけどいい男土曜日は本人は好感度を上げようとしているけどダメ男と2種類のダメ男を演じ分けている松坂桃李 さん「おっさんずラブ 」でも 本人達が必死であればあるほどコメディだった土下座合戦が次回登場。これまでは中の人の、次回から外側の人の物語。

第4話
捻挫したオジ巴をおんぶして歩いていたところ、突如背後から叫び声が…!おそるおそる振り返る桃地のぞむの仁王立ちしていたのは、なんとオジ巴の“外身”=田中マサオの妻・田中帆奈美だったー。おんぶにいたるまでのイチャイチャもすべて目撃されていたようで、「桃地と自分の夫が不倫をしている」「2人で駆け落ちするために家を出たに違いない」と勘違いしてしまう帆奈美。必死の弁明もむなしく、オジ巴は強引に田中マサオの家に連れ帰られてしまう…。オジ巴不在の生活に、思っていた以上に寂しさを感じる桃地。そんな彼の前に、今度は唯月巴の元夫で『週刊少年マキシマム』の副編集長・高見沢春斗が現れる。巴がまだどこかで生きているのでは…と疑う高見沢は、「蟹釜ジョーがどこにいるのか教えてほしい」と、まさかの土下座…!?「あのおじさんが蟹釜先生なんです」と何度も説明するも信じてもらえず、しまいには桃地も土下座をする珍妙な状況に…!?一方、“田中マサオ”のフリをして田中家に帰ったオジ巴は、息子の優太郎(窪塚愛流)と鉢合わせし、マサオの残した“遺書”のような日記も発見し、更にはマサオと帆奈美の夫婦に隠された“秘密”を知ることに…。そんな中、急遽デートに出かける桃地とオジ巴!原宿の竹下通りで、クレープを食べ、バナナジュースを飲み…スーパーゆめはなの仲間たちの助言通りにプランを進める桃地だが、不測の事態の連続で…!?

貴島Pが関わると怖いけどおかしい土下座シーンが登場。あんなイケメン二人が竹下通を歩いていたら目立ってしょうがない。2組の夫婦の相手に対する複雑な思いを眼にしたデートすら未経験の桃地。「先生がいれば何もいらない」そういう大事な事は心の声ではなく相手に直接言おう。

第5話
オジ巴が“唯月巴=蟹釜ジョー”であるという事実に、ついに気づいた高見沢春斗。そのまま熱烈にオジ巴を連れ去ってしまい、ひとりアパートに取り残された桃地のぞむは、ぼう然とする。
巴と高見沢が元夫婦だったこと、しかもお互い嫌いになって別れたわけではないこと…もわかってしまい、桃地は初めて、自分の心の中に“もんもん”とした感情を覚える。翌日、高見沢は“蟹釜ジョーが生きている”と世の中に公表すべきだと息巻くが、『週刊少年マキシマム』の編集長・生馬忠士らは全く信じようとしない。さらに、高見沢の熱烈な愛はとどまることを知らず、ついには休日にはオジ巴を“復縁デート”に誘いだし…?一方、『スーパーゆめはな』でも、オジ巴と高見沢のことが気になり、奇怪な行動を繰り返してしまう桃地。常軌を逸した桃地の様子を心配した、郷田ひと子ら仲間たちに、その気持ちは“嫉妬”だと指摘され、“本気で好きなら諦めるな”と背中を押された桃地は、なんと高見沢に堂々とライバル宣言。 「もともと俺の妻だった。これ以上、巴に近づくな」 「イヤです。いまは…僕のものですー!」
 ついに、オジ巴を巡り、地獄の三角関係バトルが幕を開ける!
人生初めての“やきもち”に、戸惑い、翻弄される桃地。元夫でもある高見沢は、強敵として立ちはだかり、ついにはフラダンス対決にまで発展!?ありのままの君でいい、それなのに。
果たして、恋の三角関係の行方は!

中身が変わって同じ女性になったことで意気投合する帆奈美とオジ巴。女性社員の「週三日」より簡単な「外堀を埋める」作戦を選ぶ桃地。漫画に託したメッセージでやっと巴の本心を知りかけつける桃地の前に!うわーありがちな展開。

第6話
「やりなおそう俺たち、愛してるー。」
オジ巴が元夫である高見沢春斗とキスする瞬間を、目の前で目撃してしまった桃地のぞむは、ショックのあまりその場から走り去る。必死で追いかけて弁明をするオジ巴だが、桃地はアパートにこもり、固く扉を閉ざしてしまう。一方、ついにオジ巴は『週刊少年マキシマム』の編集部に乗り込み、「自分が蟹釜ジョーだ」と直訴。突如現れたサングラス姿のおじさんに、編集長の生馬忠士ふくめ一同が唖然。絶筆となったはずの『SEIKAの空』の再連載を巡って、運命の歯車が再び激しくまわりはじめる。また、田中マサオの家族との関係にも変化が。帆奈美はついに、息子の優太郎に真実を打ち明けることを決意。“父親の身体の中に、蟹釜ジョーがいる”と知った優太郎は、衝撃に打ちのめされるも、まさかの弟子入りを志願することに…!?更にオジ巴は、田中家の今後を見据え、帆奈美に“ある約束”を提案する。そんなある日、桃地はスーパーゆめはなで、同僚・水出のスマホをたまたま見てしまい、彼女の正体が蟹釜ジョーの激しいアンチ“マディウォーター”であることを知ってしまう。いつも優しい彼女が一体なぜ?理解できないまま、桃地の脳みそはキャパオーバーしてしまい…。しかし、突如事態は急変する。倒れるオジ巴。桃地はついに知ることになる。僕たちの恋には、タイムリミットがある?

色気満載で迫ったのに敗れてゆく恋敵高見沢。両者ともに告白をしていよいよさあこれから!という時に体の本当の持ち主が戻ってきた。編集部に乗り込み颯爽と巴宣言をしたり第一声でがらりと中の人が変わったことを知らせたり今回も井浦新 が物語を振り回す。

第7話
「巴さんが好きです」
 やっとその言葉を口にした桃地のぞむは、ベッドの上でオジ巴(井浦新)に覆いかぶさり、ついにキスを………しようとしたその瞬間。オジ巴の口から思いもよらない言葉が飛び出す。
「誰だ、お前。」そのまま突き飛ばされ、ベッドから転げ落ちる桃地。「ここは沖縄なのか?」「俺は死んだのか?」とうろたえるオジ巴の姿を見て、脳裏にある事実が浮かび上がる。
 まさか、田中マサオが、帰ってきた?動揺のままに肩を掴み、「巴さん!蟹釜先生!」と叫ぶ桃地の剣幕に慄いたマサオは、その腕を振りほどき、裸足のまま巴の家から逃げ出してしまう!あの日、自ら命を絶とうと沖縄に向かっていたと思われるマサオ。いま彼に死なれてしまったら、二度と巴には会えなくなってしまう!?焦った桃地は、なぜかライバル・高見沢春斗、そしてマサオ本人をよく知るエグゼクティブ真二を呼び出し、共にマサオを探すため、夜闇を走りだす。ほどなくして発見されたマサオは、またも突然、オジ巴に戻る!マサオの魂はオジ巴の中で生きている――だとすればこの先、どうなってしまうのか?不安を抱いたオジ巴は、とにかく『SEIKAの空』を書かなくては、と執筆作業に没頭しはじめる。一体何をきっかけに“巴とマサオ”は入れ替わるのか。桃地と高見沢は“入れ替わりの法則”に思案を巡らせるが、答えは出ぬまま時は過ぎてゆき…。次第に増えていく「マサオ」としての時間。マサオには帆奈美、優太郎という家族がいて、幸せを願わねばならならないとわかりつつも、葛藤する桃地。そんなある日、『SEIKAの空』の連載に穴が空くことを懸念した高見沢と木之崎眞は、なんとか「オジ巴」に戻って来てもらうべく、一縷の望みをかけて、なぜかマサオを銭湯に連れ出し…!?これは神様がくれた奇蹟…?迫るタイムリミット、僕と彼女に残された時間は、あと僅か。
最後に、君に伝えたいことがある。果たして、桃地と巴は、あのとき出来なかった“キス”をすることができるのか?

映画でかっこよく走れる松坂桃李 くんをあんなにもかっこ悪く走らせた(こけたから)先の夕陽に映える美しいキスシーンに被る非情な現実を告げるナレ。どう演出するかと思いきや入れ替わりを不自然に見せない役者魂。心拍数に拘る高見沢と桃地のこれからを見られない切ない巴。

最終回
「好きです、好きです、愛しています」
 ついにプロポーズを果たした桃地のぞむは、輝く夕日の中、そのまま唯月巴と初めてのキスを交わす。あのとき出来なかったキス。しかしこれが、桃地がオジ巴に会った“最後の時間”となった。そんな事実には露ほども気づいていない桃地は、スーパーに戻り、キスを果たしたことを『スーパーゆめはな』の仲間たちに報告。大はしゃぎする面々、その事実はあっという間に高見沢春斗にまで伝わり…?そんなある日、高見沢から『SEIKAの空』が最終回まで一気にアップされていると電話が入る。気づけば最後にキスをしたあの日から、オジ巴は現れず、ずっと田中マサオのままだという事実に気づく桃地。浮かれた気分は一転、嫌な予感がよぎった桃地は慌てて巴の自宅へ向かうが、そこに巴の姿はなく、部屋はきれいに片付けられていて…?
一方その頃、妙や高見沢、東源出版の生馬のもとに、突然ハイテンションなオジ巴が現れて…。
なぜ彼女はおじさんになって、この世に舞い戻ったのか…?すべての秘密がいま、明かされる。
ごめんねも、ありがとうも、大好きも。伝えたくても伝えられない―そんな日は突然やってくる。あのとき愛していると伝えておけば。果たして、桃地と巴が迎える恋の結末は?
 奇跡の愛の物語、ついに完結。

田中マサオ&オジ巴&オジ巴のふりをしているがぎこちないマサオと一つの体で細かなフェーズを見せる(いくらでもありそう)井浦新 さん素晴らしい。果たし状のような招待状を送り付ける高見沢。生と死の境がこんなに軽やかに越えられるのなら別れもさほど辛くないと思わせる。

「漫画読んでる時が一番幸せ」現実社会との付き合いが苦手な若者と人生捨てた中年男性が逞しく人生を生きる女性との出会いを通じ多くの人と出会い彼らと絆を作る(コロナ禍で接触を禁じる現実の逆を行く)。生と死、男と女、結婚式と葬式、アンチとファンは隔てられるものではない

登場人物について書いてみます。

桃地のぞむ 松坂桃李
『おっさんずラブ』といい貴島Pの主人公はヘタレだけどかわいい。中の人はそれなりに体を作っていて、スイッチが入れば色気もかっこよさも出せるけど、普段は封印している。女性を好きだったはずなのに、中年の冴えないおじさん(井浦さんが演じているので本当は全然そんなことないんだけど)の体でずるずる泣いたりすがったりされて大混乱!というのは限りなく視聴者に近い感覚。でも、わけがわからなくて気持ちを口に出したり相談するようになると、あら不思議、皆が彼の味方になる。なかなかタイトルのキスにこぎつけない。しようとすると必ずまさおの妻、巴の元夫などの邪魔が入るが最終回前にやっと成就。でもそこが終わりじゃないところがなんとも。「漫画読んでる時が一番幸せ」漫画=2次元の世界しか持たなかった青年が一人の魅力的な女性と知り合ったことで多くの人と知り合い二次元ではない絆を築いていく成長物語。巴の作品ではモヤオと同一視されている。

オジ巴&田中マサオ 井浦新
前の大石静さん脚本作品「コントレール」では、確かに無口で苦悩しまくる役を演じていました。今回も初登場時はすさんでて感じ悪いおっさん(だがひそかにゆめはなスーパーにはファンがいた)。ギャンブル癖があってエグゼクティブ郷田と仲良し。最初にももちの失敗を見てちっ!と舌打ちする場面のガラの悪さよ。
ところが巴の魂を宿したオジ巴になってからキュートさ&S味UP。どうやって女らしさを出していくのかは入れ替わりドラマが最近多くてみんな研究してるんだけど、井浦さん初ヒロインうまい。キスする時すら色っぽくて女性に見えるってどうなんでしょう。スーツを着るとかっこいい。
巴の憑依を経て戻ってきてからは、最初はえらく混乱するものの、借金は巴が全部清算してくれていたこともあり、一度死んだ父&夫が戻ってきてくれた嬉しさで家族が再生する。本編は田中マサオの家族再生物語でもある。助けてくれた巴のために無茶ぶりで巴が憑依したふりをして結婚式を挙げるというミッションインポッシブルに臨む。その結果はマサオの演技レベルなので―いや巴を愛する桃地だからこそばれてしまう。巴から自分に戻った時に「すみません」と謝ってしまう彼も可哀想だ。

ところが最後にサプライズ。なぜ憑依するのに彼を選んだのか巴さん。それは磨けば光るルックスとスタイルの良さか。これからもなぜか巴に気に入られる人生に。


麻生久美子 唯月巴/漫画家蟹釜ジョー
人気漫画家(誰ですかこのペンネーム決めたの)。女性なのにオトコマエと言ってしまいたくなる。自分が死んで気が付いたら男の体になっていたなんて、一番自分が取り乱していいのに(いや、オジさんの姿で涙だらだら流してたか)状況がわからずオロオロする桃地を尻目に、漫画家として、田中家の主として、どんどん自分のやるべき事に向かっていく。体の持ち主マサオの家族なんて、巴からすれば全然知らない人なのに救おうとする。そうかと思えば、優しい言葉をかけられてびょおびょお子供のように桃地の前では泣いたりする。ギャップ萌えしそうなキャラ。
死んでも生命力に溢れる(変なたとえだ)魅力的なキャラクターでした。天国でも運が強く徳を積んで一か月後に桃地のもとに戻ってくる。すごいぞ天国がポイント制だ。

高見沢春斗 三浦翔平
巴の元夫で副編集長で担当編集。初登場時は随分と理性的で、元妻の家を掃除しに来てくれているという桃地のこともすんなり受け入れなんていい人なんだと思っていた。巴の母親の傍で葬儀もこなしていたのに「巴が生きていた」とわかるや、蓋をしていた思いが噴火!桃地より先に事態を受け入れどんどんアタック。いや、歌の文句の通り「たった一言じゃ言い表せないのが愛だ」というなら、高見沢の思いも愛なんでしょうね。桃地のとは違っても。『おっさんずラブ』の武川主任ポジションで、結局は振られていくのですが、それまでは強敵でなくてはならず。はい、強敵でしたね。作品に魂を込める漫画家に弱い。

田中帆奈美 MEGUMI
マサオの妻で巴が通うフラダンスの先生。初登場時は弁当屋のバイトもしていて生活に疲れていたが、巴の援助で生活にも余裕が出たみたい。決してマサオを嫌っていたのではなく会話が途絶えてどうやって繋ごうかわからなくなっていた。巴の乱入によりいいガス抜きができ、経済的にも生活が成り立って万々歳。「半分ずつできればいいのにね」と桃地に言うが、それは田中マサオが帰ってくるから言える台詞なんだよね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 あのときキスしておけば DVD-BOX 【DVD】
価格:17940円(税込、送料無料) (2021/6/19時点)











最終更新日  June 23, 2021 12:00:16 AM
コメント(0) | コメントを書く


April 21, 2019
カテゴリ:井浦新
みなさん、こんばんは。現在の朝ドラは100作目だそうですね。朝ドラは数々のヒロインを生んできました。この映画には朝ドラヒロインが沢山出てきますよ。

君に届け
From Me To You

出演
多部未華子 三浦春馬 井浦 新 勝村 政信 富田 靖子 夏菜 桐谷 美玲
蓮佛 美沙子

見た目が暗く周りから「貞子」と呼ばれる黒沼爽子は、クラスになじめないでいた。しかし、その外見とは裏腹にけなげで純粋な彼女に、誰からも好かれるクラスの中心的存在の風早翔太はひそかに好意を抱いていた。風早の言葉を励みに、爽子は徐々にほかのクラスメートたちと打ち解けるようになっていく。

累計発行部数1100万部を突破し、テレビアニメシリーズも好評を博した人気コミック
のドラマ化。

すごいですね『リング』ついにヒロイン(なのか?)貞子の名前が少女漫画に登場しましたか。貞子チックにするとはいえ、あんなに髪の毛のばさなくてもいいのに。年頃の女の子が不潔じゃないのか。漫画ではあれほど長くなかった。多部ちゃんがやっているので、物語が進むにつれて前髪を上げるシーンが多くなると。自然にかわいい子に見える。逆に最初の頃、怖い貞子っぽく見せるのが難しかった。多分怖く見せようとして強調したのは目なんだろうけど、元が元なので、どうやっても可愛いですからね。そういえば爽子のおかーさん役を演じていた富田靖子さんも昔「BUSU」って映画に出演してました。

3人娘は
多部未華子→『つばさ』ヒロイン
夏菜→『純と愛』ヒロイン
蓮佛 美沙子→『べっぴんさん』ヒロインの姉
と揃って朝ドラに出演しているきれいどころ。高校生役はぎりぎりか?それにしても三浦春馬くんは作品中でも「爽やかが歩いてる」と評されていたが、好青年を絵に描いた美形。漫画のヒーローのビジュアル化ってそれぞれイメージを持っていてあれこれ言われるけれど、合格では。モデルもやっている井浦新さんが体育系の教師ってちょっと無理があるような気も。

 自信がなくて引っ込み思案だったヒロインが、誰からも好かれるイケメンから思いを寄せられ、いい友達もできる。ライバルは美形だけど性格に難あり。しかし最後にはヒロインにデレる。がさつだけど優しい所もある先生。どこからどう見ても典型的少女漫画ですなぁ。



君に届け【Blu-ray】 [ 多部未華子 ]​​楽天ブックス








最終更新日  June 20, 2021 01:06:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 4, 2016
カテゴリ:井浦新
島根出身の錦織圭選手が好きだと言った「のどぐろ」ようやく食べました。白身の魚でおいしかった。だしもとれて一回で二度おいしかった。
(2013)

映画楽隊のうさぎを見ました。

楽隊のうさぎ

原作
中沢けい

出演
井浦 新 鈴木 砂羽 徳井 優 川崎航星

  授業が終わったら、早く帰りたいと願う中学1年生の奥田克久は、ある日、不思議なうさぎを追い掛けたことがきっかけで吹奏楽部に入部。吹奏楽部は練習時間が最も長いクラブだったが、克久は次第に音楽に夢中になっていく。そして定期演奏会に向けて練習に励んできた克久は、ついにその日を迎える。

 引っ込み思案な中学生が吹奏楽部に入部したことから音楽の面白さに目覚める姿を描いた中沢けい原作の小説を、『ゲゲゲの女房』などの鈴木卓爾監督が映画化。主演の川崎航星をはじめ46人の生徒役には、舞台となった浜松市在住の子どもを中心に、オーディションにより抜てき。

 で、結局ウサギは何だったのだろう?吹奏楽に入る前から克久の回りをうろうろしたり、演奏している彼の傍で踊ったり。最初だけならもろ『不思議の国のアリス』の大変だウサギなんだけどなぁ。

 ブラスっ子克久の中学一年から三年の春にかけての学生生活をブラスと絡めて描く。初心者の克久ともう一人の女子学生が、コンクールに向けて皆は練習しているのに、一人だけバチうちとマウスピース吹いてる場面なんか、身につまされる。いくら「君たちも一緒に本番なんだ」と顧問の先生に言われても、そんなに簡単に割り切れないんだよね。でも中学でやっておけば高校、大学とその先は楽なんだけど。中学生なら恋愛の一つや二つあってもいいんだけど、余計な枝葉だと感じてたのか、触れられず。そのかわり途中で去ってしまった部員や卒業した先輩が演奏会を見に来るシーンや主人公が目立つティンパニやってみる!と決心する音楽関係の出来事はクローズアップ。音楽って会得した瞬間が自分にしかわからないから、そのわかった瞬間を映像にするのは難しい。顧問の先生のオリジナル作品でコンクールに挑むのは画期的。

 あくまでも学生目線で描かれた作品で、大人達は口にした言葉だけで判断される感じ。それにしても井浦さんと鈴木砂羽さんの息子ってどれだけイケ面&美人の両親なんだ。羨ましいぞ。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】楽隊のうさぎ [ 川崎航星 ]楽天ブックス







最終更新日  June 20, 2021 01:14:56 PM
コメント(2) | コメントを書く
June 24, 2016
カテゴリ:井浦新
みなさん、こんばんは。もう6月も終わりですね。


漫画が原作の映画ソラニンを見ました。

ソラニン

原作
浅野いにお

出演
高良 健吾 宮崎あおい 美保 純 伊藤 歩 財津 和夫 井浦 新 桐谷 健太 駿河 太郎

  面倒な仕事をやりたがらない同僚、皆の前で叱ったくせにメールで「お詫びに今晩飲みに行かない?」と誘ってくる上司に嫌気がさして会社を辞めた芽衣子は、大学時代の軽音楽部の仲間種田と親に隠れて同棲中。未来に確信が持てず寄り添いながら東京の片隅で暮らす二人。種田はフリーターをしながら軽音楽部の仲間とバンドを組んでいたが「大好きな音楽で失敗するのが怖いんでしょ」という芽衣子の一言で新曲を完成させレコード会社に売り込む。しかし売り出し中のアイドルのバックバンドの話しか来ず種田はバイクで事故にあう。残された芽衣子は…。

 単行本が累計60万部突破した浅野いにおの同名原作を映像化。「出会った頃のあたしたちは、心細くて不安もあったけど、いつもどこかわくわくしてた」という芽衣子のモノローグから始まる映画は「ソラニン」という名の詩をモチーフとした切ない恋物語と甘酸っぱい青春の日々を描く。クライマックスは宮崎あおい自らギターを弾いてライブで歌う。タイトル「ソラニン」はジャガイモの芽に含まれる毒の一種で多く摂取しすぎれば中毒になるが、成長するために必要不可欠な成分である。まるで若者が必ず通過しなければならない青春期の試練みたい。若者達は、今30代、40代の観客が見ると小っぱずかしくなるような不器用さとまっすぐさを持っている。最愛の人・友の死という苦しみはすぐには消えないけれど、彼の想いがこもった歌を皆で演奏することで前に進むことができる。そんなメッセージを、草食系カップルらしく声高にではなく静かに伝えている作品。
  
 種田の父親にチューリップの財津和夫、芽衣子の母親に美保純、バンドに興味を持つレコード会社社員に井浦新。ミュージックビデオを手掛けて来た三木孝浩の映画初監督作品。


ソラニン
映画「ソラニン
この作品情報を楽天エンタメナビで見る




【楽天ブックスならいつでも送料無料】ソラニン【Blu-ray】 [ 宮崎あおい ]楽天ブックス







最終更新日  June 20, 2021 01:05:59 PM
コメント(2) | コメントを書く
May 9, 2016
カテゴリ:井浦新
みなさん、こんばんは。私は役者か脚本家で見る作品を決めますが、この二作も脚本で見ようと思いました。

NHKプレミアムドラマ奇跡の人と放送が金曜日に移ったNHKドラマ10コントレールを見ています。


【作】岡田惠和
【音楽】井筒昭雄
【題字】峯田和伸

【制作統括】後藤高久(NHKコンテンツ開発センター) 河野英裕(AXON)
【プロデューサー】大倉寛子(AXON)
【演出】狩山俊輔・田部井稔(AXON)

亀持一択は毎日をなーんとなく生きるだけの、うだつの上がらないダメ男。鶴里花は過酷な人生と闘うタフな女。ある日、一択が花に恋をした。花は目と耳に障害のある娘・海を抱え、日々の暮らしでさまざまな困難に見舞われていた。そこで一択は考える。人生で何事も成し遂げてこなかった自分がいまやるべきことは、この母娘の手助けをすることだと。そして、海に世界のことを教えてやりたい、海にとってのサリバン先生になりたいと思い立ち、人生初の無謀な挑戦を始めるのだった。はたして一択は、海の「先生」になり、暗闇の先にある「世界」を教えてやることができるのか?そして一択は、花への愛を貫いて「家族」となることができるのか?
ダメな男の一途な想いが、信じられないような奇跡を生む!?

「マッサン」で英一郎を演じた浅香航大さん、「あさが来た」のスキンヘッド山内さん(そっち系の人、と言うブログの説明は何なんだ)、「まれ」の柳楽君演じる兄にぞっこんの妹中村ゆりかさんと、脇役にこれでもか!と朝ドラ出演陣をぶっこんできた岡田さん脚本ドラマ。ヘレン・ケラーの親が元ヤンキーのシングルマザーで、かつサリバン先生が特に教養のある人ではなく、30近くなるまで何もやったことがない駄目男といういかにも日本的な設定。海ちゃんを演じるのは「マッサン」のえま役を演じた住田萌乃ちゃん。台詞は勿論なくて見えない、聞こえない、しゃべれないのだけれど、ほんのわずかな動作で感情の片鱗を覗かせる。オーディションで受かったそうですが、将来が楽しみ。
宮本信子さん演じる大家さんは、普通の年寄りではないよ、という事をまず衣装で見せている。フクシくん呼ばわりされている福地 正は福祉に関する知識はあるけれど実際には関わらないよ、というスタンスを貫いている。だが隣人として花親子が登場したことで頑なさにも変化が現れる役どころでしょう。美大生の佳代はごく普通の反応を見せる住人で福地とぶつかっているので恋愛関係が生じそう。光石研さん演じる八袋さんが謎ですね。どんなバックグラウンドを持っているのか。

第一話はヘレン・ケラー物語でも有名な水のエピソード。流れる水を手に受けたヘレンが思わず「ウォーター!」と叫ぶ場面は舞台版でもクライマックスでした。しかしドラマではヘレンと一緒に一拓が水浴びしてます。海と同じように喜びを表現するところで、彼の純粋さを現しているんでしょうね。
さて、第三話では失踪していた花の夫―山内さんが登場します。



【楽天ブックスならいつでも送料無料】奇跡の人 [ 峯田和伸 ]


一方こちらはコントレール。「セカンドバージン」で年齢の離れた女性と既婚男性、「ガラスの家」では義理の母と息子という常に禁断の恋を描いてきた大石静さん脚本です。

【作】
大石静
【音楽】
羽深由理
【出演】
石田ゆり子 井浦新 原田泰造 桜庭ななみ 堀内敬子 野際陽子 ほか
【制作統括】
勝田夏子
【演出】
柳川強 橋爪紳一朗
【主題歌】「泣きたいよ」
作詞・作曲:玉置浩二 歌:鈴木雅之



青木文(あや)は45歳。6年前、夫が上京中に無差別殺人事件に巻きこまれ、殺されてしまった。事件直後に妊娠が判明した息子も今は5歳。夫と始めた海辺のドライブインを、女手一つで細々と続けている。自分はもう幸せを取り戻すことはできないのだと、乾いた諦めの中に生きてきた文。事件に関わった刑事・佐々岡滋が文と息子を気にかけて足繁く訪ねてくるが、女心はときめかない。そんなある日、店に詰めかけるトラックドライバー達の中に、物静かで端正な雰囲気の男・長部瞭司(おさべ・りょうじ)がいた。耳は聞こえるが口がきけないらしく、筆談用のメモ帳を持ち歩いている。世捨て人のようなその佇まいは、眠っていた文の女心を大きく揺さぶる。瞭司もまた、物憂げな文の姿に心を奪われていく。だが、二人をつないでいたのは、皮肉な運命の糸だった。6年前、エリート弁護士の職も何もかも捨てた瞭司こそ、文の夫を殺した張本人だったのだ……。

同じ日に民放で放送されている林真理子原作「不機嫌な果実」で主演していた頃から確実に年を取っているのですが、挿入される石田ゆり子さん演じる文のモノローグがかわいくてかわいくて。そして相手役が最初口がきけない井浦さん。彼は平清盛の崇徳院のように、運命に翻弄される役が似合うのです。

第一話しょっぱなからキスシーン。
スタッフブログにもありましたがまんま西部劇のシェ―ンですね。夫を失って店(酒場ならぬ食事処)子供を育てている女性の元に流れ者がやってきて(寡黙)恋に落ちるという。濃厚キスシーンあってさすが大石さん脚本。本当に井浦さん字が綺麗。話さないだけに字が全てを語るような。

第二話で結ばれてラブラブの二人。
明日寄るよ、というメッセージに「カレ―だけかも」行くの10時半過ぎるかも、を見て「カレ―だけじゃないみたい」一児がいる母親の台詞とは思えぬ文の可愛らしさに吹く。姑はどうでも息子がいた頃の絵にかいたような幸せな家庭をやりたくて刑事にすがり文はその絵から逃れたい。

携帯を壊した息子をぶってしまう文。息子は何も言われなくても母親が変わったこと、変わりつつあることを知っていて、それ故の犯行=反抗。
その行為を重く見た姑が佐々岡の元を訪ねる。
孫を庇うという無意識が働いているにせよ姑が「携帯を壊した」という理由を省いて説明しただけなのに「夫を亡くして6年で精神的に不安定になり遂に息子にまで手をあげるようになった妻」というイメージを佐々岡に植え付け「自分が守ってあげなければ」と思わせるところ巧いですね。

第三話では佐々岡が文にプロポーズ。息子はなついているし姑も推すし、彼と結婚すれば周囲からは祝福される。でも文自身が何よりも望んでいない。

6年間思い続けて来た刑事がためた思いを一気に話してプロポーズしたのに文の心にあるのは「明日は金曜日」という恋人との逢瀬のことだけ。残酷だなぁと思いつつ恋って残酷なんだよね、当事者以外には。愛する人の事を何もかも知りたいけれど知らない方が幸せなこともある、これも残酷

第四話で文の夫の浮気相手だった女性・圭子が登場。彼女は現場にいて瞭司が文の夫の首をはずみで切ってしまった所を見ている。自分は浮気相手からのプレゼントも嘘をついて拒否しなければならないのに、妻は新しい恋人と楽しそうだ。二人を見ていた圭子は刑事のもとを訪ねる。

佐々岡のあの目は「殺人犯がのうのうと生きていることが許せない」と激昂する圭子の本音「自分はこんなに不幸なのに奥さんが幸せそうなのが許せない」を見抜いている目。刑事だけあって人が隠していることを見抜くのがうまい佐々岡に今日は感情を隠そうともしない文、これまた残酷な。

さて文から夫の死の様子を聞いた瞭司は良心の呵責から文の元を去る。必死になって瞭司を探す文は、佐々岡の「あの人はつきあっていい相手じゃない」という精一杯の佐々岡の助言も耳に入らない。

佐々岡をあくまで警察としてしか見ていないから出てくる「警察なら警察の仕事をして。」という言葉がどれほど彼の心を抉るのかも見えず手伝ってくれる女性が姑の言葉を受け流しつつ動揺していることも見えない。恋は盲目と良く言うが、恋する女性のもつ残酷さや無関心さもよく出てる。

第五話
佐々岡が運送会社社長に長部の事を聞きに来た時に『これ以上は令状が必要では』と庇った理由が本話で判明。普通なら『あいつが何かやったんですか』と警察を信用し従業員を疑ってかかるものなのに、ああいう状況で出会ったならなるほど長部を庇うはず。
愛する女に頼まれて恋仇を探して「何とかしてやって下さい」「頼む」と言って頭を下げ、深夜に彼女から電話で詰問され、たぶんそのままずっと寝てなかったのに、翌朝辛い時に呑気な顔を見せた事を笑って謝らなければならないなんてどれだけ切ないんだ佐々岡(泣きたいよ)。
事実をわざと全部言わない事で相手の印象を悪くするテク、前回は姑が使っていたが今回は使用人発言で怒ったタブが使う。「一晩いくらだ?と言ってくる客がいる」事のみ話しその後の「でも文は相手にしない」という情報を省くだけで「隙のある人妻」という悪いイメージが出来あがる。

第六話
今回のタイトルは「(あの時の)あなたは、もういない」ですね。トラックの運転手として再会すれば違った結論を出していたかもしれない。かっちりしたスーツ姿で現れた暸司を見てすらすらと「物語を作って」自分の気持ちに決着をつけようとする文。それでも振り返ってしまうのがまた。 
客を探しに行き父親候補の男性を見つける息子と思われ人の野球観戦を断り元彼のお茶に付き合う母親。自分の既婚者との恋愛は「愛しているから許される」その妻と犯罪者(と思ってる)との恋愛は「愛していても許されない」 と断じる愛人。今回のキーワードは『ちぐはぐ』恋も人も。
スポーツ万能で子供も懐き弁当の注文も取ってくる有能な刑事佐々岡との結婚は姑の描いた既定路線なのになぜか浮かない顔(寂しさか)。上司の「お前を幸せにする女とは思えない」という不穏な台詞が影を差す。再出発の日に夫と見上げたのは元彼にとってはトラウマであるコントレール。 

第七話
今回は先輩刑事兵藤が名言をば「デカとして起こっている事は頭に入れとけ だが旦那としては忘れて帰れ」そんな風に割り切れないんだよぅ、と言いたげなササさんの風呂場のサービスショット&お湯ざぶざぶ。
「母親が病気/義母が大変」という嘘で呼び出される文と瞭司。瞭司の家は父親の意志が全てなのはわかっているけれど、母親は彼に言葉もかけずに立ち去る。文もまたさびれた元家で親友と義母からサンドバッグ状態。無言と非難、どっちがましと言う事もないような。

最終回
わりと常識的な終わり方をしましたね。最後になってササさんが怖かった。今クール不倫ドラマが多かったせいなのか
このドラマもジャンル分けされてたけど、途中までこれ不倫じゃないですからね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】コントレール~罪と恋~ DVD-BOX
価格:50895円(税込、送料別) (2021/6/13時点)












最終更新日  June 20, 2021 01:10:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 4, 2015
カテゴリ:井浦新
みなさん、こんばんは。

ヤン・ヨンヒさんの実体験を元にした映画かぞくのくにを見ました。



かぞくのくに
Our Homeland

出演
井浦 新 津嘉山 正種 村上 淳 安藤 サクラ 宮崎 美子 京野 ことみ

監督&脚本
ヤンヨンヒ
音楽
岩代 太郎

 日本に住むリエと帰国事業で北朝鮮へ帰った兄ソンホ。離れて暮らして25年が経ち、ソンホが病気の治療のために日本に帰国することになった。期間は3か月で監視役のヤンが同行している。家族や仲間はソンホとの再会を喜ぶ一方、担当医には3か月では治療は不可能と告げられる。しかし、滞在延長を申請しようとした矢先、本国から「明日帰国するよう」と命令が下り……。

 ヤン・ヨンヒ監督が北朝鮮と日本に暮らす自身の家族の境遇を三たび題材に掲げ、初のフィクション映画として製作。

 時代は1997年、まだ今の最高指導者の父親が生きていた時代。ソンホの父は朝鮮総連の幹部であり、家には彼等の真影が飾られている。伯父が寄付をしたらしき台詞もあり、おそらく父親も相当数の金額を北朝鮮に送っている。父親の地位や金額が物を言って、今回の来日が実現したであろうことが察せられる。高度な治療を受けるために北朝鮮の人が誰でも日本に来られるわけではない。ソンホ達は北朝鮮でも優遇されている限られた人種だ。しかしそんな彼にも、誰とも共有できない悩みがあった。

 ご馳走を作り家の前まで出迎える母。何も言わずにソンホを抱きしめる妹リエ。そこにはたとえ限られた時間であっても、お互いを思いあう家族の団欒があった。しかしソンホはリエにスパイをしないかと誘いをかけ、自ら団欒を壊していく。「そんな工作員みたいなことはやらない方が」と諌める父に「あなたはいつもそういう事しか言わない」とキレてしまうソンホ。彼の過去も現在も、今さら家族の誰とも共有できない。25年前の決断が、家族を真っ二つに分けてしまった。

 治療のためとして来日させながら、理由も告げずに期間を切りあげて帰国を命じる国には、個人の事情も感情も斟酌する余裕がない。国民から成り立ち、国民を守り支えていくと同時に国民から支持される存在であるはずの国家が個人を抑圧している。こんな国家があっていいはずがない。はずがないが、現実に国家は存在し続けている。そして存在し続ける限り、彼等はその国で生きていかなければならない。一人の決断が国家を動かすことは難しい。しかし外に向かって声を発し続けなければ、歪な国家はいつまでも生き続けるだろう。そして取り損ねた腫瘍が、やがて体を蝕むように、国民を蝕んでゆくに違いない。



【楽天ブックスならいつでも送料無料】かぞくのくに 【Blu-ray】 [ 安藤サクラ ]楽天ブックス







最終更新日  June 20, 2021 01:08:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 13, 2015
カテゴリ:井浦新
映画そして父になるを見ました。


そして父になる
Like Father, Like Son

カンヌ国際映画祭審査員賞

監督&脚本&編集
是枝 裕和
出演
リリーフランキー 福山 雅治 夏八木 勲 高橋 和也 國村 隼 田中 哲司
井浦 新 ピエール 瀧 真木 よう子 尾野 真千子 樹木 希林 風吹 ジュン

申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩し……。

『誰も知らない』『歩いても、歩いても』など家族をテーマにした作品を発表してきた是枝裕和監督。しかしこの映画の通りの出来事が起こったことを、少し前の新聞記事で知った。但し取り違えられた「子供たち」はそれぞれ大人になっており、映画のように一方は豊かでもう一方は中流家庭だった。子供でなかったために、いいことと悪いことがある。いいことは、例え衝撃であっても、耐えられるだけの心の強さがあったことで、悪い事は、勿論、それだけ本当の家族と離れていたことだ。一方の息子は家族と顔が違うことを気に病み、疎遠だったという。子供の頃から長い時間を過ごしてきても、やはり血に勝てないところはあるのだ。

映画は子供たちの戸惑いと、親達の後悔、葛藤を描く。私達は生まれた時から家族がいる。それは勿論、私達を作ってくれた家族がいたからであり、やがて自分達も家族を作っていく立場に立つ。それがあたりまえの家族「Isである」ということだ。しかし今回のように、ずっと信じてきた家族が違っていたら、そこから家族に「なるbecome」ことをしなければならない。

福山くん演じる良多は、兄とは違って義母に馴染めなかった。実母と別れた父とも疎遠だった。その名前からも、おそらく実母に愛されており、だからこそ、本当の家族を壊した今の両親に馴染めなかったのだろう。しかし、本当の息子ではない少年と築いてきた絆を通じて、自らの人生を振り返る。家族とは、血のつながりがあろうとなかろうと、当たり前のIsではなくBecomeの連続なのだ。当たり前のように父となり息子となるのではなく、同じ時間を過ごしながら、少しずつ角が取れ、時に傷つけあい、ちょうど良い頃あいに出来あがるものなのだ。

そして父になる
映画「そして父になる
この作品情報を楽天エンタメナビで見る




そして父になる スペシャル・エディション 【DVD】ハピネット・オンライン







最終更新日  June 20, 2021 01:12:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 26, 2014
カテゴリ:井浦新
みなさん、こんばんは。久々に晴れましたね。

旬の女優3人が集まった映画すーちゃん まいちゃん さわ子さんを見ました。

すーちゃん まいちゃん さわ子さん

出演
井浦 新 染谷 将太 柴咲 コウ 真木 よう子 寺島 しのぶ 佐藤 めぐみ 木野 花

監督
御法川 修

すーちゃん、まいちゃん、さわ子さんの3人はかつてのバイト仲間。十数年経った今でも友情は続いている。料理好きでカフェに勤務するすーちゃんが最近気になるのは、職場の中田マネージャー。OA機器メーカーに勤め、実りのない恋愛をしているまいちゃん。そして、WEBデザイナーとして働くさわ子さんは母と二人で祖母の介護をする日々。仕事、年齢、貯金、結婚……悩みのつきない彼女たちにそれぞれの転機がおとずれる。

冒頭に“いつもの誰誰”というタイトルで3人の職業、恋愛、家庭環境がさらっと紹介される。すーちゃんを演じるのは目つきが鋭い柴咲コウ。まいちゃんを演じるのは低音でしゃべるためどうしてもドスが効いてるように聞こえてしまう真木よう子。一番お姉さまのさわ子を演じるのは寺島しのぶ。すーちゃんは新しいメニューを考えるほど熱心だけど、もう一人の女性正社員の要領の良さにちょっと含むところがある。まいちゃんはバリバリのキャリアウーマンだが職場の取引先のセクハラ発言が嫌になったり不倫相手の煮え切らない態度が不満だ。さわ子さんは結婚した兄夫婦が祖母をないがしろにするのが気に入らない。

3人は親友だが、何でも打ち明けあったり、頼りきったりもしてない。それぞれ独立していて、自分の考えで時々を生きている。それでも、時々訳もなく泣きたくなった時には黙って肩を貸すことが出来る。家族が出来たり、仕事が変わったり、環境の変化があっても変わらぬ友情を保つことは理想だが、学生時代ならともかく、近すぎず遠すぎないちょうどよい距離感を保っていくことはなかなか難しい。でもまず自分ではないだろうか。時に「自分が選ばなかったもう一人の自分」に思いを馳せることはあっても、現在の自分に自信を持って前を向いて歩いていける人ならば、そんな理想の友情を築いていくことが出来る。
素敵な男性陣も出演しているが、やはり女性映画のイメージが強い。


すーちゃん まいちゃん さわ子さん *ジャケットに押印あり/柴咲コウ【中古】【邦画】中古DVD​​テックシアター







最終更新日  June 20, 2021 01:13:13 PM
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR


© Rakuten Group, Inc.