000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

戦前戦中の語り部

PR

全1295件 (1295件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

2014.05.01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


五月三日は憲法記念日ですが、今年のノーベル平和賞は、日本国の平和憲法かも知れないといわれています。

その場合、改憲論者の安倍首相が参加するのかと週刊誌に書かれています。

新憲法が発布されて、六十数年経ち、時代に合わなくなっていますが、軍人や役人が威張りくさっていた戦前を知っている者として、戦争放棄の第九条の改正には何となく抵抗感があります。

大東亜戦争緒戦(しょせん)で、大英帝国のアジアの牙城(がじょう)シンガポール陥落で、日米が覇権を争い、先に日本空襲をしたアメリカが有利になり、原爆投下で、止めをさされた帝國の敗戦で、覇権がアメリカに移り、今に至っています。

特攻攻撃で、恐怖のどん底に落とされた、アメリカ軍は、二度とアメリカに楯突かないように、今の70歳以下の子供に、3S政策、即ち、スポーツ、セックス、スクリーン(特に、アメリカ映画)を奨励(しょうれい)、アメリカ文化の素晴らしさを教え込み、戦前の軍国日本は悪だと教育しました。

歌舞伎や、時代劇映画、剣道、柔道などは悪しき日本の文化だと、進駐軍命令で全面禁止しました。

占領軍兵士による一般婦女子への暴行、殺人事件の報道も禁止しました。

新聞には、大男が強盗殺人とだけ、小さな字で書かれ、米兵の仕業と理解していました。

昔から、長いものには巻かれろと、お上(おかみ=権力者)に弱い日本人は、敗戦後は進駐軍の命令には、絶対服従していました。

電車の運転席にも、進駐軍の命令により、立ち入り禁止との看板が、四月二十八日の再独立、主権回復まで、かかっていました。

アメリカ映画に見る近代文化に憧れ、日本文化や歴史は、暗黒時代の遺物だと、馬鹿にしていました。

戦争中、ソ連に逃げていた共産党の幹部連中は、ソ連の後押しで、労働者の権利を勝ち取れと、オルグが会社に入り込み、労働組合を結成させ、賃金値上げ要求をさせて、ストライキをくり返しました。

東宝映画争議のように、来なかったのは、軍艦だけだといわれるように、進駐軍は、戦車や戦闘機まで繰り出しました。

今でも、映画人に左翼が多いのは、その影響です。

日本の再軍備を恐れたアメリカ占領軍は、戦争にこりた進駐軍の若手将校が、大正時代の不戦条約を基礎に、アメリカでは絶対不可能な戦争放棄の理想憲法を、一週間で創り、日本に強制しました。

彼らは、日本国が再独立した暁には、この平和憲法を改定すると思っていたのに、70年も、改憲せず、そのままなのには驚いているそうです。

これは、当時の日本人が勝利の日を信じて、最期の最期まで、徹底抗戦し、徹底的にやられて、戦争にこりごりだったからです。

中途半端に負けていたら、軍人がのさばり、必ず再軍備して、戦争をしていたと思います。

安倍首相が、20日放送のたかじんのそこまで言って委員会で、観艦式で、軍艦が一直線で航行で出来るのは、イギリス、アメリカと日本だけだと述べていました。

欧米では、日本の自衛隊の実力は17位で、中国が3位、韓国が5位と評価していますが、戦争は量より質です。

戦前から現在も、機雷除去の掃海、航跡が無い酸素魚雷、潜水艦の能力は世界一です。

冷戦で、ソ連が負けたのは、日本の潜水艦が、ウラジオストックのソ連の艦艇の出入りを監視して、封じ込めたためと言われています。

改憲しなくても、解釈改憲で、世界一、二位の海軍力で、抑止力になっています。

YouTubeから海上自衛隊の潜水艦について、青山繁晴氏の解説を転載しました。


























Last updated  2014.05.01 15:12:08
コメント(0) | コメントを書く


2014.04.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
大阪城や大阪城ホールを訪れるたびに、省線京橋駅爆撃と言われた第八次大阪大空襲を思い出します。

敗戦前日の昭和二十(1945)年八月十四日、敵B29爆撃機約150機が、今の大阪城ホールやビジネス・パークにあった大砲や弾丸を作っていた大阪陸軍造兵廠を狙い、約700発の1トン爆弾を集中的に投下しました。

大阪陸軍造兵廠への爆撃は、これまで失敗に終わっていましたが、この空襲で造兵廠は壊滅しました。

大坂城内にも着弾し、二番櫓・三番櫓・坤櫓・伏見櫓・京橋口多聞櫓が焼失、石垣の一部が崩落するなどの被害が出ました。

造兵廠の北東に位置する省線電車の城東線(今の大阪環状線)と片町線の京橋駅に、13時頃、1トン爆弾4発が落下しました。

京橋駅に、城東線の上り列車と下り列車の2本が入線したところでした。

居合わせた多くの乗客が、高架上の城東線の影になる、地上の片町線ホームに避難しました。

そこに1発の1トン爆弾が、城東線の高架を突き破って片町線ホームに落下して爆発し、避難していた乗客らが爆弾の直撃を受けました。

この空襲での犠牲者は、身元の判明している人だけでも210名以上、他に身元不明の犠牲者が500ー600名以上いますか、正確な犠牲者数は今でも分かりません。

昭和三十(1955)年から毎年8月14日に京橋駅南口で慰霊祭が行われています。

この時の爆撃を、今の四ツ橋筋の大阪市北区堂島にあった旧毎日新聞本社屋上から撮影した写真が、平成七(1995)年八月十四日の毎日新聞に載っていました。

切り抜き整理していて、見つけました。

焼夷弾が落下する写真はありますが、大阪市内が爆撃されている写真は、これしか見たこはありません。

京橋爆撃

正面の白い建物は、御堂筋の東側にある堂島ビル、右端上に黒く見えるのが、大阪城です。

右(南側)の白い橋は、堂島川に架かる大江橋。その右に大阪市役所、淀屋橋と続きます。

撮影した当時社会部副部長だった斉藤栄一氏は、東の大阪城方面は、最後の空襲で、黒煙が上がり、南の方角には、建物が破壊しつくされた廃墟の向うに、御堂筋の南端の南海高島屋(現高島屋大阪店)がぼつんと建っていたと書いています。


名古屋空襲

同じ昭和二十(1945)年一月十五日の朝日新聞に、前日の十四日に、名古屋市上空での飛行機雲を曳く壮烈な空中戦、友軍機体当りと題しての写真が載っていました。

マリアナ基地のB29は、十四日午後紀伊半島及び四国方面より大阪奈良上空を経て約四十機、紀伊半島から直路名古屋へ約二十機、合計六十機名古屋付近に浸入、内、三機が伊勢神宮を爆撃、斎館、神楽殿崩壊、大阪上空でも、空中戦と載っています。









































Last updated  2014.04.12 23:13:47
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
四月に入り、大阪も櫻が満開になりました。

大川べりの桜

天神橋から天満橋に続く大川ベリの櫻並木を撮って来ましたました。

この櫻並木は、遠くに見える二重橋の天満橋を越えて、まもなく始まる造幣局の通り抜けの櫻並木の下の河川敷を、遠くに見え大阪帝國ホテルまで、続いています。



石組み大写し

先日、徳川家康が、江戸時代に、完全に地中に埋めた秀吉時代の大坂城の石垣が、再発掘され、一般公開されたので、見て来ました。

昭和三十四(1959)年、上町台地の地質を調査するために行ったボーリング調査で、地下約9.3mの位置から石垣と考えられる花崗岩が確認され、地下7.3mの位置で石垣が発見されました。

見つかった石垣は高さ4メーター以上あり、石垣上端には粘土がはられ、その上面は焼けていました。

見つかった石垣の石は、現在の大阪城の石垣と比べると、小ぶりの自然石が用いられており、石の積み方も、野面積(のづらつみ)です。

その翌年、偶然にも、豊臣氏の大坂城本丸図が東京で発見され、その詳細な検討から、発見された石垣が豊臣氏大坂城の本丸、中ノ段帯曲輪の石垣であると考えられました。

昭和五十九(1984)年に行われた、金蔵東側の水道工事に伴う調査で、またもや地下石垣が見つかりました。

石垣の上端は地表下1.1mという浅いところにあり、石垣の高さは約6Mありました。

石垣が築かれた地面の高さは、昭和三十四年に発見された石垣上端の高さとほぼ同じで、石垣が築かれた地面が中ノ段帯曲輪、上端の地面が詰ノ丸であることが明らかとなりました。


大小石組み大写し

秀吉時代は、古代の墓石や卒塔婆も石垣の補強に使われています。

谷町台地にある大阪城のまわりは、
、、
NHKの大河ドラマの主役、軍師官兵衛の戦国時代は、信長軍は、11年の長い期間、石山本願寺に立て篭もった門徒衆と激しい戦いが続きました。

石山本願寺の前の小さな坂(おさか)から名付けれた、大坂城は、大坂冬の陣と夏の陣で、徳川軍に滅ぼされました。


やけ瓦

焼けた金メッキされた瓦


鬼瓦

発掘された鬼瓦


大川から大阪城

寝屋川から、夕暮で、ライト・アップされた大阪城と、ビジネス・パークのビル群を望む。

右の建物は、ホテル・ニュー・オオタニ

このビジネス・パークのあたりは、戦前、大砲などを製造していた大阪陸軍造兵廠があり、何回もの空襲後、敗戦前日の昭和二十(1945)年八月十四日、敵B29爆撃機に爆撃され、学徒動員されていた中学生ら、工員多数が爆死しました。

又、最寄の城東線(現大阪環状線)と片町線が交差している京橋駅にも、爆弾が落下、ホームに避難していた乗客が多数爆死、今でも、身元が分からない人や死者数が分かっていません。

上町台地は悲劇の地で、この下には、巨大な上町断層が、岸和田方面まで、続いています。





































Last updated  2014.04.05 22:02:36
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類


大阪の下寺町(したでらまち)にある源聖寺でのお彼岸の施餓鬼(せがき)法要が終った後、いつも、車で通り過ぎていた谷町台地を初めて歩いて来ました。

天王寺七坂の一つ源聖寺坂を上り、織田作之助の小説で有名な口縄坂、愛染坂、清水坂と、上り下りしました。

まず、戦前の昭和十三(1938)年公開され、大ヒットした田中絹代、上原謙(加山雄三の父)主演の松竹映画の主題になった愛染かつらに、愛染堂で、対面して、感激しました。

第一回大阪大空襲で、表面焼けたが、生き残ったと説明されていました。

愛染かつら

YouTubeから映画愛染かつら総集編を転載しました。

主題歌、旅の夜風も、霧島昇とミス・コロンビアの松原操(後の霧島夫人)のジュエットで大流行しました。

幸村の像

天神坂では、真田幸村戦死の跡地で、幸村の銅像に触れ、一心寺では、祖母の骨仏も眠っている骨仏を拝み、四天王寺へお参りしました。

一心寺からアベノハルカス

一心寺からアベノ・ハルカスが望めました。

鳥居

聖徳太子の時代は、この鳥居の前まで海で、隋の大使を迎える港での迎賓館の役目していました。

四天王寺は、聖徳太子が建てた七大寺の一つで、法隆寺より前に建てられましたが、たびたび災害に見舞われています。

戦国時代の天正四(1576)年には、石山本願寺攻めの兵火で焼失し、豊臣秀吉によって再建されましたが、慶長十九(1614)年の大坂冬の陣で焼失、江戸幕府の援助で再建されましたが、幕末の享和元(1801)年の落雷でまたも焼失、文化九(1812)年再建されました。

文化九年に再建された伽藍(がらん)は昭和まで残っていましたが、昭和九(1934)年の室戸台風で、五重塔と中門が倒壊し、金堂も大被害を受けました。

五重塔は昭和十四(1939)年に再建されましたが、昭和二十(1945)年三月の大阪大空襲で、国宝の東大門他伽藍とともに焼失しました。

現存の中心伽藍は、昭和三十二(1957)年(1957年から再建にかかり、昭和三十八(1963)年に完成しました。

飛鳥建築の様式を再現した鉄筋コンクリート造です。

五重の塔

五重の塔の五重から本堂を見下ろした光景

塔上から

亀の池の亀を見ると昭和初期の四天王寺を思い出します

亀の池

先日は、徳川家康が完全に地中に埋めた秀吉時代の大坂城の石垣を見学して来ました。

上町台地は、何度も戦乱で、焼き払われています。





































Last updated  2014.03.25 11:19:55
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.11
カテゴリ:カテゴリ未分類


今日、三月十一日は東日本大震災が起こり、戦後という時代が終わり、震災後という、二十一世紀型の新しい時代に突入して、三年経ちました。

日本にとっては、三月は厄月で、六十九年前の三月十日の東京大空襲、十二日の名古屋大空襲、生家が焼かれた十三日の大阪大空襲と続き、その半年後、戦後という新しい時代が、大震災まで続きました。

YouTubeからアメリカ軍が撮った大阪、神戸、長崎などの焼け跡を転載しました。

NHK朝ドラ、ごちそうさんで、大阪大空襲で逃げまわり、地下鉄心斎橋駅の鉄の扉から、開けろと叫び、助かりますが、
昭和最後から、平成の初めにかけて、各新聞に、この時の体験談が連載されました。

戦争中、倉庫になっていた、本町(ほんまち)駅では、憲兵が逃げろと地下鉄に誘導したり、難波駅では、南海高島屋が入り口を開けて、地下鉄に逃げ込ましています。

当時、大阪鉄道局長だった佐藤栄作(後の首相)が地下鉄を動かすよう命令したとも言われています。

御堂筋の地上は火の海でしたが、地下鉄は無事で、梅田方面と、天王寺方面に、多数の市民を運び助かりました。

ドラマでは、義理の妹の希子が、大日本放送協会の大阪中央放送局に勤めていますが、空襲警報の放送はしていません。

以前にもこのブログでも書きましたが、戦争中は、中部軍の情報は、四ツ橋にあった市立電気科学館から、中部軍の情報兵士が、今の交通情報のように、大阪中央放送局の放送を中断して、警報を放送していました。

ベルのジージーという音がして、中部軍管区情報、、近畿地区、福井県を除く、空襲警報発令と放送していました。

中部軍情報、敵B29爆撃機、数悌団に別れ、紀伊水道を北上中と、何度も聞きました。

しかし、軍が解散したため、記録が残らず、今までのドラマでも、間違った場面だけです。

東部軍の情報は、東京中央放送局から、和田信賢アナなどが、放送していて、戦後、再現したことがありましたから、東京大空襲などのドラマでは使われていましたが、大阪空襲のドラマでも使われて、違和感がありました。

朝ドラのごちそうさんでは、警報の放送場面は一切ありませんでした。

戦争中の大空襲では、地下鉄に逃げ込んで、助かりました。

これから来るといわれる南海大地震では地下鉄が止まり、二時間後には、津波の水が入って来ます。

高い建物に逃げ込む必要がありますが、地震で火災が起これば、火災旋風で、逃げ場が無くなる可能性あります。




































Last updated  2014.03.11 22:00:57
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.03
カテゴリ:カテゴリ未分類


毎年、三月の声を聞くと、昭和二十(1945)年三月九日深夜から十日の陸軍記念日にかけての東京大空襲、十一日深夜から十二日の名古屋大空襲、十三日の大阪大空襲を思い出します。

今日のNHK朝ドラの、ごちそうさんで、東京、名古屋に続いて、大阪も危ないと言っていましたが、実際に、来るまでは、皆のんきにかまえていました。

先週までのドラマで、町内会の連中がバケツリレーで水を渡して、屋根に水をかける訓練風景がありました。

ドラマの主人公の大阪市の防空課長が、何万発の油脂焼夷弾(ゆし しょういだん)で、ばら撒かれたら、防火訓練しても、何の役には立たないと叫び、軍の怒りを買い、軍属として、満州国に飛ばされます。

わたしの祖母も、隣組班長として、屋根の上に上がって、布のはたきを振って、バケツリレーの指揮を取っているのを見ていましたが、何の役にたつのかと思いました。

東京大空襲までは、帝国陸軍の情報部は、空襲は恐るるに足りません、防空壕に避難したら、すばやく消火活動にいそしむことと、ドラマでも言っていますが、防空壕に逃げた人は、ほとんど、焼き殺されています。

今週のごちそうさんでは、大阪大空襲に遭い、劫火に追われて、地下鉄心斎橋駅に逃げ込んで、助かるようです。

実際に、多数の大阪市民が、夜中に動いた地下鉄で助かっています。

義理の姉も、南海高島屋(現高島屋大阪店)の人が、火炎に追われた多くの人を見て、一瞬開けた入り口から、地下鉄難波駅に逃げ込み、動いた地下鉄に乗って、天王寺駅に逃げて助かったと聞き、このブログでも書きました。

NHKドラマ横堀川で、出にくかった都市ガスが、ものすごく出るなというセリフがありましたが、その日の晩に、大空襲になります。

アメリカ軍は、日本本土空襲するときは、事前にビラを撒いたり、短波放送で知らせていましたが、政府や軍は、一切市民には知らせていません。

敗戦直前の七月ころ、墓参りに行った大阪下寺町付近で、頭上を敵B29爆撃機が、レーダーを避ける為に、アルミ片をばら撒き、その後、大量のビラを撒きました。

拾って読むと、変な活字のマリアナ通信と書かれ、日本政府は、早くポツダム宣言を受諾せよと、書かれていました。

このとき、初めて、ポツダム宣言という言葉を知りましたが、意味を知ったのは、八月十五日正午の玉音放送を聞いたときでした。

読むと、すぐ、特高警察や憲兵が回収にまわって来たので、渡しました。

この時、初めて、本土空襲する前に、ビラで、何日に空襲するから、この付近から逃げるようにと知らせていたと知りました。

敗戦後は、このビラのこともあり、政府の言うことを信用できなくなり、学生運動に走り、警官隊と小競り合いしたこともありましたが、裏に、ソ連の影を知り、学生運動も止めました。

YouTubeから大空襲直前の火災に弱い東京市の風景を再転載しました。



























Last updated  2014.03.03 11:56:37
コメント(0) | コメントを書く
2014.02.21
カテゴリ:カテゴリ未分類


フランスのアングレーム国際漫画祭で、フランス人担当者が、慰安婦の強制連行はなかったという、日本側ブースの看板などを力ずくで引きずり下ろしたうえ、お前たちは出ていけと怒鳴り散らしながら、印刷物などを持ち去りました。

現地入りしていた、YouTubeへの投稿で有名な、テキサス親父こと、米国の評論家、トニー・マラー氏は、この暴挙を目撃し、フランスは建国理念として、自由、平等、博愛を掲げているのに、ひどい日本叩き、日本人差別が行われた」と証言しました。

韓国側は、約十年10年の時間と、経費をかけて、フランス人にウソの主張を信じ込ませている。韓国のプロパガンダに負けちゃダメだ。すべての証拠・事実を、世界に向けて発信していくべきだとのべています。

韓国に、23兆円もの資金援助した結果がこれです。

慰安婦をめぐっては、ワシントンの国立公文書館に、米軍が太平洋戦争中の昭和十九(1944)年、慰安婦から聞き取り調査した報告書が残っており、慰安婦は強制されたものではなくて、雇用されていた。

接客を断る権利を認められていた、女性たちは大金を持って楽しんでいた、洋服や化粧品など好きな物を買うことができたなどと記載されています。

何故、今の女大統領が、反日に凝り固まっているかは、テキサス親父が詳しく述べています。

YouTube から転載しました。













Last updated  2014.02.21 14:41:35
コメント(0) | コメントを書く
2014.02.08
カテゴリ:カテゴリ未分類


安倍首相は5日の参院予算委員会で、朝日新聞は、安倍政権打倒が社是であると聞いている。そういう新聞と思って読んでいると語っていました。

戦前は、インテリが読むと言われた大阪朝日新聞、東京朝日新聞は、戦意高揚のため、支那兵千人切りのニセ記事を書き、写真が載った兵士は、戦後、可哀想に、中国で、戦犯として処刑されました。

戦後は、手の平を返して、平和、平和と叫び、ニセ記事を書いて、何回も謝罪しています。

特に、許せないのは、大日本帝國の一員であった半島人を、軍が強制収用して、慰安婦にしたという、だたらめな記事を書き、日本の威厳を落としました。

それにきっかけに、韓国では、有りもしない軍による強制連行された可哀想な従軍慰安婦と世界中に言いふらしています。

今では考えられないが、当時は、国が認めた遊郭制度があり、不作なので、貧窮した百姓は、娘を売り飛ばしていました。

昭和九(1934)年の不作で、娘を売る親が増えて、社会問題になり、これを憂えた青年将校らが、腐敗した政府高官や陸軍上層部を暗殺したのが、二、二。六事件の発端です。

半島では、京城(現ソウル)の広告によると、手当金三千円(当時の大学出の初任給五十円)で、慰安婦募集しています。

ちょっと古いですが、平成九年の民主党政権できる前の、日本のマスゴミの嘘の報道を信じる日本人を馬鹿にした、フランス国営放送を転載しました。

東京は、情報不毛の北朝鮮の平壌と同じだとちゃかしています。

たかじんが亡くなって、一箇月経ちましたが、大阪では、今日も追悼番組をしています。

大阪ローカルだが、東京地方以外で放送されているたかじんのそこまで言って委員会では、現職の安倍首相も、リラックスして話しています。

たかじんが亡くなって、関西の放送局も以前のように、本音で話す機会が減り、情報が東京からの一方的な報道にならないか心配しています。

だんだんと、戦前の日本の匂いがします。







  




































Last updated  2014.02.08 17:26:23
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
中国軍と関係が深いシンクタンク、中国軍事科学学会の羅援副秘書長(元少将)は22日、中国のニュースサイト吉和網などで、中国と日本が開戦すれば、中国のミサイルで、日本は火の海になると語っています。

中国は国土も広く、戦争での持久力は比較的強いが、日本はそうではないと述べて、余裕で日本に勝てると発言しました。

人民解放軍は、1000発のミサイルを日本に照準を合わせたので、この優勢を利用し、日本を抑え付けるべきだと脅しました。

日本政府のODA援助で。中国が、世界二位の経済大国になったのに、恩を仇に返す、道義を知らない、井の中のカエルの人民解放軍の愚劣さに、恐さを感じます。

そいえば、戦前、暴走した、外地に駐在していた帝國陸軍のアホな軍人が、一箇月で、支那大陸全土を落とすと豪語して、15年も戦い、最後には、63の国を相手に戦い、日本の都市を焼け野原にして、340万人もの大日本帝国臣民(朝鮮、台湾人を含む)を無駄に戦病死させました。

大阪の焼け野原

敗戦直後の大阪市難波付近の焼け野原を乗せました。

左に見えるのは、近畿日本鉄道南海本線難波駅(現南海鉄道)と高架の本線と高野線路と、南海高島屋(現高島屋大阪店)

高島屋から右上に延びているのが、御堂筋、上方の建物は大丸心斎橋店とそごう(現大丸別館)

真ん中の大きな建物は、千日前の歌舞伎座(現ビックカメラ)と大阪劇劇場(現雑居ビル)

右下は、堺筋の松坂屋(現高島屋別館)、

左上に伸びる川は新川で、今は阪神高速環状線です。

道頓堀がかすかに得ています。

表紙

戦争中の小国民(少年)雑誌、少年倶楽部の表紙を載せました。


おとなしい日本人も、国が危機になると、一致団結するのは、わたしは、戦争中の日本を見て知っています。

表紙は、手榴弾(しゅりゅうだん)を持つ小国民です。

わたしも、学校に駐在していた陸軍兵士に、手榴弾を持たされ、ひもを引っ張り、10から15数えて、ゆっくり投げないと敵から、投げ返されて、自爆すると教えられました。

裏表紙

裏表紙は、本土決戦になった時、小国民も、竹やりで、突撃する凄い絵です。

前回、YouTubeから転載したように、大戦中、撃沈されたメリカの航空母艦11隻の内、10隻は帝國海軍が撃沈しています。

わたしも、本土決戦になれば死ぬと覚悟していましたから、敗戦になった時、腑抜けになりました。

ソウルを火の海とすると豪語する北朝鮮の核や、イランには制裁し、核の無いのに、有るとだましてイラクを攻撃したアメリカも、核で脅す中国には何も言えません。

イージス艦一隻で、、戦前の聨合艦隊を全滅せられると聞いていましたから、空母型護衛艦ひゅうがに乗艦したとき、その能力には驚きました。

日本は今でも、海洋国家で、海上自衛隊は世界一流だと思いました。

二十世紀は黒龍の時代、戦争の時代でしたが、二十一世紀は、霊の時代、精神の時代ですから、世界的な戦争は無いと期待しています。

しかし、小競り合い程度の戦争はあると思います。

時代遅れの中国共産党政権は、内部から崩壊すると見ています。

白人優位の経済格差のひどいアメリカも、大多数の貧しい国民が何時爆発するか分かりません。







  


























Last updated  2014.01.23 17:25:02
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.13
カテゴリ:カテゴリ未分類


精神の時代といわれる二十一世紀に入り、わたしの目の黒いうちは、もう、戦争はないと思っていました。

しかし、中国は尖閣諸島は中国領だと、防空識別圏を広げて、無通告の飛行機は強制的に排除すると声高に脅し、韓国の女大統領は、日本は歴史を反省しないと、世界中の言いふらしています。

歴史を知らないのは、中国と韓国の政府関係者です。

古来、農耕民族の大和民族は、争いを避け、まあまあと話し合いで解決して、平和を愛する民族です。

戦国時代でも、いくさは、米の収穫が終った後にしていました。

第一次世界大戦で、戦わずして、戦勝国になった日本は、一等国の仲間になり、戦争成金が増え、金持ち戦争せずで、民度が高まり、平和愛好の民主主義、大正デモクラシーの時代になりました。

帝國海軍が、仮想敵国アメリカに対抗するため88(はちはち)艦隊を計画した時に、税金を使って遊覧艦隊を作るのは何事かと反対しています。

満州を一箇月で占領した石原伸爾でさえも、支那派遣軍の将軍に、万里の長城を越えるなと言っても、お前には言われたくないと、大義名分無く、支那大陸に侵略したため、80年たった今でも、中国から責められて、子孫が尻拭いさされています。

従って、戦争体験者は、中国に対し、贖罪(しょくざい)感があり、経済援助し、今の世界第二の経済大国になりました。

日本に感謝していた、戦争で被害を受けた世代は、文化大革命などで、殺されたり、失脚し、親日を隠すために、反日になった江沢民の反日愛国教育を受けた戦争経験の無い世代が、政権を取り、日本弱しと、脅しをかけています。

アメリカでも、昭和時代までは、おとなしい日本人も、堪忍袋の緒(かんにんぶくろのお)が切れると、一機一艦の神風特別攻撃隊のように、鬼の顔になると、戦争経験したアメリカ政府関係者は知っていて、交渉事でも、最期には折れました。

しかし、日本人の恐さを知らない、今の政権は、戦争を避けるために、中国と仲良くして、日本に関心ある政治家はほとんどいなくなりました。

YouTubeから大戦中、帝國海軍が撃沈した10隻と、ナチス・ドイツ第三帝國海軍が撃沈した1隻のアメリカの航空母艦を転載しました。







【送料無料】夢を売る男 [ 百田尚樹 ]

【送料無料】夢を売る男 [ 百田尚樹 ]
価格:1,470円(税込、送料込)













Last updated  2014.01.13 23:24:00
コメント(1) | コメントを書く

全1295件 (1295件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.