1061707 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わけのわからない日が続く シカゴ編

PR

X

コメント新着

不肖ほそみち@ Re[15]:逃がした魚はやっぱり大きかった。(03/03) 長瀬裕一郎さん >私はナッシュビルのES3…
長瀬裕一郎@ Re[14]:逃がした魚はやっぱり大きかった。(03/03) 不肖ほそみちさんへ 私はナッシュビルのES…
不肖ほそみち@ Re[1]:逃がした魚はやっぱり大きかった。(03/03) 長瀬裕一郎さん、 >ebayでトムホームズ…
長瀬裕一郎@ Re:逃がした魚はやっぱり大きかった。(03/03) ebayでトムホームズのピックアップを購入…
真実はひとつ@ 事務所と反◯業界人が追い込んだ 鬱でも程度や種類があり(心と体のストレ…

日記/記事の投稿

カレンダー

ニューストピックス

森政権が誕生した頃にシカゴの某メーカーから出稼ぎに来ないかと誘われ、滋賀の田舎町からノコノコと極寒のシカゴにやって来た。日本人が誰もいない米国企業で関西訛りの英語を話し、エンジニアとして働くオッサンのわけのわからない日々を綴った日記である。Jazz & Bluesを嗜む。嫁さんと華ちゃん(愛猫)と3人暮らし。息子は既に独立。家族全員B型。同情してくれ!写真および文章の無断転載は固く禁止します。
2020.11.16
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
シカゴ唯一の日本語チャンネルであるTV-JAPANのニュースで日本の1日の感染者が1000人を超えたことが大きな問題になっていますね。
ここアメリカでは1日の感染者が18万人を超えたことで大きな問題になっています。
日本とアメリカの人口は約3倍なのに...

アメリカでは累計感染者が今日現在の時点で1082万人を超え、約24万5千人が死亡しました。
この数字が意味することは明らかにトランプのコロナ対策の失敗です。
大統領選挙に負けたからって 法廷闘争に集中している時ではないのです!
国民の命を何とも思っていないトランプ氏は間違いなくアメリカの黒歴史に載るでしょう。

感染拡大に歯止めがかからない状況なんです。
特に中西部の我々が住むイリノイ州、オハイオ州、ミシガン州などは最悪の状態です。

12月に日本に帰国する我々は最後にシカゴダウンタウンに行って自分へのお土産や友人・親戚のお土産も買いたいのですが、外出してそんなことが出来る状況ではありません。

シカゴ日本人会は週末も外出できないシカゴ在住の日本人の方達に少しでもコロナストレスを和らげる為にオンライン・コンサートを行いました。



兎に角、人との接触は絶対にさけなければならないので、演奏するミュージシャンもオンライン演奏、観客もオンラインでそのコンサートを観ます。
$5のチケットを買って申し込むとZoomのアドレスとパスワードが送られてきます。

出演者は4つのグループあり、シカゴで活躍されているミュージシャン達です、私を除いて。
私はシカゴブルース界で日本人ハーモニカプレーヤーとして有名なKa2さんにバックギター演奏を依頼されて3曲演奏しました。

日本に帰国前のゴタゴタしている真っ最中でしたので満足な演奏は出来ませんでしたが、私の場合、ぞもそも下手なので事前に時間かけて練習しても大して変わりはなかったと思います。

最初の二人のお琴の演奏者達は不運でしたね。
演奏の途中でサイレンが鳴ってしまい、曲の半分ぐらいは聞こえませんでした。

オンライン・コンサートと普通のコンサートとの違いは何と言っても観客の拍手が無いことです。
事務局の人は普通のコンサートの雰囲気を出そうと試みてオンラインで繋がっている観客のマイクをONにしてしまったのです。
そうすれば観客からの拍手も全員に伝わるからです。

それが完全に裏目に出ました。

観客の一人が住むマンションの警報装置のサイレンが突然に鳴り出してしまい、演奏の音が聴こえ難くなってしまったのです。
私の演奏も観客達のお茶を飲む音などの雑音がしっかり混じってしまい、演奏者としては残念なものになってしまいました。

最後に演奏したピアノデュオの方達も可哀想だと思いましたね。
プロの方達ですので、使用しているマイクも凄く高価なものであることが私には判ります。
そのままの音源を観客に流してあげればピアノ自体の素晴らしい音が聴くことができたのに、観客のマイクが入ったままではその雑音で随分音質が落ちてしましました。
高音質の音を提供するための機材が台無しになってしましました。

私のギターにしてもギターアンプにしても、相棒のハーモニカのマイクやアンプにしてもプロ機材の高品質な音が出ていましたが、観客の雑音が混じっているので、安物のラジカセが鳴っているような音源になってしまいました。

まぁ、それは仕方ないですね。
シカゴ日本人会の本来の目的は家に閉じ籠ることを強要されている日本人がオンラインであっても皆がコロナ禍に負けずに元気で生活していることを皆で共有することですから、本来の目的は達成できたのですから。
それにシカゴ日本人会としてはこのようなオンライン・コンサートは初めてだったので、どのような結果になるかは判らなかったのです。

最後に演奏してくれたピアニスト達の音楽を聴きたいのだけであれば彼女達のCDを買って聴けばいいのです。
$5も出して雑音混じりのコンサートを聴く羽目になってしまいましたが、あれはあれで価値はあったと思います。
Zoomですから、パソコンでクリックすれば我々の演奏を聴いてくれている沢山の人達の小さな顔がずらっと一蘭出来たのですから。
ある意味で面白かったですし、シカゴ日本人会の事務局の方々の意図も理解できました。

観客は画面の中に知り合いの顔を見つけることも楽しかったんじゃないでしょうか。

シカゴで私が人前で演奏するのはこれが最後です。

さようならシカゴ!

会社を去るまでに終わらせると約束したプロジェクトはまだ未完のままだし、引っ越しのダンボール詰めも終わらせなければなりません。

演奏の相棒のKa2さんがMacで録画した動画を送ってくれましたので、私はそれをYoutubeにUpすることで滋賀の音楽仲間達にも聴いてもらおうと思いました。
来月には日本に帰国しますので、その後は滋賀の音楽仲間達と演奏することになります。

イイネもコメントも貰えなくなったので何だかブログを更新する気力が失せてしまい、8月に80万アクセスを機にこの楽天ブログを休止しました。
日記を更新していないのにアクセス数は89万に達しようとしています。
毎日600~1000のアクセスがあります。

それだけのアクセス数があれば10人や20人ぐらいはブログを再開してほしいという声をコメントに残してもらえてもいいと思うのですが。笑
やはりこのブログの読者は書き手に優しくないですね。笑
そう簡単にはご褒美は貰えません。

今回の日記は自分の演奏を滋賀の音楽仲間やシカゴで私の演奏を聴いてもらった人達に私のシカゴ最後の演奏を聴いてもらいたくて書きました。
都合の良い時だけの一回だけのブログ再開でしたが、ご理解下さい。











最終更新日  2020.11.16 13:19:07
コメント(14) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.