033499 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

                        「丹波田園スタイルの家」   

PR

Profile


イエモリ

Calendar

Favorite Blog

エクステリアとアン… 店長しもちゃんさん
モモとリンとでん(… でん(田)2さん
丹波ささやま 米、… CalmPeaceさん

Archives

2022年06月
2022年05月
2022年04月
2022年03月
2022年02月

Comments

イエモリ@ Re[1]:持続可能だった時代の遺品(12/24) あけましておめでとうございます。 新…
店長しもちゃん@ Re:持続可能だった時代の遺品(12/24) あけましておめでとうございます。。。 …
イエモリ@ Re[1]:改修の「要」(11/06) 店長しもちゃんさん へ ありがとうござ…
店長しもちゃん@ Re:改修の「要」(11/06) 目に見えないところが大切ですね。。 イ…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
イエモリ@ Re[1]:建築の絵本。(07/08) しもちゃんさん へ 有り難うございます…
店長しもちゃん@ Re:建築の絵本。(07/08) 今日も雨ですね。。 早く、梅雨が明け…

Category

Recent Posts

2010年06月30日
XML
カテゴリ:はじめに
                                                                                 超!貯蓄術

はじめに。

日本の住宅の地域性が失われてしまったことを嘆きはじめて久しい。 

丹波田園スタイルの家

※2004年築 「丹波田園スタイルの家」の今

 

高気密・高断熱、工期短縮、ローコスト、大量生産・・・で、みな画一的。

 こうした状況を受け止め、

住まいを地域に根ざした持続性のある発想が出来ないだろうか・・・。

 

「サスティナビリティー」(sustain=「支える」「維持する」「持続する」

ここに答えがありました。

「地球レベルでのエコ(生態系:エコロジック)の収容力を維持しうる範囲内で

省エネ・省資源・リサイクル・有害物質の抑制を図り

その地域の伝統・文化を保ちつつ

将来にわたって人間の生活の質を適宜に維持

あるいは向上させて行く事の出来る住宅。」

『イエモリ』と題した当社の活動を通じてこれより配信させていただきます。

 

平成二十二年六月三十日

株式会社 細見工務店  細見典行


****************************************************************

細見工務店のHPhttp://www.hosomi.co.jp/

「別館細見工務店」blog: http://blog.livedoor.jp/hosomikoumuten/

****************************************************************


 







Last updated  2010年07月01日 07時15分33秒
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「持続可能な」住宅建築をめざして ~Go! サスティナブル~(06/30)   店長しもちゃん さん
こんにちは。。
開設、おめでとうございますぅ♪

これから、イエモリ楽しみにしてますよッ。
(2010年07月01日 16時30分58秒)

Re[1]:「持続可能な」住宅建築をめざして ~Go! サスティナブル~(06/30)   イエモリ さん
店長しもちゃんさん へ

エヘ、、見つかっちゃいましたね。

ここはDeepにいきます。

また、いっぱいいっぱいお話しましょう! (2010年07月01日 18時46分29秒)

Re:「持続可能な」住宅建築をめざして ~Go! サスティナブル~(06/30)   でん(田)2 さん
開設おめでとうございます^^
しもちゃんに聞きましたので応援にかけつけました♪
これからもよろしくお願いします^^ (2010年07月05日 23時07分07秒)

Re[1]:「持続可能な」住宅建築をめざして ~Go! サスティナブル~(06/30)   イエモリ さん
でん(田)2さまへ

こんにちは。初めましてです。
な、な、なんとお心強い、、、。有り難うございます。
下ちゃんとはおっさんになってからの
「友」を超えた「朋」であります。

こちらこそ宜しくお願いいたします。

(2010年07月06日 06時30分16秒)


© Rakuten Group, Inc.