000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ちょこっとHappy♪

風ニハマケタ

   釣行場所:鳥取県西部いつもの某管理釣り場

   期間:8月31日(土)

   感想:
    朝6時に目を覚ますと、外はピカピカに晴れていた。
    おや?台風はどうした?
    なんて、考えるんじゃなかった!!
    晴れていたのはほんのつかの間で、出かける頃には「う~ん、やっぱり
    !」の風。
    
    釣り場に到着。先客は一人だけ。
    管理人のお兄ちゃんが「今日はえさにするやろ?」と聞いてきたので、
    「はい、父は餌ですけど、私はフライで!」
    「えぇ~?こんな風の日にぃ~?」
    すっごい呆れ顔だったけど、しかたない。私はフライしかできないんだ
    から・・・!

    いざ釣り開始。台風といっても暴風ではないのでなんとかなりそうだ。
    風向きがコロコロ変わるので、立つ場所を変えてみたり、ロッドを寝かせ
    て振ってみたり、乏しい経験と知識を駆使して(?)やっとの思いで、最
    初の一匹を釣り上げた。20センチほどのヤマメ。
    
    途中、突風で川一面が葉っぱで覆われ、おまけに折れた木の枝がバッサ―
    と落ちてきて、一時中断。
    おいおい、そんな所に横たわってもらっちゃ―困るよ!プンプン!
    
    しばらくして川がきれいになったところで再開。
    けど、あんまりドライに反応しないので、ちょっと沈めてみた。
    はぁ~、おもしろくない。
    ドライに拘るつもりじゃないけど、私はやっぱりドライが好き♪
    
    風にあおられてラインは吹流し状態。
    フライがなかなか水面に落ちてくれない。
    やっと着水しても、またふわっと舞い上がったり、水上スキーしたり。
    あらら、なんか、余計に虫っぽくていい感じじゃないか~♪
    これに、ガバッと飛びついてくれたりしたらフライフィッシャー冥利に
    つきるのだが、なかなか思うようにはいかないもんだ。
    「私なら食うな!」と言ってるうちはまだ魚の気持ちがわかってないのか
    もしれない。

    今日は見栄を張って「大きい」ニジマスを入れてもらったけど、本命さん
    には見向きもされず、遊んでくれたのは前の人が残していった「小さい」
    さかなばかり。
    たくさんアタックしてくれたのに、あわせがまるっきりへたくそで、「わ
    ぁ~っ!!」と叫んだ回数、限りなし。
    結局釣ったのはニジマス1とヤマメ4とイワナ1の、計6匹。
    けど、3ヶ月前までボーズ記録を着々と更新していた私としてはすっごい進
    歩だと思う。

    風には負けたけど、それはそれでおもしろかった。
    

    



© Rakuten Group, Inc.