043910 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ちょこっとHappy♪

師匠へ

 師匠へ

  お久しぶりです。お元気ですか?
  私は・・・なんとかやってます・・・
  
  フライの「フ」の字どころか、魚釣りの「さ」の字も知らなかった私に、師匠は
  いつも楽しそうに話してくれましたね。

  私がフライに興味を持った時、師匠はすぐに私を野池に連れて行ってくれました。
  あの時、釣れるはずもないブルーギルが釣れて、それから、私の人生の楽しみが一つ
  増えることになりました。

  とにかく、何にも知らずに始めました。

  ラインの通し方、ティペットの結び方、ロッドの握り方・振り方、フライの巻き方・
  結び方・流し方、魚の合わせ方・リリースの仕方、川の歩き方、フライが枝にかかった時の
  はずし方・石にかかった時のはずし方・・・

  数え上げたらきりがないけど、私が知っていることは全部、師匠に教えてもらったことです。
  
  師匠が遠くに行ってしまって、今は会うこともできないけど、一人で川に立ってても、
  いつも師匠に話しかけてしまいます。

  「あれ?これでいいんやったっけ?」
  「見て見て、ちゃんとできたよ!」
  「ねぇ、こんな時、どうしたらいい?」 
  「くぅ~!しまったぁ!こんなん見たら笑うやろな・・・」

  誰もいないのわかっていても、つい、後ろを振り向いてしまいます・・・

  今でも上手にはできないけど、一応一人で何でもできるようになれたのは、
  師匠のおかげと感謝しています。
  
  一つ心残りは、師匠に約束したことがまだ果たせていないこと。
  自分で釣ったヤマメを師匠に見せるって。
  もう、その機会が訪れることはないってわかっているけど、来週、また挑戦してきます。

  師匠も、今年の夏は彼女と北海道でフライを楽しまれるんでしょうか?

  では、お体に気をつけて。
  いつかまたお互いによい報告ができるのを楽しみにしています。

                      2003.5.31 
                        
                        歩みののろい、カメ弟子より


© Rakuten Group, Inc.