4031588 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

サインワールド

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

┗ ★音楽★

2010年10月09日
XML
カテゴリ:┗ ★音楽★

今まではBSテレビ番組は殆ど見なかったが、ある時じっくりと番組欄を見ていたら、紀行番組から音楽番組まで、個人的に関心の高い良質そうな番組が数多く放送されているのに気が付いた。多忙であるが故にその殆どを見ることは出来ないが、それでもこれはと思う番組は録画するようにしている。そんなある時、地上波のNHK番組で洋楽倶楽部80'sという番組を見つけた。

9月30日放送分を録画して見たが、どれもこれも良質なビデオで何度も見たくなる作品ばかりだ。次回も見なければと思っていたものの、録画するのを早くも忘れて見逃すことになってしまった。公式サイトで入念なチェックをし、予定表に書き込んでおかないと深夜放送時間であるだけについつい見落としてしまう。調べてみたらどうやら10月に入ってからは毎週のように放送されるらしい。前回掲載した"SONG TO SOUL~永遠の一曲"と並んで素敵な音楽番組が一つ増えたように思う。


演奏曲目はここを見ると分かるが、クリックしたらYouTubeやiTunesあたりに飛んでくれると非常に使い勝手のいいものとなるのだが、さすがにNHKにそこまで要望するのは無理なのだろう。

●洋楽倶楽部80's公式サイト

●80's洋楽ファン必見!NHK『洋楽倶楽部80's』が8月11日放送

関連記事

●2010年08月16日 SONG TO SOUL~永遠の一曲

 

 

りぼん「当社楽天SHOP」はこちらをクリック!!
えんぴつ過去に掲載された日記の目次こちらからウィンク
カメラ過去に掲載された写真の一覧こちらから目がハート
パソコン過去に掲載された日記の検索こちらからスマイル
黄ハート 金属加工自由自在 黄ハート 金属加工でお困りの方、こちらへ !!
ピンクハート質問コーナーピンクハート(24時間以内にお答えします)スマイル

当ブログで掲載した日記・写真について、または当社販売品のオリジナルシリーズ、金属加工についてご質問のある方は、以下のメールアドレスからお問い合わせ下さい。

メール
 letter330@takara-sign.co.jp メール

なお迷惑メール対策のためにアドレスは随時変更しています。

この日記の掲載日から時間が経過している時は、上記のメールアドレスは廃棄されます。お問い合わせの時には、最新の日記に記載されているメールアドレスをご利用ください。







Last updated  2010年10月09日 09時38分50秒
コメント(0) | コメントを書く


2010年08月16日
テーマ:洋楽(2571)
カテゴリ:┗ ★音楽★

たまたま読んだ新聞記事で『Song to Soul~永遠の一曲』に触れていた。毎週木曜日の23時からBS-TBSで放送されている音楽番組で、多くの人々の心に響き続ける数々の名曲を一曲ごとに掘り下げて、その生い立ちから成立過程を当時の関係者を交えながら詳細に解説する番組だ。過去に放送された一覧表を見ると、1950年以降の洋楽を中心として構成しているらしい。

BS番組は今まで殆ど見なかったのでその存在すら知らなかったが、試しに見てみるとファンならば繰り替えして見たくなるアーティストとその代表的な曲ばかりが登場する。洋楽ファンならば誰しもが知っている名曲で一見の価値は充分にある。ちなみに過去に放送されたアーティストの曲名は以下の通りだが、全てもう一度録画して見たいものばかり。殆ど全部見逃しているので、是非とも再放送を切に望みたい。ざっと見た限り個人的に取り上げて欲しいというか、取り上げられておかしくないアーティストが結構漏れている気がした。

最近のアーティストはダメとすれば、マディウォーターズ、チャックベリー、オーティスレディング、ジミヘンドリックス、ビートルズあたりを希望したいが、それにしてもバンドが入っているなんて意外といえば意外だ。The Last Waltzは何十回聞いたか分からないぐらい愛聴しているが、通好みのアーティストを取り上げているところに選曲の良さを感じさせる。リクエスト募集欄は見ているだけでも面白い。

●SONG TO SOUL

過去の放送

* #47 「いとしのレイラ」エリック・クラプトン
* #46 「ウィアー・オール・アローン」ボズ・スキャッグス
* #45 「ワイルドで行こう」ステッペンウルフ
* #44 「雨をみたかい」クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル
* #43 「きみの友達」ジェイムス・テイラー
* #42 「素直になれなくて」シカゴ
* #41 「タイム・アフター・タイム」シンディ・ローパー
* #40 「アメリカン・パイ」ドン・マクリーン
* #39 「ロング・トレイン・ランニン」ドゥービー・ブラザーズ
* #38 「ラヴィン・ユー」ミニー・リパートン
* #37 「サティスファクション」ザ・ローリング・ストーンズ
* #36 「スカボロー・フェア/詠唱」サイモン&ガーファンクル
* #35 「宇宙のファンタジー」アース・ウィンド&ファイアー
* #34 「アローン・アゲイン」ギルバート・オサリバン
* #33 「ザ・ウェイト」ザ・バンド
* #32 「スモーク・オン・ザ・ウォーター」ディープ・パープル
* #31 「カリフォルニア・シャワー」渡辺貞夫
* #30 「ウィル・ユー・ダンス」ジャニス・イアン
* #29 「ハートブレイク・ホテル」エルヴィス・プレスリー
* #28 「ダンシング・クイーン」ABBA
* #27 「ダニー・ボーイ」
* #26 「ノー・ウーマン・ノー・クライ」ボブ・マーリィ
* #25 「ホワイト・クリスマス」ビング・クロスビー
* #24 「ハートに火をつけて」ドアーズ
* #23 「オーバー・ザ・レインボー」ジュディ・ガーランド/イズラエル・カマカヴィヴォオレ
* #22 「グッド・ヴァイブレーション」ビーチ・ボーイズ
* #21 「素顔のままで」ビリー・ジョエル
* #20 「ラ・ヴィ・アン・ローズ」エディット・ピアフ
* #19 「アイム・ノット・イン・ラブ」10cc
* #18 「やさしく歌って」ロバータ・フラック
* #17 「イエスタデイ・ワンス・モア」カーペンターズ
* #16 「サー・デューク」スティービー・ワンダー
* #15 「ボヘミアン・ラプソディ」クイーン
* #14 「風に吹かれて」ボブ・ディラン
* #13 「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」ローリング・ストーンズ
* #12 「ラ・バンバ」ロス・ロボス
* #11 「ホワッツ・ゴーイング・オン」マーヴィン・ゲイ
* #10 「花~すべての人の心に花を~」喜納昌吉とチャンプルーズ
* #9 「孤独のメッセージ」ポリス
* #8 「ホテル・カリフォルニア」イーグルス
* #7 「アイドルを探せ」シルヴィ・バルタン
* #6 「我が心のジョージア」レイ・チャールズ
* #5 「天国への階段」レッド・ツェッペリン
* #4 「結婚しようよ」吉田拓郎
* #3 「サウンド・オブ・サイレンス」サイモン&ガーファンクル
* #2 「イッツ・トゥー・レイト」キャロル・キング
* #1 「青い影」プロコル・ハルム

 

りぼん「当社楽天SHOP」はこちらをクリック!!
えんぴつ過去に掲載された日記の目次こちらからウィンク
カメラ過去に掲載された写真の一覧こちらから目がハート
パソコン過去に掲載された日記の検索こちらからスマイル
黄ハート 金属加工自由自在 黄ハート 金属加工でお困りの方、こちらへ !!
ピンクハート質問コーナーピンクハート(24時間以内にお答えします)スマイル

当ブログで掲載した日記・写真について、または当社販売品のオリジナルシリーズ、金属加工についてご質問のある方は、以下のメールアドレスからお問い合わせ下さい。

メール
 letter330@takara-sign.co.jp メール

なお迷惑メール対策のためにアドレスは随時変更しています。

この日記の掲載日から時間が経過している時は、上記のメールアドレスは廃棄されます。お問い合わせの時には、最新の日記に記載されているメールアドレスをご利用ください。







Last updated  2010年08月17日 17時45分11秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年08月22日
テーマ:洋楽(2571)
カテゴリ:┗ ★音楽★

●ザ・ビートルズ、リマスター盤100万枚を出荷

9月9日に新登場となるリマスターCDの発売が待ち遠しいザ・ビートルズだが、これは22年ぶりにザ・ビートルズの全オリジナル・アルバムがリニューアル発売されるという、歴史的な出来事と言えるもの。もはや人類の共有財産ザ・ビートルズだけに各小売店からの反響も大きく、アルバム単位の合計出荷枚数が、初回100万枚を突破することが分かった。


ネットを巡回していたら上記のウェブサイトを見つけた。解散して40年近く経過しているバンドのリマスター版が初回100万枚を突破したという。解散後に四人揃ってレコーディングしたことは一度もなく、四人揃って公の場に登場したことも一度もない。しかもメンバー4人のうち2人はすでに故人となっているにも関わらずだ。いかにその人気が凄まじかったかが分かろうというものだが、それを一番端的に示しているのがCD・レコードセールス。過去どれぐらい売れたのだろうかとその数字をちょっと調べることにしたが、調べれば調べるほどその凄さが分かってきた。

 

●List of best-selling music artists

●全世界のCD・レコード売り上げランキングTOP100を教えてください。

●洋楽ロックファンに質問です。世界中で最も売れたアーティストベスト20を教えて...

さてそのビートルズだが、2009年09月09日にリマスターCDが二種類発売になると言う。気になって日本アマゾンの価格を調べると以下の通り。3万から4万かかるが、ちなみに同種のものを英国アマゾンから購入すると2万7千円から3万1千円程度。CD版の方は日本29,000円、英国26,400円と9%程度国内版の方が高いのに対し、モノボックスは日本39,800円、英国31,000円と28%も国内版の方が高い。ちょっとぼったくりのような気がしないでもないが、それだけ高くしても売れるとの読みなのだろう。英国アマゾンは結構利用しているので、英国アマゾンから購入しようかと思ったが、国内版DVDには日本語字幕が付かないとのこと。なお奇しくも2009年09年09月は新型iPod及びiPodtouchの発表日。ひょっとしたらiTunesにビートルズが全曲登場するのではないかと思っているのは私だけではあるまい。

●ザ・ビートルズ・ボックス [Box set] [CD+DVD] [Original recording remastered]
29,020円

●ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】 [Box set] [Limited Edition]
[Original recording]
 39,800円

●The Beatles Box Set - Remastered in Stereo [Box set] [Collector's
Edition] [Original recording remastered]
£169.98(約26,400円)

●The Beatles In Mono [Box set] [Mono] [Original recording remastered]
£199.98(約31,000円強)

ちなみに英ポンドを円に換算する一番手っ取り早い方法はGoogle検索で『ポンド
円』と二つの単語を入力するだけ。その結果『1英ポンド=155.310527 円』と計算結果が表示される。

関連記事

●2007年08月16日 ★第6世代 iPodとジョン・レノン★

●2007年08月15日 ★アップルのロゴマーク★

●2007年02月07日 ★ビートルズとマッキントッシュのアップル★

●2006年12月09日 ジョン・レノン★永遠に聞けぬ白眉の名曲★

 

りぼん「当社楽天SHOP」はこちらをクリック!!
えんぴつ過去に掲載された日記の目次こちらからウィンク
カメラ過去に掲載された写真の一覧こちらから目がハート
パソコン過去に掲載された日記の検索こちらからスマイル
黄ハート 金属加工自由自在 黄ハート 金属加工でお困りの方、こちらへ !!
ピンクハート質問コーナーピンクハート(24時間以内にお答えします)スマイル

当ブログで掲載した日記・写真について、または当社販売品のオリジナルシリーズ、金属加工についてご質問のある方は、以下のメールアドレスからお問い合わせ下さい。

メール
 letter330@takara-sign.co.jp メール

なお迷惑メール対策のためにアドレスは随時変更しています。

この日記の掲載日から時間が経過している時は、上記のメールアドレスは廃棄されます。お問い合わせの時には、最新の日記に記載されているメールアドレスをご利用ください。







Last updated  2009年08月22日 11時37分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年07月21日
テーマ:私のPC生活(7011)
カテゴリ:┗ ★音楽★

携帯電話・iPodなどの携帯音楽プレーヤーでのヘッドホンはどれがいいかな?と思って探していたら、たまたま読んだ新聞記事に紹介文章が掲載されていた。

標準で付属している小型音楽プレーヤーのヘッドフォンを使用している人も多いと思うけれども、小さいとは言いながらもヘッドフォンで音質が左右されるのもこれまた事実。

ぜひ読んでみてください。 

●読売新聞 2007年7月15日(日曜日) Y&Y 4頁から引用

過去に紹介した iTunesの便利な使い方

●2007年05月20日 ★Radiolover 1.6のインストール★

●2007年05月12日 ★Radiolover 1.6のダウンロード★

●2007年05月05日 ★iTunesでのMP3録音 Radiolover 1.6★

●2006年12月17日 iTunesの便利な機能


りぼん「当社楽天SHOP」はこちらをクリック!!
えんぴつ過去に掲載された日記の目次こちらからウィンク
カメラ過去に掲載された写真の一覧こちらから目がハート
パソコン過去に掲載された日記の検索こちらからスマイル
黄ハートオリジナルシリーズ 黄ハート 2,625円から(税込み)
黄ハート 金属加工自由自在 黄ハート 金属加工でお困りの方、こちらへ !!
ピンクハート質問コーナーピンクハート(24時間以内にお答えします)スマイル

当ブログで掲載した日記・写真について、または当社販売品のオリジナルシリーズ、金属加工についてご質問のある方は、以下のメールアドレスからお問い合わせ下さい。

メール
 letter720@takara-sign.co.jp メール

なお迷惑メール対策のためにアドレスは随時変更しています。

この日記の掲載日から時間が経過している時は、上記のメールアドレスは廃棄されます。お問い合わせの時には、最新の日記に記載されているメールアドレスをご利用ください。








Last updated  2007年07月21日 11時56分59秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年02月10日
テーマ:洋楽(2571)
カテゴリ:┗ ★音楽★
 

70年代から80年代前半の英国の社会的背景を端的に捉えた傑作写真カメラだと思った。

その時代の空気を的確に表現しながら凝縮し、
刹那的な感情を見逃さなかったペニー・スミスの手腕もお見事グッド

80年代の終わりに米『ローリング・ストーン』誌ノート
80年代を代表するロックアルバムヘッドホンに選んでいる。

個人的には比類無き名盤と評価したいなスマイル


(以下全文引用)
クラッシュのギター破壊写真、最もロックな1枚に選ばれる

投稿: 2002年 01月 24日 21:57  投稿者: 執事
☆ロンドン24日ロイターYahoo!ニュース-エンターテインメント。元記事によると、

The group loved the picture so much that they used it on the cover of their
"London Calling" album.

つまり "London Calling" のジャケット・カヴァーのあの写真の事です。

英パンクバンド「ザ・クラッシュ」のポール・シムノンが、
ステージでギターを叩き壊している瞬間をとらえた1枚が、最もロックな写真に選ばれた。
英音楽誌「Q」が、音楽ライターらと世界有数の写真家18人の投票により決定した。
写真は1979年、ニューヨークで写真家ペニー・スミスが撮影したもの。
Q誌編集者は写真について、ロックが最高潮に達した瞬間をとらえた傑作である、と評した。
シムノンが破壊したギターの一部は現在、
米オハイオ州クリーブランドにあるロックの殿堂に展示されている。

ソース: ロイターヤフー!

 

2007年01月13日 ★ジャケットのカッコイイCD-その2★

2006年12月30日 ★ジャケットのカッコイイCD★







Last updated  2007年02月10日 16時32分39秒
コメント(6) | コメントを書く
2007年02月07日
カテゴリ:┗ ★音楽★

今日ははっきり言って当ブログとは全然関係の無い話し。

なんでこんな話題を取り上げるのわからん?といぶかしむ人も居るかもしれない

が、当ブログをもし仮に熱心に読んで頂いている人が居たとしたら、
理解してもらえると思うのは甘いけれど、まっ、いいか!?うっしっし

この新聞記事を最初に読んだときに浮かんだのは、
もしメンバー全員が揃っていたら歌うマイク歌は?ぽっ

Ringo Starr Yellow Submarine」ならぬRainbow Submarine」
現在よりも前のアップルのロゴマークを連想すると・・・・

George Harrison 「Don’t Bother Me」
日本語訳は『僕を悩ませないで』

Paul McCartney 「Let It Be」
日本語訳は『そのままにしておいて』または『なすがままに』

John Lennon 「Don’t Let Me Down」
日本語訳は『僕を失望させないで』

どうでしょ!?

両方のファンの人には分かって頂けるかもしれないが、
解散後37年経過しているからなあ・・・・

でも私も同時代体験は出来なかったし、
解散後に知ったわけだから・・・・・

 

関連記事下矢印

●2007年01月25日 ●表参道の散策-その1●

●2006年12月09日 ジョン・レノン★永遠に聞けぬ白眉の名曲★

●2006年09月16日 Macintoshの使用歴-その2

****************************************************** 

(以下全文引用)
ビートルズのレコード会社アップルのロゴ(左)と米パソコン大手アップルのロゴ(右)


【ニューヨーク=小山守生】ビートルズが設立した英レコード会社アップルが、リン
ゴの絵柄の商標などの使用差し止めを求めて米パソコン大手アップルを訴えた裁判
で、両社は5日、和解が成立したと発表した。

和解では、「アップル」という名前やリンゴのロゴは今後、米アップルが所有するこ
ととし、インターネットによる音楽配信サービスなどで自由に使える。英アップルは
米アップルから許諾を得て商標を使い続ける。米アップルが支払う和解金は明らかに
されていないが、米メディアによると、5000万~1億ドル(約60~120億
円)に上ると見込まれている。

両社は商標をめぐって長年争いを続け、1991年には米アップルがコンピューター
事業に限ってリンゴの商標を使うことで和解が成立した。だが、米アップルが200
3年にネット音楽配信「iチューンズ・ストア」を始めたため、英アップルが「和解
違反だ」と提訴していた。

元ビートルズのポール・マッカートニー氏らがオーナーの英アップルは現在もビート
ルズ作品の版権を管理している。米アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者
(CEO)は5日、「ビートルズを愛しており、対立はつらかった」とのコメントを
発表した。(ロゴはホームページなどから)(2007年2月6日  読売新聞)

 

 

ウィンク当社楽天SHOPはhttp://www.rakuten.co.jp/takara-sign/

 NEW ネームプレート 4,620円(税込み)!! しかも送料無料 オーケー
ネームプレートの詳細はこちら
オリジナルネームプレートを作りませんか音符
ステンレスヘアーライン真鍮ヘアーライン銅板ヘアーライン
Name plate-01Name plate-02Name plate-03
ステンレス鏡面アルミアルミ複合板
Name plate-04Name plate-05Name plate-06
オリジナルネームプレートの詳細はこちら
ピンクハート月~金街で見かけた看板の写真を元に独自の視点から解説します
黄ハート土・日パソコンとサッカー・野球に関する話題
緑ハート不定期月に3,4本の割合で「サイン業界裏話」を掲載予定
スマイル目 次『看板よもやま話』 目次はこちら






Last updated  2007年02月07日 10時10分01秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年01月13日
テーマ:洋楽(2571)
カテゴリ:┗ ★音楽★
2007-01-13-springsteen

日本人旗でこのCDジャケットDVD二人に変わる人を探すのは難しい。

というか存在しないだろうお化けと思っている。

それほどまでに、Bruce Springsteen (ブルース・スプリングスティーン)
Clarence Clemons (クラレンス・クレモンズ) の存在感は圧倒的なものがあるびっくり

このアルバムはスプリングスティーンにとって第三作目。

この成功により一躍スターダム星への階段を駆け上がる事になるのだが、
前二作は商業的賞金にはあまり成功しなかった。

が、デビュー当時からの『機関銃のように言葉を発し続けるマイク
この若者だけが持ち得た熱気炎は、このアルバムで頂点に達した。

肝心の中身は表紙以上に出色の出来、白眉そのもの音符

日本では倉木麻衣のシングル『Stand Up』のジャケットがこれに
似ているが、パロディだろうしょんぼり

 

ブルース・スプリングスティーン
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/BruceSpringsteen/index.html

Stand Up
http://www.mai-kuraki.com/discography/08sg.html

 







Last updated  2007年01月13日 16時10分56秒
コメント(6) | コメントを書く
2006年12月30日
テーマ:洋楽(2571)
カテゴリ:┗ ★音楽★

 

2006-12-30-Fairground

CDDVDは昔からジャケットがカッコイイと中身も良いし

中身が良いとジャケットもカッコイイきらきらと相場が決まっているスマイル

音楽雑誌ノートで褒めていたので興味はあったものの、
店頭でジャケットを見て即購入賞金

どこの誰かも知らなかったし、
グループなのかソロなのかも知らない。

でもこの写真、格好いいなあ星

久方ぶりに思い出したけれどひらめきいまの季節雪にはうってつけ。

写真だけで買っても損しないぞ。

フェアーグランドアトラクション
http://www.ne.jp/asahi/tom/screen-life/month1.html

映像はこちら

http://www.youtube.com/watch?v=Kwvp0oM6P9I

http://www.youtube.com/watch?v=Ye4Kp7xDc3M







Last updated  2006年12月30日 17時33分22秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年12月09日
カテゴリ:┗ ★音楽★
 John・Lennon

1977年頃・軽井沢での写真


世に名曲と呼ばれる歌は数多く存在する。

その言葉自体に形容詞が内包されていると考えていいだろう。

ちなみに手元の辞書をひもとくと
名曲とは有名な楽曲またはすぐれた楽曲」とある。

古今東西、そのすでに形容詞が内包されている名曲に対して
様々な枕詞が組み合わされてきた。

心の名曲、涙の名曲、幻の名曲、憧れの名曲、感動の名曲、
懐かしの名曲、思い出の名曲、珠玉の名曲、出色の名曲、
青春の名曲、歴史に残る名曲、永遠に語り継がれるであろう名曲など。

有名な曲である名曲に対して、さらに枕詞を必要としたのは、
すばらしい歌を創造した人に対する
称賛、尊敬、感謝の気持ちを発露したものと捉えるべきであろう。

だが本日紹介するのは、そのどの枕詞もふさわしくない名曲だ。

1980年12月8日 一人の偉大な歌手がこの世を去った。

ジョン レノン(John Lennon) 享年40歳。

5年の休眠期間を経て活動を再開した、
まさにこれからというときに凶弾に倒れてしまった。

もし生きていれば彼がそれまで創造した名曲以上の名曲が生まれた可能性は
かなり高いと考えるのは、私だけではあるまい。

だから私には聞こえるのだ。

もし生きていれば、生きてさえいてくれれば・・・・・

 

私はそれを「永遠に聞けぬ白眉の名曲」と呼んでいる。

 

 

白眉とは
http://gogen-allguide.com/ha/hakubi.html







Last updated  2006年12月09日 16時39分23秒
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.