015600 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホットケェキ☆みっくす

秋風の吹く日に

「レンドリアの、ばかーーっ!!」


秋風が吹く、穏やかな昼下がり。

ジャスティーンはとても・・・怒っていた。







 ―秋風の吹く日に―





「レンドリアのばかレンドリアのばかレンドリアのばかーっ!!」

広いお城の庭も、広い。
リーヴェルレーヴ城の庭園も、例の通り広かった。

その庭園を、明らかに怒った顔をして歩いている少女の名は、ジャスティーン。
魔力を持たないながらも炎の指輪であるレヴィローズの主だ。
・・・ちなみに、今回ジャスティーンが怒っている理由は、レヴィローズの指輪であるレンドリア。

彼が一体何をしたかというと・・・。


「レンドリアってば・・どうしてこう、考えなしなの!?草むしりを頼んだら、「我ながら完璧だぜ!」とか言って・・・どう完璧なのかと思ったら、雑草を根こそぎ燃やしてるんだから」

その上、巻き添いになって野菜まで燃えてしまっていたのだ。
それを見た瞬間、ジャスティーンの怒号が飛んだ。


「・・・っレンドリアの、ばかーっ!!」


そして、現在に至る。


                    ☆


「はぁ~・・・」

その頃、レンドリアはとても落ち込んでいた。
彼の性格からして、落ち込むという事はまずないのだが・・・今日ばかりは、落ち込んでいた。


「草だけ燃やすつもりだったのに・・・あれが野菜だなんて、誰も思わねーよ・・・」


それでも、悪いものは悪い。

悪いことをしたら・・・謝る?

でも、今のジャスティーンはとてつもなく怒っている。無闇に近付くと逆鱗に触れそうだ。

じゃあ、どうすれば・・・?


「・・・ん?」

その時。レンドリアは鼻を掠めた匂いに、とっさに反応した。
匂いのままに後ろを振り返ると・・・。


「これだっ!」

レンドリアは、嬉しそうにそれを手に取った。



                   ☆


「レンドリアのばかーっ!・・・はぁ、何か疲れちゃった・・・」

叫び続けるというのは、意外と疲れるものだ。と、ジャスティーンは改めて思った。


「・・・少しは気が晴れたし、疲れたし、お腹空いてきたし・・・もうそろそろ、帰ってもいいかな」

そう言って、お城に向かって歩き出したジャスティーンの前に。


「ジャスティーン」

「きゃあぁーーっ!!」


目の前に突然レンドリアが現れて、ジャスティーンは驚きのあまりへたり込んだ。

「レンドリアっ・・・あんた、そこまで私の事が嫌いなの!?どこまで迷惑かけたら気が・・・」
「ジャスティーン、これやるよ」

ジャスティーンが全て言い終わる前に、目の前に何かが差し出された。
それは・・・


「これって・・・」
「焼き芋、って言うんだったよな?ジャスティーン、嫌いか?」

「嫌いじゃ、ないけど・・・」


突然、どうして焼き芋?

疑問を口にする前に、レンドリアが口を開いた。


「焼き芋、まだまだあるし・・・だから、ジャスティーン・・・その、・・・まだ、怒ってるか?」

彼にしては珍しい、不安げな表情で見つめられたジャスティーンは合点がいった。

そっか、レンドリアはさっきのお詫びにって、これを・・・。


「・・・ううん。怒ってないわ」

何だか嬉しくなって、ふっと表情を柔らかくすると、レンドリアもほっとしたように笑った。



                     ☆


「そういえば、何で焼き芋なの?」

ジャスティーンは、焼き芋を片手にレンドリアに訊ねた。
・・・すると。


「あー・・燃やした野菜の方から、いい匂いがしてきてさ。何だ?って思って見てみたら、上手い具合に焼き芋が焼けてたんだ」
「ふぅん?」

「で、焼き芋見てたらジャスティーンの顔が思い浮かんだんだ。何て言うか、顔がそっくりで・・・って、え!?」

「・・・ふーん。そんな事考えてたのねー・・・全っ然、反省してないじゃない!!」


うっかり口を滑らせたレンドリアがジャスティーンの鉄拳をくらったのは、言うまでもありません・・・。










+ * + * + * + * + * + * + * + * + * + * + * + * + * +

Fairy Taleの管理人様、有果さまから、相リン記念にこれを、と頂きました。

レヴィローズの指輪のこんなに素敵な小説が貰えるなんて、細木和子も予言してなかったことでしょう。(笑

あぁ、何かお返しをしなくては行けませんかねー・・。

当然でしょう!という責任感が強いジャスティーンの声が聞こえるようです・・・。

でもとにかく、こんなに素敵な小説をありがとうございました。

ヤミはとても幸せ者です・・・・・。


up05.10.17


© Rakuten Group, Inc.