000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Natural Life

Natural Life

PR

Category

Archives

2022年08月
2022年07月
2022年06月
2022年05月
2022年04月

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Free Space

Rakuten Card

Comments

コメントに書き込みはありません。
2021年04月09日
XML
テーマ:きのこ栽培(117)
カテゴリ:なめこ栽培日記

なめこの栽培スケジュール

2月2日 0日目  なめこ菌床到着 栽培開始

2月17日 15日目 発芽確認
2月24日 22日目 成長確認

2月26日 24日目 初収穫  100g

2月28日 26日目 初回分2度目の収穫(全収穫) 80g
3月  7日 35日目 再発芽

3月16日 42日目 温度上昇で成長が鈍る

3月19日 45日目 温度上昇で成長が止まる

3月31日 47日目 リセット&栽培環境変更

4月6日   63日目 最後の収穫 150g

3月以降は気温の上昇に伴い、1か月もの間収穫できていませんね💦

よく毎日お世話したなと自分でもびっくりです泣き笑い

寒の戻りで4月1日~6日の間、たった6日間で大量に収穫できたのを考えると、秋口から栽培を始めていたら冬の間ずっと収穫できたのでしょう。ちょっと反省。

赤玉土は、最初は上部に乗せていましたが、段々土が崩れて菌床に張り付いてしまったので、これでは芽が出てこれないと判断してすべて取りました。

赤玉土の役割が乾燥を防ぎ、湿度を保つという事だと思うので、下に撒いても良いかと思います。

全て取り去ってしまうのが正解だったかどうかは分かりませんが、「容器の内側に水滴がつく」くらいの湿度を保てれば良いのだろうなと思います。

大切なのは温度と湿度。

最低気温が15度を上回ると、本当に全く何の変化もない状態が続きました。

ウェブでなめこの栽培を検索すると、プラケースなどで栽培しているのをよく見かけます。

もしプラケースだったら、密閉されて温度が上がりやすくなることも考えると、最後の収穫はできなかったかなと思いました。

我が家には北側の寒いベランダがあることと、今回はしいたけの栽培容器で通気口があり、湿度は上がるけれども日中でも温度が上がりにくいことで逆にうまく育ってくれたのかと思います。

今度は秋からもう一度チャレンジしようと思います。

なめこ栽培は、ペース的には遅いので、のんびり観察しながら楽しめる方に向いていると思います。

下矢印下矢印使用している商品はこちら下矢印下矢印



下矢印下矢印容器はしいたけ栽培で使ったものを利用しています。下矢印下矢印


きのこ栽培容器A | キノコ栽培キット専用容器 キノコ栽培 きのこ栽培 自由研究や子供の食育に!​​


旗森のきのこ倶楽部[オススメのショップ]

森のきのこ倶楽部







Last updated  2021年04月09日 10時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[なめこ栽培日記] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.