903169 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

発達障害の腸内改善

2014年10月09日
XML

 

自閉症と診断されたばかりのお子さんを持つ親御さん、ここを見たのも何かの縁です!

ドクターショッピングをひとまず止めてご一読を。

 

自閉症と遺伝子組み換え食品

 

予習としてわかりやすいとこだけ抜粋します!いいですか?お母さんお父さん^^

 

遺伝子組み換え作物がこの世に出始めた1996年以降に生まれた子供達の間で、自閉症の罹患率が急激に上昇していて、2000年で150人に1人だった罹患率が、2010年には68人に1人と罹患率がここ10年で2倍以上になっています。

 

遺伝子組み換えコーンの中には、BTという細菌が作る殺虫成分を作り出す様に遺伝子組み換えされた植物が有ります。この毒を昆虫が取り込むと消化管に穴が開き、昆虫が死んでしまいます。しかしながら、FDAや厚労省等は安全性に問題はないと言っています。

でも実際にはBT毒は人間の腸粘膜を破壊するという研究論文が、Journal of Applied Toxiologyという雑誌に載っています。その研究によれば、BT毒に被爆すると、24時間以内に人の細胞膜も破壊されるという事です。

また、腸内細菌は私たちの細胞の10倍以上の数が体内に生息していて、免疫、解毒、栄養を作り出すなどの機能を担っていますが、遺伝子組み換え食品は殺菌力が有るので、(除草剤のラウンドアップも実際に、腸内細菌の殺菌剤として特許を取っています。)腸内細菌のバランスが崩れるそうです

 

 ー中略ー

 

米国で自閉症が激増している。その数字はすでに政府が発表しているが、2年前より30%も増えている。1970年の数字と比べると147倍に上る。

この増加が ‪#遺伝子組み換え‬ 作物や小麦などの立毛乾燥にかけられるモンサント開発の農薬グリホサートの使用量と相関関係がありうることを科学者たちが指摘する。

モンサントはグリホサートは人間には安全だという。


グリホサートはシキミ酸経路の破壊を通じて植物を枯らす。シキミ酸経路は人間にはないから安全である、と。しかし、人間が腸内に持つバクテリアはシキミ酸経路を持つ。腸内バクテリアはアミノ酸を人間に提供し、これなしに人間は生きることができない。グリホサートはこの腸内バクテリアに影響を与えてしまう。

グリホサート残留している農作物を食べることで、腸の病気、セリアック病、グルテン・アレルギー、自己免疫疾患、さらには自閉症が生み出されるという。

 

ー中略ー

下記の記事の著者のNancy Swanson氏は遺伝子組み換えと米国で拡がる慢性疾患の関係を長く追っている科学者。

自閉症を生み出す原因として、グリホサート以外にも水銀やアルミニウムがある。水銀もアルミニウムも予防接種(ワクチン)に入っており、これら3つの要素は相乗的に機能するという。

 

この科学者たちはグリホサートの使用禁止を求める緊急提言を食品医薬品局(FDA)に求め、新聞に記事を送るが、メディアは彼らの主張を載せることを拒否。論争的過ぎるからという。

米国メディアが拒否するものはましてや日本のメディアは載せないだろう。彼女の別記事ではワクチンの使用規制を求める提言も行っている。

     ----------------------------------------------------------------------------------------

 

以下、海外在住ジャーナリストさんのツイートです。

 

wake up, stand up@dmburg 11 時間11時間前

MMRワクチンと自閉症に関連があることを示すデータをCDCが組織ぐるみでもみ消した件。早速「火消し」がなされたよ。元データを解析しなおして提出された論文が「撤回された」だって。10年前にデータ改ざんした張本人が自分らの行為を告発し、謝罪までしているってのに。

wake up, stand up@dmburg 11 時間11時間前

遺伝子組み換え作物が、肝臓や腎臓を壊死させたり生殖器官で癌を発症するという動物実験データ論文も不当に撤回された。ウェークフィールド論文も、でっち上げの理由で不当に撤回された。正当な理由がなくとも論文が撤回さえすれば、なかったことにできるとでも思ってる?だから信頼を失うんだよ

   -----------------------------------                

 

ため息が出てしまいますね…

遺伝子組み換え食品は国内でも、お菓子や輸入コーン、油などにすでに使われています。

未成熟な子供にとって、よくわからないものは身体に入れない。

まずは、ここから始めましょう!

 

お子さんが発達障害と診断されたばかりの親御さん、今の日本の医療に任せても専門家に言われた通り、治りません。

 

我が家は3人の発達障害診断の子供のうち、二人の子供の診断を地道なバイオメディカル支援の末、小学5年生で「知的障害から高機能自閉症へ」と「発達障害様子見から問題なし」へ覆すことができました。

真ん中は重度からいつか軽度へ??と、まだまだではありますが…

 

このたび、FaceBookグループのご家族のお子さんにも「問題なし」という診断に落ち着いたお子さんが出ました^^

 

 FBグループ/発達障害の腸内改善

 

手探りながらも、皆さんと一緒に歩んでいきましょう~
医師も数名参加されてますので、心強い限りです!

 

 

 

 

気が向きましたら、クリックお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村


 

                                                           

 







最終更新日  2015年08月15日 18時09分24秒
コメント(0) | コメントを書く
[発達障害の原因を考えてみる] カテゴリの最新記事


PR

バックナンバー

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

カテゴリ

コメント新着

テラエコロジー@ アンジオテンシン2 ACE2・アンジオテンシン2と言う重要な…
テラエコロジー@ 今晩のNHKクローズアップ現代 今晩のNHKクローズアップ現代「命奪…
のんママ@ Re[1]:D-アミノ酸と発達障害(02/11) えみちぃさんへ ありがとうございます!…
えみちぃ@ Re:D-アミノ酸と発達障害(02/11) のんママさん、皆さん 放置になってしま…
のんママ@ Re:D-アミノ酸と発達障害(02/11) キネシオロジストになりました。といって…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.