000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 経営者のための幸せになるための成功心理学・経営戦略研究会

 経営者のための幸せになるための成功心理学・経営戦略研究会

メールマガジンの登録

メールマガジンの登録
http://www.mag2.com/m/0000151411.htm (0000151411

経営者のための成功心理学・経営戦略講座 (マガジンID:0000151411)



(サンプル)

 ピンチ(試練や課題)は、自分の実力を上げるチャンスなので、プラス思考で乗り切ろう! 出来事自体には、プラスもマイナスもなく、受け止める人が、どう受け止めるかの問題である。一見、マイナスに思えることも、発想を転換すれば、プラスの出来事に換えることができる。
 
 現代は、グローバル化、IT化、規制緩和により、とても競争が激しく、変化が速く、大きい時代である。少子高齢化、地球温暖化、年金問題、ストレスの増大、治安の悪化等、これらの変化は大きなマイナス要因であるが、発想を転換すれば、これらの問題を解決する新しいビジネスが生まれるチャンスでもある。

 何か新しい事に取り組む時や、問題を解決する時に、環境が~だから、前例が無いから、業界の常識だから、当社は特殊だから、資金が足りないから、優秀な人材がいないからと、できない理由を言うのではなく、常識にとらわれず、発想を広げて、創造的に、どうしたらできるのかを、ひたすら考えよう!

 現在のように、競争の厳しい環境においては、各分野のトップクラス、オンリーワンの企業しか勝ち残ることができないが、人、物、金、時間等の経営資源は有限であるから、自社が勝てる有望な分野に集中することが大切である。

 人は、理屈(ロジック)だけでは動かない。感情がもつれてしまうと、たとえ正論であっても受け入れてもらえなくなる。相手の気持ち、立場を理解し、共感し、相手との信頼関係を作ることがとても大切である。
  
 人は、一人では生きていけない。日々、快適な生活がおくれるのも、たくさんの人達がそれぞれの仕事をしてくれているからである。あたりまえと思っていることに、あらためて感謝してみよう。そうすれば、あなたも、人から感謝される人になる。
 
 
 Copyright(c)2005 成功心理学・経営戦略研究会 All rights reserved



© Rakuten Group, Inc.