933526 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マレーシアで悠悠自適に暮らす酔っ払いマダムの日々

PR

X

全246件 (246件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >

マレーシアの外食事情

2016.10.10
XML
ゴルフハーフだけ廻ってお昼に帰ってくるサーと

お外にランチに出かけるのが、日曜日の日課。

だけど昨日は、サーがゴルフ仲間にランチに誘われ

「ごめんね~。夜はお寿司食べに連れてってあげるから~。」

との電話あり。






うふハート





かなり嬉しい目がハート

昔のブログを読み起こすと、嘘みたい。

しょっちゅう、お外にご飯連れてってもらってる。



それが今じゃあ、なんだ。

「もう(ごはん)作りたくない。」

と言うと、

「おそばでもいいから。」

と答える。

晩ごはんにおそばって寂しかないか。

でも、それでもいいから、おうちで食べたいというサー。

基本的に、家で食べるものに一切文句は言わないから

品数なんかも、そう気にしない。

でも、アイールさんは作る時はちゃんと6品くらい作る。

だからめんどくさくもなる。

んだけどね。

そんなワケで、

もう、めっきりお外ごはんなんて行かなくなってるアイールさんち。



だから、サーのお誘い

とっても嬉しぃ~かったのだ。



ただ、お化粧して、ワンピ着替えて

なんて思ってたら、サーってば、マッサージの帰りに

「まっすぐ行くぞ~。」なんて

そりゃちょっと、ヤバいでないの、とは思ったけどしょんぼり

結局、すっぴんでお寿司屋さんへGOでした~号泣



201610092248_2814_iphone.jpg

先日オープンにおじゃました、「鮨家」さん。

大人しくタッチパネルでオーダーしてみる。

201610092248_6720_iphone.jpg

秋田のお酒。「竜の涙」

201610092248_6918_iphone.jpg

タッチパネルでオーダーすると、自動的に2貫なの。

だから、板さんが気を使って

ワタシの分を握り小さくしてくれつつも

ひとっつサー、ひとっつアイール、って置くものだから

普段食べないような、自分の好み以外のもすごい食べた。

大トロだけは、サーは普通に。ワタシは炙りに。してもらったけど。

だって、ワタシのメインはこれ下矢印

201610092248_0100_iphone.jpg

アボシ星詳しくは右矢印こちら

メニューにはないので、作ってもらった。

ちょうど隣に座った、知り合いの女子にも

「食べて~~。アボシ~~。」とオススメしてきたのウィンク



たくさんいただきました。

お店も、超満員で、活気があって良い。良い。



やっぱり、たまには、「手抜き」したい。

あ。

「息抜き」だったら。

毎日なんですけどね~




にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆとりある暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村






Last updated  2016.10.10 13:47:34
コメント(0) | コメントを書く


2016.09.09
オーストラリア編はまた後日として
(って、いつも続かない旅行記泣き笑い

今日は、マレーシアンチャイニーズ友達♀とランチをしたお話し。

彼女は、北海道が好きで、

北海道でもいつもお寿司を食べているので

彼女が待ち合わせをしようといったモールの中にある

「いつも人がいっぱいの」

お寿司屋さんへ連れて行ってあげることにしました。



休日になると駐車場がいっぱいで入れないほど

人気がある「1UTAMA」というモール内の

「一郎寿司」というお寿司屋さん。

オーナーさんが一郎さんという名前でもないのに

なぜイチロー?イチローのファンなのか?

オーナーさん曰く、「そのうち、五郎にでもするさ。」

。。。あまり意味はないようです大笑い



せっかくお友達を連れていくのに

満員で入れないと困るので

念のため、予約を入れておいてもらいました。



入ってみると、カウンターの一番いい場所。

お金使わなくちゃ。という気にさせる。

でも、彼女は、いきなり

『ワタシ、サーモンのお刺身でいいわ。』

え?

それは困る。

もっと食べてもらわないと、予約した意味ないではないか。

でも、そうだよね。

カウンターで、好きなネタをオーダーしながら

ちょこちょこお寿司食べるなんて技は、

ローカルでは分からないかもしれない。

なので、結局「バラちらし」2人前ぽっ

ごめんなさい。板さんしょんぼり

IMG_4822.JPG

あ。

でも、ちょっと後ろに見えるでしょ。

他にも美味しいものいただいたんですよ。



すごいでしょ。

生筋子です。

筋子の粒の皮が柔らかい

ホント今しか食べられない、

しかも、ほとんどが北海道でしか食べられない、

貴重な一品です。

それが、マレーシアで

こんな新鮮な生筋子が食べられるなんて

マレーシアの日本食文化も、随分と進化したものです。

感動することしきりきらきら目がハートダブルハート

一緒の彼女も、メニューから選ぶことしか普段は出来ないから

「アナタと来るとこんな美味しいものが食べられるの?」

なんて嬉しいこと言ってくれる。

そうそう。

カウンターだから出来る、お寿司屋さんの楽しみ方ってある。

お寿司だけじゃなく、

そんなことも今日は教えてあげたかったから

板さん、ぐっじょぶグッド



他にも、事情があってここには書けませんが

おなかがぽんぽこリンで

いつもスタイルを気にしている彼女が
(なんたって、2015ミセス・マレーシアNO.4の実績星

「今日はヤバいショックショックショック」というほど、いただきました。



そんなにぽんぽこリンまでいただいたのに

今日は、彼女へのちょっとしたお礼もあって

最初からご馳走するつもりで

もっと賞金使う予定だったワタシが

驚いたほど、とてもリーズナブルで、

これはまた近いうち来なくちゃな。

そう思わせる、初訪問でした。



一郎寿司さん。

ごちそうさまでした。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆとりある暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村












Last updated  2016.09.09 18:18:20
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.14
マレーシア日本式焼肉のパイオニア「牛の匠」

なんだか。。。

偉そうなタイトル付けてしまいました。



そう。

1年以上ぶりではなかろうか。

サーのお店だというのに、

ご無沙汰しまくりでした。



21年マレーシアに住んでらっしゃったご夫婦が

この度、シンガポールに転勤になって しまい
(いやいや、全く しまい なんですよ。マレーシアからシンガポールってキツイ)

みんなで送別会をしたんです。

その会場が「牛の匠」でありました。




  • 牛タン厚切り.jpg


匠自慢の、厚切り牛タン。

舌の根元の方を使っているので、はむはむっとホント柔らかいです。

  • ゲタカルビ.jpg
  • ともバラ.jpg


ゲタカルビとともばら。

どちらも勿論、黒毛和牛です。

匠でも、人気の部位です。

  • A3.jpg


こちらも、匠自慢のステーキ。

こんなに立派なサシが入ってますが

シェフに訊いたら、これでA3なんだそうびっくり

これでA3なんだったら、A4もA5も、全然いらないよね。

あんまりランクが良すぎても、サシが入りすぎて

つまり脂が多すぎて、お口ン中まったりしすぎちゃいますから。



他にも、ナムル盛り合わせ、キムチ盛り合わせ、

チヂミ、わかめスープ、それから、

この方が下矢印大絶賛する

  • 450649344.jpg


ご存じない?

ないよねえ。。。

マレーシアのバドミントン選手。ゴールドメダリストです。

マレーシアじゃ国民的英雄なんですよ~~。

この方が、大好きで、遠征前には必ず食べに寄るという

匠特製フライドライスきらきら

う~ん。。。

写真撮り忘れてるし。。。失敗

まあ、とにかくどれもこれも美味しかったんです。



思い起こせば、オープンした7年前。(だったはず)

毎晩毎晩家族3人で出勤して

夜遅くまで、お店手伝っていたんでした。

当時は、本格的な日本式焼肉のお店なんかなかったし

サーの目指す店は「高級焼き肉」だったから、

なかなか最初は地元の人にも受け入れてもらえなくて

いろんな苦労しました。

毎日お店の商品食べては、味が落ちないよう

ちゃんと『おいしい』レベルで保たれるよう

あーだこーだ、改善や工夫も凝らしました。



それが今も、ちゃ~~んと維持されてる。

サービスに至っては

一席に一人必ずお店の子がついてくれて焼いてくれるスタイル

これ、オープン当時は賛否両論だったんですけどね

焼き方なんか、今じゃみんな、すっかり上手になって

安心して任せられるようになってました。



美味しかったし、嬉しかったし。

ただ仲良くしてたご夫妻が居なくなっちゃうのは寂しいけど

シンガポールはほんのお隣だし

わが家のパーティーには、お手製のフォカッチャ焼いて来てくれるって言うし

永遠のお別れではなさそうですから

みんなで元気にお別れしてきました。



「牛の匠」以来、日本式焼肉店が何軒もマレーシアにオープンしました。

でも、「牛の匠」パイオニアですから。

生みの苦しみもあったけど、

数ある焼き肉店でも、一目置かれる存在として

堂々たる老舗の風格保ってますから。

みなさんも、是非お近くにお越しの際は

足を延ばしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆとりある暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村






Last updated  2016.06.15 19:10:31
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.06
続き、と言いつつ翌日になってしまいましたが。

先日の、サーと行ったレストラン。

マレーシアでも五本の指に入る高級店。

いや。。。一位二位を争う、というべきかも。



ワタシはね、飲食業というものは

食材が新鮮だとか高級だとか、

味が繊細だとかどこにもないだとか

そんなことよりも、もっと重要なものがあると思ってます。

勿論、素材と味だけが勝負ぐーって方もいます。

いいんです。それはそれで。

でも、ワタシは、やっぱりサービス重視
きらきら



そういう意味で、ここのお店は、

ワタシのツボをついてきます。



なんと!

  • IMG_3890.JPG


ピンクハート名前入りの専用箸ピンクハート

勿論、一度や二度顔出したくらいで作ってもらえるとは思いません。

常連様用ですよね~~。

男性は濃いブルーで、女性は赤。

サーは、接待などで使ってるので、あるのも分かる。

でも、ワタシはそんなに出席率高くないと思う。

でも、ワタシの分もあった目がハート

娘の分もあるんだそうですびっくり



カウンターで、ワタシ達の横に座っていたお客様たちは

ちなみに、割り箸でした。



ふぅ~~ん。

こりゃ、かなり優越感に浸れるわ。

「あたしたち常連よ~~音符」なんてね。



こういう、痒い所に手が届くようなサービスってね

やっぱり、このお店が日本人がオーナーだってとこにあると思うんです。

マレーシアの人がオーナーだったら、

考えもつかないと思う。

イタリア人のサービスもホント、素晴らしいけど

こういうのとはちょっと違う。

友達みたいに仲良く接するイタリア式サービスと

神様みたいに崇め奉って接する日本式サービス。

もちろん、どっちも好き。

どっちも嬉しい。

だけど、マレーシアにはどっちもあまりないしょんぼり



だって、

あ。嬉しいな。って幸せな気分になれるサービスって

世界中廻ったって

美味しい食べ物探すより難しいです、多分。



あとは、お食事をワタシ好みにアレンジしてくれたら

サイコーなんだけどな。

・・・って、贅沢すぎ?

「勉強します。」って言ってくれたけど~~大笑い



  • IMG_3895.JPG
  • IMG_3896.JPG
  • IMG_3897.JPG
  • IMG_3901.JPG
  • IMG_3902.JPG
  • IMG_3903.JPG
  • IMG_3904.JPG
  • IMG_3905.JPG




美味しかったですけどね~~ダブルハート



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆとりある暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村






Last updated  2016.06.06 19:04:34
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.24
ちょっとヨーロッパ編お休みして

この辺で、アジアなお話しなど。



ちゅうかね、

中華なのよ。

いや。ギャグじゃない。

イタリア料理三昧14日間、もちろん美味しかったけど、

さすがにアジア料理も食べたいというワケ。

てか、美味しかっただけに、

嘘っぽいイタリアンなら食べたくないというのも正直なところ。



帰って来てから食べた、マレーシアンなものたち。

一挙公開かちんこ



まずまず、イタリアから帰って来て一番最初に食べたのは

いつも通い続ける庶民の飲茶。

  • IMG_3718.JPG
  • IMG_3719.JPG




それから、用事で外に出たついでに

お一人さました、カントニーズ・イーミーと、ワンタンメン・ドライ。

  • IMG_3733.JPG
  • IMG_3747.JPG


もう、この辺は、マレーシアのソウルフード。

日本のラーメンとかよりずっと好きです。



日本の、と言えば、ザンギは別ね。ザンギ。

特に、帰りのカタール航空で、「ターミナル」なんて映画見ちゃったもので。

ザンギとイクラ。食べたくなるんです。

  • IMG_3763.JPG


お友達のお店にて。



それから、サーとティン・タイ・フォン。

  • IMG_3767.JPG


ティン・タイ・フォンのくせに、小籠包は食べない我々。

右下のお豆腐のステーキ?すごい美味しかったダブルハート

厚揚げになる前のふわふわ感。

一品1300円くらいするんですが、納得。



そしてまた前出の飲茶泣き笑い

  • IMG_3777.JPG


もう~~たまには違うもん食べたいよぉ。と言ったら

何故かサーってば

  • IMG_3778.JPG


小籠包。。。大笑い

え?ここで?ですか?

まあ。せっかくのサーのご配慮ですから。

ありがたくいただきましたよ。



こんな感じで、アジア料理はやっぱり落ち着くね。

って言いながら、ああ、またボローニャで食べた

サルシチョンのパスタが食べたいね。

セビージャのアロス食べたいわ。

そうだ!チュロスも!

とか言ってる。



食ってやつは、貪欲です。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆとりある暮らしへ
にほんブログ村






Last updated  2016.05.24 14:04:47
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.20
今日のランチは、客家料理。

日本の人は、

「中華食べよ~~。」

と言ったら

エビチリ、麻婆豆腐、回鍋肉、酢豚、青椒肉絲、炒飯、拉麺、餃子、焼売、棒棒鶏、八宝菜、小籠包、油淋鶏、フカひれ?

とか?

そんな感じ?

ある意味すでに日本料理大笑い



逆に、マレーシアにはないかも、な、中華。

マレーシアで「中華食べよ~~。」

と言ったら、

福建、広東、四川、潮州、客家、台湾、香港(は、まあ、広東、だけど)

と、いろいろあって、土地柄が違うので

小籠包とエビチリは一緒に食べられない、とか、ある。



だから今日、わが家は(と言っても老夫婦ふたりデツガぽっ

中華料理の中でも、客家料理、を食べに行ったんです。

Curveというモールの中の、なんだかって名前の店泣き笑い

忘れたよ、名前。でも1軒しかないから、行けば分かる~~

目的は、ルイ茶。左矢印残念ながら、ルイ、の感じが出てこなかった。

  • IMG_1959.JPG


真ん中は、ご飯、麺、生野菜、ナシ。と選べて

ワタシたちが選んだのは、玄米のチャーハン。

周りが、ほうれん草、揚げ豆腐、インゲン、ザーサイなどなど

いわゆるベジタリアン系の細かく切ったもので

写真上の、緑のスープを、じゃばじゃばっとかけていただく。

ルイ茶、というけど、お茶ではない。

じゃばじゃばかけるスープも、あくまで野菜のスープで、お茶ではない。

もう、ただただ、緑な味~~泣き笑い

荒れ地に育つ雑草にでもなった気分大笑い



でも、どうもくせになる。

からだがスッキリする。

デトックス。そう。そんな感じ。

日本にはないのかな。

あったら女子にウケると思うんだけどな。

ダイエット、とか、デトックス、とか、アンチエイジング、とか。



だけど、わが家、どうもそんなンとは疎遠。

いや、無縁。

  • IMG_1957.JPG
  • IMG_1958.JPG


ゴーヤ炒め、温奴、までは良かったけど

  • IMG_1956.JPG


がっつり豚角煮ぐー

高菜の炒め物と煮込むのが客家風。

この高菜が旨いグッド

。。。んだけど、豚の脂とかいっぱい吸っちゃってて

絶対身体に悪い系失敗

さっきのルイ茶と、相殺。又は若干プラスってな感じかな。



そんな感じで、ワタシ的には

中華って、いつも身体に悪い気がする食べ物。

いいんだとは思うんだけど

あの脂&油で胃がやられちまうんだな。



マレーシアに、第2の人生でやってくる方々

つまり、年金生活のセカンドホームの方々?

って、マレーシアは外食が安いって、だから住みやすいって思うそうな。

でもね、身体に悪いよ、安いものはさ。

コスパ、なんて、日本の方も、最近みんな大好きな言葉みたいだけど。

ないよ、んなもの。

愛込めて、丹精込めて、手間かけて、誠実に、そうすれば高くなる。

高く売って何が悪い。

それを安く売る人がいたとしたら

売る人が、身を切ってる。

コスパ、とは呼ばない。

どちらにしても長くは続かない。



あ。話しがずれた。

ので、この辺で~~



全然情報になってないけどね~
  下矢印下矢印
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

なんで、こっちかなぁ。
  下矢印下矢印
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆとりある暮らしへ
にほんブログ村






Last updated  2016.03.21 00:35:23
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.04
実はアイールさん~~ハート

CIAO、という

マレーシア一の歴史と格式を持ったイタリアンレストランで催される

ロイヤルセランゴールゴルフクラブ、という

マレーシア一の歴史と格式を持ったゴルフクラブのイベントで

フラメンコ踊らせてもらうんです。




踊らせてもらうったってですね~

正式に、「依頼が来た」ワケでありますよ。

アイールさんも、遅々たる足取りではあるけど歩んでいるのね~ ウフダブルハート




そんなわけで、昨日は一日パートナーとの打合せ&練習。

朝早くから家を出て、ちょっと先に布地屋に

衣装用に使えそうな布地を見に行ったです。




したらば、そこに電話が入り

「これから、ステージや音響の相談をしたいから今からCIAOに来い」と

ゴルフクラブのイベント係が言う。




いやいや。いつもマレーシアってこう突然なのよ。

普通そんな突然の要求に対応できる人いないから。




だけど、運よく一日スケジュールを空けてあったアイールさん。

ステージや音響の話しってのはとても大切だからね

出来ればさっさと済ましてしまいたいので

二つ返事で了承して、スタジオで待つパートナーちゃんに電話を入れました。

パートナーちゃんも状況を瞬時に把握し、10分で支度をしてくれて

車でピックアップして、そのままCIAOに向かいました。




まずまず、CIAO到着。

CIAOは、オーナーシェフが、昔からのお友達。

すぐ出迎えてくれて、まずは。。。

と、ワイングラスワイングラスワイングラス

サービスしてくれまして大笑い

  • IMG_1403.JPG


昼ワイン。ちゅうより、朝ワインぽっ

広いテラス席では、旧正月の昼食会が催されていて

  • IMG_1402.JPG


ライオンヘッドダンスがやかましかったです。




ワタシたちが踊るステージは、そのテラス席の中央。

  • IMG_1407.JPG


大きくて立派なのだけど、どうにもこうにも石造り。

石造りでは、フラメンコは踊れませんから号泣

板を張ってもらうよう、それから、

いくら板を引いても、石の上ではいい足音が出ないので

マイクで足音をひろってもらうよう要請。

こちらの言い分は全て飲んでもらえたので

やっぱり、会って話すのが一番早かった。




それから、お席に案内してもらってランチ。

  • kako-Q2HYorJpmQxR8Rt6.jpg
  • IMG_1405.JPG


ゴルフコースを眺めながらの、思いがけない優雅なお昼。

結局ワイン、その後の練習のため3杯でぐっと我慢しましたよ。




それから、思いがけず優雅なひとときだったとはいえ

思いがけず練習の時間が減ってしまったことは否めない事実。

サーはちょうどお外ごはんの予定だったので、

もうがっつり夜までやる気でおりました。




したらば、思いがけない日に思いがけないことは続くもので

珍しく、お外ごはんに出たサーから、

「おいで。」とお呼び出し。

え~~。今日は晩ごはんは要らないくらいなんだけどな~

何と思いつつも、せっかく呼んでくれてるのだからと

練習を7時に切り上げ、大急ぎで

サーの待つレストランへと向かいました。

だって、ホントにめずらしい。普段お仕事で出た日は

ワタシを食事に誘うことなんかないのに。




実は、1カ月ほど前からワタシのお口の中は

お酢の味のごはんと生のお魚にお醤油とわさびの味が
右矢印つまりお寿司というものなんだけど。

もぐもぐすると具現化できそうなくらい欲していて

1か月、サーが接待でお寿司食べて帰ってくる度

「ひどい~~ダッシュヒドイ~ぷーこんなにワタシが食べたいって言ってるのに自分ばっかり~~号泣号泣号泣

と、言い続けたのだね。

しょーじき、札幌の人にとってお寿司というのはファーストフードで

特にありがたい食べ物でも、定期的に食べたくなるものでもなくて

ワタシが、こんなにうるさくお寿司食べたいというのはかなり珍しい。

本当は先週もお願いしてシェフに作ってもらったのに

  • kako-b3XxayM6Q1IDmDlM.jpg


サーの分も食べようかと思うくらい

全然、足りなかったの泣き笑い




そんなわけで、あんまり1か月うるさかったものだから

「さっさと食わしてまえ」と思ったんだそうです。

  • kako-6VPZxeOO88eAZTS9.jpg
  • kako-ML91XyxMPoq13TNw.jpg
  • kako-YlT8FPaj3mbP6Qky.jpg


いやいや。

美味しかった。

かなり満足だった。

またしばらくお寿司は食べなくていいと思うほど食べた。

いや。でも、またすぐ食べたい気もする。

お寿司病。

来週日本帰っていただくとしましょう。




そんなわけで、思いがけず

ランチもディナーも、普段の野菜ばっかり生活とはうってかわって

ゴージャスなお食事いただくことができました。




あ。でも、

  • 201602030328_5005_iphone.jpg


こんなに大量に作り置きしてしまったお惣菜たち

どうしましょう。。。






Last updated  2016.02.04 20:30:27
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.11
昨日は、サーの会社の元社員の結婚式でした。

最初ワタシは行く必要がなかったので

サーを送り出して、ワンコと共にゆっくり日曜の夜を過ごしていたのですが

サーが会場に着いてみると、他の社員もぞろぞろと参列していて

ワタシも行くべき?行っていい?んだったんだとか。

で、急に「おいで。」と言われ

社員が迎えに来てくれるというので

超特急10分ダッシュで準備をして、出かけてきました。




サーが出た後、押し麦のスープを少し食べていたので

食事はするつもりなかったのですが

なんだか、お料理が出てくるもの出てくるもの食指をそそり
(食指をそそる右矢印誤用法ですが、どうにもこの表現がしっくりくるもので。正しくは、食指が動く)

結局、




フルコース全て食べてしまいました大笑い




  • IMG_1191.JPG


まず、食事が始まる前。

7時集合。と書いてありますが、こんな状態でただ待たされ




食事は9時過ぎから始まるのが通例失敗

  • IMG_1192.JPG
  • IMG_1193.JPG


前菜とスープ。

前菜はだいたい魚のすり身の揚げたり蒸したりしたものが多いかな。

上の卵焼きは、みんなで「オムライスだ~~。」と笑っていたけど

ローホンツァイ、という野菜炒めが入ってました。

スープは、松茸と干しサザエとチキンの長時間炊いたもの。




はい。なんせ皆さん会場入りしてから2時間待たされてますんで号泣

前菜なんかは、どのテーブルも

激しい勢いでがつがつ食べあさる感じ大笑い




続いて、子豚の丸焼きびっくり

  • IMG_1194.JPG
  • IMG_1195.JPG


生後3か月ほどの、まだお母さんのミルクしか飲んでいない子豚。

いわゆる家畜のエサを食べていないので、変な臭みがなく人気のメニュー。

皮がパリパリで、北京ダックのように、皮を食べます。

ん~だけど、ワタシは、脂っこすぎて苦手なので身を食べてますけど。

身を食べる人は、ちょっと??って目で見られるのは確か泣き笑い




  • IMG_1196.JPG


さっきの子豚と同じくらいのサイズの巨大ガルッパ(はた)の蒸し物。

で、思い出したら、全然新郎新婦の写真がなかったので

  • IMG_1197.JPG


ケーキ入刀のシーンをダブルハート

この花嫁さんが、サーの元社員なのですが

ワタシは知らない子だったの。

でも、辞めた子なのに、社長以下部長クラスの社員もみんな駆け付けたくらいですから

利発そうで、とても感じのいい娘さんでした。




そして食事は続く~うっしっし

  • IMG_1198.JPG
  • IMG_1200.JPG


エビと野菜の塩炒めと、乞食鶏?

エビもすっごく大きくてぷりぷりで(いや、近頃ぷりぷりは逆に添加物で危険なのだが)

鶏も、やっぱりさっきの子豚の胴体くらい大きくて

ほろっほろに蒸されていて、中に詰められた漢方がまたほんのりといい香りで

この辺りはもうお腹がいっぱいでほとんど入らなかったのだけど

食べ物にうるさいサーも、美味しいね。って満足げでした。

  • IMG_1201.JPG
  • IMG_1202.JPG


鶏の周りには、一緒に蒸されたアワビがごろごろ。

苦手なので、写真だけ撮ってサーにあげちゃったけどね。

  • IMG_1203.JPG


そして〆は、巨大ローマイカイ(糯米鶏)??

いわゆる中華おこわ、なんですが。

さっきの乞食鶏くらいの巨大さ。つまり子豚の胴体サイズ目

ここまできて、みんなもう苦しくて、ほとんどおみやにしてもらってるのに

なぜか、このおこわ、みんなおかわりしてた。

そういうワタシも、おかわりしてた大笑い

ここのローマイカイが特別美味しいのか、ローマイカイって癖になるのか

その辺は不明だけど、とにかく美味しかった。

かなり太る危険な食べ物なのに。。。ショック

最後はお汁粉と名前の分からない中華風デザートだったのですけど

ちょっと席を外している間にみんな食べちゃったので写真ナシ。




サーの社員たちは、みんな気のいい人たちばかりなので

ワタシは社長夫人というより、世話の焼けるおばさん状態で泣き笑い

おしゃべりしながら、ワインもどんどん進んじゃって~~。

一人と二匹で静かに過ごす予定だった日曜の夜。

思いがけず、楽しんじゃいました。




思いがけずおいてけぼりをくって、機嫌の悪かった二匹にもおみやげ。

子豚の頭。

  • IMG_1204.JPG
  • IMG_1205.JPG
  • IMG_1210.JPG


若い小娘は、かつて狼だった時代を思い出したのか(ないないバイバイ

野性化してしまい

手を出すと、激しく唸りながら噛みつこうとするの!

ああ。怖かった。

オババは、というと

  • IMG_1206.JPG
  • IMG_1207.JPG
  • IMG_1208.JPG





歯がないものですから~~大笑い

必死に齧りつこうとしていましたが

結局、野性化した小娘に横取りされてしまいましたとさ。







Last updated  2016.01.12 16:24:56
コメント(2) | コメントを書く
2016.01.05
臨時収入!

。。。といっていいのかしら、なんですが。




しまい忘れていたお金が出てきた~~賞金




いったいいつからここにあったのだろう。

と、思うほど全く記憶にないんですけどびっくり




でも、嬉しい~

自分のお金だけど、なんだか宝くじでも当たった気分音符




そんなわけで、




サーをランチにお誘いした。

「何食べたい?」

ママのおごりやで~~オーケー

「タイ料理」

大笑い大笑い大笑い

タイから帰ってきたばっかりでしょって。




  • kako-YhmIN0FwkrOr8Fb3.jpg


ご存じトムヤむクぅ~ん。

あれ?プーケットで食べたより美味しくないか?

  • kako-rM3rCK4sP3n2CEj1.jpg


こちらは、パパイヤサラダ。

これもプーケットで食べてきたばっかり。

でも、んんん。。。んまいぞ。




で、サーが食べたかった

  • kako-tlWq6t0jGUYHjeTX.jpg


お魚の姿揚げの甘酢あんかけ。

結構怖い顔なんだけど、よく見えない~

こっちから撮ってみるか~

  • kako-KgOAKewF7DLnJgR2.jpg


これも美味しかったきらきら

と、いうか、マレーシアでする食事というのは

エビは殻付き、チキンは骨付き、魚は姿まんまといった感じで

もちろん、それは一番美味しい食べ方なのだけど

めんどくさいじゃん、って思う方が大きかった。

のだけど、なんだか、この上向き矢印お魚。

ちなみに、ガルッパという、ハタ科のお魚なんですが

丸ごと姿のまま、ではあるのだけど、カットの仕方が工夫されていて

すごく食べやすかったことに驚いた。

マレーシアもしかして進化してる?




実はこれも、プーケットで食べたの。

だけど、既に小さく一切れづつにされた状態のもののあんかけだったので

ワタシ的には食べやすいことこの上なく、だったのだけど

サー曰く、ボリゥームというか、ゴージャス感に乏しく

だから今日この、丸まんま~~のお魚が食べたかったらしいのだね。




まあ、とにかく美味しかった。

美味しかった。

Absolute Thaiどこのブランチも外れないです。

忙しいサーを呼び出してしまってワタワタだったけど

忘れ去られていたへそくりさんにご馳走になっちゃって

思いがけず、楽しいランチでしたとさ。






Last updated  2016.01.17 21:53:45
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.04
プーケットから帰ってきて


今日から、なんとなく普通の日常生活。


庭の木々たちも相変わらず。


  • IMG_1093.JPG



え?プーケットと全然風景変わってない?


そうそう。いつも、ココは夏休みみたいだから好きハート


でも、あっちは非日常。


こっちはやっぱり、日常なのだ。





タイ料理って、サーもワタシも好きだから


もちろん、しっかり堪能したのだけど


それでも、マレーシアに戻ってくると


母国語。ならぬ、母国食?


いえ、ワタシたちにとっては、第2母国食?


なんだか訳わかんないけど


マレーシアの食事が恋しくなったりいます。


そこで、いつもの飲茶。


  • IMG_1089.JPG



この写真、いつも過ぎる気もするけど大笑い、ちゃんと今回のやつ。


いつも過ぎてつまらないけど、実は他にもこんなに種類がある。


  • IMG_1091.JPG



普通に人が思い描く飲茶(こんなん下向き矢印)って、蒸し物カテゴリー。


  • IMG_0446.JPG



こちらは、揚げ&焼きカテゴリー。


その中から、適当にトレイに乗せて、お席に運んでくれる。


  • IMG_1090.JPG



こんな感じで。


で、好きなもの選ぶんだけど


うちは、いっつもこうな訳失敗


  • IMG_1089.JPG



餃子、春巻き、エビの湯葉巻き揚げ、大根餅、などなど


食べたいものはあるのだけど


サーが好かんので、いつもこうなるしょんぼり


  • IMG_1089.JPG



「好きなもの食べなさい。」ってもちろん言ってくれるけど


一緒にいる人が好かない食べ物を食べるのは


やっぱり、ちょっと寂しかったりするでね。


頼みません。





まあ。それでも、何を食べても美味しい。


2人でお腹いっぱい食べて、約1300円くらい?


う~~ん。マレーシアもかなり物価が上がってるなあと思うけど


まあまあ、相場かな。


上を見るとキリがなくて、下を見てもキリがないので。


そこがマレーシアの食事情の面白さ。





ごちそうさまでした~~








Last updated  2016.01.04 14:12:16
コメント(0) | コメントを書く

全246件 (246件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >


© Rakuten Group, Inc.