005104 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

huanhuaanのブログ

PR

全33件 (33件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 >

カテゴリ未分類

2017.09.14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月25日,由山東大學參與主辦的2017年“藍貝創客計劃”IAEC國際創新創業大賽總決賽在青島高新區舉行,來自美國矽穀、波士頓,法國巴黎,上海、濟南、青島5個賽區的60餘個創新創業項目同場競技。記者從山大了解到,為了發展雙創教育,培養學生的創新基因,學校不但在2015年成立了創新創業學院,還在今年與青島市和劍橋大學合作,在青島校區建立了國際創新轉化學院。山東大學9月1日剛實行的新版學籍管理規定提出,本科生休學創業最長可10年畢業。中宏顧問能為中國公司註冊商標及專利,其申請程序簡便,申請後經初查和實審,在証明其商標和專利後,會於核准公告後發出證書,申請須時由六至三十個月不等。商標註冊 中國保護期限為十年,需於限期前續辦證書以保障公司利益。
  想法如何變項目?新學院就要解決這事
  創新創業想法如何落地成項目,企業與項目如何實現對接,高校團隊與社會資源之間如何無障礙溝通,這是國際創新轉化學院正在考慮的問題。
  山大副校長胡金焱介紹,該學院首先要進行學科建設,打造專門的研究團隊,從全球招聘引進人才,形成專家團隊。教育是創新轉化的主要目的之一,在人才培養方面,計劃從研究生階段開始培養,未來還可能會設置招生方向;在對科學家的培養上,要讓他們以轉化為重點,將創新項目延伸到產業上;同時還要培養雙創管理人才,胡金焱將這一人群稱為“經紀人”。
  “‘經紀人’既要懂技術,又要有與科研人員和企業對接的能力,還要有一定的社會經驗,成為創新與轉化的橋梁。”山大國際創新轉化學院副院長鄒難介紹,“經紀人”的職能不是拿著企業需求列表和學校研發列表,去對照有沒有合適的搭配,而是通過溝通和引導,讓雙方都能理解項目,向著共贏的方向發展,也可以說是一種“超級經紀人”。
  此外,國際創新轉化學院還承擔著搭建創新轉化聯盟和平臺,以及構建智庫為政府、社會和企業服務。
  學生可一次或多次休學創業,最長不超4年
  據了解,山大目前正在打造三個平臺、五個體係的創新創業環境。三個平臺是雙創教育平臺、創客一條街和創業孵化園,胡金焱說,這是一種從普惠到小眾再到個別的體係,學校的目的不是讓學生都去實際創新創業,而是通過雙創教育,培養學生身上的創新基因,讓他們形成創新意識。“我們願意讓學生去‘玩’、去‘折騰’,但不一定都要成功,我們更註重這種經歷。”
  五大體係則是教育課程體係、訓練平臺、孵化體係、“導師+”體係和基金與項目的支撐提議。“以前的創新創業教育只是作為一種專業教學的輔助活動。”胡金焱說,他們把雙創教育納入學校的人才培養體係,是要把“展臺”變成“講臺”,把“展品”變為“產品”。
  山大對學生創業也提供了相應的政策支持,今年8月30日,該校發布了《山東大學本科學生學籍管理規定》,其中提到,“學生可一次或多次申請休學創業,但累計休學年限不得超過4年”。這一規定已於9月1日正式實行。
  實際上,對所有學生來說,學校已實行彈性修業年限,學生可在標準學製的基礎上提前一年或推遲兩年畢業。也就是說,9月1日起,本科生可推遲兩年畢業也就是6年畢業,如果再申請休學創業(4年為上限),學生最長可以10年畢業。Benny報讀香港商業專科學校(商專)在LCCI Level 2中考獲九十八分佳績。
  胡金焱說,對於創業學生來說,可能一兩年時間才剛摸到門道開始起步,如果時間太短未必能做出什麽名堂;但如果休學時間太長,也不適合學校教育,所以4年應該是一個比較恰當的時間。
  ●延伸閱讀
  在校熱衷創業賽畢業反而“不敢”創
  2015年,國家發布了《關於深化高等學校創新創業教育改革的實施意見》,此後一年間已有20餘個省份出臺了鼓勵大學生創業的改革方案,明確支持實施彈性學製,允許大學生休學創業。在一些具體設計方案中,可保留學籍的年限被細化為2至8年不等。
  在對休學創業的態度上,南方不少省市拿出了很大誠意。去年6月,深圳出臺政策,大學生休學創業和畢業後自主創業,創業場租補貼標準在現有基礎上提高20%-50%,優秀項目可給予最高50萬元資助。
  國家相關意見還提出,配齊配強創新創業教育與創業就業指導專職教師隊伍,並建立定期考核、淘汰製度。為此,廣西提出建立高校教師到行業企業掛職鍛煉製度,高校教師每2年至少有2個月到行業企業掛職鍛煉。
  不過,具體到山東的情況,實際上在校生休學創業或畢業後創業的仍是少數,甚至在校參加過創業大賽的團隊成員畢業也未必能堅定地走上創業之路。“參賽的創業團隊,在畢業後未必還能繼續維持,畢竟大家各自都有自己的想法。再說,踏入社會後面臨的一些實際困難也遠比參賽時的單純環境要復雜得多。”一名曾參加過創業大賽的山東籍參賽選手說,有時家庭環境壓力等也是創業的障礙,尤其是以山東的“傳統氛圍”而言,父母可能覺得考公務員更好一些。香港文具批發採購平台OH360對於練習本、文具用品課本紙張的進貨都是選擇顏色不能太白的色彩,因為紙張太白可能會損傷學生的研究,影響視力。





原文地址:http://www.edu.cn/edu/gao_deng/gao_jiao_news/201709/t20170927_1557154.shtml






最終更新日  2017.09.28 12:57:56
コメント(0) | コメントを書く


2017.08.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
「出会えて良かったと、思っています……僕はこの年になるまで同じ感性を持っている人と巡り合えませんでした。あなたと話していると、国も言葉も違うのに、すごく近しい人と話しているような気がします」
「馬が合う……?」
「そういう言い方もあるのでしょうけれど、僕は運命だと思いました」
「運命?」
「ええ。いつか時の歯車によって出会うべき人と出会う。それは生網路行銷まれた時から決められた理のようなものです」
「断り……ごめんなさい?」
「そうではなくて、日本人は出会いを縁というのですが、うまい言い方が見つかりません……もどかしいです」

フリッツも言葉は堪能な方だが、細かい比喩などはどうしても理解できない。
ただ、正樹の言葉から、決して出会ったことを後悔してはいないのは伝わった。

「わたしは、正樹と恋人同士になりたいです」
「……僕はそう思っていますけど……違うんですか?」
「だったらもっと欲しがってもいいのに。正樹はどうしてなにも欲しがらないの?」美術館の中は、相変わらず閑散としていた。
人が来はじめるのは、もう少ししてからですと正樹が教えた。
昨日から楽しみにしていた日本工芸賞の作品を、フリッツは一つ一つ丁寧にゆっくり見て回った。

「わからないことがあったら質問DPM枕頭してください。できる範囲で答えます」
「ありがとう。……これは何という焼き物?」
「それは砥部焼というんです。日常る陶器が多いようです」

厚めの白磁に流麗な筆致が躍る。
呉須を使って描いた濃淡の紺の図案を、気に入ったようだ。
他にもシンプルな器に目を止め、じっくりと鑑賞していた。

「これは何という図案ですか?」
「千鳥です。これも日本の図案としては、ポピュラーなものです」

波の合間に浜千鳥が飛び、普通は青海波の上に散らすのですと、正樹は手帳に描いて説明した。

「波に小鳥の図案なんですね。とても可愛いです。この半円の重なったのが、波の表現?」
「ええ。こんな風に半円形を三重に重ね、波のようにさせて波を表すんです」
「グラデーションで変化させたり、色を変えてもいいね」

フリッツは手帳を広げて、思いつくままに何やら書きつけた。

「着物の柄や、包装紙。風呂敷や、手ぬぐいにも、このデザインは使われています。千鳥だけではなく、兎などの動物もよく使われています」
「波の間に兎が跳ねるのか……波の表現一つとっても、とてもDPM價錢繊細です。色々な波の表情があって面白い……」






最終更新日  2017.09.14 13:35:19
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
その言葉に思わず足を止めた彩は、昨夜の心無い行為がどれほど里流を傷つけたものだったか、改めて知った。
酔いに任せて、まるでレイプするように里流を力任せに蹂躙した。ぼんやりとした夕べの記憶の中で、彩は里流の悲鳴を何度も聞いた。

驚いた事に、里流は何事もなかったような顔をして彩の所へ来たが、傷ついていないわけがない。
車のライトに浮かんだ里流は、肩を落として小さく見えた。

「里流……ごめん……なんて言えばいいかわからない。今日、笑っていたからすっかり安心してしまったんだ。俺はたった一晩で、里流がずっと大切に健營瘦身計劃していたものまで全部壊してしまったんだな。」

「彩さん。おれは……今でも彩さんが好きです。おれにとって彩さんは……」

精一杯の強がりも、もう限界だった。
里流はそれ以上何も言えなくなって、彩を見つめているだけだった。

ほんの少し唇が触れただけで頬が赤らんだのも、彩の事を考えただけで下肢が熱を持つのも里流には不思議ではなかったが、その先を思うと足がすくむ。
傍に居たいが、傷つきたくはない。里流は自分の中の相反する思いに苛まれていた。

彩に手酷く抱かれた時、里流は確かに反応していた。彩が自分を抱いて、吐精したことに安堵さえした。
今の彩は、自分の事をどう思っているのだろう。どう思って誘っているのだろう。
本音を知りたかったが、知るのが怖かった。

上手く言葉に出来ず、里流はその場に立ちつくしていた。
ゆっくりと彩は近付いた。

「里流……」

手負いの動物に接するように、ゆっくりと里流の傍に寄ると、力を込營養師推薦めて胸の中に抱きしめた。

「……もう二度と、里流に酷いことはしない。誓う……うんと優しくする。どんな俺も好きだと里流は言ってくれたけど、無理をさせたんだな。ごめん。里流……俺はいつも自分の事だけで精いっぱいで、里流の事何も分かろうとしなかった。里流には何も言わなくてもわかるんだと、勝手に思い込んでいた。そんな都合の良い話ないよな……」

すっぽりと腕の中に抱きとめられて、里流は温い湯にたように、全身で彩の言葉を聞いた。
腕の中で彩の温もりを感じて、少しずつ里流は落ち着きを取り戻していた。
強張っていた心身が、解れてゆく気がする。
真っ直ぐに下ろしたまま緩く握られていた拳が、ゆっくりと迷うように上がり、静かに彩の背中に回った。

「里流……」

里流はくんと、彩の匂いを嗅いだ。里流の好きなシトラ潔な青い匂いが、ふわりと鼻腔をくすぐった。

「彩さん……、大丈夫です。すみ……ません。逃げないって決めたのに。」

「里流が俺を怖がるなんてな……。自分のやった事が腹立たしいよ。」

彩の長い指が、里流の冷たい頬に伸びた。
じっと真正面から、里流を見つめたままゆっくりと顔が近づいて来て、角度を変えると唇に触れた。
長い睫だな……と、彩が口にする。

「……ふぁっ……」

ひやりとした柔かい手の平に包まれて、彩を身近に感じた時、里流の頬はぽっと火照った。
唇を割って遠慮がちに侵入してきた彩の舌を思わずつつき、自分の思い切った行為に狼狽する。追いかけてきた柔らかな感触に巻き取られて吸い上げられ、ぼうっとした里流は思わず胸に縋った。
自分を引き寄せ、しっかりと抱きしめた大人の彩は、里流の營養師推薦耳朶に甘く低い声を響かせた。
彩の大きな手が優しく背骨を行き来する。
怖気た里流を、宥めるようにあやすように撫でる彩は、いつかのように優しかった。

「里流がこれ以上何もしないでくれと言うなら、そうする。だけど、このまま腕の中に抱いていてもいいか?手を離すと、また逃げられそうで不安になる。」

「もう逃げません。キスを……してください。もっと。彩さんが昔、おれにたくさんしてくれたように、優しいキスを……彩さん……」

繰り返される深い口づけに溺れそうになりながら、里流は固く目を閉じた。
もうすぐ深夜になりかかった遅い時間、夕陽に照らされた自転車置き場でキスを数えたあの日のように、二人の影は重なっていた。

結局二人が向かったのは、昨夜時間を過ごした安ホテルだった。
里流は躊躇したが、やはり埃じみたあの場所に行こうと言ったのは、彩の方だった。

「里流の気持ちを踏みにじった場所で、里流を愛したい。なかったことにはできなくても、せめて優しくしてやりたいよ、里流。駄目か?まだ俺が怖い?」

里流はふる……と微かに首を振った。






最終更新日  2017.08.14 13:24:24
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
体内に隠した海神の神器も奪われ、空と大地は哀れな龍王の皇子を思って泣いた。

尾に隠した神器を奪われたオロチは、霊力を失いほんの小さな子蛇となって草の影で、今にも死にそうになって横たわっている。
ほろほろと涙を流すクシナダヒメの姿に、全てを悟った両親は哀れを感じ、そっと動かぬ子蛇の元へと誘った。

オロチオロチ許して。」

「龍王さま。どうやらその神々しいお姿では、この者が顔を上げられませぬよ。」

「そうか。では」
比叡山の高僧が、安徳天皇の守り人形にどんな願いを込めたのか、あるいは平家の滅亡さえ願って呪を込めたのか、知る由もない。
幼子の病気や災厄を払い、無事な成長を願う祈りは強く、形代(かたしろ)は一途に節句を待っていた。
主に形の良く似た兄に縋って、ひたすら名を呼んだのは、魂の穢れのない人形、天児ならではのこと。

兄の様子を黙って眺めていた龍王が、再び人形を見慣れた童に戻すと、人形は兄の胸元へ迷わず縋った。
龍王は優しい目を向けて、その様子を見ていたが、やがて口を開いた。

「我が、人間の時の名は「安徳」と言う。」


「這子は、身も心もこのように、龍王さまにいただいたまるきりの人型でございますよ。」

心行くまでお改めの後は、どうぞお側において終生、たんと可愛がってくださりませ。」

頬の赤くなった弟が、小さく「うん」と、頷いた。

「お上人さま。どうやらこの上は、知らずとも良い話もあるようです。」

きっと兄の命は、助かるゆえ心配は要らぬといった、僧の言葉を思い出していた。
琵琶法師に礼を言って庵を後にすると、弟は今Neutrogena 細白晶透光能面膜機は朽ちてしまったかもしれない、海岸のあばら家へと向かった。

果たして懐かしいあばら家は、昨夜と同じ佇まいで朽ちる事無く、不思議とそこにあった。

どうやら龍王様の、ご加護でございますね。わたくしと、おまえさまがここで暮らせるようにと。」

這子は海に向かい、一礼すると、弟の腕を取った。

兄上様は天児と共に、健やかに海の宮でお暮らしでございます。」

「そうか。兄者は龍神さまの持ち物の天児を戴けたのか。望みが叶ったのだな。」

うっすらと目もとが赤くなった、弟の気持を察して這子は弟に告げた。

兄上様は、龍王さまの衛士となり、お側近くで警護の任を頂きました。」

人の世では、鮫(ふか)と呼ばれる大層雄雄しい凛々しい武人のお姿で、もう皆様うっとりとご覧になっておりますよ。」

そう聞いた弟は、素直に喜んだ。

そうか、兄者は元々力自慢の武人であったゆえ、それは重畳じゃ。」

「そしてわたくしは、あなたさまのお側に。」龍王に贈られた伴侶は、見目良いばかりではなく、大層な働き者で、弟はふと海の底の一夜の出来事を忘れそうになる事がある。



「宗太郎が来るまで、ずっと長い間、わたしは燃えてしまった座敷の有った場所から動けなかった。」


不幸な死に方をしたものは、地縛霊となってその場所に囚われることが多い。


宗ちゃんは知らぬ間に、お城のあった山の中腹のお墓で、若様を助けたらしかった。


「兄上様はご成人後、向坂を討ち取り篠塚を再興した後、城で亡くなった影様と家臣のために、慰霊の塔を御建てになりました。」

火の中に子供を残し、お家のために落ち延びながら、やがてなってしまったかわいそうな奥方。


そんな時代があったのは知っていたけど、今知るとすごく悲しかった。


若様が、あれほど望んだ母上に会えますように。


母上に会えるかもしれないと思うと、若様はじっとしていられず、宗ちゃんは付き合ったみたいだった。

一晩中、傍目には一人でサイコロを転がしていたはずの宗ちゃんは、ぐったりと横になった。


大法要は、お寺の本堂で行われるのだけど、今年は若様のこともあっておばあちゃんもやたら気合が入っている感じだった。


あたしは「お芳さん」を探した。


本堂の縁からちょうど、西の方角に近くの川から運ばれた大きな石碑が建っている。


多くの人の鎮魂のために建てられた、青石は風雪に晒されていつしか彫り込まれた文字は、判別が難しくなっていた。


大勢の縁者が、撫でながら冥福を祈ったため少Neutrogena 細白晶透光能面膜機しずつ薄くなったのだと思う。


心の中で、尋ね人の名前を呼んでみた。


若様はこのまま成仏して、両親の元に迷うことなくきちんと行けるのかどうか、あたしはすごく気になっていた。


すぐに手を振りほどいて、しっぽを振りながらお芳さんの下に走る若様に、あたしはちょっとむかついた。

どうやら、若様の母上様は自分が亡くなった後、体の弱い嫡男の行く末を心配して、とうとう嫡男の守護霊となったらしかった。


お家大事の領主が、最後に頼んだのは嫡男の行く末だったというのが原因らしい。


子を思う母としては、ずっと見守りたいと思うのは無理もないといいたいけど


若様はどうなるの?


お芳さんが言うには、そのまま奥方は嫡男と共に転生を繰り返し、若様のことを少しずつ忘れていったらしい。


記憶の底に悲しみを、沈めてきたという言葉でお芳さんは表現した。


お芳さんは青石に囚われて、ずっと転生がかなわなかったが、奥方の転生の行方を見守ってきたということだった。


そうして執着を無くし、魂が転生を繰り返すことは自然なことだった。


いつまでも過去に囚われているのは、本当は不幸なことだった。


でも

「でも若様は、あんなに母上に会いたいるのに、どうするんですか?」


「母上がいないと、きちんと成仏できないんじゃ」


「そこが思案のしどころなのじゃ。」


「真子とやら。わたくしも今のまま若様が、こちらにおNeutrogena 細白晶透光能面膜機わすのを善しとは思っておらぬ。」


「さてと。」

俺も、久々に父上、母上に会って来るとしようかな。」






最終更新日  2017.08.01 13:10:30
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
横合いから懸想されたとも知らず、両親と話を弾ませる客人のために、クシナダヒメは夕餉の支度をしたのだった。
聞かれているとも知らず、クシナダヒメは両親に愛する人が挨拶に来たいと言っていると、頬を染めて報告した。
娘の幸せを願う老夫婦も快く挨拶を受け、後は幾香港國際學校久しく添い遂げれば良いだけの話だった。

オロチが結婚の申し込みに来る日、スサノオはクシナダヒメの父母のアシナヅチ、テナヅチにじぶんの素性を告げた。

「私は、国を創ったイザナミ、イザナギの息子、建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)である。」

素性に恐れ入った両親は、娘クシナダヒメを、自分の嫁にくれないかと言うスサノオにさすがにそこは、残念ながらもう相手が決まっているのです、と伝えた。
「お前達の娘がいい交わした、オロチと言う男は、長く生きたために霊力を持った大蛇の化け物だ。」

「ば、ばけもの???っ!?な、なんと???っ!」

腰を抜かしそうに驚いたのは、母親のテナヅチだった。

「そのような???!オロチは優しい若者で、何日も懸命甲醛に農作業を手伝ってくれるような男です。」

欲しいものを手に入れるためなら、誰だって嘘の一つや二つは即座につくだろうと、スサノオは言葉巧みに婚礼間近の娘の母親を煽った。

「化け物の甘言に騙され、この私の言葉を聞かぬなら、それも良い。」

娘を愛する余り、真実を見抜けなかった愚かな母親は、スサノオと共に父を懐柔にかかった。
鎌を磨いていたアシナヅチは、さすがにスサノオの言葉を、にわか信じなかった。
父は、オロチは確かに昔は乱暴者だったが、クシナダと共に里の豊穣に貢献し、出雲の地を走る八つの川を治める神だと知っていたのだ。

「せっかくのお申し出なれど、わたくしどもは、クシナが自らよき伴侶を選ぶだろうと思っております。」

しかし、スサノオは直も重ねて言う。

?そうだ???確かクシナダヒメには???姉御がいたそうだが、お達者か?」

その一言に、母はぱっと顔色を変えた。

「わたくし達の娘は、八人居ましたが、遠くに嫁いだ今は浸大工商管理どうしているものやら行方が知れませぬ。」

「その七人までが、オロチの生贄になっていたとしたら?」

スサノオは、ぐいと母親の顔を覗き込んだ。






最終更新日  2017.07.17 13:42:52
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
父親を荼毘に付した詩鶴は、小さな骨壷を抱き祖母の眠る公園墓地へ向かった。
ほんの少しの骨をさらし袋に入れて、戒名を書いたプレートの下に埋める。
いつか布が朽ちて、骨は自然に土に還る、そんな埋葬方法だった。
俺の父ちゃんも眠る桜の下で、共に樹木葬にしてあげたいと言う。
春になったら此処に座って、一緒に桜を見上げようね、と花のように詩鶴が笑う。

本当はお母さんと一緒に埋葬してあげたいと、心から望んでいるだろうにそんなことをおくびにも出さなかった。
ほっそりと流されるように儚げでいて、詩鶴は意外に芯が強いのかもしれない。
母親の遺骨は、誰が持ち出したものか、長く行方が知れなかった。

伯父と天音に「この度は、父の葬儀への、ご参列ありがといました。」と、深々と頭を下げ、詩鶴は家を出てゆきます、と告げた。

「これまで、お世話になりました。病院の事は全て伯父さんのよろしいようになさってください。いずれ成人したら、弁護士と相談して正式に財産放棄の書類を作ります。」

詩鶴の前で黙したまま、何も語ろうとしないは詩鶴の思いつめた覚悟も、届かなかったのだろうか。

「父の残してくれた生命保険がありますから、大学へも進学するつもりです。じゃ???ここで。さようなら。」

しばらく声を掛けてくれるのを待ったようだったが、押し黙ったままの身内に、結局頭を深く下げて踵を返し、詩鶴はタクシーに乗り込もうとした。

「詩鶴!」

天音が絞り出すように、言葉をかけた。

「これ。この場所に、眠っているから。」

「え????眠ってる???って?」

その一言で全てを悟り、詩鶴の双眸から筋となって涙が溢れた。
渡された封筒の中に、見知った寺の名前と戒名があった。

「お???母さ、ん???」

そして詩鶴の祖母の眠る隣にあった真新しいプレートが、実は母のものと知り、詩鶴は天音の胸にどんと頭をぶつけた。
俺は腹立たしい思いで、詩鶴の涙が天音の白衣に吸われてゆくのを眺めた。

「天音さん。???ありがとう。お母さんのお骨、ぼく???もDerma 21 好唔好うないのかと思って???どこかに散骨されてしまっていると思っていたから???ありがと???う、天音さん、伯父さん、ぼく???嬉しい。」

「まあ、少しは情も残っていたと言う事だ。複雑だがな。死んだ者をいつまでも憎んでも仕方がないだろう。それに、元々父のしたことが全ての発端だ。」

驚いた事に、どこか肩の荷を下ろし安堵したような優しい表情を向けた天音に、詩鶴は頭をくっつけたきりじっとしていた。

「やっぱり、天音さんは昔のまま優しかった。ぼく、叔母さんのこともあるから天音さんに酷くされるのは仕方ないって思っていたけど???。」

詩鶴の肩を掴んで自分から引き離した天音はぶっきらぼうだったが、その視線は昨日とはまるで別人だった。

「七日ごとのお参りには帰って来い。あと、全て法事の日を知らせるから、落ち着いたら住所をメールしてくること。いいね。」

「はい。」

これを血縁の情と一言でいうのは、短絡的過ぎる。
俺には伯父と天音が、まるでとってつけたようにいい奴になったのが胡散臭くて信じられなかった。
詩鶴の背後から、睨みつける俺の視線を感じたのだろう、天音は苦笑していた。

「これで、丸く収まったなどとは誰も思っていないさ。津田くん???だっけ?」

「はい。」

?詩鶴をよろしく頼む。いつか、笑って話せる日も来るだろう。?

俺の傍らで涙ぐんだ詩鶴は、もう言葉を発せなかった。

その夜遅く、俺たちは家に帰ってきた。
青い月明かりの中、薄い影を踏みながら家の前で
Wedding Shoulder 價錢小さく詩鶴が?ただいま?と呟いた。
ドアノブを引く手が、ほんの少し躊躇っている。
母ちゃんは人形の公募展で、なにやら賞を貰ったとかでどこかで祝杯をあげている途中ですごいテンションで電話をしてきた。

「今日からここが、詩鶴の家だな。」

そう言うと、嬉しそうな悲しそうな曖昧な表情を浮かべた。
それはそうだろう。これまであったものを全て棄てて此処に来たようなものだから。
そして扉をあけた時、俺たちは差し込む月光にDerma 21 好唔好佇む平家物語の中の主従を見た。
光に浮き上がる、滑らかな薔薇色の肌を持つ、陶磁器の人形。

「わぁ!」






最終更新日  2017.07.07 16:32:33
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
「それで、琉生は女の子を好きになったことあるのか?」
「ぼくが好きになったのは、尊兄ちゃんと隼人兄ちゃんだけだよ。」
「隼人?また、系統が全然違うな。どっちも好きだなんて、琉生は結構欲張りだな。」
「だって、二人とも大好きだもの……好きだって言っ女の子は、クラスにもいるし、可愛いと思ったことあるけど……ぼく余りマメくて、本当のこと口服 避孕 藥を言うと、付き合うのが面倒なんだ。気を使ってすごく疲れるんだもの。」
「そうだな。女の子は記念日やサプライズが好きだから、手がかかるね。僕も同性といる方が楽かもしれない。」
「友達と出かけるより、お兄ちゃん達といる方が楽しいなんて……変なのかな。」

尊は困ってしまった琉生を揶揄するように、つついた。

「僕も時間があったら、琉生と少しでも一緒にいたいって思うから一緒だよ。」
「三人で一緒のご飯何て、久しぶりだったね。うれしかった。」
「一緒が良いなら仕方ない。もう少し経ったら、琉生を隼人と半ぶんこすることにするかな。」
「半ぶんこ?出来ないよ?」
「できるさ。琉生がもっと大人になったら、教えてやるよ。」
「ん~?」

拙いキスを交わしただけで、首筋まで染まった無垢な弟に、もう一度悪戯なキスを迫った。

母親と情を交わした義父に迫られて、苦いキスをしたと尊に打ち明けた琉生。
まるで隠れ家のような、この古いアパートで過ごす短い時間がかけがえのないものになった。
空き時間を、好きな絵の制作に注ぎ込んだ琉生は、めきめきと技術を身に付けていった。
美術部の顧問は、琉生の才能に気付くと進路に向けていくつもの課題を与え、琉生もそれに応えた。
夜が更けるまでデッサンに手を入れる琉生の、手にした鉛筆や木炭を取り上げるのは毎日顔を出す隼人の役目だった。

「こら、ちび琉生。また、飯も食わずにお絵かきに没頭してただろ?鍵もかかってなかったぞ。」
「え?隼人兄ちゃん……?もう帰って来たの?って……あ~、こんな時間だ。ご飯のスイッチ入れてなかった~!」

慌てる琉生に、隼人は脱力した。

「琉生~……お前、今日は豚丼を作るって言ってただろ?期待して腹ペコのまま、ダッシュで帰って来たのに。」
「ごめんね~。直ぐ支度する!」
「まったく、もう~。」

琉生は大急ぎで、小さなキッチンに立った。
手際よく、豚ばら肉と玉ねぎを櫛型に切った物を炒めてゆく。

「この前、尊兄ちゃんがチンするご飯をくれたんだ。だから、すぐだよ。麦茶は冷蔵庫だから、飲んでて。」
「手早くなったなぁ、琉生。」

肉の焼ける香ばしい匂いが、隼人の食欲をくすぐる。
大きな丼に盛られた琉生の豚丼は、市販のたれをからめた簡単なものだったが、隼人の空腹を十分に満たした。

「うっま~!琉生、天才だな。」
「そう?良かった。お腹すいてるから、余計においしいんだと思うよ。ごめんね、約束してたのに。」
「出来たてでうまいから、許す。お代わり!」

琉生は大急ぎで、再び電子レンジにご飯のパックを放り込んだ。

「隼人兄ちゃん。こんなに食べても太らないって、すごい避孕 藥ね。やっぱり筋肉の量なのかな?」
「俺の筋肉量だと1600キロカロリー位は、動かなくても消費されるんだそうだ。運動するから、倍は使ってるんじゃないかな?」
「ふ~ん。ぼくも筋肉つけたいけど、運動しないから無理だな。」
「いいんだよ。琉生はそのままで。下手にムキムキになられたら、こっちが驚く。」
「そう?」
「シックスパックに割れた琉生の腹筋なんて、想像がつかない。お茶。」

いそいそとお茶を注ぐ琉生に、腹が落ち着いた隼人は、琉生がまだ何も食べていないことにやっと気が付いた。

「ほら。琉生も半分食え。」
「いいよ。ご飯が炊けたら後で食べるから、隼人兄ちゃん食べて。」
「まあ、いいから。あ~んしろ。」
「いいのに。あ~ん……」

結局、二杯目は、かわるが避孕 藥わるに丼をつついた。

「琉生。兄貴は週末には来るのか?」






最終更新日  2017.06.26 13:21:05
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
好調なところがあれば不調なところもある。北京の南城は商業が活発で、かつて商業の不毛地帯と呼ばれた大興エリアが、勢いを蓄えて発展の機会をうかがっている。だがこうしたタイミングで、11年にわたりこのエリアの開拓に力を入れてきたヨーカドーが撤退することになった。大興店の店先には閉店を告げるお知らせボードが設置され、「6月28日までは通常通り営業いたします。6月30日までは2階より下のフロアは通常通り営業し、各種設備・施Otelia 脫殼亞麻籽設も通常通りに運営いたします。7月1日に営業を停止いたします」と書かれていた。

大興店が営業を停止すると、ヨーカドーの北京店舗は十里堡店、オリンピック村店、豊台北路店の総合店と世茂広場・工三の食品館だけになる。14年以来、北京のヨーカドーは閉店が相次ぎ、望京店、北苑店、西直門店、右安門店が閉店した。顧客のニーズに速やかに応えられなかったことが、上記店舗の閉店の主な原因だ。社会が発展し、顧客Better Life 清潔液のニーズが変化しているのに、これに対応するヨーカドーのペースはゆっくりだった。別の原因として、収益力の低さからコストをまかなえず、赤字を招いたことも挙げられる

ヨーカドーは発展のタイミングを喪失した原因を何度も何度も考えてきた。食品分野で消費者に評価される一方、衣料や生活用品には相当な投資をしながら、消費者のニーズと変化に十分に対応することができなかった。陽光新業地産株式有限公司は北京ヨーカドーが北京に進出した当初からの重要な戦略的協力パートナーで、両社は協力して成都市と北京市で数多くの店舗をうち出してきた。陽光関連部門の責任者は、「北京ヨーカドーの業績悪化はチームと戦略に主な原因がある。ヨーカドーは中国市場で成都チームと北京チームの2チNatur-a豆奶ームを擁し、7~8年前に北京の運営チームが速やかに市場戦略を調整していれば、今日のような局面には至らなかった」と話す。






最終更新日  2017.06.12 13:29:28
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
中国人が最も好きなのはどの自動車ブランドだろう?中国のドライバーが最も好きな地図アプリは「百度地図」と「高徳地図」のどちらだろう?13日、スマホアプリメーカー「触宝科技」は大量のデータを基に、自動車ビッグデータを発表。中国人が最も好きなのはドイツ車と日本車であることが分かった。また、「百度地図」を美麗華評價使っている人のほうが「高徳地図」を使っている人よりはるかに多かった。北京日報が伝えた。

2016年現在で、中国の自動車所有者は3億人を突破し、毎年2000万台のペースで増加を続けている。中国全土の自動車所有者は、広東省や河南省、上海市に集中している。

世界の大手自動車ブランドのうち、中国人が最も好きなのは上から順にトヨタ、フォルクスワーゲン、アウディ、ヒュンダイ、ホンダ、BMW。コストパフォーマンスが高く、燃費のいい日本のブランドが2社、操作性が高くハイテク機能満載のドイツ社が3社入った。地域別に見ると、北京や上海では、フォルクスワーゲンが人気で、広東省ではトヨタが人気。四川省や吉林省、重慶市などではアウディと中国のブランド・長安が人気と美麗華導遊なっている。

渋滞が問題となり、北京ではナンバープレートの抽選制度が導入され、運転免許試験も難しくなっているにもかかわらず、免許を新たに取得する人の数は年々増加を続けている。現時点で、初心者ドライバーの割合が32.09%にも達している。

車で移動する時の必須アイテムがカーナビ。スマホのナビアプリが、アップデートの早さやデータの多さから、車載ナビよりも人気となっ美麗華導遊ている。中国では百度と高徳の一騎打ちとなっているものの、ここ数年の努力を経て、百度地図が頭一つ抜ける形となっている。同2アプリのユーザーを見ると、百度地図が67%、高徳地図が33%を占めている。






最終更新日  2016.06.28 15:50:47
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.27
カテゴリ:カテゴリ未分類

中国の伝統的な考え方は、未婚の若者にとって大きな圧力となっている。「レンタル恋人」は、中国独特の言葉として知れ渡るようにな靈芝 功效った。特に、春節(旧正月)で一家が集まる時期、この「レンタル市場」はひときわ活況を呈する。カタールのテレビ局「アルジャジーラ」に勤務する男性記者がこのほど、中国で自ら「レンタル彼氏」になった経験を綴った文章を発表した。環球網が伝えた。

この記者は、名前をSean Lee Baker さんという。彼は今年の春節連休中、「彼氏」に成りすまし、ある女性とともに彼女の実家を訪れた。

Bakerさんは、共通の友人を通じて、ハルビン出身の女性、西莉亜さんと知り合った。彼女は、自分でビジネスをしている独身実業去頭皮家だ。両親からの結婚催促の圧力を少しでも和らげようと、西莉亜さんは共通の友人と相談し、Bekerさんを彼女の恋人に仕立て上げ、2人で年越しの帰省をすることを企てた。折よくBakerさんも春節の予定がなかったので、この計画に乗ることにした。

Bakerさんと西莉亜さんは帰省に先立ち、簡単に打ち合わせた。相手の趣味について互いに教えてもらい、西莉亜さんの両親から疑われることのないよう万全を尽くした。

しかし、2人が西莉亜さんの友人と会った時、その友人はただちに2人のウソを見抜いた。さらに、西莉亜さんの両親も、5分も経たないうちに不陶瓷曲髮自然さに気づいた。「長身でかっこよすぎる彼は、あなたにはふさわしくない。あなたには、もっと背が低くて落ち着いた感じの男性がお似合いよ」と母親は言った。






最終更新日  2016.06.16 12:23:55
コメント(0) | コメントを書く

全33件 (33件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.