184029 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

顕正会 『叱狗論』

PR

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

ニセ本尊

2007年11月11日
XML
カテゴリ:ニセ本尊
《創価学会を顕正会に置換えて読んでみてください》  

24 「ニセ本尊」を拝むとどうなるのですか。


 「ニセ本尊」には、仏法に敵対する魔の力があり、これを拝むと魔の通力によって現罰を受け、その謗法の罪によって永く地獄に堕ちる結果となります。


 大聖人の仏法において「似て非なるもの」を用いるということは、大謗法です。
 その理由は、仏に似てい … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年11月11日 21時42分43秒
コメント(0) | コメントを書く


2007年06月25日
カテゴリ:ニセ本尊

 65 学会では「本尊の開眼などは僧侶の権威を高めるための儀式、実際には無用のもの」と指導していますが、どうでしょうか。


 大聖人は『木絵二像開眼之事』に、

「法華を心得たる人、木絵二像を開眼供養せざれば、家に主のなきに盗人(ぬすびと)が入り、人の死するに其の身に鬼神入るが如し」(新編 638頁)


と、開眼供養をしなければ主人のいない家に盗 … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年06月25日 23時45分19秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ニセ本尊

63 「開眼(かいげん)」とはどういうことですか。

 開眼(かいげん)とは一般には「魂を入れる」などといわれていますが、書写された御本尊を法によって供養し、魂を入れることです。

 日蓮大聖人は『本尊問答抄』に

「木像画(え)像の開眼供養は唯法華経にかぎるべし」 (新編 1275頁)

と仰せられ、『四条金吾釈迦仏供養事』に

「此の画(え)木(もく)に … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年06月25日 23時31分07秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ニセ本尊

 62 「允可(いんか)」とはどういう意味ですか。

 
「允可(いんか)」とは、一般に、師匠が弟子の悟りに対して、許可を与えることであり、印可とも書きます。


 日蓮正宗においては、信心修行の根本となる 「本尊」は、本仏の悟りであり、仏の当体ですから、こと「御本尊」に関しては允可は絶対に必要なのです。


 日蓮正宗では、大聖人の仏法を相伝された唯 … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年06月25日 23時17分28秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ニセ本尊

61 御本尊を授与する場合は、総本山の許可が絶対に必要なのですか。


 御本尊授与には、本門戒壇の大御本尊の法体がまします総本山の許可が必要です。総本山の許可ということは、御法主上人の許可ということです。

 総本山第九世日有上人は『化儀抄』に

「実名(じつみょう)・有職・袈裟・守(まもり)・曼荼羅・本尊等の望みを、本寺(総本山)に登山しても田舎の … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年06月25日 22時31分05秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ニセ本尊

60 「御本尊の偉大なる功徳を実証した者」には御本尊を授与する資格があるのですか。

 日蓮正宗七百年の歴史において、御本尊の偉大な功徳を実証された僧侶・信徒は数多くいますが、その人たちが勝手に御本尊を作り、授与したということは一度もありません。

 およそ、自分が御本尊の偉大な功徳を実証したなどということ自体が、増上慢(ぞうじょうまん)の極みであり … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年06月25日 22時19分27秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ニセ本尊
 
58 現在も末寺で御本尊を下付されますが、末寺の僧侶にも御本尊下付の権限があるのですか。


 日蓮正宗の末寺は、すべて総本山大石寺を根本としております。また末寺の住職は、日蓮正宗管長(御法主上人)の任命によって就任します。


 これは本宗の末寺はすべて総本山の所有するところであり、末寺住職は御法主上人の名代(みょうだい)として各地に派遣され、定 … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年06月25日 22時01分59秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ニセ本尊

 54 御本尊に関する「書写」「授与」「允可」の権能は、どのような関係にあるのですか。

 日蓮正宗において、御本尊を「書写」できる方は、御法主上人お一人であり、御本尊の「授与」および「允可(いんか)」の権能も、唯授一人血脈相承のなかに含まれているのです。        

 『本因妙抄』に

「血脈並びに本尊の大事は日蓮嫡々座主伝法の書、塔中相承の … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年06月25日 21時49分50秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ニセ本尊
 53 創価学会では「御本尊の書写や授与などの権限は広布を目指す『信心の血脈』ある和合僧団にこそ与えられる資格がある」といって創価学会の本尊授与を正当化していますが、それでよいのでしょうか。

 創価学会には、決して本尊授与の資格はありません。なぜならば、本尊授与は唯授一人の血脈によってなされるからです。

 第五十九世日亨上人は、『化儀抄註(ちゅう) … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年06月25日 21時35分42秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ニセ本尊
 51 御法主上人以外の人が御本尊を書写したという例はありますか。


 御本尊書写の権能は、唯授一人の血脈を受けられた御法主上人お一人に限られるというのが、日蓮大聖人の教えです。  
 
『本因(ほんにん)妙抄(みょうしょう)』に、

「血脈並びに本尊の大事は日蓮嫡々座主伝法の書、塔中相承の稟承(ぼんじょう)唯授一人の血脈なり」(新編 1684頁)

と … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年06月25日 21時20分30秒
コメント(0) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.