184053 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

顕正会 『叱狗論』

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

布教講演

2007年09月01日
XML
カテゴリ:布教講演

日寛上人について   理境坊住職 小川只道御尊師


つづきです。


真の広布へ共に精進


 最後に、日寛上人の広宣流布観こいうことにつきまして述べたいと思います。『撰時抄』を解釈された『撰時抄愚記』というものがございますが、その中に



 「一葉落つる時は皆秋を知る。一華開ける日は天下の春なり。豈広宣流布に非ずや。況や逆縁に約せば日本国中 … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年09月01日 20時55分55秒
コメント(5) | コメントを書く


2007年08月27日
カテゴリ:布教講演


日寛上人について   理境坊住職 小川只道御尊師

  宗祖本仏義を鮮明に


つづきです。


 これは余談になりますが、五十二年当時、創価学会のはうではいろいろなことを言いましたが、この本因本果につきましても、池田大作がいろいろ言っております。文書になったものもあれば、ただ話しただけで、文書とならなかったものもあります。つまり、創価学会を本 … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年08月27日 20時55分11秒
コメント(1) | コメントを書く
2007年08月26日
カテゴリ:布教講演

日寛上人について   理境坊住職 小川只道御尊師


つづきです。


  宗祖本仏義を鮮明に


 日寛上人の教義・教学を拝するときには、六巻秒は欠かすことができないと思います。その六巻抄等を通じて、一番私が感じる点は、日蓮本仏義でございます。日蓮本仏義というものを明らかにした、鮮明にされたという意味において、拝すことができると思います。


… [続きを読む >>]





最終更新日  2007年08月26日 15時50分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年08月24日
カテゴリ:布教講演
日寛上人について   理境坊住職 小川只道御尊師


つづきです。


  『六巻抄』の概説


 六巻抄の概略を申し上げますと、第一は『三重秘伝抄』で、この「三重秘伝」といいますのは、三重に法門を判釈されたということです。


大聖人様は『開目抄』に

 「一念三千の法門は但法華経の本門・寿量品の文の底にしづめたり、竜樹・天親・知つてしかも・いま … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年08月24日 23時40分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年08月22日
カテゴリ:布教講演


日寛上人について   理境坊住職 小川只道御尊師




皆さん、こんばんは。


本日は当山二十六世日寛上人の御法要に際しまして、役目柄少々お話を申し上げたいと思います。



 日寛上人のことにつきましては、それぞれの所属の寺院の御住職方から纏々(るる)聞いておられると思いますけれども、今日はその日寛上人の法要でございますので、お話し申し上 … [続きを読む >>]





最終更新日  2007年08月22日 22時18分46秒
コメント(1) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.