345892 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ムッチのことば散策

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


常念 太郎

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

常念太郎@ Re[1]:母の投稿(08/15) コメントに気がつかず失礼いたしました。 …
shimanuki@ Re:母の投稿(08/15) 初めてご連絡させて頂きました。 私、株式…
常念夢太郎@ Re:「ひとりぽっち」か「ひとりぼっち」か。 (04/10)  貴重なご意見をありがとうございます。…
はまやん@ Re:「ひとりぽっち」か「ひとりぼっち」か。 (04/10) やはり作者の意向に反するぼっちは 駄目だ…
疑問が氷解しました!@ Re:モーセかモーゼか ~清音と濁音 その1~(08/04) これからもモーゼでいきたいと思います! …

フリーページ

ニューストピックス

2013年02月18日
XML
 先日とりあげた「ちがかった」「ちがくて」は東北南部や関東北部ではもともと使われていた言葉だということです。(「方言の日本地図」 真田信治 参考)日本語の文法として誤りだと私は片付けたのですが、方言の存在を否定するわけにはいきません。
訂正して、現代の日本語文法に適用させるには無理がある言葉、くらいにとどめておきたいと思います。私は、この語句が共通語まで普及するとは今のところ思いません。

さて、若者言葉はこのようにもともとあった言葉、方言や古語に新たな意味や用法を付け加え、使っていくという特徴があります。

例えば「めっちゃ」・・・・京都の言葉でしたが全国的に普及しはじめています。
また、「なにげに」「さりげに」「よさげに」などの言葉も若者言葉です。

私は、「げに」は古語のナリ活用の形容動詞をつくる接尾語ではないかと思っています。いかにも・・・そうな感じがするという様態の意味を表す古語を若者が取り入れたのではないかと思うのです。先に参考にした真田信治先生は「さりげなく」「なにげなく」の変形と述べています。形容詞の連用形が変形したという説ですね。みなさんはどう考えますか。
 
若者言葉は、古語や既にある日本語を変えて使っていくだけではありません。ツイッターなどで使われる「~なう」などの英語まであります。このようにみてみると一様に、もとの語句があるのです。とするならば、若者言葉の生まれてくる可能性はまだまだ豊富にいや無限にありそうです。






最終更新日  2013年02月19日 23時18分22秒
コメント(0) | コメントを書く
[熟語・慣用句・文法] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.