000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くじらの食卓(仕度中)

五観の偈

ひとつには功の多少を計り彼の来処を量る
(この食べ物が、この食膳に運ばれるまでには、どんなに多くの人の手が加わっているか感謝します)

二つには己が徳行の全欠をはかって供に応ず
(私は道にかなった行いがまったく欠けているのに、こうしてこの食事をいただくことを過分に思っていただきます)

三つには心を防ぎ過貪等を離るるを宗とす
(食べ物に向井、貪りの心、怒りの心、執着の心を起こさないよう努めます)

四つにはまさに良薬を事とするは刑枯を療ぜんが為なり
(食べ物は人としての生活を保つための薬であり、心身の飢渇を癒すものと心得ていただきます)

五つには道業を成ぜんが為に応にこの食を受くべし
(この食べ物は自分の職責を成し遂げるためにいただきます)


© Rakuten Group, Inc.