029106 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

不良中年をめざして!

PR

Profile


不良中年オーパ

Favorite Blog

そうじゃないかもね nekoko0207さん
小島トモオス 小島トモオスさん
肉まんじゅう 肉まんじゅうさん
私の音楽的生活 sweetrendez-vousさん
この地球の、同じ時… ルーチェ1000さん

Freepage List

2007.09.06
XML
カテゴリ:政治
政治に「金」はかかるのか?

ここで、混同してはならないのが、
政治活動に「金」がかかる。

政治家になるために「金」がかかる。
とは、
まったく違う次元の問題だ。

政治活動に「金」がかかるのは、
理解できる。

その為に、「政党交付金」として
国民一人当たり、250円を税金から支出している。

平成 18年12月11日までに請求書の提出があった政党と
それぞれ交付された額を調べてみると、

自民党 =168億4673万5千円
民主党 =104億7857万9千円
公明党 = 28億5877万6千円
社会民党= 10億624万8千円
国民新党=  2億6688万円
新党日本=  1億6005万5千円
自由連合=  1億466万9千円
合   計=317億2194万2千円
注:日本共産党は、交付対象の政党ではあるが届出は有りません。

該当する国会議員1人当たり=約4600万円である。
約3500万円の歳費(給与)とは別に
政治活動資金として、これだけの金額を税金から支出しているのだ。

国民一人が250円!

だから、領収書を添付した支出報告書は必要だし、
その内容に嘘があってはならないのだよね。










Last updated  2007.09.06 12:10:03
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.